ルミアを探せ!グレンが本気出す!?「ロクでなし魔術教師と禁忌経典」3話の感想まとめと内容考察!さらに動画視聴方法も!

今回は「ロクでなし魔術講師と禁忌経典」3話の個人的な感想まとめと内容の考察記事になります。前回はシスティが拉致され、そして危機に瀕していた時にグレン颯爽と登場し、ネタと共にシスティを救い出したところで終了しました。しかしながらまだ敵の目的も掴めないままであり、ルミアの居場所も不明です。そんなグレンは一体どのようにしてルミアを救い出すのでしょうか? 今回もネタ&グレンの本気がみられるとても魅力的な回でした! そんな3話の内容を個人的な視点で掘り下げていきます!

謎のテロリスト集団が学院を占拠! ルミアの持つ力と秘密とは? 「ロクでなし魔術講師と禁忌経典」3話!

皆さんこんにちは、ボイスタライターの葵です!

今回は「ロクでなし魔術講師と禁忌経典」3話の個人的な感想まとめと内容の考察記事になります。前回はシスティが拉致され、そして危機に瀕していた時にグレン颯爽と登場し、ネタと共にシスティを救い出したところで終了しました。しかしながらまだ敵の目的も掴めないままであり、ルミアの居場所も不明です。そんなグレンは一体どのようにしてルミアを救い出すのでしょうか? 今回もネタ&グレンの本気がみられるとても魅力的な回でした! そんな3話の内容を個人的な視点で掘り下げていきます!

「ロクでなし魔術講師と禁忌経典」3話の感想まとめと内容考察!

では早速、ロクでなし魔術講師と禁忌経典3話の個人的な感想まとめと内容の考察記事に入りたいと思います!今回は前回の続きとなり、そしてさらにグレンの本気モードの力がみられました。グレンの過去についてはまだ謎がありますが、それでもかなり強い魔術師であるということには違いないでしょう! そんなグレンの本性と、さらにルミアの本当の力、真相について今回は知れることができましたが、そんな3話の内容を個人的な視点で掘り下げていこうと思います!

グレン超本気!? ルミアの力とは!

前回の続きとなり、テロリストの一人を倒し、拘束したあたりから今回は始まりました。縛り方がもう SMですね。そして教授に連絡をとるグレンですが、応援は望めそうにない状況でした。結界が張られているということと、さらには現状援軍を要請するのは厳しいという現状があり、この状況を打破するにはグレン一人でなんとかするしかないということでした。おきまりの展開ではありますが、グレンの力がみられる絶好の機会でもありワクワクしましたね。敵の正体は「天の知恵研究会」という外道魔術の秘密結社というものであり、反国家勢力という感じでしょうか? ありきたりな設定ではありますが、今後の物語にも登場する敵となりそうですね! そんな敵の正体もわかりましたが、教授が転送する術式が破壊されているという見込みであり、グレンは一人でルミアを助けに行くと決めます。しかしそんなシリアス展開の中でもやはりネタをぶち込んでくるのがライトノベル原作の物語ですね。グレンのズボンがずり落ちているという「おっと!」という展開も見事に放り込んできました。シリアスと笑いの掛け合いが中々うまく盛り込まれており、飽きさせないアニメーションの作りであると個人的には感じました。

そんなグレンたちはルミアを探しにいこうとしますが、そこへ謎のゲートが開き、骸骨集団が現れます。黄泉の世界からやってきた死者という感じでしょうか? 愚者と死者というのが今回のタイトルとなっていますが、敵のリーダー格の術式でしょうね・・・グレンが格闘でなんとか倒そうとしますが、かなり固いようでした。「カルシウム取りすぎ」というセリフに吹いてしまったのは私だけではないはず!

しかしここでシスティのバックアップがあり、硬化魔法で肉体を強化し、敵を葬るグレンです。ある程度の攻撃を加えると一時的に撤退し、そして時間稼ぎをするようシスティに言います。できなければ単位落とすと脅しのような文句をかけつつ、教え子を信じているグレンの気持ちがわかりますね。実戦こそ一番の訓練であると言いますが、まさにそんな感じでしたね。システィはなんとか足止めをし、その間にグレンは高等魔術で敵を一掃します。この魔術はどのようなものなのかは不明ですが、かなり高難易度の魔術であるのは違いないでしょう! 威力もバカみたいに高いものであり壁をぶち抜いていましたからね。しかしながら分不相応な術を使った反動でマナが枯渇仕掛けている状況に陥るグレンでした。身体の色が灰色になっていましたね。明らかに石にでもなったのか? という感じの色であり、やりすぎ感がありましたが、休ませてくれないのがこの物語の真骨頂でもあります。敵のリーダー格が早速登場します。「浮いている剣」これもかなり高度な魔術なのでしょうね。グレンはなんとか紙一重でかわしつつもある程度の攻撃は食らってしまいます。しかしんがらグレンの戦術はやはり一線級のようでした、駆け引きがうまいというのでしょうね。敵のスキをつくようにして色々と策を練りますが、敵のリーダー格の男も相当な実力者であるようであり、グレンの攻撃は防がれてしまいます。しかしながらあえて攻撃を受け、そしてシスティが魔法を解除したスキに敵の懐へ剣で一撃を入れ、敵のリーダー格の男を倒すことに成功します。この時の敵の言葉で気になることがありましたね。グレンの過去についてですが、宮廷の魔術師で凄腕の魔術師がいるという噂があったということですが、chord nameまでは聞けませんでした。おそらくそれがグレンなのでしょう。度々グレンの過去についての描写が出てきていましたが、グレンはどうやらかなりの凄腕の殺し屋のような存在のようです。グレンは「正義の魔術師」になりたかったと今回何度か言っていました。おそらくそれが1話で童話を読んでいるシーンとの関係があるのでしょう。魔術は正義のためにあるのだと信じていたのですが、現実は人殺しのための手段でしかないと悟った感じがありましたね。

そんなグレンはマナ切れで倒れてしまいますが、システィが魔法でなんとかグレンを助けます。グレンはある程度復活しますが、転送用の魔法陣を書き換えられているということに気づき、そして一番高い塔へと向かいます。そこで衝撃的な事実が判明しました。一つは前任者、つまりグレンの前の先生であったヒューイという人物が今回の内通者であったということでした。そしてもう一つはルミアの力ですね。ルミアは異能者という異質な存在であり、この世界では異能者は嫌われ者であるということ。そんな人間んが王女というのは国として看過できないということで追放されたという感じでしょうか? しかしながらルミアの力は触れた相手の力を何倍にも増幅させるというチートクラスのサポート能力であり、グレンが解除の魔術を行使して力尽きているのを助け、そしてルミアを無事救うことができたのでした。ヒューイという人物は天の知恵研究会のメンバーでありながら、あまり好戦的ではありませんでしたね。ゲームであるという言葉にもその心の中がわかります。しかしながら、グレンは必然的にルミアを助けることができ、学院を救うことができたということでした。今後のグレンの活躍にも注目集まりますが、この後にどのような展開が待ち受けているのか、とても気になりますね!

「ロクでなし魔術講師と禁忌教典」の動画視聴方法!

ニコニコチャンネル:ロクでなし魔術講師と禁忌教典

ニコニコチャンネルでは最新話が無料で視聴可能となっていますので、是非チェックしみてくださいね!

次回のロクでなし魔術講師と禁忌教典はどのような物語なのか?

今回でひと段落した問題ですが、次回は新たな問題が生じるのか、それとも日常的なアニメーションが展開されるのかはまだ不明ですが、今期かなり面白いアニメの一つであるのは間違いありませんね! 次回のロクでなし魔術講師と禁忌教典もお見逃しなく!


(筆者撮影)


【文:葵】
元ファミ通編集部ライターであり、現在はボイスタ専属ライターとして活動中! 基本食わず嫌いなく2次元ものを視聴しておりますマルチライターです。漫画ゲームアニメ、2次元ならなんでもこい! 推しキャラはリゼロのレム! 今後も色々と記事を書いて行きますので是非ご覧になってください! 今後ともボイスタを宜しくお願い致します。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。