【レクリエイターズ】Re:CREATORS第17話放送開始!感想まとめと考察、動画の視聴方法を紹介

第2クールに突入した「Re:CREATORS」第17話が放送開始されました。「BLACK LAGOON」の広江礼威原作作品として注目を集めている「Re:CREATORS」、17話はどのような内容だったのでしょうか。「Re:CREATORS」第17話の内容まとめ、感想、考察を紹介、放送情報などもあるのでチェックしてください。

「Re:CREATORS」17話の感想まとめと考察、視聴方法を紹介!

みなさんこんにちは、ボイスタライターの如月です。

アニメやゲームなどの創作世界のキャラクターがこちらの世界にやってくる、そんな夢のような設定ですがその実態は一筋縄ではいかない各キャラクターの思惑がぶつかりあう「Re:CREATORS」第17話が放送されました!

16話では最終決戦に向けての決起集会、被造物とクリエイターズ、そして菊地原が大江戸温泉で最後の楽しいひと時をすごします。

そして始まったエリミネーションチャンバーフェス、セレジアと鹿屋の中の人こと小松未可子さんと雨宮天さんが本人役で登場しました。

メテオラの計画通りに進んでいますが、それはアルタイル側も同じこと、果たしてメテオラの策はうまくいくのでしょうか。

注目の「Re:CREATORS」第17話の内容とツイッターの感想まとめを紹介、放送を見逃してしまった人のために、今からでも間に合う第17話の動画視聴方法もありますよ。

メテオラ役の水瀬いのりさんの関連記事はこちら

「Re:CREATORS」第17話の内容と考察

詠唱開始

エリミネーションチャンバーフェスのスタート、アルタイル陣営も動き出しました。

それを見て菊地原がスタッフに指示を出す、そしてメテオラは「アルタイルは結界へと捕らわれた錠前をおろす、詠唱開始。」

会場へ来ていないファンたちもスマホなどでこの物語を楽しみます。

戦闘開始

アルタイルが登場、セレジアとアルタイル双方が口上を述べ戦闘開始。

これ以上世界をきしませないためにこれで蹴りをつけたいセレジアたち、アルタイルは当然それを否定、世界改編の悲願を妨害するものはすべて排除する。

そしてアリステリアが突撃をする、それを防ぐ鹿屋、セレジアとアルタイルも激しい戦闘を繰り広げる。

アルタイルはどんな攻撃もあっさり受け流す、やはりチート級の強さですね。

さらに弥勒寺も戦闘に乱入、アルタイル陣営にも新キャラクターが登場、それは弥勒寺の登場する作品「閉鎖区underground -dark night-」の主人公白亜翔、こちらも激しい戦闘が繰り広げられる。

この映像をフェスの作品であると思い見ている観客たちは会場でこの迫力ある戦闘に感嘆の声を上げます。

セレジアとアルタイル、鹿屋とアリステリア、弥勒寺と白亜、それぞれが激しい戦いを行う中メテオラの術式が完成します、機材をチェックするとレーダーが何も感知できなくなっています。

メテオラが仕掛けた鳥かごか完成しました。

真鍳登場

チャンバーフェスを現地で楽しむ颯太、夢中になって映像を見ていると後ろから声をかけられます。

ここで真鍳の登場、いったい何をたくらむのでしょうか。

戦闘は続く

自衛隊の戦力も投入して戦闘が激化される、そしてアルタイルはここが結界の中だと把握しメテオラを挑発する。

この兵器は自衛隊のではなくメテオラが作り上げた無人機、そこまでアルタイルは見抜いています。

セレジアも挑発するアルタイル、セレジアは松原が編み出した新しい攻撃を試します。

破壊力絶大の攻撃、アルタイルは消滅……かと思いきやセレジアの後ろに回り込みます、無限の門に捕らわれたのなら無限の門の正解の出口から出ればいい。

この結界からも出れるのではという問いに対しては、この結界はメテオラの特別製、「今現在の私ではまだ力が足りない」。

承認力

セレジアをいつでも倒せるアルタイル、だがそれをしない、承認力がこの世界で被造物が力を手に入れる原理だと言うことをアルタイルも理解していました。

これを見ている観客がここであっさりセレジアを倒しても面白くない、「宴を続けようじゃないか、セレジア」。

ブリッツと駿河

ブリッツは自分の創作者である駿河の元へとやってきて銃を突きつける。

「言葉に代え、銃弾でそのすべてを語りに来た」。

ブリッツと駿河が同じセリフを同時に話します、それに驚くブリッツ、「当然やろ、うりならそうネームを切る、うちはあんたの神様や」。

ブリッツは駿河に質問をする、「なぜ娘はあんな死に方をしなければならなかったのか。」、これもまた駿河が全く同じセリフを話します。

駿河の答えは一つだけ、「あれで話がおもろなったで」。

駿河があの世界を書いたのはブリッツのためではない、すべては読者のため。

アルタイルがやっていることと同じではないかという駿河に対して、ブリッツは少なくともアルタイルの作者は信頼に値すると言う。

それを否定する駿河、自分の復讐を被造物にやらせる物書きがどこにいる、そんなのは落書きだと。

成功者とは違うと言うブリッツの問いをも否定する、最初から成功者などいるわけがない、ブリッツが生み出されるまでどれだけ苦しんだのかわかるかと。

そしてまりねとの関係、まりねは駿河との力量差で自己嫌悪に陥っていましたが駿河は駿河でまりねの絵を見て自分はまだまだだと感じ、自分はまだこんなもんかと思っていました。

それでも、ましなものが書ければ面白いものが書ければそんなことは全部どうでもよくなる、「ほんま、業が深いわ」。

それを聞いてブリッツは駿河の頭を吹き飛ばすと宣言、そして会場内の被造物を殺し会場内で暴れる、「どうかね?神の君の目から見てもなかなか愉快なシナリオじゃないかな?」

「そんな一本調子のシナリオのどこがおもろいねん、うちならこうするわ、あんたを動揺させて娘のためにアルタイルを倒すことを決意させる」。

「娘のために倒すべきはどう考えてもあんただ」

「いいやうちが正しい……、なんせ神様やからな」

その時部屋に自衛隊が乱入してきます、自衛隊とともにやってきたのはなんとブリッツの娘。

「ブリッツ、さっきうちなんて言うた?うちはあんたの神様や」。

「Re:CREATORS」第17話の感想

アルタイルの圧倒的な力、さらにまだここから能力が増えると考えると恐ろしいですね。

娘の登場でブリッツはどうするのか楽しみですね。

真鍳が何か動こうとすると本当に不安になりますね、いったい何をたくらんでいるのでしょうか。

今回は駿河がとてもかっこよかったですね、ブリッツとの会話シーンはしびれました。

「Re:CREATORS」放送情報

(画像:Pixabay)

「Re:CREATORS」の放送局やネット配信の情報を紹介します。

放送局

TOKYO MX・BS11・群馬テレビ・とちぎテレビ  毎週土曜23:30

ABC 朝日放送  毎週土曜26:29(第2話以降は26:58)

テレビ愛知  毎週火曜26:05

AT-X  毎週木曜23:30(リピート放送は毎週土曜15:30、毎週日曜26:00、毎週水曜7:30)

配信情報

Amazonプライム・ビデオ  毎週土曜深夜より独占配信

「Re:CREATORS」第17話を確認して第18話の放送を待とう!

「Re:CREATORS」第17話の内容まとめ、感想を紹介しました。

とうとう始まった激しい戦い、メテオラが作り上げた鳥かごで状況が優位に進むのかと思いきや、アルタイルはすべてを見通していました。

圧倒的な力を持つアルタイル、打開策はあるのでしょうか。

そしてブリッツと駿河の会話、ラストのブリッツの娘の登場で状況はどう変わるのか、次回の放送を楽しみに待ちましょう!

「Re:CREATORS」関連記事はこちら


【文:如月】
ボイ☆スタライター、ゲームはTRPG、PBWといったアナログゲームからWOTなどのPCゲーム、艦これ、黒ウィズ、シャドウバースなどのブラウザゲーム、スマホゲームまで大好きなゲーマー。メテオラがかわいい!
アニメももちろん大好き、ガルパン劇場版も数回足を運んだガルパンおじさんの1人。今のところメテオラが1番のお気にいり。
その他、歴史、スポーツ、ミリタリーなどなど幅広い趣味があり、興味を持ったものはなんでも調べるのが趣味。
2017年夏アニメは「Re:CREATORS」の他「プリンセス・プリンシパル」などの感想記事を書くのでそちらもチェックしてください。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。