「アイドル事変」第10話放送!感想まとめと考察、動画の視聴方法を紹介します

2017年冬アニメ「アイドル事変」第10話が放送されました。 楼凱党が送り込んできた刺客、レジェンドアイドルに対抗するために超党派ユニットを結成するアイドル議員たち、支持率を取り戻すことができるのでしょうか。 「アイドル事変」10話の感想、内容、考察を紹介、動画の情報もありますよ!

「アイドル事変」10話の感想まとめと考察、視聴方法を紹介

みなさんこんばんは、アニマガジンライターの如月です。

MAGES.原作のプロジェクト「アイドル事変」第10話が放送されました、アイドル議員たちは支持率を取り戻すためにライブを行う、しかしそこに登場するのは過去に総理まで上り詰めたアイドル議員の側近、レジェンドアイドル4人。

圧倒的なオーラを見せつけて格の違いを見せつける、そしてまさかの桜庭総理本人の登場。

アイドル議員の不祥事を捏造し、聴衆にアピール、その上でアイドル議員廃止法案を提案する。

アイドル議員たちはこの窮地を脱するため、オーディションで競い合いレジェンドアイドルに立ち向かうアイドルを決める。

そこで勝ち上がったのは夏月と靜、しかしそれは他のアイドル議員の力との相乗効果のおかげ、超党派で連立しユニットを結成。

「アイドル事変」第10話はどのような内容になるのでしょうか、内容とツイッターの感想まとめを紹介、放送を見逃してしまった人のために今からでも間に合う第10話の動画視聴方法もありますのでチェックしてください。

「アイドル事変」10話の内容と考察

打倒Cherry7

打倒「Cherry7」、アイドル議員たちが超党派ユニット「SMILE♡X」(スマイルキス)を結成。

生半可な気持ちでは勝てない相手、靜を中心にトレーニングに励みます。

しかしテンションが上がらない夏月、練習でも1人心ここにあらず、そんな夏月の様子を見て練習を止める靜。

こんな状態で「Cherry7」に勝てるのでしょうか。

揃いの衣装、そしてそれぞれのリボン

揃いの衣装を用意する「SMILE♡X」、帽子のリボンはそれぞれのイメージカラー。

夏月は赤いリボンの帽子を手にします。

しかし衣装を手にしても気持ちが前向きにならない夏月、かなりの重症ですね。

ヒロイン党本部

ヒロイン党本部には秘書が1人でお留守番、4台ある電話すべてが鳴りっぱなし、全部桜庭総理の発現やテレビを見た国民からの苦情。

秘書は苦情は全部自分が引き受けると告げる、アイドル議員の3人はそれぞれ自分が今するべきことをしてほしいと。

1人で練習する夏月

夏月は屋上で1人で練習をする、みんなのため、靜のため頑張らなきゃ行けない、そのために頑張ります。

しかし頭では理解していても心が思うようにならない、落ち込んでる暇はないとわかっているが……。

決戦の日は近づく

決戦の日は近づく、「Cherry7」、「SMILE♡X」ともにテレビ番組などで意気込みを国民に伝える。

飯塚桜子は決めては笑顔とアイドルらしい発言、闇†林檎様は闇の力で戦うと宣言、なんかまた叩かれそうな発言ですが気にしないで起きましょう。

対する「Cherry7」のメンバーは余裕綽々、「SMILE♡X」は練習に励みます、夏月はやはり暗い表情。

思うように動けない

とうとう夏月は自分の体を思うように動かせなくなります、心理的な要因があまりにも大きいですね。

練習場から夏月を追い出す靜、残りのメンバーは心配そうに見守ります。

立ち去る夏月、立ち直るきっかけはあるのでしょうか。

幸恵のアドバイス

また1人で練習をする夏月、そこに現れたのは党首の幸恵。幸恵は夏月に優しく声をかけます、夏月と一緒にアイドル議員の活動ができてよかったと。

しかし夏月にその声が届かない、自分なんかがアイドル議員をやってはいけない、向いていないと。

そんなことは無いという幸恵、夏月にアドバイスをします、新潟の人たちの顔を見てきなさいと。

夏月離脱

練習場に姿を表さない夏月、幸恵は自分が新潟へ行かせた、いつ帰ってくるかはわからないと告げる。

靜はちなつに夏月の代わりにメンバーに入るように依頼する、賛来党離脱のわだかまりがあるちなつ、靜に食って掛かります、あの子はあなたにとってその程度のものなのと。

瑞希が止めて事なきを得ます、そしてちなつは練習に加わる。

新潟での夏月

新潟へ帰った夏月、祖母は特に夏月に何も言いません。

夏月はスタジアム建設が中止になって損害が出た工事現場に謝罪に行く。

それを毎日繰り返す夏月、ライブ対決がある日も工事現場へと足を運ぶ。

ライブの日、工事現場の方々は夏月の家に訪問する、もう謝らなくてもいいと。

酔っ払って苦情の電話を入れてしまったことを謝る工事現場の方々、夏月にとってその言葉は救いとなったでしょう。

祖母との会話

何も聞かない祖母に自分から話を始める夏月。

あこがれの人の力になりたかった、一緒に歌いたかった、だけどそれができなかった。

そのことが悔しくて、悲しい、そんな感情がうかがい知れます。

ライブ対決

ライブ対決をテレビで視聴する夏月、靜が青いリボンではなく夏月の赤いリボンで歌っているのを見て涙を流す。

さらに他のメンバーも、全員が夏月の赤いリボンをつけています。

その姿をみて涙を流す夏月、大差で負けている「SMILE♡X」に声援を送ります。

その声援が届いたのか、大逆転で勝利する「SMILE♡X」、これで窮地を脱したのでしょうか。

首相の会見

ライブ対決の直後、桜庭総理が会見を開きます。

ライブパフォーマンスについては素直に賞賛を送る総理、しかしこの人は一筋縄では行きません。

ライブ活動にうつつを抜かし、ここのところアイドル議員たちは政治活動ができていない、そんなアイドル議員はやはり廃止にすべき。

アイドル議員廃止法案を国民投票にかけることを宣言する総理、さらなる大ピンチ、アイドル議員たちは乗り越えることができるのか、そして夏月は復活できるのか、第11話の放送を待ちましょう。

「アイドル事変」10話のファンの感想は?

総選挙だと負ければ与党から脱落ですが、アイドル議員の是非だけを決める投票なら負けても現状維持(支持率の変動は大きそうですが)。

こういう策略がありそうですね。

楼凱党の情報を恣意的に選択肢、アイドル議員だけが悪いようなイメージ作りにまんまとはまってしまった感じですね。

良くも悪くも純粋と言った感じです。

次回はどのような展開になるのでしょうか、楽しみですね。

第10話を見逃した人は動画配信サイトをチェックしよう!

「アイドル事変」はニコニコ動画GYAOで第8話を視聴可能です、AbemaTVでも無料放送するのでまだ見ていない人はチェックしてください。

ニコニコ動画

第10話配信:3月15日 23時00分放送(チャンネル登録は23時30分) ※最新話配信まで無料

GYAO

第10話配信:3月18日 12時00分配信スタート

AbemaTV

第10話放送:3月18日 12時00分放送(繰り返し放送の番組表はAbemaTVを確認ください:オンデマンド放送は有料サービスです)。

「アイドル事変」の10話をチェックして11話を待ちましょう

アイドル事変」第10話の内容、感想まとめを紹介しました。

精神的に追い詰められる夏月が離脱、そのままライブ対決となりましたね。

ライブに勝ったアイドル議員でしたが、それも桜庭総理の計算の上、またしても大ピンチに。

アイドル議員廃止法案を廃案にできるのか、そして夏月はどうする?第11話の放送を楽しみに待ちましょう!


【文:如月】
アニマガジンライター、ゲームはTRPG、PBWといったアナログゲームからWOTなどのPCゲーム、艦これ、黒ウィズ、シャドウバースなどのブラウザゲーム、スマホゲームまで大好きなゲーマー。
アニメももちろん大好き、ガルパン劇場版も数回足を運んだガルパンおじさんの1人。アイドル事変では鬼丸靜がお気にいり。
その他、歴史、スポーツ、ミリタリーなどなど幅広い趣味があり、興味を持ったものはなんでも調べるのが趣味。
「アイドル事変」、「CHAOS;CHILD」、「Rewrite」などの感想記事を書いているのでそちらの記事もよろしくお願いします。

アイドル事変の関連記事はこちら

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。