超甘えたな萌香をご覧頂けましたか?「One Room」11話の感想まとめと内容考察!さらに動画視聴方法も!

萌香が超甘えたに! そして喧嘩も? さらには衝撃の一言が!「One Room」11話!

皆さんこんにちは、アニマガジンライターの葵です!

今回は「One Room」11話の個人的な感想まとめと内容の考察記事になります。前回次がダメだったら諦めるという言葉を口にしていた萌香ですが、今回それが現実となります。夢を追いかけるということはやはり厳しい現実を知るということと同じことなのかもしれません。そんな萌香と小説家を目指している主人公・・・その二人の行方は!? 11話の内容を個人的な視点で掘り下げていきます!

「One Room」11話の感想まとめと内容考察!

では早速、One Room11話の個人的な感想まとめと内容の考察記事に入りたいと思います。今回は萌香の甘える姿が拝めることとなりました。今までの中でもかなりのクオリティではなかったでしょうか? お風呂シーンもありつつ、そしてさらに物語は厳しい方向へと進んでいきました。そんな11話の内容を個人的な視点で掘り下げていこうと思います。

萌香は諦める? 甘える萌香

今回は公園でいつものように練習している萌香の姿から始まりましたね。毎日練習しているのでしょう。練習場所がないというのはやはり厳しいところですね。公園というのは集中できる場所なのでしょうか? やはりスタジオなどの方が個人的には集中できる練習場所だと思われますが、お金の問題などもあるのでしょうね。そんな中、必死に練習している萌香の姿をみている主人公ですが、何もできないことを悔やんでいるというのが個人的な見解です。こんな時に何かしてあげられたらという思いも確実にあるのではないでしょうか? もし主人公の立場で考えるならば何かしてあげたいと思うのがやはり男でしょう! そんな中、練習中にも関わらず雨が降ってきます。やはり外だとこういうことが起こってしまうのですね。雨だと練習ができなくなってしまうというのもありますし、楽器なので雨に濡れてしまうとダメになってしまうという懸念もあります。そして家までキーボードを運ぶのを手伝ったのでしょう。びしょ濡れなになりながら二人で息を切らしつつ家の前にいましたね。「お風呂入っていく?」という萌香の言葉に少しキュンときてしまいましたが、皆さんはどうでしたでしょうか? やはりこういうセリフには弱い筆者です。

お互い濡れているのに「だってキミ、そんなにビショビショじゃない」と主人公を気遣う萌香がとても可愛いですね。自分もビショビショに濡れているはずなのにまず主人公を気遣うあたりが萌香の優しい性格を物語っています。おそらくここで主人公が指摘したのでしょうね、「先に入れと」。「ありがと」と恥ずかしそうに言いつつ先にお風呂に入る萌香です。久々のお風呂シーンですが、この雰囲気ではエロいシーンという感じではありませんでしたね。雰囲気的にはいい感じの恋愛をしている二人というものであり、エロシーンとは言えないでしょう。そしてお風呂から上がった萌香が主人公が一次審査の落選の通知をみているのを発見します。萌香は笑いながら「わかっていた」と言いますが、どうみても悔しそうでしたね。諦めたくないという気持ちがありつつも、このまま続けても結果は変わらないんじゃないかって思っている風でもありました。どれだけ頑張っても届かないものなのだと悟ったという風にも感じましたが、「暗くなっちゃう」と主人公をまたしても気遣います。主人公が小説家を目指しているということと、無理に明るく振る舞うという感じが交差し、主人公の言葉に対して初めて感情的になっていましたね。「キミは小説家を目指しているのに私のことなんか気にしている暇ないじゃない」と。主人公を心配しているということと、自分でどうしていいのかわからないという気持ちが心の中でぐるぐると回っているのでしょうね。恋愛視点で考えるとそういう感じになるのでしょう。あくまでもこれは個人的な見解です。私の経験則とかも含まれているのでどうなのかは定かではないのですが、本当にどうしていいのかわからなくなるということは恋愛感情がある以上はどうしても付き纏ってしまいますね。

そして萌香から「ごめんね」というメッセージが届きます。おそらくLINEでしょうね。風邪を引いたから今日は迎えに来なくてもいいというメッセージでした。ここで何もしないというのはやはり男ではないでしょう。主人公は早速お見舞いにいきます。というよりは居ても立ってもいられなくなったのでしょうね。萌香は「きてくれたんだ」と少し不安そうに、しかしながらちょっと安心した感じで出迎え、そしてその後が凄いシーンでしたね。おそらく彼女がいればこんな感じなのでしょう。いつもは強がっていて本当の自分を隠している萌香が初めて「甘えていい?」という風に言います。これはもうキュンとせずにはいられないでしょう! 「そばにいて」という言葉にグッときましたね。そのまま主人公も寝てしまったようですが、起きると元気な顔で主人公を見下ろしている萌香がいました。どうやら完全に寝てしまっていた主人公です。

萌香の顔はなぜかすっきりとしていた感じでした。そして「帰る」という風に言います。帰るということは歌手になるのを諦めて実家に帰るという意味なのでしょう。今まで支えてくれてありがというという気持ちと、さらに会えてよかったという言葉を最後に今回の11話は終わりましたが、次回がラストとなります。ここで簡単に帰す主人公ではないと思います。次回が楽しみですね!

「One Room」の動画視聴方法!

ニコニコチャンネル:One Room

ニコニコチャンネルでは最新話が無料で視聴可能となっていますので、是非チェックしてみてくださいね!

次回ラスト!

ここからはあくまでも私個人の予想ではありますが、次回のラストは主人公が小説家になり、そしてプロポーズするか告白するかという感じになるのではないか? と思っています。もしくは諦めずに一緒に頑張ろうと説得するというパターンも考えられますが、どうなるのかはわかりません。次回のラスト、One Room12話は必見です! お見逃しなく!


(出典:筆者撮影)


【文:葵】

元ファミ通編集部ライターであり、現在アニマガジン専属ライターとして活動中。アニメ・ゲームを主として生きている自他共に認めるヲタクと言っても過言ではありません!好きなキャラクターはリゼロの「レム」‼︎ 基本食わず嫌いなく2次元ものを視聴しておりますマルチライターです!

今後とも、アニマガジンを宜しくお願い申し上げます。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。