2017年春アニメ【アトムザ・ビギニング】あらすじ内容、放送日はいつ?? 

2017年春アニメのひとつ、「アトムザ・ビギニング」のあらすじ内容と放送日等をまとめてご紹介していきます。手塚治虫先生原作の「鉄腕アトム」で描かれているストーリーの”前”を描いたもので、漫画も発売されており、この春アニメになって登場します。アニメ放送前にイベントやラジオ等も始まりますのでこちらも要チェック!それでは、「アトムザ・ビギニング」のあらすじ内容と放送日等をまとめてご紹介していきます!

アトム・ザ・ビギニングのあらすじと放送日をまとめてご紹介します!


(画像:thinkstock)

みなさんこんにちは!アニマガジンライターのまいをです。今回は、2017年春アニメのひとつ、「アトムザ・ビギニング」のあらすじ内容と放送日等をまとめてご紹介していきます。手塚治虫先生原作の「鉄腕アトム」で描かれているストーリーの”前”を描いたもので、漫画も発売されており、この春アニメになって登場します。あの手塚治虫先生原案の作品が今、新しいストーリーとなって見ることができるのは感激です!アニメ放送前にイベントやラジオ等も始まりますのでこちらも要チェック!
それでは、「アトムザ・ビギニング」のあらすじ内容と放送日等をまとめてご紹介していきます!

アトム・ザ・ビギニングとは・・・

手塚治虫が描いた「鉄腕アトム」の誕生までを描くストーリーで、ゆうきまみさんとカサハラテツロ―さんとで構成された漫画が2015年1月号から月刊ヒーローズで連載中です。単行本は4巻まで発売されています。アニメ化は、PSYCHO-PASS サイコパスなどを手掛けた本広克行が総監督を務めます。

ストーリー

大災害後の日本に、未来を夢見るふたりの天才がいた。ひとりは天馬午太郎。もうひとりはお茶の水博士。天馬はその手で「神」を作り出すことを、お茶の水はその手で「友」を作り出すことを夢見て、日夜ロボット研究に明け暮れていた。そして2人の友情が生み出した1体のロボット、A106(エーテンシックス)。A106は果たして「神」となるのか「友」となるのか。若き天才コンビは、来るべき未来を垣間見る――。
手塚治虫が描いた伝説のヒーロー・鉄腕アトム。その誕生までの物語を、「機動警察パトレイパー」のゆうきまさみ「RIDEBRACK」のカサハラタツローがタッグを組み、まったく新しい構想でコミックス化した本作が、ついにTVアニメーションとして始動。アニメ化にあたっては「踊る大捜査線」「PSYCHO-PASS サイコパス」の本広克行の下、「モーレツ宇宙海賊」の佐藤滝雄が監督を務め、「BLOOD+」の藤咲淳一がシリーズ構成を担当する。
アトムのいる「未来」と私たちの「今」が、「アトムザ・ビギニング」によって結ばれる!

(引用:アトムザ・ビギニング公式サイト

キャラクター

お茶の水博志 CV:寺島拓篤

天馬と同じく大学院生として練馬大学の第7研究室でロボット研究を行っている。優しく親しみやすい性格で、マイペースで時に暴走しがちな午太郎をいつもフォローしている。天然パーマと特徴意的な丸い鼻がトレードマークだが、どうも女性にはその印象はうすいようだ。

(引用:アトムザ・ビギニング公式サイト

天馬午太郎 CV:中村悠一

練馬大学の第7研究室でロボット研究を行う大学院生。自分の発想と技術には絶対的自信を持つ天才肌。その態度は時に傲慢にも見えるほどだ。ただお茶の水とはなぜか馬が合い、共同で研究を行っている。なにかあると、お茶の水とお互いの鼻をつまみ合って心を通わせている。

(引用:アトムザ・ビギニング公式サイト

A106 CV:井上雄貴

天馬とお茶の水が生み出したロボットで、2人が共同に開発しているA10シリーズの6号機。第7研究室の研究テーマである「ヘヴストザイン・システム」を搭載している。ヘヴストザインとはドイツ語で自我。自我を与えることが自律行動に繋がるという考えで開発・改良が重ねられている。

(引用:アトムザ・ビギニング公式サイト

他、魅力的なキャラクター、声優陣が多く登場!登場キャラクターと声優さんの紹介をアニマガジンで紹介しています。詳細はそちらをチェックしてみてください!

アトム・ザ・ビギニング気になる放送日はいつ??

放送開始日時

2017年4月15日(土曜日) 23:00~

放送局

NHK総合テレビ

こちらも見逃せない!Webラジオ「アトム・ザ・ビギニング 7研1031ラジオ」

Webラジオ「アトム・ザ・ビギニング 7研1031ラジオ」の配信が決定!パーソナリティーは、A106役の井上雄貴さん、そして天馬午太郎役の中村悠一さんと、お茶の水博士役の寺島拓篤さんが交代で担当します。
放送日は、2017年4月3日音泉にて配信されます!また、2017年3月26日に開催されるAnime Japan 2017でこちらのラジオの公開録音が開催され、中村悠一さん、井上雄貴さん、そして櫻井孝宏さんが登場!Anime Japan 2017にいかれる方はこちらも要チェック!
「アトム・ザ・ビギニング 7研1031ラジオ」配信サイト 「音泉」
Anime Japan 2017公式サイト

作品をより知るために・・・。「アトム・ザ・ビギニング」インタビュー記事をチェックすべし!

筆者は「鉄腕アトム」をあまり知りません。全く知らないと言っていいくらいかもしれません。登場人物とざっくりとしたストーリーを知っているくらいです。おそらく、この作品を見る予定の方で、そのような方は少なくないはずです。「ナタリー」で特集のロングインタビューが掲載されていますのでこちらをチェックしてから作品を見れば、理解が全く変わるはず。「鉄腕アトム」を知らない方には特にチェックしていただきたいインタビューです!

手塚治虫の世界が2017年によみがえる!「アトム・ザ・ビギニング」は春アニメ1番の注目作品!

鉄腕アトムが生れる前を描く「アトム・ザ・ビギニング」。天馬午太郎もお茶の水博志も大学生の時があったと思うと、すこし変な感じです。おじさんの時しか知りませんでしたからね!仲のいい2人が見れるのは新鮮ですし、”昔”を描いていることを実感します。鉄腕アトムを知らない方が多いかと思いますが、HPやインタビュー記事など、事前にチェックしておくと作品をより楽しめますのでぜひチェックしてみてください!


【文:まいを】
声優ヲタク。アニメ、漫画、ゲームなんでも好きなものに首突っ込んでます。早くFFⅦのリメイク出てほしい。
私アトムってお茶の水博士がつくったのかと思ってた・・・。つくったのは天馬だったんだね。勉強します。

関連記事

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。