『魔法少女なんてもういいですから。』おなじみの声優でアニメ第2期スタート!

アニメ『魔法少女なんてもういいですから。』の第2シーズンが、10月5日から放送開始です。主人公の声優、藤田茜さんを始め、メインキャラの声優は第1シーズンから引き続き出演します。キャストの息の合ったアニメ『魔法少女なんてもういいですから。』第2シーズンが楽しめそうです。

「魔法少女なんてもういいですから。(まほいい。)声優をチェックしてアニメを楽しもう

2016年1月放送のアニメ『魔法少女なんてもういいですから。』の第2シーズンが、東京MX、AT-Xなどで間もなく放送開始となります。

原作は、コミック配信サイト「コミック アース・スター」で好評連載中の双見酔(ふたみ すい)先生による同名漫画『魔法少女なんてもういいですから。』で、コミックス1巻が発売中です。魔法少女となる主人公、葉波ゆずか(はなみ ゆずか)の声優である藤田茜さんを始め、マスコットであるミトン役の若井友希さんら、ファンになじみのある声優は、第1シーズンから変わらず出演します。

作品をもっと楽しむために、「魔法少女なんてもういいですから。」の声優陣を改めてチェックしてみましょう。

「魔法少女なんてもういいですから。」のメイン声優をチェック

「魔法少女なんてもういいですから。」第1シーズンから継続してメインキャラクターに声をあてる声優陣をチェックしてみましょう。

葉波ゆずか【声優:藤田茜】:中学生の主人公

主人公である葉波ゆずかの声をあてている藤田茜さんは、テレビアニメでは今作にて初の主人公を演じています。

ただ2017年にアニメ化を予定しているライトノベルの話題作『エロマンガ先生』で、ヒロインである和泉紗霧の声を演じるため、そちらの方に注目が集まりがちかもしれません。同じくアニメ化企画が進行中の『sin 七つの大罪』でもメインキャラクターであるレヴィアタンの声を当てると発表しています。こちらも楽しみにしている人は多いでしょう。

ミトン【声優:若井友希】:まほいい。マスコットキャラ?

ボールに羽が生えたようなマスコット、ミトンの声を演じるのは若井友希さん。劇場版アニメ「君の名は。」でも有名になっている岐阜県出身で、少し前のツイッターでは、飛騨市図書館に聖地巡礼してメッセージを残したことなどをツイートしています。

ピアノが得意で、声優とともに歌手としても活発な活動を行っており、ソロシングル「Destiny Sky」を発表しています。これからも声優と歌手のどちらも期待できそうですね。アニメ『信長協奏曲』にも出演しています。

坂上ちや【声優:大森日雅(おおもり にちか)】:おかっぱ黒髪の主人公の友達

葉波ゆずかの友達、坂上ちやの声優は大森日雅(おおもり にちか)さんです。これまでにもいろんなキャラクターの声を当てていますが、アニメ『信長協奏曲』の森力丸役が有名と言えるでしょう。「パンでPeace!」の「佐倉のあ」の印象を持っているファンも多くいるかもしれません。

 

 

篠木真冬【声優:伊藤美来】:先輩な魔法少女

 

主人公の先輩の魔法少女である篠木真冬の声を担当しているのは、伊藤美来さんです。実生活でも魔法少女としても年長者であり、何かと事情を知っている節もあるのですが、あまり明かされておらず、どちらかと言えば気楽な雰囲気を漂わせています。

そんな声を当てる伊藤さんは、『普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。』で、主人公の宇佐美奈々子も演じています。4コマ漫画が原作の『普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。』は、2014年のアニメ放送を皮切りに、ドラマCDやOVAなど息の長い作品でもあるので、そちらをベースとしたファンも多そうです。

 

ポチ【声優:西明日香】:ペンギンに似たマスコット

篠木真冬のマスコットで、ペンギンにも似たポチの声を演じているのが西明日香さんです。西さんの代表作と言えば、こちらも同名漫画原作のアニメ『きんいろモザイク』の主人公である大宮忍でしょう。

原作の4コマ漫画が好評連載中である上、劇場版アニメ『きんいろモザイク Pretty Days』が11月12日公開予定です。同時進行で楽しめそうですね。

 

だいや【声優:田中美海】:アニメ版オリジナルキャラ

そしてアニメ版オリジナルキャラクターである‘だいや’の声を当てているのが田中美海(たなか みなみ)さんです。

田中美海さんは、やはり所属ユニット「Wake Up, Girls!」の活躍抜きには語れませんが、この『魔法少女なんてもういいですから。』を始めとして、声優としての活動も増えてきました。アニメ『魔法少女なんてもういいですから。』におけるだいやの役割は、ちょっと変わった友達くらいの感じに留まっているので、今後のさらなる活躍を望みたいところです。

これを知れば「魔法少女なんてもういいですから。」をもっと楽しめる

旬の声優陣ももちろんですが、「魔法少女なんてもういいですから。」をもっと楽しむための小ネタをいくつかご紹介します。

まほいい。よりずっと前からあった、「魔法少女」のルーツ

古くは、横山光輝先生の『魔法使いサリー』や、赤塚不二夫先生の『ひみつのアッコちゃん』から、『魔法のプリンセスミンキーモモ』や『魔法の天使クリィミーマミ』をへて、これまでに多くの魔法少女が登場しています。

その中でも、『美少女戦士セーラームーン』は、シリーズがいくつも作られた上に本格的な舞台にもなりました。最近では『魔法少女まどか☆マギカ』が社会現象と呼ばれるほどになっています。

アース・スター エンターテイメントの「コミック アース・スター」で連載している漫画『魔法少女なんてもういいですから。』も、そんな魔法少女ものの1つです。

 

『魔法少女なんてもういいですから。』だけじゃない可愛さ一杯の双見キャラ

原作漫画『魔法少女なんてもういいですから。』を描いている双見酔先生の代表作と言えば、4コマ漫画誌「まんがタイムきららキャラット」(芳文社)で連載していた『セカイ魔王』でしょう。

勇者の印である‘あざ’を持ちながらもイマイチな主人公アルシャと、復活した魔王であることを隠しつつ、妖精となって主人公をフォローするマオ(魔王)との旅路を描いたストーリー4コマ漫画で、ラスト間近から意外な展開となるのですが、その辺りはコミックス(全4巻)をご覧ください。

登場するマオ(魔王)は、なぜか女の子の姿をしていて、魔王らしく強大な力を持ちながらも、自らの存在意義で悩むこともあって、可愛さ一杯でした。

『魔法少女なんてもういいですから。』の主人公である葉波ゆずかも、魔法少女として今一つ積極的になれない点を含めて、可愛さ一杯です。第1シーズンで、葉波ゆずかの声優だった藤田茜さんは、そうしたところを巧みに表現していたように思います。

 

アニメ『魔法少女なんてもういいですから。』のこれまでとこれから

公開された設定や画像を見る限り、声優を含めて第1シーズンから大きな変更はないとすると、ファンの皆さんが気になるのは、ストーリー展開ではないでしょうか。

そこでコミック配信サイト「コミック アース・スター」で連載中の漫画『魔法少女なんてもういいですから。』の展開と、アニメ『魔法少女なんてもういいですから。』の第1シーズンを振り返りつつ、10月5日から放送するアニメ『魔法少女なんてもういいですから。』の第2シーズンを予想してみましょう。

魔法少女なんてもういいですから。第一シーズンはこんな話

アニメ『魔法少女なんてもういいですから。』の第1シーズンは、1クール12話でしたが、放送時間がわずか5分しかない短編アニメのため、ストーリーが大きく進んでいるわけではありません。

中学生の女の子である葉波ゆずかが、ごみ捨て場で不思議な生物ミトンを見つけた後、腕輪を受け取って魔法少女となり、水着がコスチュームであることに葛藤しつつも、水を操る魔法に感動しています。そして篠木真冬やマスコットのポチと出会ったり、友達である坂上ちやからの突っ込みがあったり、アニメオリジナルキャラクターのだいやの登場があったりします。でもそれだけです。

同じ魔法少女である篠木真冬と関わることで、魔法少女の存在意義の一端をほんのちょっとだけ伺えることもあったのですが、だからと言って何が起きたわけでもありません。アニメ『魔法少女なんてもういいですから。』公式サイトで公開しているストーリー一覧や画像紹介を見ても、敵が出てこないことが分かるはずです。

もっとも原作となる漫画『魔法少女なんてもういいですから。』も、1回で長くて10ぺージ、短い場合は5ページも進みませんから、どっこいどっこいと言えるでしょう。

魔法少女なんてもういいですから。第二シーズンはオリジナルキャラが鍵?

執筆時点における漫画連載は、配信サイト「コミック アース・スター」にて、9月27日に第28話まで公開しています。

直前となる27話では、魔法少女の篠木真冬や友達の坂上ちやとともに、葉波ゆずかも必殺技を考えます。ただ「まだ必殺技もなかったの?」と思う人もいるでしょう。要は、そのくらいの展開スピードが、ずっと続いていると思ってください。そんなのんびりした展開とは裏腹に、水を操るゆずかは意外にも強烈な必殺技を編み出しました。でもそれを使う相手(敵)は出ていませんし、出そうな気配すらありません。


ですので、10月5日から始まるアニメ『魔法少女なんてもういいですから。』第2シーズンでも、第1シーズンと同じように緩やかな展開が続くのではないかと考えられます。あえて予想するのであれば、第1シーズンで登場した(させた)アニメオリジナルキャラクターであるだいやが強めに絡んでくるのかもしれません。それでこそのオリジナルキャラクターですし、画像を見る限りでは、単なる一発キャラクターとは考えにくいものがあります。

声優にも期待大の「魔法少女なんてもういいですから。」を楽しもう


2016年10月5日から始まるアニメ『魔法少女なんてもういいですから。』第2シーズンですが、主題歌や放送時間など、新たな情報が続々発表されており、童謡『お正月』のように、「もういくつ寝ると『魔法少女なんてもういいですから。』の放送開始」と待ちわびている人も多いはずです。

主だった声優や設定など、変わらない点がある一方、オリジナルキャラクターを含めて、どんな展開になるのか楽しみにできる部分も少なからずあります。

原作者である双見酔先生のアフレコレポートによると、「声が入ると キャラに命が宿る」のだそうです。命が宿ったキャラが登場するアニメ『魔法少女なんてもういいですから。』の放送開始を待ちましょう。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。