共和国陥落か!ライン戦線の戦況!「幼女戦記」10話の感想まとめと内容考察!さらに動画視聴方法も!

今回は「幼女戦記」11話の個人的な感想まとめと内容の考察記事になります! 前回ラストからスタートした共和国との戦争を終わらせるための極秘作戦ですが、ターニャ率いる選抜中隊が強襲に成功!? これまでがうまくいき過ぎているだけにラスト残り2話がとても面白くなって来そうな感じです! そして今回のラストシーンではの人がっ! そんな10話の内容を個人的な視点で掘り下げていきます!

今回も凄い! うまくいき過ぎか!? ラストシーンが見所!「幼女戦記」10話!

皆さんこんにちは、アニマガジンライターの葵です!

今回は「幼女戦記」11話の個人的な感想まとめと内容の考察記事になります! 前回ラストからスタートした共和国との戦争を終わらせるための極秘作戦ですが、ターニャ率いる選抜中隊が強襲に成功!? これまでがうまくいき過ぎているだけにラスト残り2話がとても面白くなって来そうな感じです! そして今回のラストシーンではの人がっ! そんな10話の内容を個人的な視点で掘り下げていきます!

「幼女戦記」10話の感想まとめと内容考察!

では早速、幼女戦記10話の個人的な感想まとめと内容考察記事に入りたいと思います。前回のラストシーンにて共和国、ライン戦線の敵司令部を強襲するためターニャ率いる特殊選抜中隊が出陣しました。そして無事に目的地へとたどり着き、敵の司令部を陥落させるため行動を起こします。そんなターニャ、そして帝国ですが、今回はどのようなことになっていたのか、個人的な視点で物語を掘り下げていこうとおもいます!

作戦成功!? ライン戦線制圧は時間の問題か!

前回のラストシーンにて強襲を行なったターニャ率いる選抜中隊・・・敵の司令部と目される場所へ3班に別れて強襲を行いました。ターニャ率いるA班はどうやら偽装の建物であったようで、中はもぬけの殻でした。そして残るB.C班からの作戦成功を待つターニャです。敵と応戦しつつ、部下たちからの報告を待っていると、B班が敵司令部を撃滅したとの報告が入りました。さらにC班は敵の弾薬庫を破壊。これで作戦は成功したということになりましたね。その報告を聞いて目を見開きニヤリと笑むターニャ。百戦錬磨とも言えるターニャでさえも今回の作戦に関してはある程度の失敗という懸念もあったのかもしれません。今まではかなり大きな態度で余裕を見せていたターニャですが、今回の一報を聞いて鳥肌が立つような感じでキュッと目が開き「よし」と心で呟いたことでしょう。この作戦が成功すれば敵の指揮系統を麻痺させることができ、なおかつそれによって敵の混乱を引き起こす狙いがありました。ですので、今回のターニャが行なった作戦というのは非常に重要なものであったということになりますね。そして作戦が成功し、皆帰還の準備に入ります。今回も奇跡的というよりも完封という感じで成功になりましたね。

その頃、参謀本部のゼートゥーアなどや各閣僚が揃う最高会議が行われている真っ最中でした。この時はまだ作戦成功の一報を末頃ということでしたね。そんな会議の中、財務省が資金面での危機を再三にわたって伝えて来たということに関して参謀次長たちに問いますが、ゼートゥーアは御茶を濁すようにして作戦成功の一報を待っていました。この作戦が成功さえすればこの話し合いなどは意味がないという感じであり、また他の閣僚に関してもゼートゥーアたちに謝罪の言葉を述べろなどの怒号が飛び交ってはいましたが、「美味いな」とお茶を啜るゼートゥーアです。作戦が確実に成功するという確信があったのでしょうか? ゼートゥーアの余裕ぶりを見るとおそらくは確実に作戦は成功すると思ってる感じでした。そんな中、突然入ってくる某将校。速報を持って来たのでしょうね、作戦成功の暗号を述べます。これによりゼートゥーアの顔が変わり、思いっきり、全力の喜びがおでしたね。完全に「勝った」という感じでした。そしてさらなる続報をお待ちくださいと言い切り、このライン戦線の戦闘は完全に勝ちに入ったという風な言いぶりでした。どうなるかは最後までわからないというのにこの自身はどこから来るのでしょうか? 確かにターニャという人物は人知を超えた存在と言えるかもしれませんが、そこまでの自信がどこから来るのかが私には少し疑問でした。しかしながらやはり面白いですね。ここまで10話と見て来ましたが、幼女戦記の面白さは今期格別だと思います。原作で書かれている部分で端折られているところもありますが、しかしアニメでここまで完璧にしっかりと物語が更生させれているアニメは久しぶりだなと感じている筆者です。

そして肝心のライン戦線の方ではありますが、暇すぎて死にそうになっている共和国軍がタバコに火をつけようとしていた頃・・・地下では予め彫り進めていた空洞に爆弾をしこまた仕込み、そしてその時を待つだけになっていました。共和国軍が揃ったその瞬間を狙い、爆弾は炸裂。爆炎と爆風、さらには砂煙が宙を妖精のように闊歩し、空から見ていた魔導師たちを圧倒させました。何が起こったのか不明という感じでもありましたね。そして司令部へと通信を試みるも繋がることはなく、さらに押され始める共和国軍。後退の指示が出ますが、後ろ側からは先ほど爆破した部分から進行していた帝国軍が挟み撃ちに。もはや逃げ場はなく、共和国軍は袋の鼠状態に陥りました。これで帝国軍の完封勝利という感じになろうとしていましたね。その一報を聞いた戦艦内のターニャたちです。もはや余裕をこいている部下たちではありましたが、この時ばかりはターニャも少しは気が緩んでいたのかもしれませんね。しかしながらターニャが見ている先というのは戦争の勝利ではなく、その先にある存在Xへの復讐。それを果たすまでは確実に気が抜けないという感じもありました。そんなターニャたちもライン戦闘に参戦すべく空を闊歩していたところではありますが、謎の魔導師が現れたとの一報が入ります。ターニャと司令部の言い合いが炸裂されていた最中、まさかの事態が起こります。どこからか銃弾が発射され、そして撃墜させられる少尉。その先にいた人物は・・・あのスー大佐だったのです。スー大佐も何かしらの力を手に入れたという感じがありますね。ターニャと同じくして神から何かを授かったという感じもありました。出なければあれだけの威力の弾を放つことはできないですからね。次回からが一番面白くなりそうです!

「幼女戦記」の動画視聴方法について!

ニコニコチャンネル:幼女戦記

ニコニコチャンネルでは1話が無料で視聴可能となっていますので、是非チェックして見てくださいね!

次回11話はターニャ苦戦か!?

ここまでターニャ最強伝説が刻まれて来た感じではありますが、ここにて初のターニャのライバルが現れたという感じでしょうか? 次回の11話は壮絶な戦いというものが予想されますね。ターニャが対人戦闘で初の苦戦を強いられるという感じになりそうです。どうなるのかは観てみなければわかりませんが、次回の幼女戦記は絶対に見逃せませんね!


(出典:筆者撮影)


【文:葵】

元ファミ通編集部ライターであり、現在アニマガジン専属ライターとして活動中。アニメ・ゲームを主として生きている自他共に認めるヲタクと言っても過言ではありません!好きなキャラクターはリゼロの「レム」‼︎ 基本食わず嫌いなく2次元ものを視聴しておりますマルチライターです!

今後とも、アニマガジンを宜しくお願い申し上げます。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。