「亜人ちゃんは語りたい」第10話放送!感想まとめと考察、放送情報を紹介します

2017年冬アニメ「亜人ちゃんは語りたい」の第10話が放送されました。 ひかりに嫉妬して京子が起こした行動とは?そしてデュラハンの秘密にアカデミックに迫る! 「亜人ちゃんは語りたい」第10話の内容、感想を紹介します、その他放送情報もチェックしてください。

「亜人ちゃんは語りたい」第10話の感想まとめと考察、視聴方法を紹介

みなさんこんにちは、アニマガジンライターの如月です。

1人で暴走する佐藤先生の恋物語、そしてそれを後押しする刑事。

高橋先生を催淫するのもテクニックと割り切って行動しますが……、結局は催淫は使わないでおこうと決めました。

しかし高橋先生と亜人の特性について話し合うなど、佐藤先生にとってとても実り多い第9話でしたね。

そして夏に弱いひかりと雪は体育の授業が本当に厳しそうでした。

第10話はデュラハンの性質に迫るかも、京子が大活躍するのでしょうか。

「亜人ちゃんは語りたい」第10話の内容とツイッターの感想まとめを紹介、「亜人ちゃんは語りたい」の放送情報も紹介します。

「亜人ちゃんは語りたい」10話の内容考察

亜人たちの会話

ひかり、京子、雪と佐藤先生の4人、食堂でまったりと休憩中。

雪はひかりに気になっていたことを聞きます、キスをしたことがあるの?

軽くあると答えるひかり、そしてその相手は高橋先生!

驚く3人、特に佐藤先生は飲み物を吹き出すレベルで驚いています。

どうやらキスと言ってもいたずらでほっぺに、だそうです。

羨ましがる京子、ちょっとホッとする雪、そして冷静を装う佐藤先生。

佐藤先生、1人トイレの個室に入り、いいなー!と叫びます。

ひかりの行動

ドラマのキスシーンを見ながら昼間のひかりの話を思い出す京子、自分も高橋先生と……とひかりに嫉妬します。

次の日、高橋先生が荷物を持ちながら歩いている、京子はそれを追いかける。

顔を高橋先生の頭の高さに掲げながら、明らかにひかりと同じキスを狙っています。

荷物を置いたら話を聞くと高橋先生が言いますが、京子はちょっと暴走中、そして手を滑らせて頭を落とす。

叱る高橋先生

京子の危険な行動を叱る高橋先生、京子は慣れてるから大丈夫、それに割りと上手くキャッチできると説明する。

しかし慢心が大怪我の元、高橋先生は京子を思わず大声で叱ります。

ショックを受けた京子、泣きながら高橋先生が落とした書類を整理しようとするが、デュラハンのためなかなかうまく整理できない。

そして逃げるように立ち去る京子。

お友達

1人落ち込んで泣いている京子、そこに来たのは親友の2人。話を聞いて京子を慰める2人、そしてひかりは京子の頭を雪に託して何処かへ行く。

残された雪は京子に話をする、自分の体質のことで高橋先生のもとに相談したときのことを。

生徒思いで優しい高橋先生、今回叱ったのも京子のことを思ってのことと。

もちろん京子もそのことを理解していますが、3人の友達関係が心地良いですね。

戻ってきたひかり

戻ってきたひかり、京子の頭をもって勝手に行動し始める。

強引に連れてきていたのは当然高橋先生、ひかりに頭を持たれている京子は逃げ道がない。

京子にとって気まずい対面ですが、高橋先生の方から謝罪をする、京子自身のことは京子が1番詳しい、自分があそこで大声で叱ることではない、安易に叱ることは避けるべきであると。

高橋先生が謝ることではないと京子も告げ、2人は仲直り、しかしここで京子に異変が。

ひかりが京子の体にいたずら、それを高橋先生が叱る、安易に叱るべきではないとひかりは調子に乗って言うが、お前はいつも叱られてるだろと切り返し。

ひかりのこの行動のおかげか、完全にいつもの空気に戻りました。

デュラハンについて

高橋先生お詫びの品を用意したいとひかりにLINEで相談する京子、ひかりは品よりも亜人の体質のことを話すほうが喜ぶとアドバイス。

高橋先生、当然ひかりの話に食いつく、そして今回は旧友の視点から見たほうがよりいいだろうととある大学へ向かう。

そこで会ったのは高橋先生の大学時代の友人相馬先生、物理学の研究をしています。

表情がかわらない、謎のハイテンションの変人、悪い人ではないそうです。

デュラハンについての相馬の見解

デュラハンの体質は物理学を急速に進歩させる可能性があると相馬先生は熱く語る。

食べた物がワープをして胃の中に入る、このメカニズムはワームホールが関連しているのではないかと。

とにかくデュラハンの体質に興味津々の相馬先生、1人思考の海に沈みます。

そして導き出したのは、観測者である人間が観測するかどうかの問題。

この辺は物理学の観測者効果の話になってくるので、ちょっとわかりにくい部分だったかもしれません。

ただの波である量子は人間が観測することで点として認識される、その時点で量子というものの性質が変わる、と言った説明をしていましたね。

京子の夢

相馬先生の話を聞いて京子は1つの夢を持ちます、亜人の研究というのは倫理的な問題が難しく進まないと。

そして相馬先生も科学者として追求したいが、倫理の方が重要、それでいいという立場。

京子はこのことから、亜人である自分がデュラハンの研究をするのは倫理的な問題をクリアできると考える。

今まで勉強はクイズを解く感覚、点数が取れれば嬉しいといったレベルでしか考えていませんでした。

しかし今勉強は点数を取るだけではない、その先に目的があるんだということに気づく。

これから勉強をさらに京子は頑張りそうですね、そして本当に研究者を目指すのではないでしょうか。

「亜人ちゃんは語りたい」10話のファンの感想は?

今回は京子回でした、ラストシーンの京子が普通の人間として描写されてる映像、かなり体格がよかったですね。

普段首を抱えているのに小さく見えないということはかなりの長身なのでしょう。

量子力学についてかなり語っていました、驚きましたね。

普段は理系というよりも、社会学、文系な考察が多い作品ですね。

このように理系の観点で考察する回は新鮮でした。

京子の成長が楽しみですね、しっかり意識をして勉強をする京子、優秀な研究者になりそうです。

第10話の放送情報

「亜人ちゃんは語りたい」の放送情報を紹介します、「亜人ちゃんは語りたい」は残念ながらニコニコ動画などの無料サイトで配信は行っていません。

こちらの放送局、もしくはAmazonプライム・ビデオで放送をチェックしてください。

TV放送情報

  • TOKYO MX 毎週土曜日 24:00~
  • MBS     毎週土曜日 26:58~
  • BS11     毎週土曜日 24:00~
  • 群馬テレビ    毎週土曜日 24:00~
  • とちぎテレビ  毎週土曜日 24:00~(第2話は1月14日(土) 24:25~)
  • AT-X    毎週火曜日 24:00~(リピート放送 毎週(木)16:30/(日)18:30/(月)8:30)

WEB配信情報

  • Amazonプライム・ビデオにて毎週土曜深夜より独占配信

10話をチェックして11話を待ちましょう!

「亜人ちゃんは語りたい」第10話の内容、感想まとめを紹介しました。

珍しく京子が叱られる回、ひかりなら平常運転なのですが。

そしてデュラハンの特性についてアカデミックな解説、完全に理系の話しになっていましたね。

高橋先生の友人の相馬先生、表情が1つしかないハイテンションな不思議な人でしたが、意外と倫理観が高いところに驚きました。

次回はどんなことが語られるのか、第11話の放送を楽しみに待ちましょう!


【文:如月】
アニマガジンライター、ゲームはTRPG、PBWといったアナログゲームからWOTなどのPCゲーム、艦これ、黒ウィズ、シャドウバースなどのブラウザゲーム、スマホゲームまで大好きなゲーマー。
アニメももちろん大好き、ガルパン劇場版も数回足を運んだガルパンおじさんの1人。
その他、歴史、スポーツ、ミリタリーなどなど幅広い趣味があり、興味を持ったものはなんでも調べるのが趣味。
「AKIBA’S TRIP -THE ANIMATION-」、「CHAOS;CHILD」、「Rewrite」などの感想記事も書いているので、そちらの記事もよろしくお願いします。

亜人ちゃんは語りたいの関連記事はこちら

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。