【One Room】萌香最終話!そして感動のラストシーン!「One Room」12話の感想まとめと内容考察!さらに動画視聴方法も!

今回は「One Room」12話の個人的な感想まとめと内容の考察記事になります。前回のラストで一体終わりはどうなるのか? と予想を色々とした方も多いでしょう。定番的な終わり方とも言えるものではありましたが、それでも今期感動的な終わり方だったと思います。そんな12話の内容を個人的な視点で掘り下げて行こうと思います!

過去最高のラスト! 定番的だけどそれ以上に現実的なラストシーン!「One Room」12話!

皆さんこんにちは、ボイスタライターの葵です!

今回は「One Room」12話の個人的な感想まとめと内容の考察記事になります。前回のラストで一体終わりはどうなるのか? と予想を色々とした方も多いでしょう。定番的な終わり方とも言えるものではありましたが、それでも今期感動的な終わり方だったと思います。そんな12話の内容を個人的な視点で掘り下げて行こうと思います!

「One Room」12話の感想まとめと内容考察!

では早速、One Room12話の個人的な感想まとめと内容の考察記事に入りたいと思います。前回のラストシーンで諦めると断言し、そして実家へと帰ることを決意し主人公に伝えた萌香でした。そんな萌香に対して主人公はどのような気持ちで、またどのような行動をとるのか、それがかなり気になっていたところではありますね。そんな12話の内容を個人的な視点で掘り下げていきます!

萌香と主人公 ラストはワンルームでは無い!?

萌香が歌手を諦めて帰るという決断をしたのが前回の話でした。涙ながらに自分には才能が無い、そしていくら持ち込みをしてもダメだったということがあり、お互いに夢を追いかけてお互いに切磋琢磨していくような存在であった二人が離れ離れになるというものでした。そんな萌香ですが、今回の始まりは歌と共に映像が送られていましたね。萌香の作った曲です。「希望リフレイン」という曲ですね。

【ありがとうの代わりに歌うよ ほんの一歩踏み出そう】

【切ない朝も傷ついた夜も 心帰ってこれる居場所だから】

いい歌詞ですね。もちろん現実の方が作ってるのですが、それを考えないで聴いてみて、本当に萌香の心を歌っているという歌詞であると考えるととても考え深いものがあります。当人の気持ち、さらには過去から今までのもの全てを詰め込んでいるという感じが私には伝わってきました。泣ける曲でもありますね。この物語をみながら歌詞を読んでいるとそれが切に感じ取れるものでした。

そして萌香は新幹線で帰ります。その描写とさらに主人公が小説を執筆しているシーンが同時進行で、さらにバックでこの歌が流れているというのがもう感動的でした。個人的にはこのOne Roomというアニメ3つのヒロインがおりましたがラストのこのヒロインが一番グッとくる内容だったと思います。夢を追いかける幼馴染という設定ですが、ただの幼馴染ではなく、お互いに切磋琢磨し追いかけ合い刺激を受けあうというのがいいコンセプトだと思いましたね。そんな中、完全に故郷へと帰った萌香です。そして帰った時にはあの河原で萌香は歌っていましたね。自らの歌を歌いながらそして落ち込む。こういうのは実際の恋愛でもよくあると思います。後悔したく無いし、自分も傷つきたく無いという思いは誰にでもあると思いますが、それを思いながらもそれを実行してしまうという矛盾。なかなか恋とは難しいものですね。そんな萌香を追いかけて主人公はやってきます。あのいつもの、昔の河原へ。しかし萌香は「なんできちゃうの」と悲し顔。しかしこういう時の気持ちというのは「追いかけてきてほしい」という感情が少なからずあると思います。追いかけてきてほしいという感情とでも頑張ってほしいという気持ちの二つが混ざり合って自分ではどうしようもなくなってしまうというものですね。経験されている方もいらっしゃるのでは無いでしょうか?

そんな萌香に対して自ら完成させた小説を渡します。しかし萌香は自分が夢を諦めてしまった、そんな自分と一緒にいてはいけないという気持ちが前へ出てしまいます。しかし主人公の小説にはそんなことは書かれていませんでした。「少し休んだだけだろ?」という言葉。さらには君のそばにいたいというものでした。

この言葉が決定打だったのでしょうね。私諦めなくてもいいのかな・・・と萌香は再びやる気を燃やす結果になります。それは誰かに背中を押して欲しかった。もっと言うなれば主人公に背中を押して欲しかった、そして腕を引いて欲しかったという気持ちの現れでもあるのでは無いか? と個人的には感じました。あくまでも個人的な感想ですのでそうであるとは言い切れませんが、そのように私は解釈しました。そして萌香は再び夢を追いかけるということになります。今度は一人ではなく、二人で、お互いに夢を追いかけ続ける、さらにはそれ以上の関係になって・・・ワンルールではなく、なんと二人部屋でしたね。そして最後には「ただいま」と帰ってくる萌香です。煮え切らない関係がよくなかったのかもしれませんし、お互いにいい関係を築き、そしてその後の未来をお互いが支えあいながら頑張っていくといういい物語であったと思います。今回の話は恋愛の話の中で一番現実的であったと思います。特に年齢的に考えてもまだ二十代半ばと言ったところでしょうか。まだまだ若いというのもありつつ、しかし歳を重ねるごとに押し寄せてくる恐怖というものとタイムリミットという感情。それが夢を追いかけている今の若い人たちに一番よくわかる形で描かれていたのでは無いでしょうか? さらに今回のテーマは恋愛というものも含まれていますので、これはお互いが夢を追いかけるという立場で描かれたものでした。同じ経験を今尚している方もいるとは思います。経験が一番重要であると言いますが、挫折なしの成功は無いというくらいなので、それでも諦めなかった人にだけ夢は叶うのだと思いましたね。まだアニメでは夢の途上という感じでしたが、それでも感動的ではありました。いいアニメに出会えたと思います。

「One Room」の動画視聴方法!

ニコニコチャンネル:One Room

ニコニコチャンネルでは最新話が無料で視聴可能となっていますので、是非チェックしてみてくださいね!

ワンルームいかがでしたでしょうか?

これでラストとなりましたがワンルームの内容はどうでしたでしょうか? 今回のワンルームというアニメは恋愛、そして主人公視点で物語が進んでいくという特殊な描写を用いてのアニメでした。かつてない感じの感覚と、さらにはちょっとエッチなシーンもありつつ盛り上がったと思います。5分枠アニメということでサクッと見れて、さらに内容もかなりのクオリティだったと思います。曲もいい曲ばかりで今期特別枠のランキングで言えばトップクラスですね!

長々と最後までご覧いただきましてありがとうございました!


(写真:Pixabay)


【文:葵】
元ファミ通編集部ライターであり、現在はボイスタ専属ライターとして活動中! 基本食わず嫌いなく2次元ものを視聴しておりますマルチライターです。漫画ゲームアニメ、2次元ならなんでもこい! 推しキャラはリゼロのレム! 今後も色々と記事を書いて行きますので是非ご覧になってください! 今後ともボイスタを宜しくお願い致します。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。