【ネタバレあり!】TVアニメ「サクラクエスト」第22話の考察・感想まとめ、動画配信サイトを紹介!

TVアニメ「サクラクエスト」の第22話の感想まとめと動画配信サイト情報をお届けします! 前回、最後の祭具『黄金の龍』が埋められた場所の暗号を解けずにいましたが、果たして見つけることができるのでしょうか?ひょんな事から新国王になってしまった、由乃の次のお仕事は?「サクラクエスト」の舞台となるのは、田舎の『観光協会』。そこで主人公を待っていた普通じゃない『観光地』の普通じゃない『お仕事』とは一体!?それでは、TV アニメ「サクラクエスト」の第22話の考察・感想まとめ、動画配信サイトなどを紹介します!

TV アニメ「サクラクエスト」第22話の考察・感想まとめ、動画配信サイトを紹介します!

ボイスタ読者の皆様、こんにちは!ライターのR@imuです。

TVアニメ「サクラクエスト」の第22話の感想まとめと動画配信サイト情報をお届けします!

前回、最後の祭具『黄金の龍』が埋められた場所の暗号を解けずにいましたが、果たして見つけることができるのでしょうか?

ひょんな事から新国王になってしまった、由乃の次のお仕事は?
「サクラクエスト」の舞台となるのは、田舎の『観光協会』。
そこで主人公を待っていた普通じゃない『観光地』の普通じゃない『お仕事』とは一体!?
それでは、TV アニメ「サクラクエスト」の第22話の考察・感想まとめ、動画配信サイトなどを紹介します!

TVアニメ「サクラクエスト」第22話の考察・感想まとめを紹介!第22話『新月のルミナリエ』

暗号解読

お神輿の作業も順調のようです。ここに『黄金の龍』を乗せるようですが、『黄金の龍』を埋めた暗号が未だ解けずにいる高見沢(CV:小西克幸)たち。

一方、寮ではエリカ(鈴木エリカ/CV:黒沢ともよ)が真希(緑川 真希・みどりかわ まき/CV:安済知佳)に、今朝の話の続きを聞きたいと降りてきました。

話の結末にガッカリするエリカですが、真希は

「(東京も同じ。)ただ憧れるだけじゃなくて、それなりの覚悟が必要ってこと。」とエリカに伝えますが、

「そうだとしても、私はただ憧れてるだけで終わりたくない。現実を知らないっていうなら、しーちゃん<しおり(四ノ宮 しおり・しのみや しおり/CV:上田麗奈)>だって同じじゃない!私とは見てる夢が違うだけで!」そうしおりに向かってエリカは、話し立ち去るのでした。

暗号の用紙を見て、凛々子(織部 凛々子・おりべ りりこ/CV: 田中ちえ美)は、あることに気づきます。

「縦読み。」すると、手がかりが見つかるのですが…。

「2427歩って、軽く1㎞超えるわね。」と早苗(香月 早苗・こうづき さなえ/CV:小松未可子)。それだと、公園の外になってしまいます。

「埋めたのは『カバ公園』なんですよね!?」由乃(木春 由乃・こはる よしの/CV:七瀬彩夏)が尋ねると、そうだと話す野毛(CV:上田燿司)。

そして話は、野毛たちの昔の夢の話題に。形は変わっても、ある意味、夢を叶えた3人。てっきり家業を継いで本屋になったのかと思われていた野毛が、実は常連だった店を引き継いで、夢だった本屋になったことがわかります。

しおりとエリカ

寮に戻った由乃たち。そばにはエリカの姿も。暗号の画像を見ながら、早苗はある提案をします。

「ねえ一つ賭けをしない?暗号を解いた人の欲しいものをみんなで買ってあげるの。」その意見にみんなが賛成します。そしてエリカの様子を気にしてか、しおりが寮に泊まることに。凛々子も『ファラオ寝袋』の誘惑に負けて、泊まることに!

そして入浴中のエリカの元にしおりが。そして一緒に湯船に浸かるとしおりが、

「さっきエリカちゃん、言ったでしょ?現実を知らないのは私も同じ。見てる夢が違うだけだって。それきっとその通りなんだなって思った。だから、エリカちゃんが間野山の家を出て東京に行きたいなら、それはそれで素敵なことなんだなって思い直した。だって、ちゃんと夢があるってことだもん。でもね、その夢を叶えるのは、もう少し大人になってからでもいいんじゃないかなって思う。だって、エリカちゃんはまだ中学生だから、一人で家を出て暮らすなんてできないよ。」それを聞いて、エリカは自分の気持ちをぶつけます。すると、

「死んでなんかないよ。エリカちゃんが知らないだけで、みんなちゃんと生きてるよ。一生懸命!」しおりが話していると、エリカが痛みを訴えだして…。

商店街

エリカの痛みの原因は、歯の生え変わりだったようです。痛み止めの薬は大人用しかなかった為、痛みを緩和する方法をいろいろと試す由乃たち。すると千登勢( 織部 千登勢・おりべ ちとせ/CV: 伊沢磨紀)に電話をした 凛々子が、

「商店街の薬局に行けばいいって。(閉まっているけれど)おばあちゃんに相談したら、連絡してくれた。薬屋さん、シャッター開けてくれるって。」と話します。この薬局は、前回由乃が訪ねた店のようですね。

快く店を開けてくれた薬局を後にする由乃。千登勢も心配してくれていたようですね。

寮に帰った由乃は、

「けど、なんか申し訳ない感じ。いつもはスーパーのドラッグストアで買って、商店街の薬局にはいかないのに。」と考えてしまいます。

「こういうのって、地元の商店街ならではって感じでしょ!」と誇らしげなしおり。そして薬を見た早苗は、

「これ使用期限、ずいぶん先!新しいのを仕入れて、管理してるんだ。」と驚きます。

「私はやっぱり間野山が好き。誰がなんと言おうと。間野山を出たいって人が沢山いて、みんな都会に出て行って今よりもっとさびれちゃったとしてもこの町が大好きだし、私だけはすっとここで暮らしていきたいって思う。」と、みんなに話すしおりです。

行方不明

そこへ1本の電話が。エリカの母・アンジェリカ(CV:森なな子)からでした。エリカの弟の 杏志(すずき あんじCV: 巽悠衣子)がいなくなったようです。

激しい吹雪の中、由乃たちだけでなくパトカーも出動して杏志を探します。杏志の書いたメモを見て、野毛は昼間に話した事を思い出します。

(こどもたちの願いを叶え続けてくれてるのかも)

「まさか!?『黄金の龍』を探しに?」

「エリカちゃんが帰ってくるようにって、願いを叶えてもらうつもりで!?」由乃たちは杏志が『カバ公園』にいるのでは?と考えるのでした。

そして『カバ公園』で探していると、サンダルさん(CV:ヴィナイ・マーシー)から電話が。なんと『カバ公園』にいた杏志を交番に連れてきてくれていたのです。無事にアンジェリカの元に帰ってきた杏志。エリカも久しぶりに、カフェに戻ってきました。

「お姉ちゃん!お願い、もうどこへも行かないで。」涙を浮かべて訴える杏志。

黙ったままのエリカに野毛は、

「夢を叶えたいなら、間野山でだって叶えられると思うよ。洋服屋さんになりたいなら、商店街で店をやるのもいいんじゃないかな?シャッターを下ろした店に掛け合えば、店を引き継いだりもできる。僕もそうやって本屋になったんだよ。」と伝えます。すると、エリカは大声をあげながら

「こんな草みたいなところでオシャレな服って、誰が買うの!?かわいい洋服着て、田んぼ道歩いて、誰が見てくれるの?牛?タヌキ?夜は街灯もないし、暗くて何にも見えないし!」と、思いをぶつけます。

「じゃあ、僕がやる!」そう声をあげたのは、杏志でした。

「お姉ちゃんの代わりに、僕が洋服屋さんになる!それでお姉ちゃんが好きになってくれる町にする!ずっと一緒にいてくれる町にする!」杏志の言葉に、エリカは…!?

大人

カフェを後にした野毛たちは、

「僕たち大人が、しっかりしなきゃいけないんだよな。子供たちがここに住みたいって思うような町をつくっていかないと。」

「だったら作るか!あの廃校になった中学校、ガテン大臣(真希)が体育館を使って劇団を立ち上げようとしてるだろ?他にも教室は沢山あるから、そこで何かさ。」と考えるのでした。

久しぶりに自宅に戻ったエリカ。母に出されたクッキーを食べていた時に、ようやく歯が抜けました。

変わらない

カフェに向かう由乃たち。野毛たちが話していた廃校を利用しての『ブックカフェ』の申請を早速したようです。他にも店をやりたい人がいるようで、有効活用できそうな予感。そしてカフェでは、いつもの光景が。ふてくされたエリカがいますね。しおりとの会話もいい感じです。

由乃たちは商店街を歩きます。相変わらずシャッターが下りたままの店や、閑散とした店舗が。5人は口々に口を開きます。

「商店街は今日も変わらないね。」

「でもそこがいい。」

「うん。」

「野毛さんみたいに何かやりたい人はやって、今のままでいいという人はそのまま。それもまた一つの選択肢だよね。」

「商店街は本来の役目を終えて、静かに消えていくしかないのかな?」

「でもやっぱりこのままじゃちょっと寂しい。」

「そうだ!いい方法があるよ!」しおりが言った、いい方法とは!?

吊り灯篭

『チュパカブラ王国』の宮殿に、沢山の灯篭が!驚く会長(門田 丑松・かどた うしまつ/CV: 斧アツシ)ですが、蕨矢集落の吊り灯篭を国王に頼まれたことが分かります。会長に何に使うのかを尋ねられ、

「これを商店街にも吊るすんです。そうすればシャッターが下りていても寂しくないし、ちゃんと人が住んでいるって分かると思うから。」と話すしおり。灯篭には、LEDライトを組み込んだので、火事の心配もないようです。それを商店街に配ります。そして野毛のいる本屋へ行きますが留守のよう。

「そういえば『シャイニングドラゴン』を掘りに行くって、高見沢さんが言ってたから、一緒に行ったのかも!」と由乃。早苗は、

「暗号解けたんだ!」と驚きます。

「なんか最初の数字は、24と書いて<西>、つまり西へ27歩って意味だったんだって。」

黄金の龍

そして『黄金の龍』が入ってるらしき箱を掘り出した高見沢たち。箱を開けると、中には祭具の『黄金の龍』ではなく、おもちゃの龍が入っていたのでした。

「国王、ガッカリするだろうな。昔はカッコよく見えたんだけどな。」と3人。

そんな3人の目に飛び込んできたのは、商店街に吊るされた沢山の吊り灯篭!なかなか趣(おもむき)がありますね!何より明るいので、印象がガラリと変わりました。高見沢たちの姿を見つけ、笑顔で駆け寄る由乃たち。残る祭具『黄金の龍』の行方は!?

〜次回に続く〜

TVアニメ「サクラクエスト」第22話の考察・感想まとめ

〜『サクラクエスト』第22話の感想・考察を紹介します!〜

TVアニメ「サクラクエスト」第22話を見逃した!もう一度見たい!そんなあなたも大丈夫!動画配信サイトをまとめて紹介します!(一部有料です)

【画像:ThinkStock

次回のTVアニメ「サクラクエスト」をお楽しみに!

TVアニメ「サクラクエスト」第22話の考察や感想などを紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

祭具の件は、ちょっとがっかりでしたが、杏志のエリカを思う気持ちにグッとくるものがありましたね。商店街の吊り灯篭も素敵です!

次回のTVアニメ「サクラクエスト」をお楽しみに!

「サクラクエスト」の関連記事はこちら


【文:R@imu】
二人の娘を持つ主婦で、家族全員がやや偏ったアニメヲタクです。
アニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」にハマったことからアニメが急に好きになり、声ヲタ寄りではありつつも、いろんなジャンルのアニメ・アニラジを視聴しています。最近では、娘の影響で『youtube』や『ニコニコ動画』にもハマっています。『商店街』といえば、近所の商店街もシャッターを閉めた店舗が多いです。ただ最近、新しいお店も続々と登場しているので活気が戻ればいいな。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。