『クラシカロイド』第1話放送で話題騒然!衝撃に満ちた感想と動画配信情報

テレビアニメ『クラシカロイド』第1話放送後の感想まとめです。NHK Eテレにて10月より放送を開始したアニメ『クラシカロイド』。第1話放送後のTwitterは奇想天外・カオスな展開に大盛り上がり!視聴者の感想や見逃し動画配信の情報を一挙にお伝えします。まだ間に合うこの機会にぜひチェックしてみましょう!

アニメ『クラシカロイド』放送開始!第1話の反応は?

強力なスタッフ陣、実力派揃いの出演者、そして豪華な楽曲プロデューサーたち……。
オリジナル作品にもかかわらず、放送前からあらゆる方面の注目を集めていた、今秋放送の新アニメ『クラシカロイド』
2016年10月8日、ついに待望の初回放送を迎えました!

監督を務めるのは、『銀魂』や『おそ松さん』などのギャグ作品を数多く手がけた藤田陽一氏。
加えて、クラシック音楽のアレンジを現代のトップミュージシャンが担当することで一躍評判となりました。

そんな中で放送された第1話は、想像を遥かに超えるカオスな内容で話題沸騰!
初回を見逃してしまった方や視聴を迷っている方のために、第1話の感想や反応をご紹介するとともに、見逃し動画配信情報もお伝えします。
(※ネタバレが苦手な方はお気をつけください。)

クラシカロイド放送開始前のTwitterのざわめき

制作スタッフの本気度が端々に窺える『クラシカロイド』。
特に放送前には関係者からのコメントがTwitterなどで伝えられ、徐々に注目が集まっていきました。
視聴者の期待値が高まっていく様子を、いくつかのツイートでご紹介します。

期待を煽る制作陣のツイート

藤田監督のコメントは5月の時点ですでに発表されていました。
「闇鍋感」の一言が異様に目を引きます。

豪華アーティスト陣がクラシックの名曲をアレンジすることでも注目の本作品。
バッハのアレンジ担当のつんく♂さんも自身のTwitterで宣伝されていました。


布袋寅泰さんがアレンジを務めたベートーヴェンの名曲を歌うハセガワダイスケさん。
挿入歌「情熱について語るべき2、3の真実 ~田園より~」は第1話で聞くことができます。

放送開始を待ち望む視聴者のツイート

クラシカロイド第1話「ベトとモツと音羽館」の内容は?

視聴後の感想を見る前に、肝心の内容を確認しておきましょう。とても興味を引くあらすじが公開されています。

第1話「ベトとモツと音羽館」のあらすじ

布袋寅泰プロデュースのOPと第1話挿入歌

『クラシカロイド』は登場人物に著名な作曲家が名を連ねることからも分かるとおり、「音楽」が大きなテーマの一つとなっています。

「クラシカロイド」たちはベートーヴェンやモーツァルトといった、なぜか有名なクラシックの作曲家と同じ名前を持っています。

彼らが奏でる音楽“ムジーク”には不思議な力があり、物語の鍵をにぎっているようです。錚々たるアーティストたちがアレンジを担当した「ムジーク」(音楽) も要チェック!

第1話の挿入歌は「布袋寅泰 × ベートーヴェン」のコラボレーション。

誰もが一度は耳にしたことがある名曲「交響曲第6番 ヘ長調『田園』」がROCKに生まれ変わります。

今後の放送では、モーツァルトやバッハのアレンジ曲も流れる予定とのこと。毎週の放送が楽しみになります。

さらに第1話では、オープニングテーマも披露されました。こちらも布袋寅泰さんの手による楽曲で、素晴らしい仕上がりとなっています。

ギョーザにハシビロコウに巨大ロボ……クラシカロイドは何アニメ?

期待が高まる中で始まった第1話の放送。
音楽アニメが始まるかと思えば、ギョーザの存在感に圧倒されたという印象です。
作画や映像の美しさ、音楽の完成度の高さに感嘆する一方、内容はカオスそのもの……藤田監督の本領発揮というところでしょうか。
放送をリアルタイムで盛り上げた公式Twitter、笑いと混乱にあふれた視聴者の反応から、その一端が窺えます。

公式Twitterの大興奮実況

放送前から様々な情報を投下して『クラシカロイド』を盛り上げてきた公式Twitterは、リアルタイムでもフォロワーを楽しませてくれました。
公式とは思えぬほどの興奮が伝わる実況ツイートを、いくつかピックアップしてご紹介します。

今後視聴予定の方は、放送と同時に公式Twitterもチェックしておくと数倍楽しめるかもしれません。

クラシカロイド第1話を見た人の感想

放送前の期待を上回るコメディ作品に、視聴者は大混乱。
杉田智和さん演じるベートーヴェンのギョーザへの執着は、ひときわ目を引いた様子でした。
中盤からの挿入歌に合わせた壮大な衣装チェンジや巨大ロボの登場にも、驚きのコメントが殺到しています。
ほんの一部ですが、Twitter上の様子をご覧ください。

ちなみに、バッハ担当のつんく♂ さんも放送をご覧になったようでした。


つんく♂ × バッハ「How to Win! ~トッカータとフーガより~」が放送で流れる日が待ち遠しいところです。

今後の暴走(?)に期待が高まるスタッフ陣のツイート

十分に笑いと混乱を呼んだ第1話でしたが、これからの放送に比べればまだまだ序の口のようです。


主人公格の一人・神楽奏助 (かぐら そうすけ) を演じる島﨑信長さんからも、こんな驚きのコメントが。

まだ間に合う!クラシカロイド第1話の見逃し動画配信

残念ながら第1話の放送を見逃してしまった、皆の感想を聞いて今後の放送を見ようと思う、そんな方々に朗報です。
番組公式ホームページで放送後の翌9日正午から、第1話の配信が始まりました。


次回の放送から視聴予定の方々は、ぜひ利用してみてはいかがでしょう。

『クラシカロイド』の感想と動画をチェックして第2話を楽しもう

NHK × 藤田陽一監督 × トップミュージシャンという豪華コラボレーションのアニメ『クラシカロイド』
放送前にはどの方向に転ぶのか予想もつかないようでしたが、第1話で一気に視聴者を魅了しました。クラシック音楽の深い知識は必要なく、気軽にテレビの前で笑って楽しめる、そんな作品に仕上がっています。スタッフ陣によると、次回以降このドタバタが加速していくとのこと。これ以上一体どのような騒動が巻き起こるのでしょうか。
『クラシカロイド』公式ホームページでは次回のストーリーあらすじを、NHKアニメワールドホームページでは第1話と第2話の予告PVを見ることができます。
第1話の動画と感想をしっかりチェックして、次回第2話の放送の放送に備えましょう。
今季注目のコメディアニメ『クラシカロイド』の行く末を一緒に見守ってみませんか?

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。