【攻略日記】話題の「文豪とアルケミスト」を実際にプレイしてみた【文アル】

DMMの新しいブラウザゲーム「文豪とアルケミスト」の攻略日記!11/1にサービスが開始されたばかりの「文豪とアルケミスト」こと文アルは、豪華すぎる声優陣と素敵なキャラクター、世界観で、すでに大きな話題となっています。そんな「文豪とアルケミスト」の遊び方を、初心者にもわかりやすく解説をしていきます♪

今話題のブラウザゲーム!「文豪とアルケミスト」を実際にプレイしてみた

DMMの新たなブラウザゲーム「文豪とアルケミスト」が、早くも話題となっていますね。文アルこと「文豪とアルケミスト」は、どこかの時点で違う歴史を歩み始めた架空の日本が舞台。近代の文豪たちを転生させ、本の世界を破壊する侵蝕者たちから文学書を守るといった内容となっています。

名だたる近代文豪が素敵にキャラクター化し戦う姿や、その声優さん、近代風情の漂うレトロな世界観が非常に好評であり、DMMの新たなヒット作になるのではないかと早くも噂されています。

今回は実際に私が「文豪とアルケミスト」のゲームをプレイした感想を、攻略方法なども踏まえながら紹介したいと思います。まだまだ当方も初心者なので、わからない点や手探りなところも多いですが、攻略日記を楽しんでいただけると幸いです。

今から遊んでみようかな?と考えている初心者さんにもわかるような攻略日記にしていきたいと思っております。また「文豪とアルケミスト」のユーザーさんは、コメント欄などで色々アドバイスをしてくださると嬉しいです♪

では早速、初心者による「文豪とアルケミスト」の攻略日記を始めたいと思います。

ゲーム「文豪とアルケミスト」をプレイしてみた

早速プレイ!その前に…

まずゲームをやる前から注意したいのが、対応ブラウザが非常に少ないという点。私はいつもはfirefoxを使っているんですが、そちらでは非対応ですと表示されたため、ゲーム用に入れてあったGoogleChromeを使用しました。

「文豪とアルケミスト」の対応環境は。いまのところ以下のようになっているようです。

Windowsをご利用の方 Google Chrome(推奨) / Edge
Macをご利用の方 Google Chrome(推奨) / Safari

ちなみに非対応だとこのような悲しい画面が表示されます。せめてIEやfirefoxあたりは対応してほしいものですがねぇ…。

チュートリアル

初回にログインした際は、チュートリアルの画面が表示されます。こちらはリリース前から公開されていた内容と変わらないので、既にプレイしたよという方は飛ばしてOKかと思います。

こちらは飛ばすこともできますが、ゲームの雰囲気を掴むためにプレイしておいて損はないかと思います。チュートリアルには徳田秋声と、ゲーム内では最高レアリティである泉鏡花が登場するため、それだけでも見る価値はあると思いますよ。

初期文豪を選ぼう!

「艦隊これくしょん」の初期艦娘、「刀剣乱舞」の初期刀のように「文豪とアルケミスト」のゲームでも、初期文豪を選択することができます。初期文豪として選べるのは以下の4名です。

織田作之助

佐藤春夫

堀辰雄

中野繁重治

武器は全員「刃」の文豪になります。一先ず最初は、自分の好きな文豪を選んでいいと思います。ちなみに私は大阪弁と声優の小野坂昌也さんが好きなので、織田作之助にしました。

ゲームの最初は初期文豪、そしてチュートリアルでも登場した秋田秋声の二名からスタートです。最初は各コマンド画面に行く毎に、そこでなにをするのかきちんと教えてもらえますので、安心してプレイをしてください。

ゲーム「文豪とアルケミスト」で、早速文豪を入手しよう!

「文豪とアルケミスト」では、一つの会派(戦闘にいく部隊のこと)を四人で組むことができます。さすがに最初のステージとはいえ2人では心もとない…ということで、一通りコマンド画面をみたあとは、早速「潜書」にて文豪を新しい転生させてみましょう。

こちらが「潜書」画面。左側が「有碍書」、穢れてしまった書物なので戦闘に行くにはこちらを選びます。文豪を転生させるためには、右側の文豪たちの魂が宿った書物である「有魂書」を選びましょう。

必要な洋墨を、「50」「100」「400」の中からいくつ消費するかを選択できます。とうらぶや艦これと異なり、細かい数値の設定は必要ないです。めちゃくちゃ面倒くさがりな私的には、これが物凄くありがたい。栞は使用するとレアな文豪がきてくれる確率があがるアイテムです。基本は課金アイテムなので、ご利用は計画的に。

お察しかと思いますが、洋墨の消費量が多ければ多い程、珍しい文豪が手に入る確率も上がります。ですがこの洋墨、文豪の補修(体力の回復)にも使用するので、最初はたくさんあってもガンガン減っていきます。なので使いすぎには十分、注意してください。

最初はとりあえず…ということで、私は「100」を選択。結果は01:30:00…とうらぶユーザーにとってはトラウマの数字ですね。誰が出るかな~と待ちきれずに調速機(補修や潜書にかかる時間を一瞬で完了させてくれるアイテム)を使用し早送り。

結果は…尾崎紅葉先生でした!緑川光さん目当てでゲームを始めたこともあったので、これは個人的にとても嬉しい!レアリティとしてはあまり高くないのかもしれませんが、個人的には大満足です。

文豪にはそれぞれ武器の種類があり「刀」「銃」「弓」「鞭」があります。今後もしかしたら増えていくかもしれませんが、いまのところはこの四種類です。

「有魂書」の注意点

艦これ、そしてとうらぶユーザーでもある私が、最初「」で戸惑った、よくわからなかった注意点をまとめてみました。

その1:「有魂書」へ潜書している文豪は、戦闘に出ることはできない。

「文豪とアルケミスト」で文豪を転生させる方法は、手持ちの文豪の一名を「有魂書」の中へ潜書…わかりやすく言えば本の中に文豪を探してもらいに行ってもらう形になります。なのですでに本の中へ潜っている文豪を、戦闘に連れ出すことはできません。

上の図でいうと、今「有魂書」の中へ潜書してもらっている秋田秋声(初期から手持ちにいる文豪の一人です)は、上記の時間が経つまでは戦闘に連れていくことはできない状態です。レベリングなどをしたい文豪がいる場合、「有魂書」へは潜書させないように注意しましょう。

その2:補修中の文豪は潜書できない

これも上記のことを踏まえるとわかりやすいと思いますが、補修中の文豪はベッドでおやすみしている形になるので潜書することはもちろんできません。こちらは艦これやとうらぶでも一緒なので、割とわかりやすいですかね?

その3:助手にしている文豪は「有魂書」には潜書できない

ここが非常にややこしいんですが、助手にしているキャラクターは、「有碍書」に潜書することはできます。しかし「有魂書」に潜書することはできません。簡単に言うと助手は戦闘には連れていけるけど、新しい文豪を連れて来させるのには使えない、ということですね。

上記3点はきちんと最初に説明はされるんですが、艦これにもとうらぶにもないシステムだったので、先入観で私は最初かなり戸惑ってしまいました。特に助手に設定しているキャラクターが「有魂書」に潜書できないということは、最初わからない人が多いのではないでしょうか。

「有碍書」と「有魂書」で名前が非常にややこしいのも、またなんともやり辛いんですよね…まぁこれも慣れでしょうか。

「文豪アルケミスト」の戦闘は?

先程、尾崎紅葉がきたあとにさらにもう一名文豪を転生させ、無事手持ちが4人になりました。というわけで、早速戦闘へ行ってみたいと思います。戦闘も文豪を転生させたときと同じく「潜書」のコマンドからいくことができます。今度は左側の「有碍書」のアイコンをクリック。

「有魂書」が文豪を連れてくるために本の中に潜るならば、こちらは「侵蝕者」によって穢された文学書を浄化するために本に潜ります。

最初に潜書できる「有碍書」は「い」の段になります。解放されている分をクリアしなければ、次のステージには進むことはできません(画像はスクショし損ねていたので、すべてクリアした後に撮ったものです…本来ならば次のステージは鍵がかかっているので、済マークがつくまで進むことはできません)

いざ最初のステージ「歌のわかれ」へ。こちらが戦闘画面です。カットインとボイスが出ます。戦闘は「とうらぶ」や「艦これ」と同じく、自動で進んでいくので特にやることはありません。文豪たちの持つ武器の種類によって攻撃の特徴があるんですが、説明すると長くなるのでこちらはまたいずれ。

戦闘が終わるとこのまま進んでいくか、戻るかを選ぶ画面に。文豪の侵蝕が0になると「絶筆」…つまりロストとなってしまうので、注意しましょう。「耗弱」状態から立ち絵のグラフィックが変化し、通常攻撃が出せなくなります。

さらに侵蝕が進むと「喪失」状態に。こちらになった状態で先へ進むと「絶筆」になる可能性が高いため、慢心せずにいったん戻って体制を立て直した方がいいでしょう。ちなみに文アルは「喪失」状態の文豪がいると、注意書きを出してくれます。親切。

「耗弱」や「喪失」状態の文豪は通常攻撃ができなくなりますが、一定確率で強力な攻撃を繰り出すことがあります。「耗弱」状態で進んでも「絶筆」にはならないようですが、通常攻撃に参加できず、強力な攻撃を繰り出すかは運になるのでその点に気を付けておきましょう。

ちなみにとうらぶと違って、こちらはマスごとにカチカチしなくても進んでくれます。これは個人的にはありがたい…。進むか戻るかを選択すれば、勝手にスイーっと進んでくれます。マスごとにカチカチするの、結構ストレスなんですよね。

無事ボスを撃破すると、次の「有碍書」に進むことができます。特定の文豪の組み合わせを特定のステージに連れていくと「回想」が発生することがありますので、そちらも色々試してぜひご覧になってみてくださいね。

ゲーム「文豪とアルケミスト」は今後も続々と追加要素が増えていきます!

ブラウザゲーム「文豪とアルケミスト」の攻略日記その1、いかがだったでしょうか。一先ず今回は基本の、「潜書」についてをメインに説明をさせていただきました。当方もまだ初心者なので、至らぬところはあるかもしれませんが、文アルに興味を持ってくださる方が少しでも増えれば幸いです。

他にもたくさん書きたいことや語りたいことはあるのですが、今回は文字数の関係上ここまでにしておきます。次回がもしあるのであれば、この攻略日記ももっと細かいところに切りこんで解説していけたらと思います。

ゲーム「文豪とアルケミスト」は、まだリリースしたばかりのブラウザゲームです。今後も続々と新機能が実装予定となっていますので、楽しみに続報を待ちましょう。

「文豪とアルケミスト」の関連記事はこちらから

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。