【え!?私が国王に!?】TVアニメ「サクラクエスト」第1話の考察・感想まとめ、動画配信サイトを紹介!

2017年春の新アニメ「サクラクエスト」の第1話がついに放送開始です! 以前に放送された、TVアニメ『花咲くいろは』や『SHIROBAKO』に続く【お仕事シリーズ第3弾!】と、放送開始前から早くも話題のこの作品。 「サクラクエスト」の舞台となるのは、田舎の『観光協会』。 そこで主人公を待っていた<普通じゃない『観光地』の、普通じゃない『お仕事』とは一体!?> それでは、TV アニメ「サクラクエスト」の第1話の考察・感想まとめ、動画配信サイトなどを紹介しちゃいます!

新TV アニメ「サクラクエスト」第1話の考察・感想まとめ、動画配信サイトを紹介します!

ボイ⭐︎スタ読者の皆様、こんにちは!ライターのR@imuです。

2017年春の新アニメ「サクラクエスト」の第1話がついに放送開始です!

以前に放送された、TVアニメ『花咲くいろは』や『SHIROBAKO』に続く【お仕事シリーズ第3弾!】と、放送開始前から早くも話題のこの作品。

「サクラクエスト」の舞台となるのは、田舎の『観光協会』。

そこで主人公を待っていた<普通じゃない『観光地』の、普通じゃない『お仕事』とは一体!?>

それでは、TV アニメ「サクラクエスト」の第1話の考察・感想まとめ、動画配信サイトなどを紹介しちゃいます!

TVアニメ「サクラクエスト」第1話の考察・感想まとめを紹介!

〜いよいよ出勤開始です!〜

第1話『魔の山へ』

幼い頃の記憶?

〜それは、幼い頃の記憶。どこかの王宮の広間で、 沢山の国民たちに祝福されて…。

キラキラと輝く<王冠>を頭に…。あの時の幸福感。高揚感。

あれは夢だったのか?現実だったのか?今は分からない。

だけど、それが今まで生きてきて<一番嬉しかったこと>〜

主人公『木春 由乃(こはる よしの)』(CV:七瀬彩夏)の語りで始まったこのシーン。なかなか幻想的で、女の子の可愛さに、ほっこりしますね。

就職活動

しかし、いきなり現実に引き戻されます。

そう話していたのは、<面接会場>。しかも、就職活動の真っ最中!という状況です。

由乃は、かなり就職活動に苦戦しているようですね。そして<東京>で就職することを強く望んでいるようです。

実家が<田舎>だったことも影響しているのでしょうか?生活していくにも、残金が残り少なく、ピンチになってしまいます。

仕方なく、家にある食べ物で食事をしますが…、イマイチだったようですね。これは、梅干し?漬物?

そんな中、一本の電話が。以前に一度だけ 仕事をしていた<モデル派遣事務所>からでした。

その内容は、<由乃を指名で依頼があり、【村おこし】のため<国王>をやってほしい>というものでした。<観光協会>からの依頼だと。

返事に渋る由乃でしたが、就職活動のことにふれられ、断れず…そして…。

間野山へ

そして電車に揺られ、その村へと向かう由乃。

車窓の窓に広がる<のどかな田舎の風景>に、この場所であっているのか不安になります。そして、車内にいた女性に尋ねるのですが、

「あんた、どっから来たの?」と逆に質問されました。

「東京からです。ちょっと仕事で。」由乃の答えに、考え込む女性。

「国王がどうのって。」と由乃が続けて話すと、女性は納得した顔で、

「あぁ、チュパカブラか…。」

そして、電車は、目的地の<まのやま駅>に到着するのでした。

人違い!?

ホームには、由乃を歓迎する<横断幕>を持った人々が待っていました。

早速、挨拶をする由乃ですが、

「誰じゃ?」と言われてしまいます。その理由は…。

<間野山観光協会>に案内された由乃は、その言葉の意味を理解します。

本当は大ファンだった『椿 由乃』を呼ぶつもりが、メモの字の読み間違いで『木春 由乃』の依頼が来たようなのです。しかも、その『椿 由乃』は すでに亡くなっていることも分かり、観光協会の人たちは大騒ぎです。

モメている様子を目の当たりにした 由乃は、

(ここでも私、必要とされてない…)と表情を曇らせるのでした。しかし、由乃は

「あの!確かに<木春>と<椿>って 間違えても仕方ない気がしますし、いくら書道 初段の方が書いた字でも、最初から<椿>と思ってみれば そう見えても仕方ないと思いますし。

それに、いくつになっても 自分の好きなアイドルを『由乃ちゃん』って呼ぶのも、なんか可愛くていいかなぁ…なんて。

だから…とりあえず こんな<小娘>ですけど、もしみなさんが必要としてくれるなら、私 今日は1日…。」そう言いかけると、一番大騒ぎしていた年長の男性が

「よし!これも何かの縁じゃ!予定通り<戴冠(たいかん)式>を行う!」と告げるのでした。

驚く協会員たち。そして、どこかに連れて行かれるのでした。どこへ行くのでしょうか?

いざ!王国へ!

「お仕事、ダメにならなくてよかったですね!」そう話しかけるのは、観光協会で働いている職員『四ノ宮 しおり(しのみや しおり)』(CV:上田麗奈)でした。しおりが、他の職員の紹介をします。

先頭を歩いているのが『門田 丑松(かどた うしまつ)』(CV: 斧アツシ)。観光協会の会長で、国王。

あとは事務局長の『しがらきさん』(CV:?)。

若い方が『山田 孝(やまだ たかし)』(CV:下野紘)で、メガネの人が『美濃(みの)さん』(CV:濱野大輝)。

歩いていると、不機嫌そうな顔で こちらを見る女性が。老舗のお菓子屋さんのようですね。

「また くだらない事を考えついたのかい?クソじじい。」と文句を言うのは、商店会の会長でもある『織部 千登勢(おりべ ちとせ)』(CV: 伊沢磨紀)。「うるせえ、クソババア。」と会長。

このやり取りは、いつもの事のようです。

そして、店の2階から そっと見つめる少女の姿が。しおりが手を振る その少女は 、今後どう関わってくるのか 楽しみですね!カーテンを閉めてしまうあたり、何か抱えているようにも見受けられますが…。

そして、畑に不釣り合いな看板<チュパカブラ王国(しかも、『チュパ』の文字は後から足しています)>を通り過ぎ、ついた先に立っていたのは…。

【王宮】と呼ばれる その建物は、かなり残念な造りで、傷んでいます。何より、そのデザイン…。

それでも、昔は 沢山の観光客で賑わっていたようです。その事に驚きます!

<ミニ独立国>ブームがあったようです。

二代目国王

<チュパカブラ王国>の中には、町民が沢山 集まっています。かなり年齢層は、高めのようですね。

祖母舞台の中央には、国王の衣装を身にまとった、会長が『国王』になりきっていますが、誰も興味がなさそうです。

そしていよいよ<戴冠(たいかん)の儀>がとり行なわれました。

「二代目国王!前へ!」その声に促されるように、由乃は 戸惑いつつも壇上へ上がります。

そして、玉座らしきものに座ると、頭に王冠をのせられました。

「チュパカブラ王国の国王の誕生を宣言する!」声高らかに叫ぶ会長の言葉に、やはりなんとも言えない表情を浮かべる由乃なのでした。

チュパカブラ

その夜は、宴会が行われていました。

その席で、<チュパカブラ>について尋ねる由乃。

「この辺りの伝説の化け物で、家畜の血を吸うって話だが、実は<イタチ>らしいが…。」その言葉に反撃する会長は、

「<イタチ>ではない。わしが子供の頃、この目で見た!」と言います。

そして由乃は 周囲から、

「頑張って<間野山>の魅力をどんどんアピールしてくれ!<新国王>、これからもどんどん頼むぞ!」その言葉に、由乃は 不思議顔。それもそのはず…。

本音

宴会後、由乃が、しおりに車で送ってもらっていました。

「でも本当に良かった。由乃ちゃんが、この仕事 引き受けてくれて!」しおりは由乃に話しかけます。そして話題は、由乃のことになり…。

「田舎が嫌で<東京>に出てきたの。だって、何もないし、退屈だし。あんな田舎で<一生>終わるなんて、絶対に嫌だったから。」と由乃が本音を話します。<東京>で働くことにこだわっていた理由がわかりましたね。由乃の話を聞いて、しおりは

「でも私は、自分が生まれた<この場所>が大好き。だから、この町の良さを もっと みんなに知ってもらいたい。」と話すのでした。

普通?異常?

宿泊場所として案内されたのは、ロッジのような造りの建物でした。以前は<寮>として使っていたところだと、しおりが説明します。

しおりが帰り際に言った、

「明日から、一緒に頑張りましょうね!」の言葉に、由乃は また不思議そうに首をかしげます。

その時、部屋から物音が!恐る恐る、近く由乃。

そこにいたのは、寝袋に寝転がる女性の姿が!電車で会った女性のようです。

「あんた、新しい<国王>!?なんでここに居んの?」と由乃に尋ねるのでした。

「なんでって、ここに泊まれって言われたから。あなたこそ、なんで?」の言葉に、その女性は 言葉を濁します。

そのあとの二人のやりとりが面白かったですね。

<普通の女子大生><異常な女子大生>のワードに、笑ってしまいました。

こんなはずじゃない!

「に、してもまぁ…こんな限界集落 一歩手前のダメ感満載の<田舎>に来たよね。」と女性の言葉に、

「お金もらったら、とっとと帰ります。<戴冠式>のイベントも、無事終わったし。」由乃の言葉に、

「いや、帰っちゃダメでしょ。これからが本番なんだろうし。まさか、聞いてないの?」と女性はスマホの画面を由乃に見せるのでした。そこには…。

【<チュパカブラ王国>二代目国王に『木春 由乃』さんが即位。新国王は これから一年間、<住み込み>で様々な<町おこし活動>を行う…】との記事が掲載されていました。由乃は驚き、

「一年!?そんなの聞いてない!」そういうと派遣会社に問い合わせるのですが、<契約書>に書いてあると言われてしまい、確かに その記載が!由乃が、きちんと<契約書>を読んでいなかったのが原因でした。

「とにかく無理!さよなら!」そう言って、寮から出る由乃。

東京へ!

とにかく駅へ!外に出た由乃は、ちょうど来たバスに乗り込むと、駅に行って欲しいと頼みますが、断られてしまいます。

そして、車内には ギターかウクレレのような楽器を抱えた、カタコトの外国人の姿が。

彼の話す、なんとも言えないシュールな話を聞き、バスを降りる由乃でした。なかなかインパクトのあるキャラクターです。

仕方なく、駅へと走る由乃。無事に駅に着いたものの、すでに終電はありませんでした。

その頃、会長宅に電話が。相手は、先ほどのバスの運転手です。

「なんか深刻そうな子が、<東京に帰る!>って 駅の方へ走って行ったけど大丈夫?」その言葉を聞き、

「帰してたまるか!」そう会長が呟くと、しおりを呼び止め どこかに向かうようです。

チュパカブラ現る!?

<東京>に帰る手段がないことが分かり、途方にくれる由乃。真っ暗な道を、とぼとぼと歩いています。すると…目の前に現れたのは…<チュパカブラ>!?

必死に逃げる由乃は、途中に刺さっていた剣にも気づかず 通り過ぎます。

なぜか影から様子を見ていた、しおりは焦ります。そして<チュパカブラ>も息切れ気味。

そこで、しおりも登場し 助けを求めるのですが…、さすがに由乃は気付いたようで、

「いい加減にしてよ!」そう言うと、<チュパカブラ>にカバンで攻撃するのでした。

しかし<チュパカブラ>に変装していたのは会長で…。救急車で運ばれてしまうのでした。

会長も、しおりも、あんな事で騙せると思っていたのが凄いです。

会長の思い

会長に怪我をさせたことを会長の奥さんに謝る、由乃。逆に申し訳なさそうな奥さんは、

「本当、どうしようもない人。でもね、それも この町を思っての事なのよ。

もう一度、昔みたいに 活気のある町にしたいんだってね。だからって、そのやり方が これじゃねえ。

あなたが嫌なら 国王なんて仕事、引き受けなくていいのよ。

今日は、ひとまず寮に戻って、明日になったら考えなさい。」と優しい言葉をかけるのでした。

しおりの気持ち

「あんな事として、ごめんなさい。でも私、由乃ちゃんが来てくれて嬉しかったの。

自分と同世代の子が、新しい<国王>になって、一緒に町を盛り上げてくれたら 楽しいだろうなって。

だから 私、由乃ちゃんに この町に残って欲しくて。」と、しおりの言葉に、由乃は

「ありがとう。なんか、そんな風に言ってもらえると、嬉しい。」と話すのでした。

そして寮に戻った、由乃でしたが…鍵がかかって入れません。

どうやら、あの女性が鍵をかけて眠ってしまったようですね。まさか、戻ってくるとは思ってなかったでしょうし。

記憶

仕方なく由乃は、<チュパカブラ王国>で過ごすことに。

館内に飾ってある写真を眺めていると、ある一枚の写真が目に止まります。それは、『来国10万人突破』の記念の集合写真でした。

その中央で、玉座に座り 冠をつけた幼い少女は…、なんと由乃でした!

「私…、ここに来た事 あったんだ。あの記憶って、本当だったんだ。」と微笑む由乃。

そして、冠を頭に乗せる由乃なのでした。

新国王!?

翌朝、しおりは<チュパカブラ王国>に荷物を運びにやってきました。

目に飛び込んだのは 玉座に座り、国王の衣装と冠を着けたまま眠っている、由乃の姿。

「由乃ちゃん!考え直してくれたんだね!」と喜ぶしおりに、

「違う!そうじゃなくて!これはただ寒くて!毛布もなかったし。それに私、まだ結果待ちの会社が!」と必死に言い訳をする由乃。その時、メールで<不合格>の結果が届いてしまい…。

そして、怪我を負った会長も登場し、

「ようやく 心 決めたんじゃな。」と言いますが、すかさず由乃は

「決めてません!」と言い切ります。しかし会長は、お構いなしに

「じゃあ早速<新国王>に、最初の仕事を与えようではないか!」と告げるのでした。

まだ<国王>になると決めていない状態で始まる、由乃の最初の<仕事>とは?

〜次回に続く〜

TVアニメ「サクラクエスト」第1話の感想まとめ

最後の集合写真のシーンには、驚かされましたね!それでは、第1話の感想を紹介します!

見逃した!もう一度見たい!そんなあなたも大丈夫!動画配信サイトをまとめて紹介します!(一部有料です)

【画像:ThinkStock

次回のTVアニメ「サクラクエスト」をお楽しみに!

TVアニメ「サクラクエスト」第1話の考察や感想などを紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

<国王>になったきっかけも意外でしたし、アニメを通して あまり身近でない『観光協会』の仕事が垣間見れました。

これから<国王>としての仕事が、本格的に始まるようで楽しみです!

そして、次回予告ではバスの乗客として登場した彼がナレーションをしていましたね!

あの彼は『サンダルさん』という名前だそうです。本名ではなく、アダ名でしょうけれど。

今後の『サンダルさん』にも注目です!

次回のTVアニメ「サクラクエスト」も お楽しみに!

「サクラクエスト」の関連記事はこちら


【文:R@imu】
二人の娘を持つ主婦で、家族全員がやや偏ったアニメヲタクです。
アニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」にハマったことからアニメが急に好きになり、声ヲタ寄りではありつつも、いろんなジャンルのアニメ・アニラジを視聴しています。「サクラクエスト」、面白かったです!「SHIROBAKO」も大好きだったので、今後に期待です!そして、声ヲタな私には、下野紘さんの登場にテンションが上がりました!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。