咲-saki-のもう1人の主人公!伝説級な才能を持ったお嬢様「原村和」徹底解説!

大人気麻雀アニメ「咲-Saki-」には、様々な能力を持った魅力的なキャラクターが多数存在します。そこで今回は主人公である宮永咲の双璧キャラクターとして存在しており、もう1人の主人公とも言われている「原村和」についてプロフィールから、趣味やキャラクターの関係性まで、原村和の魅力的な部分を余す所なく徹底解説します!

大人気麻雀アニメ「咲-saki-」で圧倒的な存在感を見せる人気キャラクター「原村和」を徹底解説!

咲-Saki-と言えば、様々な能力を持った女子高校生が、麻雀が社会に浸透した架空の世界で麻雀という競技で争う風景をテーマにした大人気アニメです。そんな咲-Saki-で登場するピンクの髪が印象的な原村和。

非常に人気のあるキャラであり、咲-Saki-のもう1人の主人公とも言われているその存在感、そしてその性格などは気になるものばかりです。今回はそんな原村和をプロフィールからキャラクターの関係性まで徹底解説していきます!

咲-Saki-主要キャラクター「原村和」のお嬢様なプロフィールをご紹介!

咲-Saki-の主人公である宮永咲と同じ清澄高校の麻雀部に所属しています。麻雀は右手で打つ事が主流なため、原村和も右手で麻雀を打っていますが、原村和は左利きです。

父は弁護士、母は検事と非常に裕福な家庭環境で育ち、お嬢様らしい一面も良く見る事が出来ます。咲-Saki-に登場するキャラクターの中でも男子生徒にとてもモテており、マスコミにも注目されるほどの美少女。

身長154cmでピンクの髪にツインテールが特徴の原村和。言葉遣いなどからもお嬢様というのが分かる気品のある雰囲気を持っています。

お嬢様でふわふわとしたような雰囲気に見えますが、麻雀の試合になった途端、雰囲気がガラッと変わったり、麻雀好きでなかった咲に負けた時には部屋を飛び出し、悔しがる様子から麻雀への情熱はとても熱く真面目な性格とわかるでしょう。

可憐な見た目から気になるのは体重ですが、体重については公開されていないため、不明です。しかし親友である片岡優希に「同じ身長の人より5kg重い」と体重の事について少し触れられている場面もあります。

原村和の気になる声優は?

人気アニメ「キルラキル」の纏流子、「ペルソナ」の天城雪子、「狼と香辛料」のホロなどの声優も努めた人気声優の小清水亜美さんです。小清水亜美さんはその他にも多数の人気アニメの声優もしています。

主人公の宮永咲と原村和の関係性は?原村和の気になるキャラクター関係について解説!

主人公である宮永咲とは友人であり、仲間であり、ライバルです。たまたま部室へ来た宮永咲と初めて麻雀をし、宮永咲に負けてしまった原村和は、宮永咲をライバルとして意識するようになります。

同じに部活という事もあり、仲間としてライバルとして切磋琢磨している表現が、アニメでは多く垣間見えたり、仲の良い友人としても意識しているようです。

原村和には片岡優希という親友がいます。原村和とは対照的で身長も小さく、子供っぽい見た目や性格で、麻雀の試合でマントを巻いているのが印象的なキャラクターです。

近寄り難い高嶺の花のような存在の原村和ですが、片岡優希だけは原村和に親密なスキンシップを取るほど仲の良いというの良くわかります。

その他にも小さい頃に育った場所の友人、部活のメンバー、全国で戦うライバルなど様々なキャラクターが存在します。

そんなお嬢様な原村和の私生活とは!

私生活はお嬢様そのものです。原村和の部屋には全自動麻雀卓はもちろん、麻雀の練習のためにネット麻雀をかなりやり込んでいるようで、そのためのデスクトップパソコンなど麻雀の環境は全て揃っています。

立派な一軒家、麻雀設備に加え、高級なデスクトップチェアがあるなど、父が弁護士で母が検事という家庭環境の裕福さが分かるシーンもあります。

そしてお嬢様らしい一面が良く見えるのが、ラーメンです。咲-Saki-第8話でラーメンの屋台に寄った原村和は親友の片岡優希にラーメンについて聞かれると、初めてであるかのような反応を見せました。

その事から高校生になるまでラーメンを食べた事なかったという表現もされています。さらには少女趣味があるという一面も持っています。

咲-Saki-キャラクターの中でも屈指の強さを誇る原村和の強さの秘訣とは?

原村和がもう1人の主人公と言われるのは、強さも関与しています。原村和の特徴的な能力はないです。それもそのはず小さな頃から、続けてきた麻雀に対しての努力が、強さの秘訣でもあります。ある意味それも能力なのかもしれません。そんな強さの秘訣をご紹介します!

東京の進学校へ行く事を拒んだ親友片岡優希の存在!

原村和は父に進学校への進学を勧められます。しかし小さい頃に引っ越しで、友達と別れた事がある経験を持つ原村和にとって親友である片岡優希と別れたくないという一心が芽生え、麻雀の全国大会制覇というのを条件にその場所へ残る事が決まりました。

親友と離れたくない、離れないために全国大会制覇するという強い意思が原村和の動力源となり、日々強さに磨きがかかっています。

強さの秘訣は主人公の宮永咲!

主人公である宮永咲と初めて出会ったのは麻雀です。たまたま部室へ来ていた宮永咲と麻雀を打つ事になり、打ったもののこれまで感じた事のない強さで負けてしまいました。

そこから宮永咲をライバルとして意識するようになり、さらに宮永咲が麻雀部へ加入する事になり、仲間としても切磋琢磨しており、宮永咲の存在も強さの秘訣と言えるでしょう!

原村和の自宅の環境の良さはもちろん、1番の秘訣はネット麻雀!

裕福な家庭で麻雀環境が整っている原村和ですが、一番の強さの秘訣は自宅のデスクトップパソコンで行う「ネット麻雀」。ネット麻雀では伝説級の強さを誇り、ネット麻雀をしているユーザーの中では運営が用意したプログラムなのではないかと噂されるほど完璧な麻雀をしていました。

日々のネット麻雀での練習が、本番の苦難も乗り越える事の出来る理由の1つでしょう!

原村和はこれがないと力が出ない?「エトペン」

原村和の趣味の1つでもあり、自宅で麻雀をする際にもいつも抱きかかえているペンギンのぬいぐるみ。これがエトペンです。感情のブレあり、場所が変わると普段の力が出せなくなってしまう原村和。

普段に近い雰囲気を出すために、この趣味である大好きなエトペンを抱きながら麻雀を打つ事で伝説級の力を存分に発揮出来るというわけです。

もう一人の主人公と言われる一番の理由?幼少期の原村和を見る事が出来る「咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A」

原村和は引っ越しの経験があるとご紹介しましたが、引っ越し前に住んでいた土地、そして原村和の友人を中心に物語が語られており、その回想シーンとして幼少期の原村和が見る事が出来ます。小さい頃から麻雀をしていた事もあり、原村和にとって麻雀は切っても切れない思い出でもあるのです。

こうして原村和が別の形でフィーチャーされるので、もう1人の主人公と呼ばれる理由の1つでもあるのでしょう。さらに咲-Saki-の続編である咲-Saki-全国編では、原村和のかつての友人達との関わりなども見る事ができます。

咲-Saki-に関連する記事はこちら

原村和は咲-Saki-の中でもトップクラスの真の実力者!

原村和のプロフィールやキャラクター関係などをご紹介しました。原村和は真面目な性格からとても努力家であり、友人を思いやる優しいキャラクターである事がお分かりいただけたでしょうか。

特出した能力はないものの、能力を持っているライバル達を経験でカバー出来る原村和の強さには魅力を感じてしまう事間違いなしです。

強さだけでなく、魅力的かつその上品な風貌や行動は人気が出る理由の1つであり、もう1人の主人公と言っていいほどの存在感を持っています。原村和のプロフィールやキャラクター関係を深く知って、咲-Saki-を見る事でさらに面白くなるでしょう!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。