【かわいいー!】けものフレンズの声優特集!誰が一番アニマルガール?

「すごーい!」というフレーズが大人気のけものフレンズ。そのフレーズに命を吹き込んだのは勿論声優さんです。ということで今回はけものフレンズの声優さんについて特集していきたいと思います。ラブライブ声優やアイマス声優など、今声優業界を席巻するアイドル声優が多数出演しているけものフレンズですが、メイン級は意外にも新人ばかり?

すごーい!その人気は「ごちうさ」にも匹敵?「けものフレンズ」!

フレンズの皆さん、そしてアニマガジン読者の皆さんこんばんわ!

アニマガジンライターのnatoriです!

今回は、言うなれば「ご注文はうさぎですか?」レベルにカルト的な人気を博し、制作陣も全く予想できずに歓喜しながら困惑している超ど級作品「けものフレンズ」の声優について特集していきたいと思います。

が!

その前に!

「けものフレンズ」の舞台となるジャパリパークでは「のけもの」は禁止ということになっていますので……もう全身がアニマルだぜっ!というフレンズの方にはおさらいとして。話題になってるけど知らないよという方は、予備知識として。

ちょっとだけ「けものフレンズ」のポイントについて見ていくことにしましょう。わーい!

最大の魅力はコメディの中に潜む現代風刺感?

けものフレンズは2017年1月より放送がスタートしたアニメで、元々のプロジェクトはスマホ用ソーシャルゲームが発端となっているコンテンツです。

アニメでは舞台となるジャパリパークで迷子となってしまったかばんちゃんが、アニマルガールであるサーバルちゃんと出会い、サーバルちゃんと共に自分の”秘密”を探るため、色んな知識が詰まった図書館という場所に行くことになります。

監督は、「てさぐれ!部活もの」シリーズで3Dアニメの新境地を拓いたということでお馴染みのたつき監督。製作会社も同じくヤオヨロズが担当しています。

「けものフレンズ」の魅力は、ゆる〜い世界観と、ゆる〜いキャラクターたちの掛け合いです。

しかし最大の魅力は、かばんちゃんがミスした際に、サーバルちゃんが発した「へーき! へーき! フレンズによってとくいなことって違うから」というセリフなどからも分かる通り、時々垣間見える、一つのミスも許さない現代社会への「風刺」という声もあります。

ゆる〜い空気の中でも、伝えるべきことは伝える。それが人々の心を掴んでいるのかもしれませんね。

さて、ここからはそんな「けものフレンズ」の声優陣について大紹介していきます!

かわいいー!「けものフレンズ」の声優紹介!

今回「けものフレンズ」の声優でご紹介するのは、主要キャラクターとなる四人(一人と三匹?)のキャラクターたちの声優さん。

どなたも可愛らしい方ばかりですので要チェックです!

かばんちゃん(CV:内田彩)

まずご紹介するのはかばんちゃんの声優である内田彩さん。

アクロスエンタテインメント所属で、1986年生まれです。

元々かばんちゃんは、先駆けとなっているソーシャルゲームでは登場しておらず、アニメからのオリジナルキャラクターとなっています。

そんなかばんちゃんは、男の子なのか女の子なのか分からないところが魅力の一つ。キャラクターデザイン自体も中性的な印象を受けるかばんちゃんですが、その印象を増幅しているポイントの一つに、内田彩さんの熱演が関係しているかもしれません。

代表作の一つに「ラブライブ」の南ことり役があり、非常に女性らしい快活なキャラクターを演じることが多かった内田彩さん。しかし、今回のかばんちゃん役で少年っぽさと少女っぽさが同居した演技が光り、その変貌ぶりに驚くファンが多いようです。

内田彩さんは「ラブライブ」の経験や、ソロアーティストとして経験から、ライブなどでも活躍が見込まれる声優さんの一人ということもあり、各所から更なる期待が寄せられているようです。

サーバルちゃん(CV:尾崎由香)

続いてご紹介するのはデビューが2015年と、かなり最近の尾崎由香さん。

響所属で、1993年生まれです。

30分アニメのレギュラー作品は「けものフレンズ」のサーバルちゃん役が初めてということで、放送開始時から徐々に注目集めていた声優さんの一人ですが、野性味と母性を兼ね備えたサーバルちゃんが注目されるに比例して、尾崎由香さんにも注目が集まっています。

1話時点でこそ、初レギュラーだということが伝わってくるフレッシュ感を前面に出していた彼女ですが、8話や9話では人気声優さん顔負けの演技を披露。最終回ではどんな成長を遂げているのかが気になる一人です。

Hibiki Radio Stationでは「けものフレンズRADIO!!」を配信しており、様々なチャレンジに励んでいるようです。

フェネックちゃん(CV:本宮佳奈)

こちらも新人声優で、「けものフレンズ」フェネックちゃん役が初の30分アニメレギュラーとなった本宮佳奈さん。

ジャストプロ所属です。

実はミナミコアリクイ役としても出演しており、新人らしからぬ慣れた感覚を存分に発揮しているようです。

「温泉むすめ」という作品で有馬輪花役として出演していたことがあり、演じたキャラクター一人一人を愛する真摯な面がとても好感を受ける声優さんの一人です。

フェネックちゃん役として出演している「けものフレンズ」ですが、実は事務所のジャストプロが「けものフレンズ」の制作にも携わっているようです。

アライグマちゃん(CV:小野早稀)

続いてはアライグマちゃん役の小野早稀さんです。

1990年生まれで、元々は劇団青年座映画放送に所属していましたが、現在はジャストプロ所属です。

「ひめゴト」では運子役を務めていた経験から分かる通り、高音の澄んだ声色が特徴的な声優さんで、その強みはアライグマちゃん役になっても存分に発揮されています。

「けものフレンズ」のラジオでは積極的に盛り立てようとするあまりに少し天然が入ったことを言ってしまうこともありますが、基本的に気立ての良いお嬢様という感じが強い声優さんです。

アライグマちゃん役としての熱演は見ものですので、是非チェックしてみてください。

他にもこんな人気声優がいる「けものフレンズ」

ここまでかばんちゃん役内田彩さん、サーバルちゃん役尾崎由香さん、フェネック役本宮佳奈さん、アライグマ役小野早稀さんの四人を紹介してきましたがいかがでしたか?

全くの新人から、東京ドームを経験した声優さんまで、実に個性豊かな顔ぶれとなっている「けものフレンズ」声優陣ですが、サブキャラクターなどには皆さんも一度は耳にしたことがあるかもしれない声優さんが揃っています。

カバちゃん(CV:照井春佳)

第1話からツンデレぶりを見せてくれたカバちゃんですが、彼女を担当した声優は照井春佳さんでした。

「未確認で進行形」や「結城友奈は勇者である」など、ライターnatoriもオススメの作品で主演を獲得しており、とても勢いがある女性声優さんの一人です。

ロイヤルペンギン(CV:佐々木未来)

「けものフレンズ」のエンディングでお馴染みのキャラクター・ロイヤルペンギン。彼女を演じているのが佐々木未来さんです。

「ミルキィホームズ」シリーズではエリー役を務めており、「けものフレンズ」のニコ生などでは先輩声優として新人をリードする立場にある、まさに頼りがいのあるお姉さんの印象が強くなってきた声優さんです。

たのしー!今後も「けものフレンズ」の声優に注目!

斬新な世界観設定や、風刺に富んだセリフなどが話題になっている「けものフレンズ」ですが、実は声優さんも魅力的だということが伝わったでしょうか。

紹介した声優さん以外にも、津田美波さんや金田朋子さんなどの人気声優がずらりと名を連ねるのが「けものフレンズ」です。

今回紹介した新人声優の尾崎由香さん、小野早稀さん、本宮佳奈さんは演技もビジュアルも一級品の声優さんで、2017年4月30日に開催される「ブシロード10周年ライブ」では「どうぶつビスケッツ×PPP」というユニットで「けものフレンズ」のOPを歌唱するようです。

もしこの記事で気になった方は是非ライブにも参加してみるといいかもしれませんね!

以上、「けものフレンズ」の声優さん特集でした!

絶対にほしいアニメグッズ情報はオタキャンプ(オタキャン)で。

「けものフレンズ」の関連記事


【文:natori】

アニマガジンライター。

主にゲームシナリオなどを執筆しており、ウェブメディアでのアニメやゲームを題材とした記事執筆はアニマガジンが初めてで、ライトノベルや美少女ゲーム、コンシューマーゲームなどを好んでおり、アニマガジンでの執筆はとても楽しくやっています!

丸戸史明先生の作品やelf、アリスソフトなどが大好きで、かなり影響されているため、金髪の女の子には見た瞬間満点をつけてしまうほどの金髪スキー(今日日「スキー」って言い方聞かない気がする)。

執筆する上でのテーマは「楽しく笑えるものに!」なので、良かったら他の記事も読んでみてくださいね!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。