キリキリバサラ!?「オカルティックナイン」4話の感想まとめと動画視聴方法を公開!

最新話である「オカルティックナイン」4話の感想まとめと動画視聴方法の記事です。4話では今まで交差していた人物が一気に噛み合う展開となったのですが、その4話の個人的感想とファンの声を今回は大公開!記事後半では動画の視聴方法についても記載しますので最後までご覧ください!

「犯人は我聞悠太である」、物語が動き出す「オカルティックナイン」4話の個人的感想とファンの声!

最新話である「オカルティックナイン」4話の感想まとめと動画視聴方法の記事です。4話では今まで交差していた人物が一気に噛み合う展開となったのですが、その4話の個人的感想とファンの声を今回は大公開!記事後半では動画の視聴方法についても記載しますので最後までご覧ください!

「オカルティックナイン」4話の個人的感想とファンの声!

※ここからネタバレが含まれますので、ご注意下さい。

では、まずは4話の個人的な感想から述べていこうと思います。ざっくりとした内容をなぞっていくのでネタバレが含まれます。最新話では今まで出会わなかった人間が出会ったり、さらに意外な事実も発覚し、さらには謎も深まったように思えたお話でした。さて、4話はどうなっていたのでしょう?

我聞悠太復活!? 池の死体の謎

橋上教授の死体の一件から心身的に参っていた状態の悠太ですが、ようやくいつものカフェに復帰した様子でした。いつものように「キリキリバサラ」の運営を行っており、それについて不思議に思うカフェの店長とみゆぽむです。

悠太はおそらくいつも通りに振舞っていた、つまりあの事件、橋上教授の事件について忘れようとしてた、さらには皆に気づかれないよう振舞っていたという風に受け取れるテンションであるのはいうまでもないでしょう。

悠太曰く「池の死体は集団催眠でもオカルトでもない」とのこと。アンチオカルトを提唱し、その手のサイト運営する管理人としては手堅い意見であるのはまあ想像通りといった具合でしょう。

「自殺志願者@オフ会」というのは悠太の個人的な意見らしく、今回は素直にそう社会に向けてのメッセージをサイトから発信したということでした。自殺志願者のオフ会という線はほぼないと思いますが、この大量に池に上がった死体が今後何と関係してくるのかが未だに読めません。

死体の数は全部で256体ということで、この数字が何かを意味しているのは間違い無いのでしょうが、今の所は謎に包まれた感じでまた謎が一つ増えたということになります。

集団的な自殺の線も薄いので、やはりオカルト的な何かが関係しているのは間違い無いのでしょうが、それでもそのオカルト的な「何か」というものがわからない以上全く想像ができません。今後この死体の数が物語を紐解く鍵の一つになるのは間違いなさそうです。

亞里亞と死神の秘密が明らかに?

亞里亞、「紅ノ館」を運営している少女ですが、そこに以前から「悪魔」と呼ばれる存在が出現していたのを覚えているでしょうか? 超常現象的なものでこの物語に違和感なく存在していたそれの正体が今回明らかとなりました。いわゆる「悪魔」ではないと推測しますが、幽体離脱的なことができる人物、本人は「悪魔」であると言っていましたが、悪魔であるのかどうかは不明です。

本人曰く、何度も死んだことがある、と言っていましたが、その度に幽体離脱とでもいうのでしょうか、霊体的な存在として街を闊歩するような描写が描かれていました。そして何度かその霊体の姿で街をうろついていた時に自殺をしようとしていた亞里亞と出会ったのが今の時間軸から見て2年前であることも判明しました。

つまり「悪魔」のような存在であったのは一人の人間の霊体であったということですね。本人は最後に「俺は悪魔なのだから」と言っていましたが、実際のところはどうなのでしょうか。彼女にとっての悪魔、という意味なのかもしれませんが、深くはわかりませんでした。しかし今後もその悪魔は物語に深く関わってくることは間違いなさそうですね。

ラジオと悠太と橋上サライ

喋るラジオの謎については今回も謎のままでした。悠太がメンバーの前で「喋るラジオなんだぜ?」的なノリでラジオに喋りかけていましたが、その時はもちろん応答なしでした。これは流石に読める展開でしたが、その後家で「あんなところで私が喋ったら通報される」という言葉にちょっと違和感を覚えたのも否めません。物語的な意味でもちろんあの場所で喋らなかったという展開はいいものかもしれませんが、みんなにその秘密を暴露していたらどうなっていたのかと考えると、そっちも逆に面白い展開になっていたのではないだろうか、と思うのが私の個人的な感想です。

ともあれ、その後、悠太は夜道を歩いて再び鍵穴を探していました。死体が大量に池から上がったという事件があってから橋上教授の事件が世間的に薄れていっているという状況に悠太はホッとしている様子と、なんでこんなことになってしまったのかという葛藤に悩まされている描写が鮮明に描かれていました。

しかし、その時に現る人物が橋上サライ、つまり殺された橋上教授の息子である「サライ」くんでした。悠太は自分が追われている、さらには疑われているという恐怖から逃げますが、神社まで追いつかれて、そしてここで初めて悠太と橋上サライが噛み合うというわけですね。

ここで今回4話は終了となりましたが、私が予想するに橋上サライはオカルトや超常現象の類を凄く嫌っている人間なので、「キリキリバサラ」を運営している悠太を同類であると思い近づいたのではないか、と思います。もっと言えば悠太の意見を聞きたいという思いもあったのでしょう。最後に「なぜキリキリバサラなんだ」といっていたので、アンチの同志としての意見を聞きたいというものだったのではないかと予想しています。

「オカルティックナイン」4話のファンの声は?

ではここでえ4話につていのファンの声をTwitterで見て見たいと思います。ファンの皆さんはどのような感想を持たれていたのか、気になります!

やはり皆さん続きが凄く気になる様子というのが窺えます。一つ謎が解ければまた新たな謎が増えるといった展開ですが、電話の相手、そして悪魔の正体、さらにはキリキリバサラとはそもそもなんなのか、というところが皆さんが凄く気になっている部分なのではないかと私自身、コメントを拝見して思ったことです。

事件を解くというよりは、謎がどんどんと深まっていって逆に考察する側としては凄く楽しい思いで見させて頂いているので、次回が凄く気になる展開で終わるというのがとてもいいですね!

次回は5話ですが、今後どのような物語展開になるのかが気になります。悪魔の正体が今回では謎解きとして明らかになりましたが、それ以外では謎が一気に深まったように思える回でした。次回ではいくつかの謎が紐解かれるのでしょうか!?

最新話である4話の動画視聴方法は?

見逃してしまった方に向けてこちらでニコニコチャンネルの動画視聴方法を記載します。最新話を無料で視聴可能ですので、4話を見逃してしまったという方は是非こちらでチェックをしてみて下さい!

※ニコニコチャンネルでの4話上映会は11月3日となっていますので、ご注意下さい。

ニコニコチャンネル:オカルティックナイン

是非最新話をチェックして次回に繋げましょう。

第5話ではどこまで秘密が明らかになるのか!?

ラジオの真相や死体の256という数字など、色々な部分で謎が深まっていく4話でしたがそれが5話ではどのようになっていくのかが気になります。今後の物語展開にも注目ですが、現段階で見直して考えるというのも一つ面白い視聴方法かもしれません。色々と謎が深まるオカルティックナインですが、次回5話では謎が明らかになることを期待して待ちましょう!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。