中学生ながら専属モデル!『俺の妹がこんなに可愛いわけがない。』高坂桐乃に密着♪

兄妹ラブコメの金字塔として高い人気を持つ『俺の妹がこんなに可愛いわけがない。』。メインヒロインである高坂桐乃は雑誌の専属モデルでありながら、人には言えない趣味を持っています。そんな『俺の妹がこんなに可愛いわけがない。』に登場する高坂桐乃についてまとめました♪

成績優秀、スポーツ万能、容姿端麗!しかし真の姿は…

『俺の妹がこんなに可愛いわけがない。』においてメインヒロインとして登場する高坂桐乃。学校では県内トップクラスの学力を誇り、所属する陸上部ではエースの活躍、さらにファッション雑誌の専属モデルを務めるなど、非の打ち所がない完璧な少女。

しかし家の中では誰にも言えない秘密を持っており、それは萌えアニメや男性向け美少女ゲームをこよなく愛するオタクという一面も持っています。

今回は高坂桐乃について、身長や学年、誕生日から年齢まで、様々なプロフィール情報を紹介するとともに、TVアニメにおける名セリフなど、細部にまで迫っていきます。改めて『俺の妹がこんなに可愛いわけがない。』のヒロインの姿を見てみることで、これまでと違った高坂桐乃を垣間見ることができるかも!?

ぜひ最後までご覧になってください♪

高坂桐乃のプロフィール♪身長や学年、誕生日や年齢は?

  • 年齢:14歳
  • 学年:中学2年生
  • 誕生日:4月8日
  • 身長:165cm
  • スリーサイズ:B82・W54・H81

高坂桐乃は誕生日が4月8日の14歳で、学年は中学2年生となります。身長は165cmとなっており、さらに周囲を惹きつける美貌にも恵まれていることから、ファッション雑誌の専属モデルを務めるには充分なスペックに。

また学校生活においても完璧と言えるほどの内容で、成績は県内トップクラスの学力でありながら、所属する陸上部ではエースとして活躍しており、どこから見ても非の打ち所はありません。

そんな彼女の友人は、同じくファッション雑誌のモデルをしている新垣あやせと来栖加奈子の二人。一方で主人公である兄の京介とは犬猿の仲でありながらも、桐乃の趣味が京介にバレてしまったことで、物語が動き出すのでした。

高坂桐乃の趣味とは?どんな性格なのか?

桐乃の趣味は萌えアニメや男性向け美少女ゲームといった、いわゆるオタク趣味となります。学校やモデル活動を行っていることから自身の趣味が後ろめたいものだと自覚しており、誰にも共有できないでいるのが悩みでした。

桐乃の性格は表向きと裏とでは大きく異なり、特に物語が始まるまでは京介に対して刺々しく接することが多くありました。しかし人生相談を経て、京介への対応も改まっていき、最終的には恋心を抱くようにまで発展していきます。

また元から京介に冷たく接していたわけではなく、小学生の頃は絵に描いたようなお兄ちゃん子でした。冷たく接していても収納スペースの奥には京介の幼少期の写真をアルバムにして保存しており、また録音された励ましのメッセージを落ち込んでいた時に聞いていたという過去もあります。

TVアニメにおける高坂桐乃

学力や運動能力にも恵まれ、さらにモデルとして活躍

桐乃はティーン雑誌の専属モデルをしており、親友の新垣あやせはモデル仲間でもあります。そのため中学生であるにも関わらず、すでに高額の報酬を手にしていることから、モデルで稼いだお金を使って様々なグッズを衝動買いしています。

学校生活においても目覚ましいほどの活躍を見せており、学力は校内のみならず県内に知れ渡るほど優秀で、所属する陸上部ではエース級の活躍。どこからどう見ても非の打ち所がない完璧な少女ですが、自身の趣味と世間からの目が気になっているところ、京介に隠していた趣味が見つかったことで人生相談を持ち掛けるようになります。

黒猫と沙織・バジーナとの出会い

「オタクっ娘あつまれー」が主催するオフ会に桐乃と京介は参加しますが、オタク仲間を作るという目的で参加したにもかかわらず、その場の空気に馴染めずにいました。それを気遣った沙織は、同じく居場所に困っていた黒猫も連れて2次会を開催します。

桐乃と黒猫はオタクではありますが、互いの趣味を罵倒しあう関係に。しかしお互いが誰にも共有できない趣味を分かち合いたいという気持ちで合点していたため、関係を深めていくのでした。

人生相談を経た兄妹関係

元々は京介をスーパーヒーローのように羨望の眼差しで見ていた桐乃。しかしある出来事をきっかけに普通の人間となってしまったため、それ以降仲が良かった兄妹関係がこじれていきます。

ひょんなことから自身の趣味が兄である京介にバレてしまったため、人生相談として誰とも分かち合えない趣味についてどうすればいいかを悩む桐乃。それまで無視や刺々しく言葉やを浴びせられていた京介ですが、過程を経ていくと関係は改善されていきます。

桐乃も徐々に心を開いていき、始めこそ「あんた」としか呼ばなかったのが、「兄貴」から「京介」と呼ぶようになり、心情の変化が手に取るように分かります。そして中学3年生のクリスマス、京介から告白されることになりますが、もし告白されなければ自分から気持ちを伝えようとしていました。

押さえておきたい高坂桐乃の名セリフ!

人生相談が、あるの

桐乃が誰にも言わなかった趣味を、ひょんなことから京介は知ってしまうことに。その日の晩、桐乃は京介の部屋に侵入して馬乗りになりながら「人生相談が、あるの」と言うのでした。

ここから『俺の妹がこんなに可愛いわけがない。』の物語が始まり、桐乃がオタク趣味とどう向き合っていくのか、またさらに黒猫や沙織といったオタク仲間との出会いへと繋がっていきます。

言っとくけど、あんたのエロゲ道始まったばっかりだから

人生相談の一環として、まずはオタク趣味を理解してもらうことから始めた桐乃。始めこそ抵抗感があった京介ですが、それでも妹の持つエロゲを嫌々プレイ。指示通りに攻略するも、1人しか攻略していないことに桐乃は感情むき出しに𠮟責するのでした。

そしてプレイさせたのはほんの始まりに過ぎないことを匂わせる発言を残します。またここから、桐乃のオタク趣味へのこだわりや情熱が垣間見えます。

やっぱり私は、好きなものを捨てられない

世間体というものもあることから、自身の趣味を公にできず悶々としていた桐乃。京介との人生相談を経て、最終的にファッションモデルである自分とオタクである自分はどちらも大切なものであることと認識します。

どちらも切り捨てることなく生きていこうとし、部活も友達も家族も、そして趣味も全部あることで高坂桐乃という人間が作られているのだという結論付けて、以降はオタク趣味を持っていることにも胸を張るのでした。

高坂桐乃の声を担当している声優は?

高坂桐乃の毛を担当するのは竹達彩奈。

14歳の頃に日本ナレーション演技研究所の特待生オーディションを受けたことで入所し、15歳という若さでアイムエンタープライズに所属。その2カ月後には声優として初仕事を引き受けることになります。

竹達彩奈の名前が爆発的に売れた『けいおん』では、声優としてのみならず、歌手としても広く知れ渡ることに。その後は声優の枠を飛び越えて、広島県竹原市の一日市長を務めるなど、幅広い活躍を見せています。

竹達彩奈さんの代表作

  • ギルティクラウン:ツグミ
  • ハイスクールD×D:塔白小猫
  • ソード・アート・オンライン:リーファ/桐ケ谷直葉

まとめ

『俺の妹がこんなに可愛いわけがない。』の高坂桐乃について、プロフィールから性格、名セリフをまとめましたが、いかがでしょうか。

絵に描いたような完璧少女である桐乃ですが、実はオタク趣味を持っていました。世間からの目も気になっており、自身の趣味をどう扱っていくべきなのかで悶々としていたことろ、兄である京介によって、しっかりと向き合えるようになります。

世間体を気にしていたのは、少なからず周りの影響があったためで、父は警察官で厳格な性格をしており、親友である新垣あやせについても潔癖した性格を持っていました。しかし京介の助力により、理解までしてもらえずとも否定されることはありませんでした。

一方で人生相談の過程の中で、兄妹間の関係が大きく変化します。最終的に恋愛感情へと発展していきますが、その行方にファンは注目せざるを得ませんでした。ぜひ気になったからは、原作もチェックしてみてはいかがでしょうか?

「俺の妹がこんなに可愛いわけがない。」その他のおすすめ記事


【文:光明】
過去に編集ライターとして出版社に勤務。「大事なことはアニメから教わるべき」という考えから、時間を盗み見ては2次元の世界に触れる毎日を過ごしています。現在は「スクフェス全国大会2017 2次予選」「スクフェスAC全国大会」に向けて
日々シャンシャン中。そしてUFOキャッチャーに勤しんでいます。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。