王室親衛隊のクーデター!? ロクでなし魔術講師と禁忌教典5話の感想まとめと内容考察! さらに動画視聴方法も!

今回は「ロクでなし魔術講師と禁忌教典」5話の個人的な感想まとめと内容の考察記事になります。前回のラストシーンにて出てきた謎の二人組、そして少し怪しいと思っていた王室親衛隊ですが、今回はその二つについてかなり触れている部分がありました。そして今回取り上げるべきなのは、ルミアとその実の母親である女王陛下の再会についてですが・・・それは一体どうなったのでしょうか? そんな5話の内容を個人的な視点で掘り下げていこうと思いますのでぜひ最後までご覧になってくださいね!

王室親衛隊の不穏な動き 謎のギャグ二人組はグレンの旧知!? ますます面白くなってくる「ロクでなし魔術講師と禁忌教典」5話!

皆さんこんにちは、ボイスタライターの葵です!

今回は「ロクでなし魔術講師と禁忌教典」5話の個人的な感想まとめと内容の考察記事になります。前回のラストシーンにて出てきた謎の二人組、そして少し怪しいと思っていた王室親衛隊ですが、今回はその二つについてかなり触れている部分がありました。そして今回取り上げるべきなのは、ルミアとその実の母親である女王陛下の再会についてですが・・・それは一体どうなったのでしょうか? そんな5話の内容を個人的な視点で掘り下げていこうと思いますのでぜひ最後までご覧になってくださいね!

ロクでなし魔術講師と禁忌教典5話の感想まとめと内容考察!

では早速、ロクでなし魔術講師と禁忌教典5話の個人的な感想まとめと内容の考察記事に入りたいと思います。今回の見所としては、やはり女王陛下とルミアの再会、そして王室親衛隊と謎の二人組についてですね。前回はもっぱら学校の行事がメインとなっており、ちょっとした華々しい感じの内容ではありましたが、今回は少しシリアスな内容もあり見所満載と行った具合でしたね! そんな5話の内容を個人的な視点で掘り下げていこうと思いますので是非最後までご覧になって頂ければと思います。

謎の二人組とは? ルミアと女王陛下の再会

今回の始まりは前回のラストでちらっと顔を見せた二人組の人物からの始まりとなりました。この二人は一体誰なのか?と疑問に思う部分も多かったように思えますが、ある程度の予想をするのであれば、グレンの旧知であるのではというのがこの後の会話でわかりましたね。男の方が「アルベルト」少女の方が「リィエル」という名前であり、グレンとの接触を持とうとしている感じが見られ、グレンの旧知であることがわかりましたね。知り合いというよりは戦友? というような感じがありましたので、敵ではなく特殊部隊系列であるとこの時点で推測できましたね。

そして面白いのが、この二人の会話です。もはやギャグ要員では? という感じの二人の会話でしたが、しょっぱなからかなり笑わせてくれました。リィエルの天然ぶりと言いますか、ばかさ加減がなかなかの味噌ですね! アルベルトの無言ツッコミもなかなかでありこの二人のコンビはやはりこの段階でいうのであればギャグ要員であると言えるかもしれませんね。 そして二人は任務と言っていました。王室親衛隊に不穏な動きがあるということでそれを監視する任務ということですが、リィエルの「私が突っ込む」という言葉にやはり笑ってしまうのは否めませんでした。この二人の会話は今後も笑わせてくれますね!

一方グレンですが、金欠のため空腹をひたすら我慢する時間が続いていました。そんなところへクラスの女の子、「りん」がやってきます。変身の魔術が上手くできるか不安であるといことでしたが、グレンはこういう時でも空腹など忘れ生徒たちに的確なアドバイスをしていました。こういう主人公キャラというのは少し珍しいのではないかな? とも思わされましたね! グレンが過去に軍の特殊部隊系に所属していたのはみなさんよく知っての通りでしょうが、それでもその実力を鼻にかけないあたりが主人公らしく、さらに物語でもそれを大ぴらに使わないというのがなかなかいいのではないか? と個人的には感じました。そんなグレンですが、やはり空腹には勝てない状況に・・・。

システィがお弁当を持ってやってきますが、この時グレンは先ほど「りん」に変身の手本を見せるためにルミアに変身していたところにシスティが現れたということでした。システィはもちろん初めは気づきませんでしたが、その後本物が現れたことによって術を見抜かれて吹っ飛ばされると羽目に・・・。しかしながらそのあとにルミアが先ほどのお弁当を持ってやってきます。もちろんそのお弁当がシスティがグレンのために作ったものとは知らずにグレンは平らげました。物語上定番と言ってもいい恋愛の分野ですが、ルミアがグレンに惹かれているという感じはありませんが、システィはわかりやすいですね。ツンデレならではのキャラ性と言ってもいいでしょう。

そんな時、とある女性が二人の前に現れます。それはまさかの女王陛下でした。ルミアの実の母親である女王陛下ですが、ルミアは女王陛下に対して自分を捨てた、あるいはもう実の娘とも思われていないという思いが強く、逆に母親はルミアのことを第一に考えているとても優しい母親であるというある意味定番の内容でした。ここでルミアは実の母親と再会しますが、「人違いをされている」と女王陛下の言葉を突っぱねます。グレンは内情を知っているだけに複雑な気持ちだったのでしょうね。その場を後にするルミアですが、その後に女王陛下からグレンに「あの子を頼みます」とグレンは託されます。この物語ではその後に女王陛下からルミアに抹殺の命令が降ります。王室親衛隊が動き、女王陛下を拘束するという自体にもなりますが、一気に状況が動いたという感じでしたね。女王陛下がルミアを本気で殺そうと思っているとは全く思えませんでした。おそらく視聴されているほとんどの方々がそう思ったことでしょう。一度は拘束され処刑されかけるルミアですが、ここでかっこよく登場するのが主人公「ぐれん」でした。目くらましの魔術を使ってルミアを助け出しますが、女王陛下の近くにいるセリアに助けを求めるも「私は何も言えないし、何もできない」の一点張りでした。これは何かしらの意味があるとグレンは察知したようですが、本当にこの後どうなるのか、正直個人的には読めない感じでした。そんな中、突然空からの襲撃です。大きな剣を持った誰か・・・誰かというか先ほどの二人組の一人である「リィエル」であるとシルエットでわかる感じでしたが、ここであの二人組が襲ってくる理由が少しわからない感じですね。おそらくは本気で襲っているのではないと思います。次回の物語を見てみないことにはわかりませんが、おそらくは再会の挨拶的な意味ではないでしょうか? なかなかに面白い展開になってきたロクでなし魔術講師と禁忌教典ですが、次回はどうなるのか、楽しみですね!

ロクでなし魔術講師と禁忌教典の動画視聴方法!

ニコニコチャンネル:ロクでなし魔術講師と禁忌教典

次回のロクでなし魔術講師と禁忌教典は波乱の展開か?

次回の6話ですが、個人的にはかなり面白くなりそうな予感がしています。ルミアと女王陛下の二人の再会がその後どうなるのか、そしてあの二人組とグレンの関係性とこの事件をどう解決するのかという大きな問題を一気に消化するのが次回になりそうですね! 次回のロクでなし魔術講師と禁忌教典もお見逃しなく!


【文:葵】
元ファミ通編集部ライターであり、現在はボイスタ専属ライターとして活動中! 基本食わず嫌いなく2次元ものを視聴しておりますマルチライターです。漫画ゲームアニメ、2次元ならなんでもこい! 推しキャラはリゼロのレム! 今後も色々と記事を書いて行きますので是非ご覧になってください! 今後ともボイスタを宜しくお願い致します。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。