魔法少女なんてもういいですから。3話の感想まとめ!配信動画サイトもご紹介します

3話が放送された「魔法少女なんてもういいですから。」の簡単なあらすじと3話の感想をまとめました。魔法少女のゆるっとした日常アニメを見た皆さんの感想は?TV放送を見逃してしまった方や、もう一度見たい方向けに配信動画の視聴方法も共にご紹介します。

魔法少女のゆるい日常アニメ「魔法少女なんてもういいですから。」3話配信

普通の人間には見えない生き物を「気になって」拾ってしまったせいで魔法少女になってしまった葉波ゆずかによる、魔法少女の日常アニメ「魔法少女なんてもういいですから。」(通称:まほいい)のセカンドシーズンも3話に突入しました。原作の漫画「魔法少女なんてもういいですから。」はウェブコミック配信サイト・コミック アース・スターにて好評連載中です。

ネットでは、多くのアニメの3話は「物語の転機が訪れる話」と評されていますが、まほいいではどの様な展開になったのでしょうか。うろ覚えの方のための簡単な説明と、放送時や動画での感想をまとめました。

(感想まとめのため、ある程度のネタバレが含まれます。ご了承下さい)

3話までの簡単な説明とあらすじ

第1期では先代の魔法少女が頑張ったため敵がいなくなった世界で魔法少女になった葉波ゆずかとパートナーのミトンの関係をゆるく描きました。とくに事件が起きるわけでもなく、敵が現れて戦うわけでもなく、日常の延長線上で魔法少女になったら…といった内容で2016年の1月~3月まで1期が放送され、そしてその続きとして2期がスタートしました。

動画サイトでは第1期も配信しているところがあるので、ぜひチェックしてください。

登場人物

葉波ゆずか

主人公の中学2年生。ゴミ捨て場でゴミあさりをしている変な生き物(ミトン)を発見し、一方的に話をされて魔法少女になるか、ならないかの決断を迫られて「ここで断ったらずっと気になってしまう」と思って魔法少女になりました。

水の魔法使いだったため、衣装は濡れても大丈夫な水着になりました。本人はとても恥ずかしがっていますが、周囲からは可愛いと褒められています。魔法少女には「ドジっ子」「料理が苦手」「勉強ができない」といった特徴がみられるらしいですが、ゆずかは真逆の「真面目」「料理上手」「勉強ができる」優等生のようです。

ミトン

ゆずかのパートナー。生きるためにプライドをかなぐり捨ててゴミ捨て場で食べ物を漁っていたところをゆずかに発見されます。魔法少女の素質がある人にしか見えないため、自分に気が付いたゆずかに変身リングを渡して魔法少女にしました。ゆずかに対する余計な言動のせいで、よく自業自得な目にあいます。

坂上ちや

ゆずかの同級生で友達。普通の人間にはみえないはずのミトンやポチが見える、魔法少女の素質がある少女です。ゆずかを大事に思っており、ミトンと初めて出会った時は警戒して「魔法少女をやる上で危険なこと」がないかと質問し、その回答を録音するといった行動をとりました。余計なことを言ったミトンやポチに、ゆずかに変わってお仕置きをすることがあります。

篠木真冬

魔法少女の定年である16歳が近い高校生。ゆずかが初めて出会った魔法少女で、近所に住んでいます。適当に緩い性格の先輩です。

ポチ

真冬のパートナー。本名は「ポケンチッス・ディール・プラフソラフワルケンストルリアーノ・クレブリリブルランセンブルドサンコイル」と長く、真冬には略して「ポチ」と呼ばれています。ミトンと同様に魔法少女のパートナーなので、普通の人間には見えません。また、失言をしてお仕置きされることもあります。(画像:左のペンギン)

だいや

アニメオリジナルキャラクターである謎の少女。ミトンとハイタッチしたり、誰もいないところに向かって「おばあちゃん」と呼びかけたりしています。オープニングでランドセルを背負っていることから小学生と思われますが、それ以上のことが全くわからない不思議な少女です。

1~2話のあらすじ

夏の暑い日に、ちやと共に水魔法で涼むゆずか。ちやに「魔法少女になったメリット」を聞かれたゆずかは、変身後の水着衣装やミトンによるデリカシーのない発言やセクハラ行動など(第1期参照)により「思いつかない」と零してしまいます。そんな時に真冬から電話で呼び出されて、真冬の祖父が経営する喫茶店に行くことになりました。

臨時休業中の店内で、ゆずかと真冬は衣装や魔法の見せあいをしたり、水着衣装のお悩み相談をしたりして、ちやはゆずかの衣装について色々言っていたミトンとポチをお仕置きしたりしていました。その後、真冬は自分の引退後はポチがちやのパートナーとなり、ちやは魔法少女になると話したところで2話が終わります。

3話で登場?!3人目の魔法少女ちや

2話の最後でちやが魔法少女になることが示唆されたところから始まった3話。果たして、ちやはゆずかと共に魔法少女になるのでしょうか。そして、今回ミトンとポチが受けてしまうお仕置きはどんなものなのでしょうか。

もし、ちやが魔法少女になったら…とゆずかが想像しているとポチに一蹴されてしまいます。「真冬の定年」と「次のパートナー」は別問題なので、ちやにポチが見えていてもそのままパートナーになるとは限らないようです。

喫茶店からの帰り道にだいやと出会い、お使いの理由を聞いたゆずかは、ちやに聞かれた「魔法少女になったメリット」について一つだけ思いつきました。それを聞いたミトンは感動してゆずかに語りかけるのですが、全くデリカシーも配慮もない発言をしてしまい、思いっきり叩かれたところで3話は終わりました。

前回出てきた真冬のオンラインゲーム好きな祖父が今回も出てきました。急に現れたため、魔法少女の姿だったゆずかの服装について色々と言っていましたが、何か関係があるのでしょうか。それとも、ただのギャグシーンだったのでしょうか。

3話を視聴された方々の感想まとめ

ちやの魔法少女姿が可愛いという感想が多かったです。魔法少女・ちやはゆずかの想像ですが、変身バンクもきちんと作られていました。

また、変身呪文があったため、それに関する感想も多く見られました。

話の最後にミトンが言ってしまった失言に対しては、このような感想がありました。

ちやの変身シーンを見たい方、ミトンがゆずかに言ってしまった失言を聞きたい方は、ぜひ動画を視聴して下さい。

魔法少女なんてもういいですから。の視聴方法は?

TVで3話から見始めた方や3話を見逃してしまった方、3話を見たけどもう一度見たいと思っている方がおられるかと思います。「魔法少女なんてもういいですから。」はTVでは毎週水曜日に放送され、動画サイトでは毎週木曜日に配信が開始されています。

TV(毎週水曜日)

  • TOKYO MX 22:38~
  • サンテレビ  24:08~

動画サイト(毎週木曜日)

  • AT-X    23:45~
  • ニコニコ動画 12:00配信開始
  • Abema TV  12:00配信開始

短編アニメなので、気になった方はぜひご視聴ください。

4話はどうなる?魔法少女なんてもういいですから。

「魔法少女なんてもういいですから。」の3話は1~2話のまとめでありオチのようなお話でした。真冬が定年を迎えたら、ポチは誰のパートナーになるのでしょうか。魔法少女・ちやは、ゆずかの想像でしたが、いつか共に魔法少女になる日がくるといいですね。

4話はお茶会の話のようです。果たして、敵がいない世界で魔法少女となったゆずかに「魔法少女になってよかった」と言える日はくるのでしょうか。

関連するオススメ記事

 

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。