まさかの手編みのパンツ!?「セイレン」11話の感想まとめと内容考察!さらに動画視聴方法も!

今回は「セイレン」11話の個人的な感想まとめと内容の考察記事になります。前回は正一くんが振られたような形になり、色々と複雑な形になりましたが、今回はそれが色々とわかった回になりました。さらに下着回!? といってもいいほどに下着ばかりの内容に! そんな11話の内容を個人的な視点で掘り下げてみようと思います!

下着選びを同じくする さらに手編みのパンツ!? 色々と下着回!「セイレン」11話!

皆さんこんにちは、アニマガジンライターの葵です!

今回は「セイレン」11話の個人的な感想まとめと内容の考察記事になります。前回は正一くんが振られたような形になり、色々と複雑な形になりましたが、今回はそれが色々とわかった回になりました。さらに下着回!? といってもいいほどに下着ばかりの内容に! そんな11話の内容を個人的な視点で掘り下げてみようと思います!

「セイレン」11話の感想まとめと内容考察!

では早速、「セイレン」11話の個人的な感想まとめと内容の考察記事に入ろうと思います。前回は正一くんがパンケーキの店を今日子に誘うというイベントが失敗し、それが元で色々と有る事無い事の噂が立つという最悪な事態でしたが、今回の最初に色々とわかったことがたくさんありました。そんな11話の内容を個人的な視点でほりさげていこうと思います!

下着回!? 創設祭準備と二人の関係

今回の最初のシーンで前回の色々と誤解されていた部分の修正が行われていた感じでした。そもそも正一くんにやけになっていたわけではないのです。荒木先輩とストレス発散のカラオケに行ったというのが本当の話であり、相変わらず特撮ものの話が多いなと思いましたね。そしてカラオケが終わり部屋を出ると、そこにまさかの常木さんたちが。ここで荒木先輩が落ち込んでいる正一くんに気を使って、常木さんたちにデートを誘うというイベントを行ったという話でした。荒木先輩は散々に振られていましたが、これが色々とあったことの真相でした。そして、そのあと、まさかの編んだものはマフラーかと思いきや、まさかの毛糸のパンツでした。このチョイスはよくわかりませんが、まさかの発想ですね。思い切って編んじゃったと行っていましたが、どういう思考回路をしているのか少し面白かったですね!

そして前回の振られた話はどこへ行ったのやらという感じで、まさかの下着を買うというものに付き合わされる正一くん。今日子は一応幼馴染ですが、流石に下着選びを一緒にするというのは抵抗があるようですね。今日子は若干天然が入っているので、色々と危ない部分もありました。

柄物というかどう見ても子供用のようなパンツが流行っているとか、そんな話と、そしてちょっと派手な下着を手にした今日子です。そんな今日子に対して実際に履いている姿を見ないとわからないという強気な発言をする正一くんです。はっきり行ってこの時は冗談のつもりだったのでしょうが、今日子は相変わらずの天然具合でじゃあと行って試着室へ・・・そして、スカートの上からこんな感じ? というふうに正一くんに見せる今日子です。天然もここまで行けば素晴らしいですね!

そして、鏡を見て自分のしていることにようやく気づく今日子です。流石にあればやりすぎだという感じであり、自らを恥じらう今日子でした。幼馴染でもこういう幼馴染は中々いないでしょうね。この手の幼馴染のキャラクターは今までにない発想であり、かなり高刺激です!

創設祭の準備も着々と進んでいる中、家庭部に委託されたツリーが完成しました。かなりの完成度でしたね。あの風鬼委員長も納得のものであり、これで一件落着という感じでしたが、実際は生地が足りずに余ったいらない下着を使用して作っていると今日子が暴露しました。もちろん風鬼委員長はそのことを知りませんが、正一くんはそれを聞いて相変わらずの想像です。まあこの年の男の子なら当然の反応でしょうね!

そして、その後の話ですが、今日子は家庭部にだいぶ馴染んだようであり、そのことを正一くんも安心しているようでした。これでもう今日子のことを中学生みたいだと言えないな、なんて笑いながらいっていたのが少し面白かったですね。そしてその後、再び正一くんは創設祭の後の話を切り出しますが、今日子は家庭部の後片付けがいつ終わるかわからないから・・・と再び言い出そうとしましたが、一度振られたことを二度いう正一くんではありませんでした。さすがに二度撃沈することはないでしょうね。その帰り道に公園でイナゴマスクを被った学生服の少年を発見。滑り台の上で決めポーズをとりながら、佇んでいる瞬間を目撃してしまった正一くんですが、近くのブランコに先輩たちがおり、その先輩たちが「郁男くん」といっているのを聞いてそのイナゴマスクの少年が郁夫であると知りました。まさかの出来事ですね。まあこの時点で色々と読めてはいたのですが、どうやら郁夫は振られたようでした。あの塾の女の子の話ですが、郁夫くんはだいぶ一途のようですね。振られて泣いているのを見て正一くんはイブはプロレスごっこをしようと再び誘います。なぜプロレスごっこなのかは不明ですが、いつもの恒例行事なのでしょうね。振られてしまった男二人のプロレスとは中々です。正一くんの友人思いもいいところですが、このネタが中々いいなと思いました。アマガミシリーズらしいネタ的展開ですね。ふざけたことを真面目にいうというシーンが個人的には好きです。

その後、帰宅し謎の筋トレなどを始める正一くんですが、イメージで過去の記憶を振り返るシーンが多かっただけにこの後の展開がそこそこ読めてきた感じでした。正一くんが今日子のことを好きであると気づいたのはこの時のようですね。おそらくではありますが、個人的にはそう思いました。そしていてもたってもいられなくなった感じであり、この後の勝負を仕掛けるような発言がありましたね。創設祭が無事に終了し、その後の話がとても気になります。今回のヒロインは3人なので、この幼馴染編で終了となるだけにラストは華々しく飾ってくれるであろうと期待しています。どのようなラストになるのかは見てからのお楽しみという感じなのでしょうが、ある程度は予測できますね。しかしながら、今までのアマガミシリーズのようなベタな展開が今回のセイレンでは少ないだけに色々と面白い展開を期待してしまいます。どのような内容になっているのがとても楽しみですね!

「セイレン」の動画視聴方法について!

ニコニコチャンネル:セイレン

ニコニコチャンネルでは最新話が無料で視聴可能となっていますので見逃してしまったとう方はぜひチェックして見てくださいね!

次回のセイレンラストを見逃すな!

次回でついに最後となってしまいましたが、最後の幼馴染編のラストをどのような感じで飾るのかがとても気になるところですね。今までのアマガミシリーズは原作のゲームをほぼ忠実に再現しただけにバッドエンドはなくハッピーエンドな展開であり、さらに先が読める内容ではありましたが、しかし純粋な恋愛ものを描いているだけにかなりの反響がありました。その続編ということで今回セイレンは書き下ろしということもあり、先が読めない展開でかなり楽しめている部分と、奇抜な内容を期待してしまう部分があります。次回のラスト、いい最後を迎えて欲しいですね! 次回のセイレンもお見逃しなく!


(出典:筆者撮影)


【文:葵】

元ファミ通編集部ライターであり、現在アニマガジン専属ライターとして活動中。アニメ・ゲームを主として生きている自他共に認めるヲタクと言っても過言ではありません!好きなキャラクターはリゼロの「レム」‼︎ 基本食わず嫌いなく2次元ものを視聴しておりますマルチライターです!

今後とも、アニマガジンを宜しくお願い申し上げます。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。