【ネタバレ注意!】サクラダリセット第8話感想まとめ&動画情報!魔女の後継者が遂に……!

みなさんこんばんは!ボイスタライターのnatoriです!今回ご紹介するのは「サクラダリセット」の第8話感想まとめと動画情報の記事となります!7話で謎が深まり、密度が濃くなってきた「サクラダリセット」ですが、それは8話でも一緒!感想まとめと動画情報も比例して濃くなっています!気になる魔女の後継者とは……必見です!

サクラダリセット第8話感想まとめ&動画情報をご紹介!

みなさんこんばんは! ボイスタライターのnatoriです!

今回ご紹介するのは、前話放送から期待が高まっている「サクラダリセット」の第8話感想まとめと動画情報になります!

第7話では、ケイ・春埼・岡絵里それぞれの信念がぶつかり合い、ケイが写真の中に閉じ込められている間に春埼と岡絵里が対峙しあうという、次回を待ち望ませるような引きとなりました。

魔女は佐々野と何かしらの縁があり、自分が死んでしまう前に佐々野と会いたいようですが、管理局という壁に阻まれて叶わない願いとなっていましたが、どうなるのでしょうか?

また6話、7話と菫の写った写真が度々出てきており、SNSなどではこの先菫が再登場するのでは? と賑わせているようでした。

さて、そんな好評の「サクラダリセット」。

第8話の感想まとめと動画情報を紹介していきます!

「サクラダリセット」第8話の感想まとめ!

「サクラダリセット」第8話の真相に迫る……その前に、ちょっとした情報です!

動画情報に関しては、感想まとめ後の「サクラダリセットの動画情報!」という見出し以下に記載されていますので、是非参考してみてくださいね!

春埼が記憶を書き換えられそうになるが、ケイの作戦によって危機を回避!

先週から引き続き、岡絵里と春埼が対峙する場面となった第8話。

写真の中にケイと閉じ込めて、自身によって有利な状況を作り出した岡絵里は、春埼に対して自分たちは昔から仲の良い友人であるという記憶を植え付けようとします。

しかし春埼に能力が効きません。

その理由は春埼が聞いていた音声にありました。

その音声は岡絵里が春埼に対して二人が仲の良かった友人であるという記憶を植え付けようとするだろうと推測したケイがそれを否定する内容もので、当然ケイに圧倒的な信頼を置いていた春埼が信用するのはケイ。

岡絵里の記憶操作は失敗に終わり、すべての能力を奪ってやると豪語する岡絵里でしたが、更に村瀬が助けに入ったことで、岡絵里から新しい能力をかけられた春埼はリセットの能力を取り戻し逃走することに成功したのでした。

岡絵里はケイに完全にしてやられたことを大層悔しがり、とある人物の元へ向かいます。

ケイの元に不穏の手紙が届く。その差出人は……!

やっとのことで春埼が能力を取り戻し、ケイが写真から抜け出した後。とある少年と少女が桜の元で桜の花びらを介した会話をしているシーンが。

その少年と少女は、後の佐々野と魔女であるということが後に判明し、二人が50年前から友人であることが分かります。

一方その頃ケイの元にはとある手紙が投函されました。

手紙の中に入っていた私に会いに来てと記された内容と中に入っていた写真から、写真の海岸沿いに行って写真を破ればいいと判断したケイは、実際に行動に移します。

そこで過去の魔女と会ったケイ!

過去の魔女はこんなのことになるとは思わなかったとケイに謝罪をすると、未来の自分が今企てている計画を破綻させようとしていると言い、その計画の内容である、過去の魔女は28年後の死んでしまう直前まで管理局に囚われ、死亡する一週間前だけ恋人と再会するためにケイと岡絵里を利用していたことをケイに明かします。

しかしこのまま計画が成功しても、恋人と再会するのは今の自分ではなく28年後の自分であり、この計画によって岡絵里が管理局と敵対してしまうことに罪悪感を感じた過去の魔女でしたが、岡絵里が管理局と敵対しないと彼女は恋人と再会できません。

そこでケイは、このまま岡絵里が管理局と敵対してしまうのを止めて、誰も管理局と敵対せずに、魔女と魔女の恋人であった佐々野を再会させることを決めるのでした!

管理局に侵入し、岡絵里と魔女を救うケイ! そして驚愕の事実が……!

管理局に侵入したケイたち。

村瀬と佐々野の能力を使用して、管理局内の写真を撮影すると、すぐさまリセットをします。すると能力を発動していた村瀬と、その手の中にあった写真はリセットの効果が効かないということが判明!

その後ケイはリセット後の時間軸で管理局と敵対する前の岡絵里を説得。

岡絵里が管理局と敵対しないという状況を作り出した上で、魔女の誘引され管理局にやってきたケイは、リセット前に村瀬と共にやってきた写真を魔女に渡します。

ここで魔女に石ころになってしまった愛しい人を愛せるかと問われたケイは、愛せると即答します。非常に哲学的な質問ですが、過去や思い出を愛せるのだと言えるケイは、やはり異常かもしれないという声も。

別の時間軸で佐々野の力によって撮影された写真を破り、その中を移動して管理局を脱出するという離れ業でこの問題を解決したケイと魔女。

計画どおり、佐々野と最期となる一週間だけの逢瀬のために咲良田を離れようとする魔女でしたが、行く前にケイに未来を知りたいかと問います。

知りたいと答えるケイ。

管理局は自分の死期を分かっており、自分の後継者となる存在を探していると言った魔女は、その後継者となる存在がケイの知っている人物だと明かします。

ケイは「中学生ぐらいで」「目が大きく」、「二年前に死んでしまった」という、とある少女(相麻菫)を想起させるワードを出して魔女に質問します。

その通りだと答えた魔女と、目を見開いて震えるケイ。

そして魔女の「そしてあなたはもう一度彼女と出会うことになる」という驚愕の一言で、第8話が終わるのでした……。

「サクラダリセット」第8話の動画情報

感想まとめはいかがでしたか? サクラダリセット第8話の動画情報はこちらになりますので是非チェックしてみてくださいね!

dアニメストア(土曜日 12時から)

J:COMオンデマンド(土曜日 0時から)

Netflix(土曜日 0時から)

「サクラダリセット」第8話の感想まとめと動画情報はいかがでしたか?

ここまで「サクラダリセット」第8話の感想まとめと動画情報について記事にしてきましたが、いかがでしたでしょうか?

今回の第8話では、遂にケイが相麻菫ともう一度会えるということがわかりましたが、その代わりに相麻菫の能力は何なのかという重大な謎が出てきました。

未来視という超能力の中でも特に強い能力を持ってしまったが故に、管理局にとらわれてしまった魔女でしたが、菫もまた、同じ道を辿ってしまい、またその先にある将来に絶望し、自殺という手段を選んだのでしょうか。

確かに死ぬ前に愛する人と再会できたとはいえ、魔女の人生というのは幸福なものだったかと言うと、素直に頷けない部分があります。

菫がそんな魔女の生き様を知っており、悲観してしまったという可能性は十分にありえます。

しかし一方で、菫が自殺した日。ケイたちがリセットする前は自殺しなかったのに、リセットした後は自殺してしまった理由が悲観してしまったという理由と符号しません。

果たして今後「サクラダリセット」はどうなっていくのでしょうか。次回の9話にも期待しましょう!

「サクラダリセット」の関連記事


【文:natori】

ゲーム・アニメ・漫画・ラノベが大好きです。ラノベを始めとした小説は大好きですので、必然的に記事執筆するジャンルもそちらが多いかと思われます! 皆さんに面白いと思ってもらえるような記事を書くように努めますので、よろしくお願いします!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。