アニメ「ナンバカ」!原作漫画とアニメを比較してみました【ネタバレあり】

2016年10月スタートのアニメ、ナンバカ。原作はcomicoで発表された漫画です。comicoで発表されてから長い人気があり、根強いファンがいる漫画です。今回は、監獄ハイテンションギャグコメディとして発表されたナンバカの原作とアニメの魅力をお伝えします!

comico発!監獄ハイテンションギャグコメディ漫画!期待のアニメ化


もう3周年を迎えるナンバカ。2016年10月からアニメ化されました。原作はcomicoで連載されている縦長漫画です。
フルカラーで描かれているバカな囚人たちと看守のやりとりは、笑い転げてしまうほど。

comicoを飛び出して、既にコミックスとして発売もされています。
comicoで読む分には値段を気にせず読むことが出来ますが、本で持つとついついcomicoより読みたくなってしまうものです。

そんなナンバカですが、今回は原作に戻って少しだけネタバレしてみました。これからアニメを見る人も前情報としてとらえて頂くと、楽しいかもしれません。

ナンバカの魅力的なキャラクターたち

ナンバカには楽しいキャラクターがたくさんいます。中でもメインキャラクターとなるのはこの囚人4人!

ジューゴ

この作品の主人公です。
角度によって目の色が変わるという特徴を持ち、自分の目が好きな若干ナルシストが入っている人物で、一番皆を引っ掻き回します。
原作漫画ではコロコロと目の色が変わり、これも楽しみの1つになっています。
アニメでは左目が紫、右目が緑で描かれていましたが、今度どうなっていくのか楽しみですね。

ウノ

可愛い子には目がない、女好きなジューゴの囚人仲間の1人です。
彼らの看守であるハジメに毎日「可愛い子が来てない?」と尋ねています。
イケメンを自称してはいますが、女の子が少ない監獄に置いて、彼のイケメンさに気づく人はいないようです。

ロック

喧嘩と食べることが好きな、他の3人とは一線を画す囚人の1人。
欲望に忠実ではありますが、他とは違い率先して悪いことを企むタイプではありません。
でもジューゴなどにつられて悪巧みに乗っかってしまうこともしばしば。

ニコ

日本のアニメとゲームが好きなアメリカ人です。

脱獄したがる理由も、アニメやゲームの限定品目当てなことが多いです。

自分の欲求に忠実な辺りは、ウノやロックと変わりません。

いかがでしたでしょうか!収監されている魅力的な登場人物たちです。他にもたくさんの魅力的なキャラクターが登場します。是非アニメ化されたこの機会に、アニメ色々な登場人物たちを探してみてくださいね!原作にはアニメに先行して登場するキャラクターも多いので、まずはお手軽に原作からというのも良いかもしれません。

原作とアニメ化の違い!? ナンバカ原作はこう始まりました

ふふたのしみーーーー! #ナンバカ #thenumbers

ykさん(@yk.poyo)が投稿した写真 –

アニメからナンバカを知った方は、ナンバカの原作漫画がどんな風に始まったのか知らない方も多いでしょう。

原作ではアニメと同じようにフルカラーで描かれているところが共通点です。

しかし、共通ではないのが、アニメは突然ジューゴたち4人が脱獄するところから始まりますが、原作は違います。

原作では彼らの監獄での日常が描かれ、ハジメと呼ばれる看守に強請ったり愚痴を言ったりする場面から始まります。

殺人犯と同じ監獄に入れて欲しくないとか、アニメのDVDが出るからちょっとだけ出してほしいとか、ハジメに対して無理難題を言うのです。

その希望や欲望を叶えるために彼らは脱獄を繰り返すのですが、基本的には監獄の中での日常の面白さを描いた漫画となっています。

値段を気にせず楽しめる! ナンバカの原作の楽しみ方!

原作comicoもアニメ化も値段がかからず楽しめるものなので、皆さんにおすすめしたい理由でもあります。

特に原作は無料の縦長漫画のため、スマホで手軽に読むことができ、ストーリーを簡単に追いかけることができます。

今からでも遅くありません。アニメに先立って原作を読みにcomicoへ急ぎましょう!

アニメのこれからはどうなるの?アニメ化への反応多数!

まずはアニメ化第1話をおさらい。メインメンバーが脱獄するところから始まる話をおさらいしておきましょう。2話がもう放映されているため、1話に関しては制作側もネタバレはOKしています。

やはりアニメ化に対して高評価が多いですね。

ただネタバレになりますが、ジューゴの目の色が変わらないという所に対して、原作ファンからすると気になってしまう部分もあったりするようです。

作者が女性向けではありますが、へんに女性に媚びているところがないのがナンバカの良いところですね。

ハイテンションギャグコメディらしい、くどくない作風がナンバカアニメの持ち味ですね。

原作漫画では日常ギャグコメディな部分もあるので、どうしても同じようなシーンの繰り返し担ってしまっている部分もあるので、アニメ派良い意味で原作クラッシャーでもあります。

今年秋の覇権アニメになりそうな予感はしています。

他のアニメも良い作品はたくさんありますが、特に目立ったミスが目立つことがなければ、ナンバカはアニメのトップ争いに参加できるほどです。

でもナンバカアニメを見るときの注意点…!

そんな楽しいナンバカではありますが、視聴に際し注意もあります。

あまりにも色彩が豊かな面、また監獄から脱出するシーンの光など、多々光を利用した演出が見られます。

過去ポケモンショックで体に不調をきたした子供がいたように、人によっては見え方や体に合わないなどの諸症状が出ることもありますので、見る際には十分気をつけてください。

体に不調をきたさないように、暗いところで視聴することは他のアニメより一層気をつけて、楽しくナンバカを視聴しましょう。

これからも目が離せない!2016年秋アニメ「ナンバカ」

2016年10月にスタートしたアニメ「ナンバカ」の原作についてご紹介しました!これからますます楽しみなナンバカ。お見逃しなく!

みんなのコメント
  1. イノル より:

    ナンバカこのまま続けばいいなぁ
    ファンもっと増えればいいのに・・・絶対面白いのに
    面白いのに!なんならナンバカ沼落ちてよ 温かいから

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。