アニメRWBY Volume 1-3: The Beginning4話の考察と感想まとめ!動画視聴方法も紹介♪

話題沸騰のアニメRWBY Volume 1-3: The Beginning4話の考察と感想まとめ!RWBYはアメリカ生まれの長編3DCGアニメーションシリーズです。日本から影響を受けたキャラクターデザインやRWBYの大きな魅力の一つであるスタイリッシュなアクション、そしてストーリーやセリフはアメリカ的な要素がよく出たものになっています。RWBY Volume 1-3: The Beginningはvolume1-3を1クールにまとめたものなので初めて見る方、時間がないという方にもおすすめ!

アニメRWBY Volume 1-3: The Beginning4話の考察と感想まとめ!動画視聴方法も紹介します♪

アメリカ生まれの3DCGアニメーション作品RWBY Volume 1-3: The Beginning4話が放送されました!

前回ブレイクやサン、ペニーの活躍でローマンの計画を阻止することに成功しました。そしてファウナスでありホワイトファングに所属していた過去を持つブレイクとワイスの間に起きた不和も解消しチームRWBYは絆を深めました!

今回からはRWBY Volume2の内容に入るアニメRWBY Volume 1-3: The Beginning4話の考察、感想まとめをしていきます。

アニメRWBY Volume 1-3: The Beginning4話の考察と感想まとめ!

シンダーの計画

シンダーの仲間、緑の髪のエメラルドと灰色の髪をしたマーキュリーはホワイトファンから離脱しようとしていた仲間を始末します。この勝手な行動を起こしたことでローマンは二人に対して怒りを見せます。計画がうまくいかずイライラしているせいもあるでしょうがローマンとエメラルドたちは相性が悪いようです。

ローマンの雇い主シンダーが現れると一歩引いて笑いを見せますが計画の進行が遅いことを指摘されるとさすがのローマンも「はぁ!?」と三回も言って苛立ちを見せます。アジトを知られずに国中からダストを盗む事の苦労をわかってもらえなかったのが原因のようです。

シンダーはダストを盗むのは終わりにして次の計画に移ることを仲間に知らせます。盗んだ大量のダストを何に使うのでしょうか?4話の途中では学校内で廊下を走るルビーが人とぶつかりますがその相手がなんとシンダーでした。その近くにはマーキュリーとエメラルドの姿もあり、いったいビーコンアカデミーで何を行おうとしているのか気になります。

大乱闘のフードファイト!

ちょっとした悪ふざけからチームRWBY対チームJNPRのフードファイトが始まります。ヤンが七面鳥を使いチームJNPRが投げたスイカを割ったり、ブレイクやピュラがフランスパンで対決したりと見た目はふざけていますが、戦闘は本番さながらの息もつかせぬ展開が続きます。

ピュラが自分のセンブランスである磁力操作で自販機からでた大量のジュースを操ってチームRWBYを攻撃し、それをルビーの高速移動で突風を巻き起こして跳ね返すなどどちらも本気の戦いです。ルビーが起こした突風で食堂の椅子やテーブル、食べ物やチームJNPRが壁に叩きつけられてフードファイトは終わりました。

そしてそこに登場したグリンダ先生は自分の魔法であっという間に食堂を元に戻します。グリンダ先生の魔法はとっても使い道が広く、重宝しそうです。

見ている人の気持ちを代弁するように「食べ物で遊んではいけません」と言ってグリンダ先生は怒ります。しかし一緒にいたオズピン教授は「好きにさせてやれ」と言います。その理由は子供時代を存分に楽しませてやりたいという考えからでした。「嫌が応にも大人にならなければならない時が来る」オズピン教授の言葉には不穏な空気がつきまとっていました。

フードファイトが終わった後ブレイクがとても楽しそうだったのが印象的でした。前回の話ではブレイクが苦しんでいたので少し安心しました。前回の事件が終わった後オズピンにブレイクはファウナスであることをなぜ隠すのかと問われます。ブレイクは誰もがオズピン教授のようにファウナスを受け入れてくれるわけではないと言います。ルビー達がファウナスであることを受け入れてくれたことでブレイクの苦しみは軽くなったはずですが、まだ完全には悩みを克服できていないようです。

アイアンウッドとオズピン

オズピン教授の元に古い友人であり軍や学校を経営するアイアンウッドが訪ねてきます。アイアンウッドは「人間を戦場に出さない」と言う主義を掲げてロボットを使った戦闘を提案しています。強力なバトルスーツなどを作っており、完成すれば強力な味方になってくれそうです!

オスピン教授とアイアンウッドは世界の平和を守るという強い信念を持っていますが、それを実現するやり方には少し違いがあるようです。オズピン教授はアイアンウッドが小艦隊を率いてビーコンアカデミーを訪れたことに対して、平和な今武力による圧力を民に感じさせる事は好ましくないと言います。しかしアイアンウッドは危険が近づいていることを知っていて、武力による警戒は必要だと語ります。

結束と平和の祭典ヴァイタルフェスティバルが開催されている今は武力をひけらかす事は好ましくないと考えるオズピンとアイアンウッドの考えはどちらも否定できません。

最後にアイアンウッドが子供達なら戦争に勝てるのかと言うシーンがあり、平和な世界が大きな問題を抱えているのは間違いないようです。

ルビーとペニーの再会

チームRWBYは危険が迫っていると訴えるブレイクの思いに応えて行動を起こします。ルビー、ワイスはシュニー社ダスト強奪事件の調査、ブレイクとサンはホワイトファングの会合へ行き、ヤンはネプチューンと知り合いの元に情報を聞きに行きます。

ルビーは調査にいく途中で姿を消していたペニーに出会います。ルビーは話しかけますがペニーはまるで初めて会ったかの対応をします。この後わかるのですがペニーは父からルビーたちと話さないように言われていたようです。

アイアンウッドの軍のロボットを紹介している広場でペニーは二人の兵に追われます。アイアンウッドとペニーは何かしら関係があるようです。ルビーはペニーを高速移動で逃がそうとしますが、勢い余って自分だけ道路に転がり出てしまいます。そこにトラックが走ってきてルビーがひかれる直前、ペニーがルビーを突き飛ばします。そのままペニーはトラックを素手止めます!

驚きましたがペニーがルビーに言う通り「本当の女の子」ではありませんでした。手のひらは金属部分がむき出しになっていてペニーがロボットであることがわかります。前回のペニーの戦闘で感じてはいましたが驚きの展開でアニメRWBY Volume 1-3: The Beginning4話は終わります。

アニメRWBY Volume 1-3: The Beginning4話の動画視聴方法!

アニメRWBY Volume 1-3: The Beginningは毎週月曜日abemaTVで放送されています。huluでもアニメRWBY Volume 1-3: The Beginningの配信が始まりました。

もしRWBY Volume 1-3: The Beginningを見てより詳しくRWBYを知りたいと言う方はdアニメなどでRWBYvolume1日本語吹き替え版が見れます。そしてYoutubeの方ではRWBYが無料配信されていて、英語ですが字幕がついているので英語がわからないと言う方でも楽しめます!

アニメRWBY Volume 1-3: The Beginning4話のまとめ♪

(出典:photo ACより)

アニメRWBY Volume 1-3: The Beginning4話の考察や感想まとめを動画視聴方法と一緒に紹介しました!

激しいフードファイトは圧巻でした。学校にはシンダーたちが潜入し、これから何が起こるのか目が離せません。そしてペニーがロボットであることを知り衝撃を受けたルビーはこれからペニーとどう付き合っていくのでしょうか?

それではアニメRWBY Volume 1-3: The Beginning4話の考察、感想まとめを終わります!

RWBYの関連記事はこちら♪

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。