全て妄想!?「オカルティックナイン」3話の感想と動画視聴方法をチェック!

「オカルティックナイン」3話の感想と動画視聴方法の記事です。オカルティックナイン3話では2通りの視点で物語が進行し、さらには伏線もたくさん張られていました。その個人的感想とファンの声を大公開!さらに後半で動画の視聴方法を記載しますので最後までご覧下さい!

現実と妄想が混濁!?「オカルティックナイン」3話の個人的感想とファンの声!

「オカルティックナイン」3話の感想と動画視聴方法の記事です。オカルティックナイン3話では2通りの視点で物語が進行し、さらには伏線もたくさん張られていました。その個人的感想とファンの声を大公開!さらに後半で動画の視聴方法を記載しますので最後までご覧下さい!

「オカルティックナイン」3話の個人的感想とファンの声は!?

※ここからネタバレが含みますので、ご注意下さい。

ではまずは個人的な感想から述べていこうと思います。3話では複数の視点で物語が進行し、さらには主要人物の過去までもが明らかになった回でした。さらに怪しい伏線などが張られていたりなど重要なシーンもありました。3話はどのようになっていたのでしょうか。

刑事と同人漫画家のやりとり

このアニメでの重要人物となっている刑事の「森塚駿」と同人漫画家である「西園梨々花」とのやりとりが前半目立ちました。2話で事件となっていた、橋上教授の殺人事件についての詳細が西園の漫画に登場するシーンと同じであると刑事は知っていたことで西園と接触を図ったという流れでした。

ここで色々と明らかになったのは、西園梨々花は夢に出てきたことを漫画にしているということ、さらにはこの西園という人物がこれまで以上に謎な存在になっているということでしょうか?

森塚刑事は相変わらずのアニメヲタクっぷりを披露しておりここで「ヴァンガード」について色々と語っていました。前回のヴァンガードのカードのシーンについてはここに繋がっていたのかと思わせられるようなものでしたが、今後もしかしたら別のところでも関わってくるのかもしれません。

これは予想ではありますが、この西園という人物は夢に出てくることを漫画にしているということだったので、予知夢とも言われるものであると予想します。とても面白い設定ですね! 今後の事件や謎解きにどこまでこの西園が関わってくるのかが楽しみです。

森塚刑事はその後、橋上教授の息子に会いに行きますが、そこでも橋上教授の過去について触れていました。「ケータイの電源は切っておいたほうがいい」という言葉の裏には何が隠されているのかがすごく気になりました。このアニメではかなりたくさんの伏線が張られているのでどこでどういう風に繋がっているのかを予想するのがとても楽しいアニメでもあります。

紅ノ亞里亞の過去

これは衝撃的な事実であったというべきなのでしょうが、亞里亞の過去について今回は相当に衝撃的なシーンが出てきました。亞里亞といえば、紅ノ館という呪いを代行する怪しげな商売を営む人物として1話から登場していましたが、その亞里亞の過去について深く触れているシーンが今回はありました。

兄とのことでしたが、あれはかなり心身的に衝撃が走りました。まさか死んでいる死体とともに1年間も過ごしていたという事実にゾクッとしたというのは否定できません。亞里亞が過呼吸を起こし、体の一部を移植した兄を自宅まで霊安室から20キロも離れた家へと車椅子で運び、そして生きていると錯覚しながら1年もの間、死体と一緒に暮らしていたという事実に精神的に「うっ」となるものがありました。

すでにミイラ化している兄の遺体をみても気づかない亞里亞は精神的に兄への執着心が凄いと言わざるを得ないものを感じました。アニメでは親戚の人が事実を語るまでミイラ化した描写が出てきませんでしたが、以前の話で新聞社の人が「死体と1年間過ごしていた」という話を思い出し、ここで繋がったのかとびっくりさせられました。

ブラコンとかいうレベルをはるかに超えるものであり、精神的に狂ってしまったら本当にこうなってしまうのではないかと思わされる描写でもありました。

そしてその後亞里亞は紅ノ館を経営しているわけであり、悪魔という存在も少しづつ露見してくる場面が多くなってきた3話ですが、今後どのように絡んでくるのかが気になります!

裕太のシーンは夢オチ?

橋上教授の死体を発見し、金歯に隠された鍵を抜き取って逃走に成功した裕太ですが、その後鍵穴を探して路頭を迷うシーンが3話後半で描かれていました。当然といえば当然なのですが、あれだけのことを目の当たりにして気が狂わない人間はいないと思います。ましてや学生という若さで死体の現場に居合わせてしまったと事実と犯人にされるのではないかという恐怖に怯えながら街を歩くというシーンはとても現実的であり、心理描写もうまく描かれていたように思えまいした。

必死になりながら鍵穴を探すシーン、そして金歯に見せかけた鍵を落として慌てながら拾おうとする描写などはとてもリアルに描かれていたように思えます。そして恐怖に怯えながら街を走り回るうちに出会う悪魔ですが、これが2話でりょーたすとみゆぽんが紅ノ館で依頼したあの呪いと関係があるのでしょうか? 裕太の前に悪魔が現れて、襲いかかろうとする場面で、裕太はベッドで目を覚まします。「夢オチ」であった?と思わされるようなシーンですが、あれは本当に夢オチだったのでしょうか。

そしてその後、再びあの喋るラジオが言葉を発します。あのラジオは一体なんなのかが現時点では全くわかりません。過去に裕太の父親から譲り受けたものというのはわかっていますが、それ以外にはなんの情報もなく突然に喋り出すラジオ、裕太に助け舟を出すラジオということ以外は何もわかっていません。

今後そのラジオがどのように物語に関係してくるのかがとても気になりますが、裕太にとってもプラスとなることはおそらく間違いないでしょう。

そしてテレビをつけろと指示を受けて裕太はテレビをつけますが、そこに流れていた情報とは、「井の頭公園の池で死体が50体以上見つかった」というものでした。この死体についても全く謎であり、どういう風に今回の事件と絡んでくるのかがすごく気になります。アニメの描写が過去と現在を行き来しているので、とても興味深いアニメ制作をしていると感心しました。

さらにもう一つ気になったことといえば、りょーたすの電話の相手、あの言葉の裏側にはどういう意味があったのでしょうか。いつもはふざけている場面しかなかったりょーたすが突然に真面目な受け答えをしている描写がありましたので、おそらく今後の物語に大きく関わる伏線であることがうかがえます。

今回3話はとても重要な回であったことがわかりますね!

「オカルティックナイン」3話のファンの声!

では、3話についてのファンの声をTwitterで調べてみようと思います。今回はとても複雑な回ではありましたが、ファンの皆さんはどのように受け止めているのかが気になります!

やはり皆さんも衝撃的であった&すごく面白いと評価していたのが、あの亞里亞の過去についてでした。兄の死体と1年もの間一緒に暮らしていたというオチがすごく面白かったという声がたくさん上がっていました。さらに伏線が大量に張られていて重要である回だったというのもちらほらうかがえました。

そしてバーの店主やりょーたすそれぞれも何かに絡んできているという描写にも焦点が行っていたようで、ファンの皆さんは伏線だらけで今後が気になって仕方がないというコメントが数ありました。

皆さん面白いという部分だけは一致して言われているので4話は一体どうなっていくのでしょうか!

動画の視聴方法はどうしたらいい?

最新話である3話を逃してしまった方は是非ニコニコチャンネルでご覧になってほしいと思います。今回はとても重要な回でもありました。ニコニコチャンネルでは最新話が無料で視聴できますので是非ご覧になってほしいと思います。

ニコニコチャンネル:オカルティックナイン

3話を視聴して是非4話に繋げてほしいと思います。

次回の4話はどのようになるのか!?

3話では過去と伏線の嵐でしたが、次回の4話ではどのようにそれが繋がっていくのかがとても気になります。次回の「オカルティクナイン」も見逃さずにご視聴してください!

最後までご覧頂きありがとうございました!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。