人気漫画『王家の紋章』ミュージカル化! 豪華キャストに驚きを隠せない!

人気漫画「王家の紋章」が2016年8月にミュージカル化され、帝国劇場で上演されます。ここでは、ミュージカル「王家の紋章」の主な出演者を紹介しながら、作品の注目ポイントをご紹介したいと思います。

1976年に「月刊プリンセス」で連載を開始した人気漫画『王家の紋章』が2016年8月にミュージカル化され、帝国劇場で上演されることが決定。

連載開始から30年以上もの間、映像化、アニメ化がされなかった『王家の紋章』のミュージカル化のニュースには、その豪華なキャストも含め大いに驚かされました。

ここでは、ミュージカル『王家の紋章』の主な出演者を紹介しながら、作品の注目ポイントをご紹介したいと思います。

ミュージカル『王家の紋章』 ヒロインのキャロルを演じるのは誰?

ミュージカル『王家の紋章』のヒロイン、キャロル・リードは宮澤佐江(元AKB48)と新妻聖子がダブルキャストで演じます。

2015年夏、宮澤佐江がミュージカル『王家の紋章』のヒロイン・キャロル役に抜擢されたとのニュースは驚きをもって迎えられました。それから約1年。芝居や歌のレッスンを積み重ねた宮澤佐江の成長した姿をこのミュージカル『王家の紋章』で見ることができるでしょう。

この作品で見られる宮澤佐江の新たな一面はファンならずとも見逃せません。

もうひとりのキャロル役・新妻聖子は現在第一線で活躍中のミュージカル女優です。歌唱力に定評のある新妻聖子は、過去に『レ・ミゼラブル』『ミス・サイゴン』など有名なミュージカル作品にも出演しており、その実力は折り紙つき。

朗らかで好奇心の強いキャロル・リードをふたりがどのように演じるのか、見比べてみるのも良いかもしれません。

ミュージカル『王家の紋章』 若き国王・メンフィス役は?

ミュージカル『王家の紋章』で古代エジプト王国の若き国王・メンフィスは「ミュージカル界のプリンス」と呼ばれる人気俳優・浦井健治が演じます。

2001年にミュージカル『美少女戦士セーラームーン』で舞台デビューを果たした浦井健治は、以降も舞台、ミュージカルに活動の軸足を置きながら実力を磨いてきました。2015年には第22回読売演劇大賞最優秀男優賞を受賞し、さらに注目度がアップ。

今回のミュージカル『王家の紋章』が帝国劇場初主演となる浦井健治から目が離せません。

ミュージカル『王家の紋章』 イズミル役も要チェック!

そしてキャロルをめぐってメンフィスと対立する、ヒッタイト国の王子イズミル役は人気声優の宮野真守、そして平方元基のダブルキャストとなります。

声優・歌手・俳優とマルチな活躍を見せる宮野真守は、今回が帝国劇場初登場となります。メンフィス役の浦井健治とは初共演とのこと。宮野真守がアニメ『DEATH NOTE』で夜神月役を、浦井健治がミュージカル『DEATH NOTE the musical』で夜神月役を演じたこともあり、このふたりの共演を楽しみにしているファンも多いでしょう。

平方元基も『ロミオ&ジュリエット』『マイ・フェア・レディ』など多くのミュージカル作品に出演している実力派俳優です。

結末にも目が離せない、ミュージカル『王家の紋章』

細川智栄子あんど芙〜みんによる、古代と現代のエジプトを舞台にした漫画作品である『王家の紋章』。現代のエジプトで考古学を学ぶ主人公のキャロル・リードと古代エジプト王国の若き国王であるメンフィスとの愛、そしてふたりの冒険を中心に物語が展開していきます。

しかし漫画『王家の紋章』は現時点で完結していないため、このミュージカル『王家の紋章』がどのような結末を迎えるのか…! 豪華キャストもさることながら、ストーリーの結末にも注目です!

豪華キャストによるミュージカル『王家の紋章』は、帝国劇場で!

豪華キャストを見に、またミュージカル『王家の紋章』の結末を確認するために、ぜひ帝国劇場に行ってみませんか? ミュージカル『王家の紋章』のチケット情報はチケットキャンプ(チケキャン)で。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。