【ネタバレ注意!】TVアニメ「カブキブ!」第10話の考察・感想まとめ、動画配信サイトを紹介!<新の血筋!?>

<歌舞伎>が題材となっている、春の新TVアニメ「カブキブ!」は第10話! 『白銀屋(しろがねや)』に呼ばれた、新とクロ。『白銀屋』の仁の祖父が、新に会いたい理由とは!?そこで待ち受けていることとは!? それでは、TV アニメ「カブキブ!」の第10話の考察・感想まとめ、動画配信サイトなどをご紹介します!

TV アニメ「カブキブ!」第10話の考察・感想まとめ、動画配信サイトを紹介します!

ボイ⭐︎スタ読者の皆様、こんにちは!ライターのR@imuです。
<歌舞伎>が題材となっている、春の新TVアニメ「カブキブ!」は第10話!

『白銀屋(しろがねや)』に呼ばれた、新とクロ。『白銀屋』の仁の祖父が、新に会いたい理由とは!?そこで待ち受けていることとは!?

それでは、TV アニメ「カブキブ!」の第10話の考察・感想まとめ、動画配信サイトなどをご紹介します!

TVアニメ「カブキブ!」第10話の考察・感想まとめを紹介!ネタバレ注意!

〜青春×歌舞伎物語、開幕!〜

TVアニメ「カブキブ!」十幕目(第10話)「家は末代 人は一世」感想まとめと考察!

TVアニメ「カブキブ!」第10話の考察・感想まとめ!役の解釈

『白銀屋』である蛯原の屋敷に通された『来栖黒悟』愛称:クロ(くるす くろごCV:市川太一)と『阿久津新』(あくつ しんCV:逢坂良太)。そこにお茶を持って、『蛯原仁』(えびはら じんCV:河西健吾)がやってきて…。すると、人の祖父で人間国宝の静寂(しじま)が登場します。一気に緊張感が走ります。新だけは、リラックスしていますが。

静寂は、<コチ祭>で披露した『カブキ同好会』の芝居を見たようで、なかなかの好評価のよう。

新に、どのような解釈で和尚を演じたか尋ねる静寂。その時の時代背景などを聞いた新は、納得した様子で、

「あ〜だからか〜。役の解釈じゃないけど、俺が和尚をやる時に一つだけ思ったことがあって。こいつら皆、ヤケを起こしてるのかなって。明日より今がだけが大事って感覚、分かる気がした。でもそんな彼らもかっこいいと思った。で、兄貴分の和尚となれば、一番かっこよくないとなって。」と話します。新の話を聞いていた静寂や仁の、新を見る目が変わりましたね!

そして、静寂は仁にも同じことを尋ねます。

「あの役はヤケじゃない。『和尚吉三』は、自分の身内すら手にかけるような男です。心の奥底に冷たいものを抱えてるんだと思います。それは、生きているもの…生きている事への諦めのような。元は彼が仏僧(ぶっそう)だった事に関係しているのかもしれません。」と仁。

その答えに静寂は、

「お前はちょっと難しく考えすぎるところがある。二人とも、今の仁の話はわかったかい?」と新とクロに聞くと、首を横にふる二人。

それを見て静寂は仁に

「伝わりやすさが大事だ。お前は心に荷物を持ちすぎている。ここらで荷物を減らす必要がある。」と伝えるのでした。

TVアニメ「カブキブ!」第10話の考察・感想まとめ!三人吉三

「お前たちで『三人吉三』をやってみてごらん。」静寂の申し出で、初めは新も仁も嫌がっていましたが、クロの言葉の誘導や静寂の言葉でやることに。

まずは、静寂とクロがお手本を見せることに。クロは憧れの人間国宝と一緒に出来て嬉しかったでしょうね。そして一度見ただけでセリフを覚えた新に驚きました。そして二人は…。

TVアニメ「カブキブ!」第10話の考察・感想まとめ!打ち上げ

期末テストを終え、カラオケ店で『カブキ同好会』のメンバーは打ち上げをしていました。

『蛇ノ目丸子』(じゃのめ まるこCV:内山夕実)はコミケの準備の為、新は祖母の看病のため不在でした。

そんな新は、みんなの特訓の甲斐あって、テストの赤点を逃れることができたようです。

すると、『数馬克己』(かずま かつみCV:山本和臣)が、

「人間国宝さまの家に行って、蛯原と阿久津が『三人吉三』をやったんだろ?結局どっちが勝ったんだ?」とクロに詰め寄ります。みんなも気になっていたようですが、言い出せなかったようで。

「歌舞伎の世界に、勝つとか負けるとかはない。」そう前置きをして、クロはその時の様子を話します。

「もちろん、蛯原の方が格段に上手い。経験値が違うんだから当然。でも、阿久津には驚かされた。何度も練習していくと、芝居にどんどんのめり込んで、『お坊』そのものになっちゃうんだ。

そして蛯原も、阿久津に負けない没頭ぶりで『お嬢』になっていって。気がつけば、『お坊』と『お嬢』の切なく甘い雰囲気が、二人の間に漂っていたんだ。

普段は仲の良くない二人が、そういう芝居ができるって凄い。」と。仁の今まで見たことのない表情に釘付けになりました。

そして、新の話になりクロは

「阿久津に対する『白銀屋』さんの態度が、なんか気になるんです。」と、帰り際の二人を思い出して話すのでした。そのあと、みんなが『歌舞伎が好き』アピールをするのですが、クロが

「俺、思うんです。この『カブキ同好会』のメンバーは、みんな凄いって。誰一人欠けてもダメなんです。そして阿久津がいれば、俺たちはもう一段高い場所に行けるかもしれない!あいつの芝居には、そういう力があるように思えて。みんなと作る舞台はすごく嬉しくて、楽しくて。そしたら俺、もっと欲張りになっちゃって。だから俺、さらに目指しちゃいます!あの大きな講堂で、俺たちの歌舞伎を上演します!」とマイクで宣言するのでした。すると…

「ご主人様、素敵〜!」と登場したのは、なぜかメイド服に身を包んだ新。新の登場で、打ち上げが一気に盛り上がるのでした。

『浅葱芳』(あさぎ かおるCV:甲斐田裕子)がトンボ(『村瀬とんぼ』むらせ とんぼCV:梅原裕一郎)を見る視線も気になりますね!

TVアニメ「カブキブ!」第10話の考察・感想まとめ!12月31日

大晦日、仏壇に手を合わせるクロ。そこには、祖父と母の写真が。クロの母は、前回出てきた『彩子さん』ではないようですね。すると宅配便が。中身は、彩子が注文したおせち料理でした。

すると、またあインターホンが。トンボが、年越しそばなどを持ってきてくれたのでした。

一緒に食べる二人。一人で年越しするクロを気遣ったトンボの家族の優しさに、ホッとさせられました。そして新入生歓迎会の演目を相談するクロ。『白波五人男』にしようと考えているようで。ただ人数が足りないようですね。

当たり前のように、アイスを交換していたことに驚きました。しかも、ハバネロ味って。

すると、またインターホンが。尋ねてきたのは、新でした。クロに伝えたいことがあったようで…。

TVアニメ「カブキブ!」第10話の考察・感想まとめ!新と歌舞伎

「俺、歌舞伎役者の血を引いてるんだって。母親が、関西ではそこそこ名のある歌舞伎役者の一人娘だったんだよ。『さわらぎや』という屋号で。この間『白銀屋』の爺さん(静寂)に聞いたんだ。うちのオカン、説明してやってくれと頼んだらしい。(母親は)自分は歌舞伎役者になると信じていたけれど、女性は歌舞伎役者になれないことを知ってグレちゃって。高校卒業するなり、勝手に家を飛び出して、結婚して俺が生まれて親父が死んで…。爺さんに言われたよ。

〜君のお母さんは、実家と和解したかったんだよ。〜と。

『さわらぎや』って後継がいなくて、だから俺に芝居と踊りの基礎を叩きこんだら連れ帰るつもりだったらしい。でも俺の爺ちゃんとひい爺ちゃん、自動車事故でいっぺんに死んでしまったらしい。」と話す新。結局『さわらぎや』はなくなってしまったようです。なので新は、歌舞伎役者の血筋ではあるけれど、普通の高校生だと話すのでした。

それを部長であるクロに伝えたくて来たと話す新。

「お前に迷惑かけたし、それに俺を信じて待ってくれたしな。文化祭の直前まで、待ってくれただろ?あの状況で、俺を待つのは勇気がいるってか、無謀っていうかさ。なんで俺を待って入られたの?」新はクロに尋ねます。すると、

「知ってるって言ったろ?お前が歌舞伎好きだって、すごく好きだって。」と話すクロなのでした。そして、除夜の鐘がなる中、帰っていく新。ラップ調にセリフを言って去っていくのが新らしい!?

TVアニメ「カブキブ!」第10話の考察・感想まとめ!新年

新年が明け『カブキ同好会』では、早速<新入生歓迎会>の話へ。

演目『白波五人男』を上演することをみんなに告げるクロでした。

気になる配役は!?部員不足を解消するには!?

〜次回に続く〜

TVアニメ「カブキブ!」第10話を見た感想をまとめて紹介!

TVアニメ「カブキブ!」十幕目(第10話)を見逃した!もう一度見たい!そんなあなたも大丈夫!動画配信サイトをまとめて紹介します!(一部有料です)

【画像:ThinkStock

次回のTVアニメ「カブキブ!」をお楽しみに!

TVアニメ「カブキブ!」第10話の考察・感想まとめ、動画配信情報などを紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

『仁』と『新』との芝居は、なかなか見応えがありましたね。そしてクロがちゃんと出来ていて驚きました。動きがつかなければ、バッチリなんですけどね…。

そして、新と歌舞伎との繋がりが明らかになりましたね。そのことを知って、新もスッキリしたようです。そして前回登場した、体操部・副部長の彼が次回予告に登場!ということは…。

次回のTVアニメ「カブキブ!」もお楽しみに!

TVアニメ「カブキブ!」第10話の関連記事はこちら


【文:R@imu】
二人の娘を持つ主婦で、家族全員がやや偏ったアニメヲタクです。
アニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」にハマったことからアニメが急に好きになり、声ヲタ寄りではありつつも、いろんなジャンルのアニメ・アニラジを視聴しています。最近では、娘の影響で『youtube』や『ニコニコ動画』にもハマっています。ところで、クロの母親は、もういないのでしょうか!?てっきり『コチ祭』に来ていた人が、お母さんだと思っていたので…。確かに、『彩子さん』とクロが呼んでいたので?だったのですが、仏壇に写真があるということは、そういう解釈であっているのでしょうね。間違っていたら、すみません。調べてもわからなかったので…。挨拶の時に「母」と自分で言ってた気もするのですが。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。