【黒幕が動きだす!】TVアニメ「ACCA13区監察課」第10話の考察と感想まとめ、動画配信サイトを紹介!

TVアニメ「ACCA13区監察課」も第10話目! 前回は、『ロッタ』の身に危険が迫りましたが、周囲のおかげで難を逃れました。しかし、まだ安心は出来ない状況です。 そして、これから注目すべきは <ACCA5長官>の一人『リーリウム』です!今回は、どう動くのかが 非常に楽しみでもあり、怖くもあり。今回、『リーリウム』の思惑も 少しずつ明らかになってきます。 それでは、 オノ・ナツメ先生による原作のTVアニメ「ACCA13区監察課」の第10話の考察や感想を紹介します!合わせて動画配信サイトもチェックしてくださいね!

TVアニメ「ACCA13区監察課」第10話の考察・感想を紹介!動画配信サイトもチェック!

みなさん こんにちは!アニマガジンライターのR@imuです。
TVアニメ「ACCA13区監察課」も第10話目!
前回は、『ロッタ』の身に危険が迫りましたが、周囲のおかげで難を逃れました。しかし、まだ安心は出来ない状況です。

そして、これから注目すべきは <ACCA5長官>の一人『リーリウム』です!今回は、どう動くのかが 非常に楽しみでもあり、怖くもあり。今回、『リーリウム』の思惑も 少しずつ明らかになってきます。

それでは、 オノ・ナツメ先生による原作のTVアニメ「ACCA13区監察課」の第10話の考察や感想を紹介します!合わせて動画配信サイトもチェックしてくださいね!

TVアニメ「ACCA13区監察課」第10話の考察・感想を紹介!ネタバレに注意!

第10話「空のない街に降る星」

【画像:ThinkStock

ヤッカラ区

<ヤッカラ区>の視察を訪れたジーン(ジーン・オータス/CV下野紘)は、いつものように区長や 現地のACCA支部長からの接待を受けていました。

そして、ジーンに手渡される<1本のタバコ>。

「ヤッカラ区は、あなたに賭ける。玉座に座るあなたに。」そう告げられたジーンは、

「大博打ですね。」と一言返すのでした。

それにしても、シュヴァーン王子(CV宮野真守)を支持する地区は、いくつあるんでしょうか?

ACCA本部では、グロッシュラー(CV諏訪部順一)が モーヴ(CV田中敦子)に、

「ACCAをさらに結束させねばならない。」という思いを話します。

グロッシュラーの脳裏に浮かんでいたのは、リーリウムとの会話でした。

クーデター計画

地区ごとに異なる制服を見て、リーリウム(CV遊佐浩二)が言った、

「バラバラだね。各区の個性は大切だ。しかしACCAは、そこに重きを置きすぎてはならない。

統一できるものは、統一していく。グロッシュラー長官も、同じことを考えておられたのでは?」と聞かれ、グロッシュラーは

「ACCAは、<この国の秩序の象徴>とも言える。強化が必要だ。」と答えます。

「クーデターの噂も入ってくる。シュヴァーン王子の即位は、そう遠い日の話ではない。自己を守るための<危機意識>が、各区でも芽生えているはず。

クーデターは起こる。必ず。私は賛成なんだ。ただ自己の防衛のためではなく、<国民の生活と秩序を守るため>でなければならない。ACCA主体で起こせれば可能だ。」と話すリーリウムに対し、グロッシュラーは

「難しいのでは?」と意見を述べますが、

「私の考えを否定しないのだな。グロッシュラー長官。つまり、我々は<同志>だ。一つ小細工をしてみようか。本当にささいな小細工だが、効き目はあるかも。」と、リーリウム。前回のリーリウムの裏の顔を見てしまってからは、なんだか怖いです。この『小細工』というのも、気になります。

「ACCAが、この国を守ることができるのなら、私は君に同調しよう。」グロッシュラーはどうして、リーリウムに従わなければならないのでしょうか?何か弱みでも握られているのでしょうか?

「モーヴが行っている、クーデターの調査を止めなくては!大丈夫、君ならできる。何もかもうまく行く。」そうグロッシュラーに話す リーリウムが不気味です。

異議なし

そんなことを考えていたグロッシュラー。彼を尊敬しているモーヴは、

「クーデターに関することですね。長官が そう決断なさるというのなら、私に異議はありません。

それがACCAを この国を守る<唯一の道>ならば。ただ オータスをクーデターに参加させることができるかは、まだわかりません。」と答えるのでした。

我らのフラワウ

「ACCAは、クーデターに動きますよ、お兄さん。我らのフラワウが、全てを手に入れるため リーリウム家の望む通りに、この国は動き始めました。」そうリーリウムが話す相手は、以前も登場したリーリウム兄(CV井上和彦)です。フラワウ地区の区長をしています。

リーリウムが<ACCA主体でクーデターを起こす>方向に動いたのは、この為だったんですね!

誰かが、このことに気づいてくれればいいのですが…。ジーンに期待したいです!

ロッタの初恋

ジーンの家では、ロッタ(ロッタ・オータス/CV悠木碧)をはじめ、監察課のメンバーやレイル(CV八代拓)が<お菓子パーティー>をしていました。ロッタが寂しくないようにと、みんなが遊びに来てくれているようです。

レイルのロッタに対する想いは、みんなにはバレバレのようですね。ロッタの好きな人に話は及びますが、昔はいたと語るロッタ。その相手は、お兄ちゃんの友達だと。ニーノ(CV津田健次郎)だと、レイルも気づいたようですね。

謎の人物

「あぁ、あの一件では終わったとは思っていない。十分に注意したまえ。

ドーワー家が関わっているのは 厄介だが、対応を誤らぬよう…では。」そう電話で話す謎の人物。

「次はプラネッタか…。」とつぶやく、この人物は!?ジーン側の人間、もしくはドーワー王国第一王女側の人間でしょうか?

プラネッタ区

<プラネッタ区>に視察に訪れたジーン。ロッタに電話をしますが、ロッタは ジーンに心配をかけまいとしているのか、いつもの会話で終わります。

「気をつけてね。」の言葉の後の間(ま)が、なんとも言えませんね。お互い、自分よりも相手のことを心配しいているのがよく分かるシーンです。

ここは、暑い乾燥地帯のようです。周囲に建物らしきものも見当たりません。

そこに出迎えに来たACCA駐在員のロクステッラ(CV佐武宇綺)から、

「支部長からの伝言で、『ここプラネッタは、副課長の接待は 一切行いません』とのことです。区長も同じ考えです。王族の方に、失礼とは思いますが これがプラネッタです…とのことです。」そう言うと、車に案内するのでした。

今までとは全く対応が違っていて、ジーンがポカンとした顔をしていたのもうなづけます。

宿泊場所も、今までのようなホテルではなく、ACCAの宿直室という扱いでしたし。ホテルが取れなかったというのは、多分嘘じゃないかと?

そして地区を視察するジーン。この国は、地下で生活しているため 街では太陽光が当たらないようです。

娯楽はテレビだけ、作物なども育たず、水も貴重品。そんな暮らしにくい街ですが、住んでいる人々の表情は明るいことにジーンは気付きます。

「夢を追う人たちですからね。」そう無表情に話すロクステッラ。この街の人々は、中央議会からの予算を地下採掘事業に費やして、いつか掘りあてる日を夢見ているようです。

ロクステッラは、きっとこの地区が好きではないんでしょうね。それとも、好きだから故、このままじゃいけないと思っているのかもしれません。

君たちと同じ

本部に送信する書類を送るための通信も、車で移動して行うというので同行するジーン。

すると嵐が!しばらく車を止め、待機する一行。

気を使うロクステッラに対して、ジーンは非常用の乾パンを食べながら

「俺は君たちと同じだからね。」と話します。

その言葉に、ロクステッラがハッとした表情を浮かべましたね。

この後からは、話し方も少し柔らかくなったような気がします。

空がない

ロクステッラが、<プラネッタ区>の現状をジーンに話します。

「プラネッタは、区 自体が貧しいんです。しかし区民は、暮らしの改善より夢を追い続けること(地下資源の採掘事業)を選んでいる。区の行政に文句を言う者は、ここにはいません。それが<スイツ区>との違いです。地下区民が感じる 生活の窮屈さは恐らく、『空がないこと』。それだけです。」

そして車は走り、夜なのに明かりが灯る一帯にジーンは気付きます。

「あれ?外が賑やかしいね。」するとロクステッラが

「区民ですね。この時刻は 気温が最適なので<夕涼み>に来ているんでしょう。」と話します。

夕涼み

そこで、<夕涼み>に参加することに。

そこには、ACCAプラネッタ区支部長も来ていました。

二人で話す中、支部長がジーンに タバコを催促します。一本差し出すジーン。

そのタバコをじっと見つめると、支部長は

「クーデターが成功しようが失敗しようが、我々の生活は恐らく変わらない。

他の区のように、守るものがここにはない。ゆえにプラネッタは、クーデターには 関わらないことにしたのですが…。それを伝えた際に、彼女(ロクステッラ)に言われたのです。

『資源を掘り当て、この区が豊かに変貌したら、戦争が起こるのではないか?』と。『ACCAがなくなり、この国から秩序が消え去ってしまったら』とも。ACCAの廃止を望む<シュヴァーン王子>ではなく、ACCA側の人間である<あなた>が国王の座に就く。そのためのクーデターなんですよね?ならば、我々に力はありませんが、このタバコをあなたへ…。」そう言って、先ほどのタバコをジーンに渡すのでした。

タバコのような高級品を支部長は持っていなかったのでしょうね。この地区は貧しいと言っていたので。

いつもと違うパターンでしたが、今までで一番心に残る<もらいタバコ>のシーンでした。

しかしリーリウムが考えるクーデターは、『ジーンを国王の座に』という真の理由でないだけに、ジーンを支持する区が増えることに、複雑な気持ちになってしまいます。

そして、ロクステッラの態度の理由もわかりましたね。

自宅へ

そして視察から戻ったジーンは、課長のオウル(CV上田燿司)から、

「うちに帰ったら、ロッタさんと話すように。」と言われます。

自宅に戻ったジーンは、ロッタに

「俺がいない間に あった事、聞かせてくれるかい?」と尋ねるのでした。

パン屋にて

その頃、モーヴはいつものパン屋で ジーンを待ちますが、今日も会えずにいました。

すると緊急の電話が!

「ACCA中枢部は、今夜 大混乱だ…。」そう呟くモーヴなのでした。一体何が!?

昔の思い出

母親の事、誘拐未遂の事などをロッタから聞いたジーンは、

「そうか、怖い目にあったな…。そばに居てやれなくてごめん。無事でよかったよ。」と話します。

「お兄ちゃん、お母さんは王族の人だったの?」と尋ねるロッタ。

「そうらしい。俺も最近 聞いたんだ、ニーノから。ニーノは、ドーワー王室に仕える 人間なんだ。俺たち一家をずっと見守っているんだよ。」と答えます。最初は少し驚いた顔のロッタでしたが、

「そっか…、何か事情があるって 実は思ってたんだ。

昔ね、『ニーノのお嫁さんになる!』って言ったことがあるの。その時ニーノ、凄く真面目な表情になってね、『それはできないんだ』って。この人には何かあるんだろうなぁって、子供ながらに感じたんだ。

だから驚かない。私たちが知っても、ニーノとの関係は変わらないよね?」と聞きますが、

「それはどうだろうなぁ…。」と困った顔で答えるジーン。

そして、二人が外出準備をしている最中、テレビから流れてきた臨時ニュースとは!?

緊急ニュース

ニュースは、<ドーワー王国・国王ファルケ2世(CV中尾隆聖)>の容態を伝えていました。

国王の容態が 依然芳(かんば)しくなく 明日以降の政務は取りやめるとの発表が。

そのニュースで、ACCA 本部は慌ただしく動いていたのですが、5長官会議では落ち着いた様子。

「我々が急ぎ話し合うべきは、<例の計画>の事。」と話を切り出すリーリウム。

しかし、スペード(CV大川透)に、

「まず<ACCA100周年記念式典>が先だ。」と言われてしまいます。

マズい流れになり、考えるリーリウム。そしてあるアイディアが浮かびます。

「記念式典…。これこそ使えるのでは!?」嫌な予感しかしませんが…。

理由

モーヴの元を訪れたグロッシュラー。ジーンのことを話します。

ジーンが報告に来ない理由は何だと思うか?と尋ねられたモーヴは、

「彼に何か考えがあっての事か…。」と答えます。

立ち去るグロッシュラーを見る、モーヴの視線が 今までと違って見えました。何かに感づいたのかもしれません。

更なる暗殺計画

<ドーワー王国・第一王女>は、ピリピリした様子です。

「このまま お父様が 御隠れになることがあれば、王位はシュヴァーンのもの。

いえ、それだけじゃない。バードンにいるシュネー(第二王女)の子達だって。

特にこの前 不在だった 男子の方。もう失敗は許されないわ。確実に摘んでしまいなさい。」と命じます。

ジーンの身が危ない!また視察に行くようですが、大丈夫なのでしょうか?

フラワウ区へ

次に、ジーンが視察に訪れたのは<フラワウ区>でした。

出迎えたのは、区長のリーリウム兄…そして ACCAフラワウ区支部長 リーリウム弟(CV佐藤拓也)でした。

リーリウム兄弟の登場に、ジーンは!?

〜次回に続く〜

TVアニメ「ACCA13区監察課」第10話の感想まとめ

見逃した!もう一度見たい!そんなあなたも大丈夫!動画配信サイトをまとめて紹介します!(一部有料です)

『ニコニコ生放送』では、3月26日に<第1〜11話>までの 振り返り上映会も予定されています。

次回の「ACCA13区監察課」もお楽しみに!

TVアニメ「ACCA13区監察課」第10話、いかがだったでしょうか?

リーリウムに兄だけでなく、弟までいたとは!しかも、またしても『リーリウム弟』って…。

長男が区長、次男がACCA5長官の一人、三男がACCA支部長という最強兄弟ですね。ジーンが心配ですね。

リーリウムの計画も、クーデターを起こしそうな雰囲気ですし。

暗殺計画もあるようで、そこも気になるところです。

予告のジーンの言葉が、なんともいえませんでした。ニーノは、どこにいるんでしょうか?

次回のTVアニメ「ACCA13区監察課」第11話もお楽しみに!

「ACCA13区監察課」の関連記事はこちら


【文:R@imu】
二人の娘を持つ主婦で、家族全員がやや偏ったアニメヲタクです。
アニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」にハマったことからアニメが急に好きになり、声ヲタ寄りではありつつも、いろんなジャンルのアニメ・アニラジを視聴しています。また『リーリウム兄』が登場するとは!そして『リーリウム弟』まで登場するとは!最後にジーンを出迎える二人が、なんだか少女漫画みたいで一瞬、クスっと笑ってしまいました。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。