OLDCODEXのwalkは人気アニメ黒子のバスケのイメージで作られた?

OLDCODEXは2009年に結成された、ラウド系のロックとアートを融合させた異色のバンドです。ライブパフォーマンスはキャンパスにペインティングしながら、音楽を奏で見るものの感性を刺激します。

OLDCODEXは2009年に結成された、ラウド系のロックとアートを融合させた異色のバンドです。

ライブパフォーマンスはキャンパスにペインティングしながら、音楽を奏で見るものの感性を刺激します。

今回はOLDCODEXの名曲「WALK」の魅力のご紹介を行います。この曲は人気アニメ「黒子のバスケ」のエンディングに使われた曲になります。

OLDCODEX「WALK」の歌詞でみた魅力は?

「WALK」はアニメ「黒子のバスケ」のエンディングテーマソングで、作成当初から、タイアップが決まっており、アニメのイメージで作られた曲になります。

歌詞も勝利を目指し奇跡や夢を信じたポジティブな歌詞になります。

見失い、未来が泡になりそうになりながらも、限界を超えれば、奇跡が起こる♪と信じている歌詞がアニメの勝負とマッチしてアニメファンはもちろん、OLDCODEXのファンの心を掴んでいる歌詞です。バスケ以外でも、何事も自分で限界を決めずに頑張るモチベーションが大事だと伝えているのではないでしょうか。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。