【ハイキュー!!】胸にグッとくる!女子マネ・清水潔子と谷地仁花の心に残る名言

これまで多くの名言が生まれてきた、大人気バレー漫画「ハイキュー!!」。キャラクター達の言葉は、時に名言となって読者の心に届きます。今回はそんな中から、清水潔子と谷地仁花の名言をクローズアップしてご紹介!「ハイキュー!!」の作中でも、数少ない貴重な女子キャラとして大人気の清水潔子と谷地仁花。2人の心に残る名言をぜひご覧ください。

「ハイキュー!!」で貴重な女子キャラ!「清水潔子」と「谷地仁花」とは?

熱血高校バレー漫画「ハイキュー!!」。その人気から数々のメディアミックスが手掛けられ、これまでにも多くのグッズが登場した、今とてもアツい漫画作品のひとつです。

今回はそんな「ハイキュー!!」に登場する烏野男子バレー部を陰から支える、「清水潔子」や「谷地仁花」についてのプロフィールや名言の数々をまとめてご紹介しましょう!

とびきり美人で超クールできる女の「清水潔子」と、おっちょこちょいですが頑張り屋さんの「谷地仁花」。見た目も性格も正反対のような2人の女子マネージャーですが、心の中に秘める想いにはある共通点があります。

それではそんな「ハイキュー!!」で欠かせない烏野女子マネージャーの名言をはじめ、気になるプロフィールを少し掘り下げてみましょう。

「ハイキュー!!」烏野男子バレー部女子マネージャーの気になるプロフィール

清水潔子(しみず きよこ)

(CV:名塚佳織/テレビアニメ版・内田真礼/VOMIC版)

  • 烏野高校3年2組
  • ポジション:マネージャー
  • 生年月日:1月6日
  • 身長:166.2cm
  • 体重:51.4kg
  • 好物:天むす
  • 最近の悩み:おやつはじゃがりこにするかジャガピーにするか

恵まれた容姿とクールな性格で、烏野男子バレー部のため常に的確なサポートをする敏腕女子マネージャーの清水潔子。2年生の田中や西谷からは盲信的に崇拝されますが、ほぼスルーして全く相手にしていません。

また美人ゆえに他校の生徒に声をかけられることもありますが、そちらもほぼ無視で対応する徹底したクールビューティ。

あまり笑顔を見せることもなく、他人にあまり興味を示さないような性格に見えます。しかしその裏では、烏野男子バレー部が全国へ行くことへの熱い想いも内に秘めているのです。そんな彼女がたまに見せる笑顔の破壊力は計り知れません。

また中学時代は陸上部の選手をしていたことからもわかるように、運動神経の良さを垣間見せるシーンが作中でも描かれています。

何でもできる才色兼備の素敵なお姉さんキャラだけあって名言も多く、バレー部員だけでなく新人マネージャーの谷地仁花からも頼りにされる 「ハイキュー!!」では欠かせない存在です。

谷地仁花(やち ひとか)

(CV:諸星すみれ)

  • 烏野高校1年5組
  • ポジション:マネージャー
  • 生年月日:9月4日
  • 身長:149.7cm
  • 体重:42.5kg
  • 好物:麩菓子
  • 最近の悩み: 死ぬ、もしくは死にそうになる場面に出くわしたらどうしよう

高校3年生で卒業を控えた清水潔子が、自分の後継者となる女子マネージャーを獲得すべく、スカウトしてきた新人女子マネージャーの谷地仁花。

最初はマネージャー業をすることに前向きではありませんでしたが、清水潔子の一言がきっかけでマネージャーになることを決心します。

もともと内向的な性格が災いして、何事にも後ろ向きなところがありましたが、マネージャーとして成長するにつれその性格も少しずつ改善しているようです。

小さくておちょこちょいですが、学校の成績は良く進学クラスに在籍。壊滅的な成績の日向と影山に勉強を教え、赤点をわずか1教科にさせた恩人でもあります。

母親の影響からデザインへの関心が高く、資金不足だった遠征費用確保のための「寄付金募集ポスター」を作成し寄付金を確保するなど、しっかりとその存在をアピールしてきています。

「ハイキュー!!」惚れてまうやろー!清水潔子の忘れられない名言集

………激励とか…そういうの…得意じゃないので…

インターハイ直前の激励の言葉。言葉で伝えるのは得意じゃないからと、「飛べ」と書かれた横断幕を準備していました。

「これぞ清水潔子!」と言いたくなるエピソードです。言葉ではなく、持前の素敵な心配りで男子バレー部員の応援をするなんてなかなかできるものではありません。

でもお昼はちゃんとたべなさい

インターハイで決勝まで勝ち残れなかった烏野。

おのおのが、その先を見据えて何とか気持ちを立て直そうとしている中、体育館で負けた悔しさをぶつけ合っていた日向と影山に対してかけた時の名言。

悔しくて食事どころじゃなかった2人でしたが、この言葉のおかげで我に返ります。さすが部員のフォローもバッチリです。

パワー型二人に気を取られてるとね 小さい烏を見失う
一歩出遅れたらもう 捕まえられないんだよ

いつも部員達の練習に付き合い、彼らの練習を見てきたからこそ出てくるこの一言。

あまり多くを語らずいつもつれない態度ですが、この言葉からは部員達との信頼関係が強く感じられます。

何かを始めるのに”揺るぎない意志”とか”崇高な動機”なんて無くていい
成り行きで始めたものが少しずつ大事なものになっていったりする
スタートに必要なのはチョコっとの好奇心くらいだよ

仁花が男子バレー部のマネージャーになるかどうか悩んでいた時、彼女の決心を固めるきっかけとなった一言。

強引ではなく、あくまで「谷地仁花の気持ち」に寄り添ったこの言葉からも、潔子の心の優しさが感じられます。

私はコートに立たないし ユニフォームを着るわけでもない
でも今 ここが私の最前線

新人マネージャーの仁花に今までいた自分のポジションを託し、応援に徹する潔子。どこにいても、烏野男子バレー部員たちと強い絆で結ばれていることが伝わってくる言葉です。

「ハイキュー!!」思わず胸キュン!谷地仁花の心に残る名言集

じゃあ日向は”小さな巨人”だね

赤点だと遠征に行けないと宣告された日向と影山は、進学クラスの仁花に勉強を教わることになります。まだ正式なマネージャーでもなく、日向が誰を目指してバレーをしているのかも知らなかった「ただの谷地仁花」だった頃に発した一言。

村人Bも戦えます!!

美しい先輩・清水潔子から男子バレー部のマネージャーにスカウトされた仁花。母の言葉やそれまでの目立たなかった自分の人生を思い返すと、なかなか「やる」と言えませんでした。

そんな仁花が、母に向かってマネージャーになる宣言をした時の名言がこれ。

烏合の衆

個性あふれる烏野男子バレー部のメンバーを表した一言。その個性が集結した時、とんでもないパワーが炸裂するのです。

私!!緊張にかけてはけっこう自信あるんだ!!緊張はね。口に出した方が良いんだよ!我慢するより「緊張する~どうしよ~」って素直に言っちゃった方が心がほぐれるんだよ!

試合前の緊張で胃薬を頼む山口に対してかけた仁花のアドバイス。しかし、その後山口の緊張がうつってしまいとんでもない状況になってしまいます。

ただこのことがきっかけで、チーム全体を和やかな雰囲気にする結果となるのでした。天然娘のパワーは偉大です。

早く新しい速攻が見たいなぁ

合宿遠征で練習中の日向と影山でしたが、新しい速攻のタイミングが合わずに2人のイライラは最高潮。

そんな時、仁花の口からぽろっと出たこの一言に全く同じタイミングで反応する日向と影山。意図していないのに、変人コンビの士気を上げた瞬間でした。

「ハイキュー!!」関連記事はこちら

「ハイキュー!!」でクールな名言といえば清水潔子、カワイイ名言といえば谷地仁花!?

今回は「ハイキュー!!」に登場する、清水潔子と谷地仁花のプロフィールと名言集をまとめてご紹介しました。お互いの性格が大きく影響した名言でしたが、どちらも甲乙つけ難い内容だったのではないでしょうか?

チームをまとめるのはキャプテンの仕事ですが、その陰でチームを支えてきたのは潔子でした。でもその仕事もあと少し。次の世代にバトンを渡すための準備にも余念がありません。

そして、そのバトンを受け取る仁花もチームと供に着々と成長しています。これから先の烏野男子バレー部にとって、仁花も絶対に必要な存在になっていくはずです。

もちろん、男子バレー部の熱き闘いを描いた「ハイキュー!!」において、とても貴重な女子成分を提供してくれるカワイイ2人のキャラグッズも大人気なので要チェック!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。