【レクリエイターズ】Re:CREATORS第11話放送開始!感想まとめと考察、動画の視聴方法を紹介

2017年春アニメ「Re:CREATORS」第11話が放送開始されました。「BLACK LAGOON」の広江礼威原作作品として注目を集めている「Re:CREATORS」、11話はどのような内容だったのでしょうか。「Re:CREATORS」第11話の内容まとめ、感想、考察を紹介、放送情報などもあるのでチェックしてください。

「Re:CREATORS」11話の感想まとめと考察、視聴方法を紹介!

みなさんこんにちは、ボイスタライターの如月です。

アニメやゲームなどの捜索世界のキャラクターがこちらの世界にやってくる、そんな夢のような設定ですがその実態は一筋縄ではいかない雰囲気の「Re:CREATORS」第11話が放送されました!

真鍳とアリステリアを相手に立ち向かうのはメテオラと弥勒寺、真鍳はどうしてもメテオラを排除したいのかアリステリアがメテオラを倒すように仕向け、自らは弥勒寺の足止めを行う。

アリステリアのパワーの前に圧倒されるメテオラ、颯太に菊地原へ武器の使用の許可を取ってもらうよう連絡を頼みますが、菊地原からの回答はもう少し耐えてくれという内容。

一方弥勒寺は真鍳の挑発に乗り、結果板額を奪われてしまいます。

メテオラを倒したアリステリアはメテオラにトドメを刺そうとしますが颯太が前に立ちはだかる、アリステリアの物語を観てアリステリアに共感していた颯太は説得を試みます。

しかしメテオラの気持ちは変わらない、自らの騎士道精神でまみかの仇をどうしても取らなくてはいけない、真鍳に騙されているとは考えようともしない視野の狭い状態になっています。

そこへ乱入したのはセレジア、メテオラを救いアリステリアに斬りかかります、互角の戦いかと思われた矢先さらなる乱入者が。

アルタイルが満を持して登場、セレジアの武器を無効化しセレジアはアリステリアの武器で貫かれます、思わぬ状況にとまどうアリステリアはアルタイルにとどめを刺すように言われても動けません。

この事態を打開したのは松原、以前試して失敗した新たな設定を付与すること。それを可能にする秘策はSNS、作者がSNSで新設定を発表することで話題を呼びリツイートされることで設定が世間一般に一瞬で広がります。

受け入れられた新設定で能力を身に着けたセレジアの力でこの場はなんとか打開、アルタイル一派と真鍳も引き上げます。

しかしセレジアとメテオラが大ダメージ、弥勒寺は能力が奪われるという事態に陥ります。ここからどう巻き返していくのでしょうか。

「Re:CREATORS」第11話の内容とツイッターの感想まとめを紹介、放送を見逃してしまった人のために、今からでも間に合う第10話の動画視聴方法もありますよ。

「Re:CREATORS」第11話の内容と考察

病室で

病院で目覚めたセレジア、付き添っていたのは生みの親である松原です。

セレジアの無事を喜ぶ松原、「お前が死んだら俺はどう物語を作ったらいいかわからないからな」というのは本心でもあり、照れ隠しでもあるのでしょうか。

そしてセレジアは自らの回復よりもまずメテオラを心配します、松原にこんな時までと言われますが、そんな設定に私を作ったのはあなたでしょと言い返されます。

何はともあれセレジアとメテオラは無事、一安心ですね。

瑠偉と颯太

自らが話出せなかったせいで大事になりショックを受ける颯太、一人病院の屋上でたそがれます。

そこへやってきたのは売店で色々な食べ物を買い込んできた鹿屋瑠偉、颯太が1人で落ち込んでいることを聞いてやってきました。

颯太が落ち込みうじうじと言い訳じみたことを言う、それを聞く瑠偉は怒ったりはせずに話を聞きます、そしてギガスマギナへ颯太を連れ込み空へと飛びます。

颯太に語りかける瑠偉、作られた自分たちには世界を救うという明確な目的が与えられている、それが嫌というわけではないけど、颯太にはもっとすごい可能性があると。

自分は主人公でもないし何もできないと言う颯太、瑠偉は言います、ハードルは高いし困難な道程が待っているが颯太たち「神」はなんでもできる可能性があると。

世界を作る力を持っているのだから、過去のことおでうじうじ悩んで停滞するよりも前向きに行こうと。

今の颯太を見ていると以前の自分を見ているようでイライラする、この世界に来て色々考えることができて成長した瑠偉、過去の自分と同じ悩みを持つ颯太へのアドバイスです。

颯太の告白

メテオラも回復したことで報告会が執り行われます、議題は軍服の姫君の創造主について。

軍服の姫君の創造主が見つかれば事態は進展すると思っていたメテオラはこれを撤回、颯太の発言を待ちます。

颯太は今まで話せなかった過去を告白します、それは軍服の姫君の創造主シマザキさんとの関係、彼女を殺したのは自分だという颯太の告白とは。

颯太とシマザキさん

颯太はそれまで同じ趣味で話をする相手がいませんでした、イラストをネットに投稿してもあまり反応がありません。

そんな中颯太のイラストを気に入ってコメントを送ってくれたのがシマザキさん、颯太もシマザキさんの画風が気に入りいつしか連絡をとりあうようになります。

ある時シマザキさんはハコニワ大会議のイベントへ一緒に行ってほしいと颯太を誘います、颯太は緊張しながらも受諾、初めて直接2人は出会いイベントで意気投合。

しかしその後2人の関係が変わっていきます、相変わらずイラストが評価されない颯太、一方シマザキさんはネット上で人気絵師となっていきます。

頻繁に取り合っていた連絡も段々颯太の方からはしなくなっていきます、その感情は人気絵師となっていったシマザキさんに対する嫉妬でしょうか。

順調に人気絵師となったシマザキさん、しかしそれをよく思わない層から攻撃を受けます、シマザキさんのイラストに盗作疑惑が持ち上がりネット上を騒がせます。

颯太はそんなシマザキさんを助けようと考えますが、自分ではどうしようもできない、炎上するスレッドに書き込んでも火に油を注ぐだけではないかと。

さらに颯太の中には黒い感情が芽生えます、これでシマザキさんが停滞すれば自分との差がなくなり以前のような関係になれるかもと。

第10話の颯太の告白はここまで、次回は更に踏み込んだ話があるのでしょうか、放送を楽しみに待ちましょう。

「Re:CREATORS」第11話の感想

夏祭り、遊園地、海などほんわか日常回もやってもらいたいですね。

颯太とシマザキさんの関係、颯太が殺したというのは助けることができなかったということでしょうか、それとも更に何かあるのでしょうか。

松原のセリフはいちいちかっこいいですね、今後の展開が楽しみです。

今回は颯太についての考察、感想がとても多かったです。私としてもやっと颯太が話をできたということにほっとしつつ、他者とコミュニケーションをあまり取ってこなかった高校生にとって、自分の罪を告白するのはとても難しいことだったのだろうなと思います。

1話からレクリエイターズの感想をチェックしてきましたが、段々感想ツイートが増えている気がします。段々注目度が上がってきたのでしょうか。

「Re:CREATORS」放送情報

(画像:Pixabay)

「Re:CREATORS」の放送局やネット配信の情報を紹介します。

放送局

TOKYO MX・BS11・群馬テレビ・とちぎテレビ  毎週土曜23:30

ABC 朝日放送  毎週土曜26:29(第2話以降は26:58)

テレビ愛知  毎週火曜26:05

AT-X  毎週木曜23:30(リピート放送は毎週土曜15:30、毎週日曜26:00、毎週水曜7:30)

配信情報

Amazonプライム・ビデオ  毎週土曜深夜より独占配信

「Re:CREATORS」第11話を確認して第12話の放送を待とう!

「Re:CREATORS」第11話の内容まとめ、感想を紹介しました。

今回ついに一緒に行動するみなへ颯太が隠していたことを打ち明けました、まだ告白の途中ですがさらに踏み込んだ内容が次回語られるのでしょうか。

そして颯太の告白を聞いたメンバーはどのような反応をするのでしょうか、メテオラは受け入れてくれそうですが他のキャラクターの反応が気になりますね。

おそらく折り返しになるであろう次回の放送を楽しみに待ちましょう!

「Re:CREATORS」関連記事はこちら


【文:如月】
ボイ☆スタライター、ゲームはTRPG、PBWといったアナログゲームからWOTなどのPCゲーム、艦これ、黒ウィズ、シャドウバースなどのブラウザゲーム、スマホゲームまで大好きなゲーマー。メテオラがかわいい!
アニメももちろん大好き、ガルパン劇場版も数回足を運んだガルパンおじさんの1人。今のところメテオラが1番のお気にいり。
その他、歴史、スポーツ、ミリタリーなどなど幅広い趣味があり、興味を持ったものはなんでも調べるのが趣味。
2017年春アニメは「終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?」、「Re:CREATORS」の速報記事を書くのでそちらの記事もよろしくお願いします。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。