『風夏』第11話!感想まとめと考察、動画の視聴方法などを紹介

榛名優・秋月風夏・氷無小雪の三人の恋物語を、音楽というテーマで結び付けている週間少年マガジン連載の作品『風夏』。『涼風』の後の話となるため、内容や考察が気になっている人も多くいるのではないでしょうか?そこで今回はTVアニメ『風夏』の動画第11話の感想や考察の内容をお届け♪第11話をネット上で見られる公式動画も紹介です♪

『風夏』第11話の感想まとめと考察、動画の視聴方法を紹介!

前回の第10話では、原作改編にはない展開によって、無事にライブ会場へとたどり着いた風夏。伝説のライブが始まり、これからサクセスストーリーが展開されていくのかと思いきや、突然の脱退報告がされました。

これによりThe fallen moonはバラバラになってしまい、優はその場で何もできずにいました。The fallen moonのその後の様子、さらに優と小雪の関係にはどの様な進展が用意されているのでしょうか?

早速第11話の感想・考察をまとめていきましょう。最後には公式動画を視聴できるサイトを紹介していますので、見逃した方やもう一度見直したいという方はチェックしてみてくださいね。

『風夏』第11話の内容、考察

プロデビューを決心した風夏

The fallen moonのデビューは上々の結果に終わったものの、控室に戻った途端に風夏の口からは衝撃的な言葉が。バンドを脱退してプロデビューを目指すという内容に、メンバーはただ受け入れるしかありませんでした。

風夏はすぐにオファーを受けたプロデューサーと再開して契約書を渡されます。なぜ心変わりしたのかという質問に、風夏はメンバーに話したように「夢に向かって進みたい」と同じように答えるだけ。しかし彼女は浮かない表情のままでした。

優はその場で何もできず尾を引いている感じでした。放課後も風夏の定位置となっていた場所に座り込み夕日を眺めているばかり。そんな折に小雪から電話がきますが、その様子は彼女が察知するほどで、優は風夏をきっかけに環境が大きく変わったため、相当なショックを受けていることが分かります。

The fallen moonに対するそれぞれの想い

放課後に残されたThe fallen moonのメンバーは久しぶりに集まります。このまま自然消滅してしまうのか、それぞれが危惧している状況で那智は再び陸上と向き合うことを決めたと宣言してバンドを離れていきます。

元々は風夏を陸上部に向かい入れるために動いていたのが、気が付けば彼女の思惑にはめられてしまったこと。また陸上への未練があったのか、その心のすき間を埋め合わせるようにバンドをやっていたのかもしれないと告白します。

三笠は那智の思いに同情するかのように、特に引き留めることはしませんでした。沙羅はこれまでバンドが長続きしなかった過去があり、またThe fallen moonに居心地の良さを感じていたことから、特別な思い入れがあったことには違いありません。

最後に那智は優に対して、風夏が脱退宣言をした際に何も言わなかったことに腹を立てます。小雪との関係を茶化していた彼ですが、しかし風夏を繋ぎとめるための重要なピースと理解していたことが窺えます。

そうして残された4人は険悪な雰囲気で解散することに。果たして以前のように関係を修復してThe fallen moonは復活を果たすことができるのでしょうか?

レコーディングは順調に進むが…

風夏はデビューに向けてレコーディングに臨みます。プロデューサーの最上からは納得の表情が浮かんでおり、順調そのもの。しかし風夏本人の表情は冴えておらず、未だに自身の決断が正しいのだと言い聞かせているのでした。

一方で沙羅も一歩前へと進むことになります。ヘッジホッグス再結成のためにスコアを取りに帰っていたヒサシは、思い出したかのように助っ人の話を沙羅に振るのでした。その提案に彼女は即答で返します。

これにヒサシは大きく驚きます。元々ライブでギターを弾ければいいという思考ではない沙羅に取って、それは意外な返答だったからです。何よりもバンド内の空気や居心地を重視していた沙羅が、一歩前に踏み出してギターの道へと突き進んでいくことに。

また三笠は実家に戻ることを決断。下宿先で荷物を粛々とまとめていますが、妹の実琴は「家に戻ることは父に負けを認めたことになる」と、兄が決めた選択を推すのでした。しかし三笠は勝ち負けじゃなく、自分はただ逃げていたのだと説明するのでした。

突然の小雪の来訪

部屋で明かりも点けずにぼーっとしている優でしたが、そこに海外での収録帰りにも関わらず、小雪が部屋にやってくるのでした。

会うのはThe fallen moonがライブをした日以来とのことで、小雪はそのことを口にしますが、優の表情や言動には元気を感じられません。やはり何かあったのだと小雪は確信して、何があったのかを訊ねるのでした。

風夏がプロデビューのためにバンドを離れたことを伝えると、小雪は優が音楽を続けるならそれも良いことだといいます。二人は将来、一緒に音楽をやろうと約束していたため、この状況は小雪にとって何よりのチャンス。

そしておもむろに優に近寄り、ベッドに押し倒して「大好きなの」と告白する小雪。しかし優は風夏への想いを気付くことなく過ごしていたため、小雪の告白を受け入れることはありませんでした。また、状況が状況なだけに、受け入れられなかったのかもしれません。

優に想いを受け止めてもらえないことは想定内でした。小雪は泣きながらも、最後に自分の気持ちと向き合ってほしいとひと言残して部屋から出ていきます。そして、部屋を出た時には優との完全な別れを決意するのでした。

The fallen moon再結成を目指す優

優は何かに取りつかれたように曲作りに没頭します。姉妹からはご飯や風呂そっちのけで没頭する様子に心配をしますが、彼の目は明らかに前を向いているため、止めることはありませんでした。

そうして完成した曲をThe fallen moonのメンバーそれぞれに渡しに行きます。すでに大学の陸上部に練習参加している那智、荷物をまとめて実家に戻ることにした三笠、他のバンドに参加している沙羅の三人はもちろん、風夏にも。

しかし風夏は居留守で優と向き合うことはありませんでした。何度もインターホンを鳴らすものの、その場で会って話すことをあきらめた優は郵便ポストの中に制作したCDを入れて帰ります。

CDを渡したと同時に、優は「土曜日の午後3時にいつものファミレスで待っている」とメッセージを送っていました。そうして時間が迫ってくる中、優は一人時計をにらみ合いながらメンバーを待ちます。

そして3時になろうとした瞬間、まず沙羅が現れます。少し遅れて三笠がやってきて、最後に那智が集合場所にやってくるのでした。風夏はその場に現れることはありませんでしたが、一同はいつ帰ってきてもいいように準備しようと早速練習に。

優なりの行動によって、再びThe fallen moonは再始動の兆しを見せます。

トライアングルの行方

優の働きかけによってThe fallen moonは再始動を果たします。風夏がいつ戻ってきても万全の態勢で向かい入れるべく、4人は熱心に練習に取り組むのでした。そこには明るい表情が満ち溢れており、全員が待ち望んでいた瞬間です。

そして優は優が方に小雪と再開していました。関係は壊れることなく友人として会っており、そこで優はThe fallen moonが再結成に向けて動き出したことを報告。同時に小雪のおかげで前へ進めたと感謝するのでした。

小雪は寂しそうにしますが、それでも優を応援することは変わりません。優のバンドに対する想いは最初から優自身が気づいていたものなのだろうと言い、おもむろに立ち上がって手を差し出します。小雪は優へのまだ抱いているのか、それとも一人の友人として彼の歩みを支えるのか、それはまだ分かりません。

そして毎晩のように優は風夏の元へと尋ねていました。ある日の晩では母親の涼風が出てきましたが、タイミング悪く外に出ているとのこと。仕方なく優はまた来ますとひと言残して帰っていくのでした。

しかし部屋には風夏が座り込んでいます。涼風から「これでいいのか?」と聞かれますが、自信なさげにも「これでいい」と答える風夏。彼女にはまだThe fallen moonと優への未練が残っているのでしょう。

『風夏』第11話の感想

『風夏』の動画視聴方法は?

【画像:ThinkStock

先行配信

  • WOWOWメンバーズオンデマンド
  • GYAO!
  • MBS動画イズム

毎週火曜日配信

  • dアニメストア
  • dTV
  • ひかりTV
  • J;COMオンデマンド
  • milplus(みるプラス)
  • イッツコムオンデマンド
  • TOKAIオンデマンド
  • ビデオパス
  • U-NEXT
  • TSUTAYA TV
  • プレイステーションVideo
  • Google Play
  • YouTube
  • Niconico
  • Rakuten ShowTime
  • Amazonビデオ
  • VideoMarket

まとめ

『風夏』第11話の感想・考察をまとめました。

突然の脱退宣言から一時はバラバラになってしまったThe fallen moonですが、優なりの行動によって、再び一つに集まろうとします。しかし肝心のボーカルである風夏がまだ欠けているため、どのような結末を迎えるのかが注目です。

一方で優と小雪の関係には、一つの終着点にたどり着いてしまいました。小雪の想いは優に届くことはありませんでしたが、その後もいい関係を続けていることが窺えます。まだ想いを捨てきれていないのかどうかは汲み取れませんが、最終回ではどのような行動を見せるのか、こちらも必見でしょう。

第10話での原作改編によってアニメでは生還している風夏。はたして優とどのような決着を迎えるのか、最終回を楽しみに待ちましょう。

「風夏」他のおすすめ記事はこちら


【文:光明】
過去に編集ライターとして出版社に勤務。「大事なことはアニメから教わるべき」という考えから、時間を盗み見ては2次元の世界に触れる毎日を過ごしています。現在は「スクフェス全国大会2017 2次予選」に向けて
日々シャンシャン中。そしてUFOキャッチャーに勤しんでいます。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。