ここが新しい世界?「オカルティックナイン」5話感想まとめと動画視聴方法!

「オカルティックナイン」5話感想まとめと動画の視聴方法の記事です。今回5話ではかなり深く物語が進行しました。その5話の個人的感想まとめとファンの声を大公開します。さらには後半で動画の視聴方法についてもご紹介しますので最後までご覧ください!

悠太とサライが共に謎解き?死神や西園りりかはどう関係しているの?

「オカルティックナイン」5話感想まとめと動画の視聴方法の記事です。今回5話ではかなり深く物語が進行しました。その5話の個人的感想まとめとファンの声を大公開します。さらには後半で動画の視聴方法についてもご紹介しますので最後までご覧ください!

 

「オカルティックナイン」5話の個人的感想まとめ!

ではまずは5話の個人的な感想から述べていこうと思います。前回、橋上教授の息子である、橋上サライと神社で対面し、そこで物語は終了しましたが、その後の木になる展開からの始まりとなります。さて、今回は謎が明らかとなったのでしょうか!?

悠太とサライが共に謎を解く?

前回は橋上サライに真実を知られピンチ!? というような場面で終了しましたが、今回でそれが明らかとなりました。サライは悠太が犯人でないと科学的根拠に基づいて、推理したようで、さらにキリキリバサラの管理人であることも知っていたようでした。キリキリバサラに何度か書き込みもしたことがあるようで悠太の性格などもよく知っているようで、橋上教授が殺された時間にあの研究室に悠太が訪れていたことも知っていたのでした。

悠太は自分が殺したのではないと、若干パニックになりつつサライにしがみ付きますが、サライは悠太が犯人ではないと確信しているような口ぶりで「真実を突き止める」と言いました。さらに警察には何も聞かされていない様子で、悠太の元へやってきたのもその真実を聞くためであったと推測されます。

悠太は奥歯を抜き取ったこと以外を話し、そして橋上教授の家へと行くことをサライにお願いします。悠太がとにかく引っかかっている鍵のこと、さらに自分が犯人ではなく、そして真犯人を見つけたいという思いからの言動だったのでしょう。サライは仕方なくという具合に悠太を自宅まで案内します。

橋上教授の部屋へとやってきた悠太ですが、特に目立った鍵穴などはなく唯一鍵穴があった書斎の机の一番上の段の鍵穴にあの奥歯の鍵を入れますが、それが回ることはありませんでした。どうしようもなくなってしまった悠太はしばし自らの考えに浸ります。天井を見上げて、所々あなのあいた部分に何かが詰まっているのを確認しますが、その時点では何も気づきませんでした。

すると突如としてまたラジオが喋り出します。そして天井の穴が塞がれていることに何かの意味があることを知らされて、考えますが、それについても悠太の頭では何も思いつくことはできないという風でした。それもそのはずでしょう。通常ならあんな暗号のようなものを理解できる人は早々にいないというの正直なところです。私自身も全くの謎でありながらも考えましたが結局謎でした。

西園りりかと謎の少年

例の公園で同人漫画家の西園が絵を描いているところが次の場面で映し出されましたが、その際にあのヴァンガード少年が現れます。とても不気味な笑顔と共に塀の向こう側から顔だけを西園に向けて笑む姿はとても不気味でした。あのキャラクターがどういう存在であるのかは現段階では不明であり、またこの物語に大きく関わっていることは間違いありません。

新しい世界がどうとか言っていましたが、それは一体どういうことなのでしょうか? 何やら秘密を握っているのは間違いありませんが、これはオカルトの類であるのか、それとも別の存在なのか、全くわかりません。その後、紅ノ館で悪魔とあの少女も出ますが、彼女たちの存在も今後の物語でどういう風に関わってくるのかが全く読めません。

この作者はかなりの凄腕の推理作者であることがわかります。色々な伏線を張っていながらも尻尾を掴ませないその書き口がとても興味をそそります。今後の物語を推測することの楽しさとさらに何度か見直して見落としがないか確認する楽しさもあります。

 

今回5話の最終シーンでも彼女たちは出ていましたが、フランケンシュタインの話をしていました。肉体をかき集めて繋いだのがフランケンシュタインであって、しかし魂がないという話でしたが、それがこの物語の今後に左右する話であるのかどうかわかりません。しかし恐らくは関係あるのだと推測します。関係のない話はおそらくこの物語には出てこないので、魂をつなぎ合わせたらどうなるのか、ということが今後関係してくるのかもしれません。あくまでも推測にすぎませんが、そうであると思っています。

刑事と悠太と天井の暗号の謎

例の刑事も今回も登場しましたね。あのひょうきんな態度で悠太たちの後を尾行し、喫茶店へとやってきます。悠太は最初ただのヲタクであると思っていたのでしょう、「ゲロマズ」などの会話を永遠としていたのですが、刑事であるとわかった途端に悠太は自らを追ってきているという思い込みにとらわれて後ずさります。

「奥歯を抜いたことがある?」と聞かれて、何も答えることができなかった悠太ですが、自分が犯人であると疑われている、さらに刑事はキリキリバサラの管理人は事件を解く鍵であると思っているという部分がここで繋がりましたね!

結局ゲロマズの喫茶店のマスターのオススメを飲み干さずに帰ってしまった刑事ですが、「見逃してもらった?」と考える悠太でした。見逃してもらったというよりは、じっくりと観察しようということなのでしょう。キリキリバサラの管理人であるということを刑事は知っているわけですから、今後の経過観察をしようというわけなのではないでしょうか?

 

そしてその後、サライが天井の暗号の謎を解いたという情報を元に、みんなで集まりその情報を吟味しますが、なんと天井に書かれていた暗号というのは、井の頭公園の池から上がったという死体の数と一致するということでした。つまり、橋上教授は何かを知ってしまったがために殺されたということなのでしょうか? ここでまた謎が深まってしまいました。

悠太は西園の名前を出して「真犯人ではないか」とサライたちに言いますが、最初はサライたちもそれを鵜呑みにはしませんでした。西園の漫画に出てくることが今回の橋上教授の殺人事件の謎と一致すると悠太は睨んでいましたが、橋上サライは無駄に頭がいいだけに3つの要因が重ならないとこれは根拠とは言えないと言い張りましたが、漫画を読むうちに、天井の暗号のわかない部分の謎がその漫画に描かれていることに気づきます。

つまり西園の漫画はこの物語に深く関わっている、この事件の重要人物であることが今回で明らかとなったわけですね。サライは深く掘りげると言っていましたが、次回ではどのようにそれがわかるのかが楽しみです。

「オカルティックナイン」5話のファンの声!

では、ここでファンの声を確認してみようと思います。5話は色々と話が露見された回でもあり、またさらに謎が深まった回でもありました。みなさんはどのように物語を見ているのでしょうか?

色々と確認しましたが、やはり謎だらけであるという声がほとんどでした。わたし同様に物語の先を読むことは不可能であることがわかりました。色々と謎が深まるばかりで逆にいうと毎回が楽しみであることが窺えます。次回6話ではどのように物語が進行するのかが楽しみです!

「オカルティックナイン」の動画視聴方法は?

では動画の視聴方法についてこちらで記載をしようと思います。見逃してしまったという方も是非チェックして見てください!

ニコニコチャンネル:オカルティックナイン

※第5話の上映会は11月10となっていますので、ご注意下さい。

次回6話で鍵の真実は明らかとなるのか!?

結局金歯の鍵は今回も不発に終わり、さらに喋るラジオについても全く情報がない中で5話まで放送がされました。次回の「オカルティックナイン」6話ではそれが明らかとなるのでしょうか?

是非、5話を視聴して頂いて、次回の6話につなげてほしいと思います。

最後までご覧頂きありがとうございました!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。