「サクラダリセット」24話の感想まとめと動画情報!ケイと美空と菫のこれからが幸福でありますように!

遂に最終回となる「サクラダリセット」24話が放送されました。感想まとめと動画情報を記事していきたいと思いますので、是非読んでください。前回の「サクラダリセット」23話では遂に浦地との和解を成し遂げたケイですが、まだ救われていない女の子がいると語り、その彼女の元へ行くことに。その女の子――つまり菫を救う方法とは一体どんなものなのでしょうか。早速「サクラダリセット」24話感想まとめと動画情報を見ていきましょう!

「サクラダリセット」24話の感想まとめと動画情報!

みなさんこんばんは!

遂に最終回となる「サクラダリセット」24話が放送されました。感想まとめと動画情報を記事していきたいと思いますので、是非読んでください。

前回の「サクラダリセット」23話では遂に浦地との和解を成し遂げたケイですが、まだ救われていない女の子がいると語り、その彼女の元へ行くことに。

その女の子――つまり菫を救う方法とは一体どんなものなのでしょうか。

早速「サクラダリセット」24話感想まとめと動画情報を見ていきましょう!

「サクラダリセット」24話の感想まとめ!

「サクラダリセット」第24話の真相に迫る……その前に、ちょっとした情報です!

動画情報に関しては、感想まとめ後の「サクラダリセットの動画情報!」という見出し以下に記載されていますので、是非参考してみてくださいね!

それでは早速「サクラダリセット」24話の感想まとめと動画情報をみていきましょう!

 世界中から特定の情報を消去する能力を、猫に移すということ。

浦地を説得した上で、ケイと春埼が更に説得しなければならない人間。

それは野々尾でした。

浦地の父の能力を野々尾の能力によって自我のようなものが芽生えた猫に移すという関係上、野々尾に1匹の猫が短くない期間、ロックされてしまうことを許容してもらうことはとても重要です。

しかし野々尾は、能力の特性上、猫に対して特別な感情を抱いています。

そこで野々尾を説得することになった春埼は、自分がケイは何も間違えないと思っていることを指摘されることに。

ケイが決して間違えない存在であると信じ続けるのはケイにとって重荷になると伝えられた春埼は、もう一度ケイという存在を再定義することに決め、猫の情報をロックすることが間違っているのではと考える野々尾に、いつかはケイが猫を救うと約束します。

ケイの記憶をペーストされることで、ケイの間違いを見つけた春埼

ケイの間違っている部分を理解しようとした春埼は、坂上の能力によってケイの記憶からリセットで消えた記憶を取り戻すことに。

これまでリセットによってケイが経験してきた記憶の全容を把握した春埼は、1つだけケイが間違っていたことがあると告げます。

初めて口づけした時、彼女がその行為を嬉しいと思っていたことです。それは、春埼にとって間違えなど起こさないと信じていたケイの、初めての間違い。

こうしてケイと春埼は更に深く心を通わせるのでした。

夢の中に篭る菫。ケイを手に入れたいという、決して叶わない願いを口にする彼女にケイは。

咲良田に入ることで記憶を思い出した菫は、チルチルになんでもできるようになりたいと願うことで夢の世界に篭り、夢想世界で絶対的な力を手に入れることになります。

それは逃避ではありますが、同時にそこに”負け”はありません。つまり、そこに篭っていれば直視したくない現実を視る必要はないのです。

菫の状況を聞いたケイは、自分が春埼に一番の愛を向けることを納得してもらうためミチルの元へとやってきます。

夢の中で自室でじっと篭もる菫の元に春埼と共にやってきたケイは、室内に入ろうとして春埼がいなくなってしまったことに気づきますが、それでも菫の元へ。

椅子の上で体育座りする菫に君の幸せは僕が定義すると告げたケイは、菫が作った自分の幸せは本物であり、これからも自分のために幸せでいてほしいと素直な感情を吐露します。

その言葉に菫は「眩しいわ」と答え、ケイを手に入れられないのに、それでもケイが春埼と共にあって幸せであるから笑えてしまう未来が怖いと呟くと、あるゲームを提案してきます。

菫の名前を呼ぶゲームによって、石ころになってしまったケイに春埼の反応とは

ケイが入室してから30分後。春埼が時間を切り取られるようにして室内に入ると、そこには石ころを持って微笑む菫の姿がありました。

その石ころは、”間違えずに”菫の名前を呼ぶゲームによって石ころになったケイだと言うのです。

菫が語る事実をありえないと吐き捨てる春埼でしたが、菫によって投げ捨てられた小石を春埼は拾ってしまいます。

その春埼の行為は小石がケイであると認めるものであり、菫はそんな春埼の様子を見て薄ら笑いを浮かべ、そしてケイは私のものだと勝ち誇ります。

全く馬鹿馬鹿しいと普段の様子からは考えられない態度で菫に怒りを露わにした春埼は、ケイを石ころにしてでも手に入れようとする菫は駄々をこねていると侮蔑しますが、菫は石ころになったケイを自分のものだと言って聞きません。

菫は、ケイを助けるためであれば自身の気持ちすら犠牲にすると踏んで、ここまでの行動を起こしていると考えた春埼は1人でのリセットしようとして、菫がこの話で本当は何をしようと成し遂げようとしていたのかを、ケイから渡されたリセットした期間の記憶を漁ることで思い当たります。

菫がしようとしていたこと。

それは、春埼をケイから独り立ちさせることでした。

今後ケイは咲良田の能力者をすべて管理するという大任を負う身であり、春埼は何もかも救おうとするケイの正しい救いでなければいけません。

春埼をそんな存在へと導くために、ここまでケイを小石にした……という嘘の演技していたのです。

同時に春埼は、菫のどこまでも深いケイへの想いを目の当たりにして、自分が本当はなんでも出来る菫にあこがれていたことを伝えます。

憧れていたのは、春埼だけではありません。菫もまた、ケイに愛される春埼は羨ましかったと語ります。

お互いがお互いを羨んでいた。

これまで残酷でわがままな関係を続けていた2人が初めて心を通わせたひとときが過ぎ、一緒のベッドで寝た2人は夢世界から目覚めます。

菫は、相麻菫であったのか。それを決めたのは――

二年前の相麻菫の計画のために生まれた菫。

彼女は、自分が相麻菫であるのかという命題をずっと、本当にずっと考え続けてきました。

そして、間違えずに自分の名前を読んでほしいとケイに伝え、ケイから返ってきたのは「相麻菫」であるという断定。

自身のアイデンティティの確立という重すぎる使命をケイに委ねてしまう自分が嫌だったと語る菫に、ケイは重すぎるぐらいが丁度いい、自分の能力は重すぎる荷物を背負い込めるために願ったものだったと自分の能力を語ります。

それを聞いた菫の表情には、確かな笑顔が灯るのでした。

浅井ケイ、春埼美空、相麻菫が望み、遂に手に入れた幸福。それは「聖なる再生」

こうして、相麻菫を救ったケイ。

春埼が最後にした提案。それは、これから髪を伸ばすというもの。なぜ? とケイが聞くと、春埼はあなたが言ったからと答えます。

菫がすべてを賭して手に入れようとしたケイにとっての正しい救い。

それは確かに、ケイの中に在るのでした。

「サクラダリセット」24話の動画情報!

感想まとめはいかがでしたか? サクラダリセット第24話の動画情報はこちらになりますので是非チェックしてみてくださいね!

dアニメストア(土曜日 12時から)

J:COMオンデマンド(土曜日 0時から)

Netflix(土曜日 0時から

サクラダリセット、ケイと春埼と菫がもたらしたのは聖なる再生

 

(出典:ぱくたそ

以上、「サクラダリセット」24話の感想まとめと動画情報となります!

ここまで、全24話に及ぶ「サクラダリセット」の感想まとめと考察記事を書いてきました。

この作品において、相麻菫という少女はみなさんの目にどう映ったでしょうか。

菫の持つ未来視は能力の特性上、対象とした人物の感情や思考までも読み取ってしまいます。

そして菫は、浅井ケイという世界を最も美しく、そして好意的に捉える人物に、未来視という感覚共有ツールを通して魅了されてしまったという愛おしき女の子でした。

つまり菫にとって、今後ケイを越える男性というのは未来視での感覚共有をしてもなお想えるような対象に限られてしまいます。

これは願望混じりの考察ではありますが、最終カットで「聖の再生」と表示されたのは、咲良田という社会そのものの再生を意味するのと同時に、本作を象徴する存在でもある菫の再生が今後あることを示唆しているのかもしれません。

視聴者の中にも、こんなに報われず一途な菫には幸せになってほしいという意見が見受けられ、この「サクラダリセット」という作品がどれだけ人気だったのかを、今一度再認識されました。

そんな相麻菫、そして春埼美空、浅井ケイを産み出してくれた「サクラダリセット」という作品に感謝を述べて、最終回の記事を終えたいと思います。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

「サクラダリセット」の関連記事


【文:natori】

ゲーム・アニメ・漫画・ラノベが大好きです。ラノベを始めとした小説は大好きですので、必然的に記事執筆するジャンルもそちらが多いかと思われます! 皆さんに面白いと思ってもらえるような記事を書くように努めますので、よろしくお願いします!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。