9番占試験開始!「うらら迷路帖」10話の感想まとめと内容考察!さらに動画視聴方法も!

今回は「うらら迷路帖」10話の感想まとめと内容の考察記事になります。前回は9番占の選抜を突破したお話でしたが、予想以上に話が早く今回はもう9番占の試験の話となりました。今までの修行の成果が試さられる時ですね。みんなの力を合わせて9番占の試験を無事突破できるのでしょうか!? 10話の内容を個人的な視点で掘り下げていきます!

遂に始まった9番占試験! みんなで協力して試験を突破せよ!「うらら迷路帖」10話!

皆さんこんにちは、アニマガジンライターの葵です!

今回は「うらら迷路帖」10話の感想まとめと内容の考察記事になります。前回は9番占の選抜を突破したお話でしたが、予想以上に話が早く今回はもう9番占の試験の話となりました。今までの修行の成果が試さられる時ですね。みんなの力を合わせて9番占の試験を無事突破できるのでしょうか!? 10話の内容を個人的な視点で掘り下げていきます!

「うらら迷路帖」10話の感想まとめと内容考察!

では早速、うらら迷路帖10話の個人的な感想まとめと内容の考察記事に入りたいと思います。ついに始まった9番占の試験ですが、参加者は多く、4人は無事に試験を突破することができるのでしょうか!? そんな10話の内容を個人的な視点で掘り下げて行こうと思います! 是非最後までご覧くださいね!

9番占の試験開始! 場所は大蛇の胃袋!?

前回9番占の選抜に通った4人ですが、もう9番占の試験の日の話へと移行します。ここにき随分と話の進み具合が早いなと思いましたが、それはとりあえず置いておいて・・・。試験前はやはりみんな緊張気味な感じではありましたが、誰よりも緊張していたのはニナ先生でしたね。自らの9番占試験のことを思い出しつつ、みんなどうなるのかという不安からもあるのでしょうが、お茶がだだ溢れでした。そこへ現れたさく隊長ですが、やはり仲間思いと言いますか、身近な人を気遣ういいキャラクターであると思いましたね。みんなの心配をして一言言いにきたのでしょうか、様子を見にきたという感じでした。しかしやはり心配事の一番は千矢であるということには変わりないようでしたね。いつも問題の渦中にいるのは千矢ですから、今回の9番占の中でも1番の問題児であると思われているに違いありません。そんなさく隊長でしたが、やはり可愛い後輩という感じなのでしょうか、一応心配してきたという言葉を口にしていましたね。

そして始まる9番占試験です。当日会場へと行くといっぱいの見習いうららが集まっていました。それぞれ茶屋の襷を胸にたくさんの生徒が集まっていましたね。全部で10組ということですが、かなりの数ですね。

そんな中でもやはり緊張感のない千矢でした。1人騒いでいる感じであり、また一番緊張している紺は一番目立っている格好に。合格祈願のお守りやらハチマキやらでいっぱいでした。こういうところも紺らしいですね。それを傍観して突っ込んでいる小梅とノノが一番まともでした。

今回の試験管の監督と努めるのトキエさんであり、小梅は自らの茶屋の贔屓ではないかと指摘しますが、トキエさんは相変わらずの怖さでぶっ潰すと言います。優しいのか怖いのかわからない感じですね。皆がライバルであり友であるという言葉も口にしましたが、言っていることは正しいのでしょう。そして今回の試験の場所となるのは呪われた大蛇の胃袋という場所。迷路帖の地下にある迷宮であり、かなり険しく、さらに恐ろしい場所とのこと。今回はそこで鍵を見つけたものが合格となるということでした。鍵は全部で3つしかなく、必然的に合格者は3組といことになるとのことで、皆は一層に気合が入ります。そんな中、千矢以外は全員自分の十八番占道具を持ってきていましたが、千矢だけは何も持っていないということに今更ながら気づく千矢でした。そういえばよくよく考えてみて、千矢は今までちゃんとした占を見せたことがありませんでしたね。自分自身でもかなり落ち込んでいる様子でしたが、ここで禿げましたがのが紺でした。リーダー気質を見せて千矢を元気付けた紺はリーダーに指名され、そして試験は開始されます。余談ですが、途中で出てきた鬼のダンスが結構ツボでした。まさかのチューチュートレインという。

試験は呪われた大蛇の胃袋ということでもっとゴツゴツとした地下の迷路的な感じをイメージしていたのですが、そこはうらら迷路帖という作品の世界観を存分に発揮したものでしたね。不思議の国のアリスを思い出させるような変わった迷宮でした。たくさんの扉とそこがわからないような螺旋階段。目が回るような感じもありましたが、ここで鍵を見つけるごとく皆奮闘します。迷宮とはよく言ったものですが、ただのいたずらやトラップがふんだんに仕掛けられた迷路という感じでしたね。矢が飛んできたり、手裏剣が飛んできたり、はたまた大岩が転がってきたりなど定番的な仕掛けがあり、千矢はとても楽しそうでした。一番危険な場所に鍵が隠されているのでは? とノノが提案し、小梅がその場所への先導をします。そして見つけたのは謎の鍵が4つぶら下がった部屋。あからさまに罠っぽい感じでしたが、まさにいたずらでしたね。引っ張ればタライが落ちてくるというドリフ的展開。全てのタライが紺に直撃し、母親に対してでも怒り爆発という感じの紺でした。この親にしてこの子ありですね。

そして何かに火がついたのでしょうか、とうとうアレを使う時がくるとは・・・と深刻な感じで紺は言います。それはお狐様を自らの体に憑依させるというものでした。久々の登場ですね、お狐様。相変わらず千矢に懐いている感じであり、しかしかなりやくにたちました。匂いで鍵の場所を当てて、その部屋へとたどり着きます。その時点で他の2つの鍵はもう他のグループの手にあり、残りの一つとなっていたようです。

無事鍵を手に入れた4人です。これで9番占の試験は合格! あとは戻るだけというところでした。鍵を千矢に私皆は出口へと進みますが、ここで謎の現象が。今までもちょこちょこと怪しい感じはありましたが、今回は特別でしたね。千矢はとある声をきき、壁へと視線を移すと謎の目が・・・そして床から影のような手が生えて千矢をひきづり込んでしまいます。そこで今回は終了となりましたが、これはかなり面白い展開になってきましたね。千矢が何かに取り憑かれていると言いますか、何かに狙われているというのは前々からわかっていたことではありますが、あのキツネのような化け物に関係しているのでしょうか? そして母親との関係も色々と考えさせられますね。次回におそらく語られるでしょうが、1期でどこまで語られるのかがポイントになってきそうですね!

「うらら迷路帖」の動画視聴方法について!

ニコニコチャンネル:うらら迷路帖

ニコニコチャンネルでは1話が無料で視聴可能となっていますので、ぜひチェックして見てくださいね!

次回のうらら迷路帖はかなりビッグポイント!?

もう残り2話となりましたが、ここにきてクライマックスの大詰めの話がやってきたという感じですね。次回のうらら迷路帖はかなり濃い内容になりそうだと思います。どのような内容になっているのか、原作を読んでいる方はもうご存知のことだとは思いますが、アニメではどのようになっているのかがポイントですね! 次回のうらら迷路帖もお見逃しなく!


(出典:筆者撮影)


【文:葵】

元ファミ通編集部ライターであり、現在アニマガジン専属ライターとして活動中。アニメ・ゲームを主として生きている自他共に認めるヲタクと言っても過言ではありません!好きなキャラクターはリゼロの「レム」‼︎ 基本食わず嫌いなく2次元ものを視聴しておりますマルチライターです!

今後とも、アニマガジンを宜しくお願い申し上げます。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。