グレンまたしても大活躍!? ロクでなし魔術講師と禁忌教典6話の感想まとめと内容考察! さらに動画視聴方法も!

今回は「ロクでなし魔術講師と禁忌教典」6話の個人的な感想まとめと内容の考察記事になります。前回は女王陛下からのまさかのルミア抹殺命令が下されたという内容でした。そのルミアを守るべくグレンがルミアを担いで守り抜くという場面からの突然の襲撃、そして女王陛下が王室親衛隊に拘束されるというものでもありました。内容がかなり入り組んでいるものでしたが、そんな5話の続きとなる今回の6話の内容を個人的な視点で掘り下げていきます!

グレンの活躍必見! 特務分室執行官とかいうかっちょいい奴ら!ロクでなし魔術講師と禁忌教典6話!

皆さんこんにちは、ボイスタライターの葵です!

今回は「ロクでなし魔術講師と禁忌教典」6話の個人的な感想まとめと内容の考察記事になります。前回は女王陛下からのまさかのルミア抹殺命令が下されたという内容でした。そのルミアを守るべくグレンがルミアを担いで守り抜くという場面からの突然の襲撃、そして女王陛下が王室親衛隊に拘束されるというものでもありました。内容がかなり入り組んでいるものでしたが、そんな5話の続きとなる今回の6話の内容を個人的な視点で掘り下げていきます!

ロクでなし魔術講師と禁忌教典6話の感想まとめと内容考察!

では早速、ロクでなし魔術講師と禁忌教典6話の個人的な感想まとめと内容の考察記事に入ろうと思います。今回の内容はしょっぱなからかなりの衝撃でもありました。意表を突かれた内容と言っても過言ではないでしょうね。そんなしょっぱなからラストシーンまで目が離せない内容となっている今回の6話を個人的な視点で掘り下げていきますので、是非最後までご覧になってくださいね!

グレン死闘! 女王陛下の決断

今回のしょっぱなはあの王女付きの秘書がまさかの天の智慧研究会の構成員であったということでした。この天の智慧研究会は以前にも出てきましたが、この物語ではかなり大きな犯罪組織と思われます。犯罪組織という括りではなく、もはやテロ組織と言ってもいいでしょうね。そんな天の智慧研究会の構成員がまさかの女王陛下の一番近くにいたということ、そして女王陛下に条件付の呪殺具を取り付けたということをセリカに伝えたのが前回のあのシーンでした。あのメイドからの耳打ちでセリカが驚いていた理由と、さらにはセリカが動けなかったという理由がわかりましたね。

そんな中、グレンはというと、突然の襲撃があり、それを回避します。そして再び襲ってくる襲撃者・・・。襲撃者というよりは先ほどのアルベルトとリィエルであるのはいうまでもないですが、ここでまさかのまたギャグシーンです。結論から言うとこの二人はグレンが帝国軍時代の同僚で、宮廷魔道士団特務分室執行官という役職の魔術師であり、星のアルベルトと戦車のリィエルという二人ということでした。それぞれにナンバーがあり、タロットカードがこれに関係している? というのが私個人の推測なのですがどうなのでしょうか? その辺はとりあえず置いておきまして、この二人はつまりグレンの元同僚であり、今回の王室親衛隊のグーデターとも言える行動について思うところがありグレンに接触してきたということですね。リィエルはただ単にグレンとの一戦を交えようとしていただけに見えますが・・・。

そしてグレンは作戦を立てます。これは結論から述べてしまう結果になりますが、グレンにしてはかなりの策であったと言えるのではないでしょうか? そうでもないかもしれませんね。グレンという男はバカではなくかなりの切れ者でもあると個人的には思いますので、これは必然的な結果とも言えるかもしれません。女王陛下の首につけられた呪殺具を破壊するということを考えるということと、さらにセリカが女王陛下の前まで来いと言ったことがかなりヒントだったのかもしれませんね。しかしながらこれを原作などを読んでいて先を知っている方以外に見抜けるかどうかと言われればかなり難しいのではないでしょうか。かくいう私は全く最後を見るまでわかりませんでした。

結果的に女王陛下は救い出されますが、順を追ってみていきましょう。

魔術競技祭は無事に二組の勝利となりますが、二組の監督役としてアルベルトとリィエルが皆の前に現れます。ここでリィエルがシスティの手を取ってお願い、信じてという言葉をかけ、それも鍵だったということですね。私は最後までこの二人がグレンとルミアであるのはわかりませんでした。優勝者は女王陛下のそばに行くことができるので、このタイミングを狙っていたということですね。一方、ルミアとグレンが王室親衛隊から逃げているという場面がありましたが、あれがまさにアルベルトとリィエルであったというのは最後までわかりませんでした。単純なことではありますが、うーんという具合に騙されましたね。

そして女王陛下の前まで来た二人は再び問答をします。ルミアとその母親である女王陛下ですね。ここでも女王陛下はルミアに対して冷たい言葉を口にしますが、それはこの呪殺具が発動しないためのものでした。

王室親衛隊の隊長とグレンが一騎打ちをするという場面もなかなかの見どころでもありましたが、しかし、それでもグレンの特別な力のおかげでなんとか魔術の発動は抑えられ、そして女王陛下は救われたというわけでした。

最終的にルミアと女王陛下はなんとかお互いの気持ちが通じ合う場面も見られましたが、かなりの感動的な場面でしたね。今までが今までだったので、このシーンはかなりうるっと来ました。

そして一方天の智慧研究会の構成員であったメイドですが、アルベルトとリィエルが追い詰めます。しかしながら逃げられてしまいました。この天の智慧研究会とグレンたちの大きなバトルがラストに待ち受けていると見てもいいかもしれませんね!

そしてセリカの魔法もこの時見られました。セリカはかなりの実力者であるというのは以前から語られてはいましたが、大陸最高峰の魔術師という肩書きは伊達ではない感じでした。結界を作ったあたりがもうかなりカッコよかったですね! そんな6話でしたが、今回はバトルが多めでかなり盛り上がったようにも思えます。そして魔術競技祭もかなり早まきではありましたが結構内容的も楽しめたというのが個人的な感想です!

次回の7話はそろそろ水着回が来るのでは? と個人的に予想していますが、どうなのでしょうか?

ロクでなし魔術講師と禁忌教典の動画視聴方法!

ニコニコチャンネル:ロクでなし魔術講師と禁忌教典

次回の7話は水着回か!?

次はそろそろ定番の水着回がありそうな予感ですが、どうなのでしょうか? どのアニメも大抵はこの辺りで水着回を挟んで来るのですが、期待してもいいかもしれませんね! 次回のロクでなし魔術講師と禁忌教典もお見逃しなく!


【文:葵】
元ファミ通編集部ライターであり、現在はボイスタ専属ライターとして活動中! 基本食わず嫌いなく2次元ものを視聴しておりますマルチライターです。漫画ゲームアニメ、2次元ならなんでもこい! 推しキャラはリゼロのレム! 今後も色々と記事を書いて行きますので是非ご覧になってください! 今後ともボイスタを宜しくお願い致します。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。