【リセットだ】名作ラノベのTVアニメ化!サクラダリセット第1話の感想まとめと動画情報

今回は「サクラダリセット」第1話の感想まとめと動画情報の記事となっています。4月5日に放送された「サクラダリセット」ですが、初回の第1話から非常に難解な作品だというのが伝わってくる作品となっています。今回の記事ではそんな「サクラダリセット」第1話の魅力を感想まとめと動画情報と共にお届けます!是非とも読んでみてください!

往年の名作、サクラダリセットの第1話が放送開始!

皆さんこんにちは!ボイスタライターのnatoriです!

ライトノベルファン歓喜の名作、「サクラダリセット」の第1話が、4月5日からついに放送されました!現在では多数放送されるようになったライトノベル原作のTVアニメですが、サクラダリセットが刊行されたのは今から8年前の2009年。まさに往年の名作と言うに相応しい本作ですが、やはりその関心度は凄まじいものがありました。

今回は、そんなサクラダリセットファンの関心や熱意が分かる記事となっています!

サクラダリセット第1話の感想まとめと考察!

早速サクラダリセット1話の感想まとめと考察を書いていきます!動画情報は下部にありますのでチェックしてみてください!

2009年のライトノベルということもあり、中には原作などは知らずに視聴したという投稿なども散見される中、独特の雰囲気によって織りなされる物語は、まだサクラダリセットワールドに染まっていなかった視聴者たちを一気に虜にしました。
みなさんは1話を観て、どんな感想を抱いたでしょうか。やはりいい意味での無味乾燥さが際立ち、小説特有のセリフ回しに惹かれたという方が多かったですか?早速色んな感想について見ていきましょう!

サクラダリセット第1話「MEMORY in CHILDREN 1/3」住民のほとんどが能力者!?

最初に、4月27日の放課後、主人公の浅井ケイが、自分の下駄箱にラブレターと思わしきものが入っているところに気づくシーンから始まりました。内容は4月28日の放課後に屋上へと来てほしいというものでした。

翌日、バックには牧野由依さんの挿入歌が流れ、ケイは思い立って屋上へと行くことにしますが、そこにいたのは交流がほとんど無い春埼美空という女の子!

ケイはまさか春埼美空がいるとは思わず、呼び出し人の相麻菫がいないかと思いながら、疑問を口にしますが、春埼は要領えないことを言い、そのまま「リセット」と口にします。

すると場面が変わり、ケイが再びバスケをするシーンへ。友人にまたしてもゴールを決められたケイは、何度やっても勝てないものだと悟り、また自分はリセットされたことを気づきます。

場面は変わり、また屋上へ。今度は菫とケイ、そして春埼が一同に介します!

春埼は「リセット」とつぶやくと、世界を最大72時間巻き戻すことにより、時間を厳密に再構成することが出来る能力を持っていました。また春埼を含めた人間はリセットを使用するとリセット前の記憶を失ってしまいます。また、リセットするにはセーブポイント(復元地点)を用意する必要があります。セーブポイントは「セーブ」とつぶやくことによって指定することができると春埼は説明します。

しかし、そもそも住民の半数以上が、なんらかの特殊な能力を持つ街、咲良田市が舞台となっており、ケイもまたその半数に属する能力を持っていました。ケイの能力は記憶保持という、一度自分が見たものや聞いたものを完璧に記憶できる能力で、春埼がリセットした後も記憶を保持できる能力でもあったのです!つまり、二人の能力的な相性は抜群だったのでした。

一見すると全く関係の無い三人が集まった理由は、相麻菫が何らかの意図でケイと春埼を引き合わせたことから始まったものです。

菫は「3人の中で1人だけ、手を繋いでも血液を調べても人間と変わらないアンドロイドが混じっている」と言い、その答え合わせをする夏の終わりまで交流することを提案するのでした。

春埼とケイと菫が強烈な邂逅を果たし、物語の歯車は少しずつ動き始める。

春埼は母親を探す少女、クラカワマリを見つけます。

クラカワマリは、自分を見つめる春埼に気づくと泣き出し、春埼はそんな少女に困惑しますが、気を取り直すと菫に母親の捜索を頼みました。

しばらくするとマリの母親がやって来て、マリを引き取っていきますが、その表情は明らかに娘を心配する母親というものではなく、そこに不審さを感じた春埼。

次の日、ケイは春埼に対して自分と春埼の能力がとても相性が良く、しばらく手を組まないかと相談しますが、春埼はケイだけにメリットがある持ちかけだとし、その依頼を断ります。

そんな春埼に、ケイはいつか信頼を勝ち獲って見せると宣言するのでした。

その後、春埼は捜索の一件で仲良くなったマリにケイからの言われたことを話すと、ケイが春埼を好きなのでは無いかとマリが仄めかれます。それに熟考を始めた春埼でしたが、そこにマリの保護者だと名乗る津島という男性が現れます!

春埼は、津島を見るマリの表情は沈んでいましたが、マリ自身が津島に着いていったこと。保護者と名乗っていたことから、下手なことが聞けずに不審に思うだけになってしまうのでした。

春埼はマリが母親に愛される方法を考え始める

生徒会長の能力によって、潔癖とまで評されるほどの正義感を持つケイ。悲しみを全て自分が受けていると思ってしまうほどの感受性が高い春埼。自分たちがどこか同質な人間であると知ったケイは、自分たちの能力によって誰かを救えるという希望を抱きます!

ケイの度重なる要望によって、春埼は思い切って、マリとの一件を相談しますが、そこで菫によって驚愕の事実が判明します!

なんと、クラカワマリという女の子は、7年前に母親の胎内で死亡していたというものでした。

既に亡くなったということになっている少女。春埼とケイの関係性。謎につつまれた菫。物語は確かな熱を持って、いくのでした。

以上、感想まとめとなります。ここからは動画情報とまとめに入っていきたいと思います!

サクラダリセット1話の動画情報

感想まとめはいかがでしたか?サクラダリセット第1話の動画情報はこちらになりますので、是非チェックしてみてください。

dアニメストア(2017/4/8(土) 12時)

J:COMオンデマンド(2017/4/8(土) 0時)

Netflix(2017/4/8(土) 0時)

サクラダリセット第1話の感想まとめ&動画情報記事はいかがでしたか?

サクラダリセット第1話の感想まとめと動画情報記事でしたが、いかがでしたか?

クラカワマリが実は亡くなっていたということでしたが、一体どんな展開になっていくのでしょうか。

ケイや春埼、菫にはそれぞれ主義が異なっていることが、この記事や、第1話からたっぷりと伝わってきたかと思います。

72時間分をリセットすることが出来るということですが、それによって思考を重ねる中で達観してしまったのでしょうか。また住民の半数が能力者であるという設定もまだまだ活かされそうです。

今後、サクラダリセットはどうなっていくのでしょうか。第2話にも期待しましょう!


【文:natori】

普段はシナリオなどを細々とやっているライター! ゲーム・アニメ・漫画・ラノベが大好きです。ラノベを始めとした小説は大好きですので、必然的に記事執筆するジャンルもそちらが多いかと思われます! 皆さんに面白いと思ってもらえるような記事を書くように努めますので、よろしくお願いします!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。