「サクラダリセット」14話感想まとめと動画情報をお届け!夢世界は救われることを求めている?

今回お届けする情報は、「サクラダリセット」14話の感想まとめと動画情報となっています!オープニングとエンディングも変わったということで13話は視聴者からかなりの反響があった回でしたが、今回はミチルが創り出した夢世界について真相が暴かれていく回となっており、夢世界の偽物の神を自称するチルチルの思惑も分かってきてきます。それでは「サクラダリセット」14話の感想まとめと動画情報を見ていきましょう!

気になる「サクラダリセット」14話感想まとめと動画情報!

みなさんこんにちは!

今回お届けする情報は、「サクラダリセット」14話の感想まとめと動画情報となっています!

前回ついに猫屋敷に住むという老人に会ったケイたちでしたが、そこで管理局の人間と出くわして警戒を強めることになってしまいました。

12話から怒涛の展開が続いていることはもちろんですが、オープニングとエンディングも変わったということで13話は視聴者からかなりの反響があった回になりましたね!

今回はミチルが創り出した夢世界についての真相が暴かれていく回となっており、夢世界の偽物の神を自称するチルチルの思惑も分かってきて……?

大変気になる「サクラダリセット」14話の感想まとめを見ていきましょう!

「サクラダリセット」14話の感想まとめ

「サクラダリセット」第14話の真相に迫る……その前に、ちょっとした情報です!

動画情報に関しては、感想まとめ後の「サクラダリセットの動画情報!」という見出し以下に記載されていますので、是非参考してみてくださいね!

宇川の言葉を受けて、世界の解析を急ぐケイ

チルチルがミチルを猫屋敷の老人に会わせたがらない理由が判明しました。

老人は過去ミチルと会っており、その際に老人は、神が楽園を与えることは、それが人間が神に囚われるということと同義であることを言い当ててしまったからでした。

ミチルは夢世界の神チルチルを作り出して、望むものをなんでも与えることが善行だと思っていたのに、それをしてしまうことで人間から願うということを奪ってしまうという知ったのかもしれません。

またその頃、ケイも宇川と話していました。

宇川は管理局の人間からチルチルについて聞いたといい、夢世界が嫌いだと主張します。なぜ夢世界が嫌いなのかというと、ミチル――片桐穂乃果がチルチルを作るミチルになったからなのでした。

この世界は救済されることを望んでいると言った宇川は、自分の能力で夢世界を壊すことを宣言。建物だけをすべて壊してしまうのでした。

ケイは答えを求めてチルチルの元へ

ケイは宇川との問答から、全ての答えを求めてチルチルを探します。

ケイは夢世界は現実の地形と反転しているように思われていましたが、本当は海の上のような場所にあって、靄の先が咲良田のレプリカに繋がっていると予測しました。

そこでケイは靄に向かって、チルチルと会いたいことを告げます。

すると靄が晴れて、抜けた先には「チルチル」行きのバスが停まっていました。バスで揺られて着いた先はケイたちの学校のレプリカであり、そこにはチルチルがいたのです。

初めてチルチルの顔を見たケイは、あなたがこの世界の神様なのかと問い、それにチルチルは偽物の神だと答えましたが……気づけば、ケイの近くにいたはずの春埼がいなくなっていたのです!

チルチルはケイと春埼に問いかける

いなくなっていた春埼は、もう1つの教室に閉じ込められていました。

春埼のことをシンプルと評したチルチルは、春埼がケイによって縛られているといいます。それは矛盾した自己を二つ産み出していることに警鐘を鳴らしたチルチルは、菫がケイと結ばれてしまうという言葉で春埼を惑わします。

一方その頃ケイは、最初に会ったチルチルと当初から温めていた要求をしていました。

シナリオのナンバー407読むことと、菫の両親の記憶を書き換えて菫を咲良田の外に出せるのかを夢世界で試したいというケイ。

それにチルチルは可能だといいますが、ミチルに産み出されたチルチルにとって夢世界こそが現実であり、そこで実験のようなことをさせるわけにはいけないと怒ります。

しかしケイはそこに矛盾があることを指摘。すでにチルチルは街1つ分の人間がいる場所に怪物の存在を許していることでした。

そんなケイの言葉に言いよどむチルチル。その反応を見てケイは世界の真相に思い当たります。

片桐穂乃果はミチルなのではなく、この夢世界そのものであることを。

春埼は自身が望んでいたものを知る

もう1人の自分と話す春埼は、自分がケイを愛することで分岐している中で最もケイの幸せになる道を潰してしまうことに恐れていると言い当てられます。

それを言い当てられた春埼は、自分が望むことを口にします。

それはケイの隣にずっと立っていることができるほどに成長すること。それこそがすべてを解決する方法なのだと。

チルチルはその春埼の言葉を聞くと、何かを悟ったように春埼を解放するのでした。

ミチルは誰かに守られたい。だからチルチルの思想と世界が矛盾する

チルチルが夢世界から怪物を淘汰できない理由、それはミチルにありました。

ミチルは根源的に誰かに守られることを望んでおり、守られるために敵が必要になります。なので守ってくれる存在であるチルチルと、その反対に在る怪物を産み出したのです。

こんな世界は間違っているかとチルチルに聞かれたケイは、正しくはないと返します。ミチルの目的と手段が噛み合ってないからです。

つまりチルチルはミチルの孤独を癒やすことは出来ても、それを取り除くことはできないのでした。

チルチルがミチルに片桐穂乃果へと戻ってもらおうとするために、敢えてミチルを助けにいかないようにしていることを知ったケイは、片桐穂乃果の問題を解決する代わりに菫の件を協力してもらえることに。それとほぼ同タイミングで春埼も戻ってきます。

そうして、ようやく1つ片付いたと思ったのも束の間。

靄の向こう側からやってくる巨大な存在が見えます。次回、どうなってしまうのでしょうか?

「サクラダリセット」14話の動画情報

感想まとめはいかがでしたか? サクラダリセット第14話の動画情報はこちらになりますので是非チェックしてみてくださいね!

dアニメストア(土曜日 12時から)

J:COMオンデマンド(土曜日 0時から)

Netflix(土曜日 0時から)

以上、「サクラダリセット」14話感想まとめと動画情報。次回はどうなる?

(出典:ぱくたそ

ここまで「サクラダリセット」14話の感想まとめと動画情報を紹介してきました。いかがでしたか?

遂にチルチルの思惑が晴れて、ミチルとチルチルの悲しい関係性が判明しましたね! 筆者も思っていたことでしたが、SNSでもチルチルの思想はかっこいいと評判のようでした。

チルチルはどこまでもミチルを思い続ける存在だったんですね。

次回は、ケイが夢世界のように歪んでいない楽園も片桐穂乃果にもたらすのでしょうか? どうなるのか期待ですね!

次回の「サクラダリセット」も期待しましょう!

「サクラダリセット」の関連記事


【文:natori】

ゲーム・アニメ・漫画・ラノベが大好きです。ラノベを始めとした小説は大好きですので、必然的に記事執筆するジャンルもそちらが多いかと思われます! 皆さんに面白いと思ってもらえるような記事を書くように努めますので、よろしくお願いします!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。