【ネタバレあり!】TVアニメ「サクラクエスト」第20話の考察・感想まとめ、動画配信サイトを紹介!

TVアニメ「サクラクエスト」の第20話の感想まとめと動画配信サイト情報をお届けします!『瑞池(みずち)祭』の復活の準備に大忙しの由乃たち。真希は、オーディションを受けるため、一人東京に向かいます。ひょんな事から新国王になってしまった!?由乃の次のお仕事は?「サクラクエスト」の舞台となるのは、田舎の『観光協会』。そこで主人公を待っていた普通じゃない『観光地』の普通じゃない『お仕事』とは一体!?それでは、TV アニメ「サクラクエスト」の第20話の考察・感想まとめ、動画配信サイトなどを紹介します!

TV アニメ「サクラクエスト」第20話の考察・感想まとめ、動画配信サイトを紹介します!

ボイスタ読者の皆様、こんにちは!ライターのR@imuです。

TVアニメ「サクラクエスト」の第20話の感想まとめと動画配信サイト情報をお届けします!

『瑞池(みずち)祭』の復活の準備に大忙しの由乃たち。そして真希は、オーディションを受けるため、一人東京に向かいます。

ひょんな事から新国王になってしまった!?由乃の次のお仕事は?
「サクラクエスト」の舞台となるのは、田舎の『観光協会』。
そこで主人公を待っていた普通じゃない『観光地』の普通じゃない『お仕事』とは一体!?
それでは、TV アニメ「サクラクエスト」の第20話の考察・感想まとめ、動画配信サイトなどを紹介します!

TVアニメ「サクラクエスト」第20話の考察・感想まとめを紹介!第20話『聖夜のフェニックス』

オーディション

東京でオーディションを受けた真希(緑川 真希・みどりかわ まき/CV:安済知佳)。

しかし、結果は不合格。番号を呼ばれたので、一瞬受かったように思えただけに、ショックさが伝わってきます。それでも、気持ちを切り替えて間野山に戻るのでした。

一方、由乃(木春 由乃・こはる よしの/CV:七瀬彩夏)が企画した、廃校になった中学校での『給食会』は、参加者が1名も来ないまま失敗に終わります。そこへ帰ってきた真希も合流し、5人でカレーライスを食べるのでした。

ちゃんと終わらせたい

「みんなこの学校に、関心がないのかな?」由乃の疑問に、真希は

「ちゃんと終わってないからじゃないかな?」そう言って、自分がこの学校の最後の卒業生だけれど、普通に卒業式を行っただけで、『閉校式』が行われなかったことを話します。

「ちゃんと終わってないって、そういうことか。」由乃は納得するのでした。

観光協会に戻った由乃たち。早速、会長(門田 丑松・かどた うしまつ/CV: 斧アツシ)に『間野山第二中学校の閉校式』の開催を打診します。祭りの準備のことを問われますが、由乃は

「ただ取り壊されるのを待つんじゃなくて、建物を何かに利用出来ないか、みんなで考えていく機会になるのでは?」と訴え、早苗も

「そのことが、ひいては町の活性化につながるのでは?」と話します。

お祭りの準備も並行して行うと告げると、会長は

「分かった。どんどんやれ!」と承諾するのでした。

ため息カフェ

カフェで早速『閉校式』の話し合いをする由乃たち。

すると、近くでかき氷を食べていたサンダルさんがため息をついていました。雪が積もっているので、外で絵が描けず困っている様子。

周りのみんなも、それぞれため息をつく有様。すると、この前撮影した、凛々子(織部 凛々子・おりべ りりこ/CV: 田中ちえ美)が歌う『龍の唄』の映像が。再生数もいいようですが、歌の意味がわからないとエリカ(鈴木エリカ/CV:黒沢ともよ)たちに言われ、 凛々子までガーンとショックを受けます。

「確かに、歌だけだと元のお話は分からないかも。」由乃の言葉に、さらにガーンっとなる 凛々子。

そこへ真希の弟の浩介(緑川浩介/CV:小林裕介)が、不機嫌な顔でカフェに来ました。友達と将来の話になって、

「俺は間野山を出る。こんな映画館もライブハウスもない町のどこがいいんだって言うからさ。馬鹿野郎!太鼓があるじゃねえかって。都会に出る奴は出ればいい。俺は出ない。ただそれだけのことなのに。なんで、いい悪いの話になるんだ。」そう言うと、ため息をつくのでした。

校舎の活用

「なるほど、美術室をアトリエにね。」そう話す5人の前には、廃校の美術室で絵を描くサンダルさんの姿が。快適そうですね。由乃は、

「音楽室も使わなきゃもったいないし、体育館だって『どんどこクラブ(太鼓)』の練習にいいんじゃない?そのうち映画の上映とか、ライブとかやりたい人が出てくると思う。娯楽がないなら、自分たちで作っちゃえばいいんだよ!」とみんなに話すのでした。

次に由乃たちがやるべき事は、教育委員会へ『閉校式』の申請書を出す事。

「その前に寄りたいところがある。」そう言って向かった先は、小学校の教頭を務める真希の父の元へ。申請書に目を通した真希の父は、

「『閉校式』、なるほど。」と。由乃は、

「長年教師をやっている緑川先生(真希の父)にアドバイスをいただけないかと。」と話します。すると、

「いいんじゃないかな。こう言う趣旨なら、ノーとは言わないでしょう。教育委員会に行くなら、私も同行しますよ。」とありがたい申し出まで!

「ところで、この『二中メモリアルステージ』というのは?」と尋ねられ、由乃は慌てて、

「えっと…、二中といえば『血まみれサンタ』!お芝居でやるんです!成仏させましょう!製作総指揮は、ガテン大臣の真希ちゃんです!ですから、ご安心ください!」と、今思いついたであろう内容を勝手に話すのでした。真希は驚きつつも嫌そうな表情を浮かべます。一体、どうなるのでしょうか?

雪の積もった間野山を歩く5人。浮かない顔の真希に、由乃たちは雪をいきなりぶつけます。負けじと応戦する真希。そして覚悟を決めたのか、

「やるからには、ちゃんとしたのをやる!中途半端は嫌だからね!」真希の言葉に、嬉しそうにうなづく由乃でした。

真希の決意

早速『閉校式』でのお芝居のため、人を集めると、稽古が始まります。脚本や演出などを真希が行い、他のメンバーも衣装や舞台セット作りなど大忙しです。お芝居の主役も真希が出演。稽古が進むにつれ、真希から笑顔が見られるように!生き生きしていますね。

寮に戻っても真希は、脚本の手直しなど忙しそうです。そんな真希に由乃が話しかけると、

「やっと腹が決まったよ。どんな仕事してても、私は自分の『好き』を貫こうって。好きなことと関係ないからヤダじゃなくて、仕事でもなんでも自分の方から『好き』に寄せていくっていうか。」真希の言葉に、由乃は

「やっぱ羨ましいよ。そんなに夢中になれるものがある真希ちゃんって。私にもいつか見つかるかな?」と羨ましがりますが、

「もう見つかってたりして。」と、真希がポツリ。それって、国王の仕事を指しているのでしょうか?それとも!?

「困った…。ラストシーン、セリフ以外にインパクトが欲しいんだよね。」悩む真希に、

「インパクトかぁ…。」由乃の脳裏に浮かんだものは?

閉校式

ついに閉校式の日を迎えました。多くの人で賑わっています。由乃の挨拶から『閉校式』が始まります。

浩介たちの太鼓の演奏に続いて、いよいよ『血まみれサンタ』のお芝居が始まりました。とは言っても、ホラーではなく、サンタが怪我をして血まみれになってしまい、サンタの子供が代わりにプレゼントを配るという笑いの要素の多いお芝居。これなら子供も大人も楽しめて、『血まみれサンタ』の噂も払拭できそうですね。

真希たちの熱演のラストには、二中に飾られていた『開校40周年記念の製作物』が登場!その作品に、懐かしむ人たち。拍手が鳴りやまず、真希は目を輝かせて観客の前で手を広げて喜びをかみしめるのでした。

開放式

締めの挨拶に立つ由乃。

「この場所は、再来年には更地になってしまいます。が、あえて私たち『観光協会』は、提案したいと思います。この学校は、かつて子供たちの未来を育てる場所でした。その役割を終えた今、次は間野山の未来を育てる場所にしませんか?

これからの間野山文化の発信拠点として、この校舎を蘇らせませんか?皆さんの手で!これが『観光協会』からの提案です。」そう言って、合図を送る由乃。

すると、ステージに掲げられた『閉校式』の文字の一部が変わって、『開放式』に!

「名付けて『間野山二中 開放式』です!今日から間野山二中を市民の皆さんに開かれた施設にするのはいかがでしょうか?」その提案に、多くの拍手で答えます。ステージに並ぶ5人の姿と拍手に感動しますね。

新たな挑戦

『閉校式&開放式』の成功を収め、由乃たちは乾杯します。

廃校を利用したいとの声も多く寄せられているようです。真希は、

「あのさ私、あの場所で劇団を立ち上げようと思うんだ。この町に娯楽がないなら、作っちゃえ!次は『龍の唄』を芝居でやるのはどうかな?ほら、歌だけじゃ分かりにくいって言われたじゃん。だったら、物語で見せちゃおうって。」その話に、凛々子も賛成します。

「なら『瑞池(みずち)祭』に組み込まない?」由乃の言葉で、アイディアがどんどん膨らみます。

三田九郎

祭具の<吊太鼓>が修繕業者に運ばれていきます。依頼した覚えのない『観光協会』のみんなは困惑気味。なんせ修繕には、多額の費用がかかるからです。しかし、業者は代金も受け取っているからと、書類を見せます。そこには『三田九郎』の名前が。

「サンタクロース」と読み取る凛々子。一体誰なのか、みんなが考える中、真希だけは心当たりが…。

「まさかね…。」きっと真希の父だったのでしょうね。真希の笑顔で芝居をする姿の写真も。誰よりも真希を心配して、そして誰よりも真希の一番のファンの父の姿が垣間見れました。

〜次回へ続く〜

TVアニメ「サクラクエスト」第20話の考察・感想まとめ

〜『サクラクエスト』第20話の感想・考察を紹介します!〜

TVアニメ「サクラクエスト」第20話を見逃した!もう一度見たい!そんなあなたも大丈夫!動画配信サイトをまとめて紹介します!(一部有料です)

【画像:ThinkStock

次回のTVアニメ「サクラクエスト」をお楽しみに!

TVアニメ「サクラクエスト」第20話の考察や感想などを紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

オーディションに落ちてしまいましたが、また新たなステージで輝き出した真希。演じることが大好きなのが、伝わってきました。そして、互いに素直じゃない父と娘の関係も、今回のことで距離が縮まるといいですよね!

次回のTVアニメ「サクラクエスト」をお楽しみに!

「サクラクエスト」の関連記事はこちら


【文:R@imu】
二人の娘を持つ主婦で、家族全員がやや偏ったアニメヲタクです。
アニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」にハマったことからアニメが急に好きになり、声ヲタ寄りではありつつも、いろんなジャンルのアニメ・アニラジを視聴しています。最近では、娘の影響で『youtube』や『ニコニコ動画』にもハマっています。『血まみれサンタ』が、あんな物語になるとは!チャパカブラ、真希の脚本や演出で人気になってほしいです。まず着ぐるみを可愛くしないと、子供ウケしませんよね!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。