リィエルの過去とプロジェクトリバイブライフ真実! ロクでなし魔術講師と禁忌教典9話の感想まとめと内容考察!さらに動画視聴方法も!

今回はロクでなし魔術講師と禁忌教典9話の個人的な感想まとめと内容の考察記事になります。前回ルミアが拐われてしまってからの続きとなりますが、リィエルの本心とは一体どうなっているのか? そしてプロジェクトリバイブライフの真相とは? 今回は大盛り上がりの内容となっていましたね! そんな9話の内容を個人的な視点で掘り下げていこうと思いますので、是非最後までご覧になっていただきたいと思います!

 リィエルの過去が明らかに!? グレンは助かったのか! ロクでなし魔術講師と禁忌教典9話!

皆さんこんにちは、ボイスタライターの葵です!

今回はロクでなし魔術講師と禁忌教典9話の個人的な感想まとめと内容の考察記事になります。前回ルミアが拐われてしまってからの続きとなりますが、リィエルの本心とは一体どうなっているのか? そしてプロジェクトリバイブライフの真相とは? 今回は大盛り上がりの内容となっていましたね! そんな9話の内容を個人的な視点で掘り下げていこうと思いますので、是非最後までご覧になっていただきたいと思います!

 

ロクでなし魔術講師と禁忌教典9話の感想まとめと内容考察!

 

では早速、ロクでなし魔術講師と禁忌教典9話の個人的な感想まとめと内容の考察記事に入りたいと思います。今回の内容は前回の続きとなりかなりシリアスな内容も含まれていました。シリアス路線でありながらも、バトル要素とさらに感動的な要素も含まれているというなかなかにいい感じの内容であったと個人的には思いました。そんな9話の内容を個人的な視点で掘り下げていこうと思いますので、是非最後までご覧になって頂ければと思います。

 

リィエル復活!? そしてグレン大活躍!

 

今回のおおまかな内容わけをすると、グレンの復活、そしてリィエルの意識を連れ戻す、さらにルミアの救出というわけですが、それに加えてプロジェクトリバイブライフの内容、いわゆる真相というやつも明らかになったということですね。それと同時にリィエルの過去も明らかとなりました。

そもそもリィエルという人物がどういう人物であるのかということですが、私が推測していたのは天の智慧研究会のメンバーであるというのが前回に推測した内容となります。しかしながらその推測は大外れでしたね。リィエルは実はプロジェクトリバイブライフの被験者であり、唯一の実験成功者だったということでした。そしてその人格ですが、兄と呼ばれている人物がそのプロジェクトリバイブライフの唯一適合した能力を有している人物でありさらにその人物の実の妹の人格を植え付けられたということがリィエルの過去でした。そしてその唯一の適合者からグレンにその子を託されたということであり、グレンはリィエルのいわゆる保護者的な役割を担っていたということですね。グレンが何も言わずに軍を退役したのは色々と事情があるのでしょうが、リィエルやアルベルトがそのことについて色々と怒っていた理由もわかりました。

そしてもう一つですが、グレンは無事に生還します。魔術儀式?は無事に成功したようであり、それに協力した白猫(システィ)ぐったりして寝ていたようでした。ここでアルベルトが作戦を考えますが、アルベルトが一撃グレンを殴ったあたりが男の友情的なものを感じましたね。これでチャラにしてやるということを言っていましたが、そこまで根に持つタイプなのか・・・ということも個人的にはプッと笑える内容でした。そして二人は救出へと向かいますが、アルベルトは抜かりない感じでしたね。簡潔にいうといわゆる追跡のようなものをあのメイドにも装着していたようであり、居場所は割れていました。そこへ侵入し、救出へと向かいますが、立ちはだかる敵たちがいます。それはかつて実験されていたキメラたちでしたが、やはりアルベルトやグレンの敵ではありませんでしたね。そしてもうひとつ驚いたのは所長自身がキメラ化していたということでした。弱いやつほどでかくなるというのがおきまりの設定ですが、アルベルトの前に完全にねじ伏せられました。

それはさておき、救出へと向かうグレンです。リィエルと対峙しますが、リィエルはやはり聞く耳を持つような感じはありませんでした。最初はグレンに襲い掛かりますが、紙一重でかわしつつスキを伺い、そしてリィエルに対して「兄の名前は?」と尋ねると突然リィエルの手が止まります。どうしても思い出せないリィエルの兄の名前です。その後にリィエルとプロジェクトリバイブライフの真相が明かされましたが、リィエルとも過酷な運命を辿っていたわけですね。実の妹はもうすでに死んでいたのですが、その時に死ぬ前にプロジェクトリバイブライフに被験者であるリィエルに妹の意識や記憶そのものを移植したということでしょう。そこからがリィエル復活でした。

リィエルが復活してから立場が逆転し兄を名乗っていたかつての王国の裏切り者を追い詰めます。そしてグレンが銃をそいつのひたいに押し付けますが、しかし撃つことはありませんでしたね。ここは昔と変わった部分なのでしょう。一撃ぶん殴るという行為で済ませるというのも教師らしく、今のグレンらしい行動であると思いました。これにて一件落着し、ルミア救出とリィエルも無事に元どおりとなりました。元どおりというよりは以前よりかなりいい感じの雰囲気になったというべきかもしれませんね! リィエルはルミアや特にシスティに対してかなり申し訳なく思っていたようであり、そのことについてもシスティはお咎めはありませんでした。ここは女の子の友情的な感じで感動的でしたね。リィエルも今後ルミアの護衛役という意味で学校に在籍するのでしょうね。今後の物語も楽しみです。

そしてラストシーンで少しきになる言葉がありましたが、アルベルトがシスティを見て「面影があるな」と言っていました。オープニングなどでも出ていましたが、やはりグレンの過去にもかなり大きな傷というものがあるようですね。おそらくそれが軍を離れた理由にもなるのでしょう。次回にそれが語られるのか楽しみですね!

 

ロクでなし魔術講師と禁忌教典の動画視聴方法!

 

ニコニコチャンネル:ロクでなし魔術講師と禁忌教典

次回の10話はどのようになるのか?

 

次回10話・・・おそらく最後の話となるかもしれないのですが、今後の物語としてどのような展開が待ち受けているのかが気になりますね。そして私自身が一番気になっているのはグレンの過去についてですが、おそらく次からが色々とわかってくるのかもしれません。次回のロクでなし魔術講師と禁忌教典もお見逃しなく!


【文:葵】
元ファミ通編集部ライターであり、現在はボイスタ専属ライターとして活動中! 基本食わず嫌いなく2次元ものを視聴しておりますマルチライターです。漫画ゲームアニメ、2次元ならなんでもこい! 推しキャラはリゼロのレム! 今後も色々と記事を書いて行きますので是非ご覧になってください! 今後ともボイスタを宜しくお願い致します。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。