『テイルズオブゼスティリアザクロス』2期第8話(20話)!感想まとめと考察、動画の視聴方法などを紹介

2017年1月から第2期シーズンが始まった『テイルズオブゼスティリアザクロス』は、導師スレイの旅も佳境へと突入します。今回はそんな『テイルズオブゼスティリアザクロス』2期第8話(20話)の感想・考察をまとめてみました!また感想・考察だけでなく、第8話(20話)から動画を視聴できる公式サイトも紹介♪

『テイルズオブゼスティリアザクロス』2期第8話(20話)の感想まとめと考察、動画の視聴方法を紹介!

前回アリーシャは、己が取るべき行動について思い悩み、葛藤するシーンが中心となって描かれたアリーシャ回となっていました。そして今回の第8話(20話)では、レディレイク奪取のためにバルトロとの戦いが繰り広げられます。

どのような決着が着くのか気になるところではありますが、しかし一方でレディレイクには竜巻が進行しているというもう一つの危機が。こちらはスレイが急ぎ向かっており、果たして間に合うのかどうか…。

さっそく『テイルズオブゼスティリアザクロス』2期第8話(20話)の内容に触れていきましょう。感想・考察をまとめていきますが、最後に公式動画が見られるサイトも紹介しているため、そちらも合わせてチェックしてみてください。

『テイルズオブゼスティリアザクロス』2期第8話(20話)の内容、考察

レディレイクに向かう竜巻は勢力を増す一方

水辺からレディレイクの外壁に登りついたアリーシャたちは、夜明けまでに全てのミッションを達成することを目指します。ひとつはレディレイクを奪取すること、そしてもうひとつは捕らわれたマルトランの救出を。

非常用通路から内部へと侵入する一行ですが、そこにはすでに大勢の敵兵が待ち受けている状態。戦況は不利でありながらも、アリーシャのみならずシレルとイアンを中心として、敵の包囲網を突破していきます。

一方で竜巻の発生を確認したスレイたちは、急いでレディレイクへと向かいます。しかし竜巻は勢力を増す一方で、その進行スピードも早くなるばかり。その様子に追いつけそうもないと弱音を吐くスレイですが、同時にアリーシャの無事も祈るのでした。

アリーシャ姫の支持者として

アリーシャたちがレディレイク奪取の戦いを初めて暫く、ルナールは戦況を遠くから見つめていました。彼女たちは善戦しているものの、中心部に近づくにつれて敵の包囲網は強固になるばかり。苦戦を強いられていきます。

そこで高みの見物を決め込んでいた彼は、マルトランの元へと近づき戦いを混乱させようと動き出すことに。しかしマルトランはルナールの出現にも動じることなく、口をゆっくりと開きます。

「アリーシャはここへは来ない。そう指導したから。」

ルナールはマルトラン救出のために大広場へ来ると予想していましたが、現実は異なる展開へと運んでいきます。その事実にルナールは駆けつけた兵に怒りを向けて、悔しさを露わに。

またバルトロも状況の異変を察知します。城壁から登ってしばらくが経ち、そろそろ罠を張り巡らせたマルトランのいる大広場に到着してもいい頃だというのに。姫としての為すべきことを全うしようとするアリーシャが向かう先はどこなのでしょうか。

竜巻を阻止する方法

レディレイクへと急ぎ向かうスレイたちは、竜巻をどう止めるかの方法を模索するのでした。

ミクリオは様々な思考を張り巡らせては考えるも、その効果的な方法にたどり着くことはできません。エドナも同様の意見で、阻止する方法は内容かに思えましたが、スレイは竜巻の穢れを浄化する方法を考えます。

穢れは誰しもが抱くもので、それを戒めながら人は生きてきている。穢れは己が戦うべき対象で、いくつもの穢れを持っている。それが様々な形となって爆発することで顕現し、今回の場合は竜巻という形で姿を現したのだという結論に至るのでした。

その穢れの大きさを把握できているスレイ。竜巻の中に潜む者の正体もすでに看破している彼は、ドラゴンであると天族に伝えるのでした。これまでドラゴンは浄化できないのが世の常でしたが、それはドラゴンの持つ穢れを受け止める導師がいなかったからではないのかと推測。

しかしそれはあまりにも未知数であり、危険なことを天族は感じ取ります。スレイ自身も失敗すれば死ぬだろうと予想を立てますが、しかし大勢の仲間がいることで達成できるだろうと、決死の覚悟で臨むことを誓います。

それに呼応するロゼや天族。その中でライラはかつて共にしていた導師・ミケルを思い出しながら、彼が成しえなかった夢をスレイが代わりに実現してくれることに、期待を寄せるのでした。

アリーシャの視線の先

アリーシャはマルトラン救出よりも優先して向かっていた場所がありました。それは国王であり父がいる広間で、敵の防衛ラインを一つずつ突破していきます。そしてアリーシャは、父がいる場所へとたどり着きました。

ハイランド王は彼女の到来に驚きますが、同時に嬉しさを覗かせます。そして、アリーシャは穢れの源となる嫉妬や妬みの温床となる戦争を即時やめるよう、姫として娘として懇願するのでした。

国王は返答よりもまず、父親としてアリーシャの顔を見たいというのでした。それに応えるアリーシャは父親の元へと近づきますが、導師と従士契約を交わした彼女の眼には国王の身体から邪気のようなものが映ります。

この時にアリーシャは相当なショックを受けていたことでしょう。これまでバルトロに操られていたとばかり思って、諸悪の根源こそ彼にあると思っていました。しかし現実には、国王から穢れが発せられていたのですから。

しかしそのショックも、バルトロの登場によってかき消されます。

ハイランドの内乱は終結へ

バルトロは国家への反逆罪、国王暗殺未遂の罪でアリーシャを裁くため、剣をを手に取ります。アリーシャは始めこそ難なくかわすものの、足を滑らせてしまいますが、国王が身を挺して彼女を庇うのでした。

最後に一言、すまなかったと言い残して倒れ込む国王。この時の彼女には実の父親が殺された悲しみもあったでしょうが、それを押し殺して為すべきことを成すのでした。

アリーシャの声と同時に、味方兵は広間に駆けつけます。さらにそこにはバルトロについていく敵兵の姿もあり、国王を切り倒したバルトロの姿を見て混乱が広がっていきます。

アリーシャはバルトロを殺すことはなく、牢屋に未来永劫閉じこめておくことを宣言します。これにて無駄な血を流すことなく終戦するかと思われましたが、バルトロは思い切って自決を図るのでした。

その行動を止めることができなかったアリーシャ。しかしハイランドの内乱が終わったことには変わりなく、長かった戦いに終止符を打てたことでアリーシャは一息入れるのでした。

むなしくも到達する竜巻

全てが終わったことに安堵するアリーシャでしたが、部下のひと声で我に返ります。それはハイランドに向かっていた竜巻が街に到達してしまい、まずは城壁が破壊されてしまうのでした。

大広場では身柄を解放されたマルトランの姿がありましたが、この状況を鑑みて即座に退避を全兵士に命令します。

竜巻は進行を止めることは無く、さらにその中からドラゴンが姿を現すのでした。この絶望的な状況にアリーシャは困惑しますが、そこにスレイから心に声が響くのでした。従士として導師を支えるため、アリーシャは急いでスレイの元へと走ります。

竜巻がレディレイクに到達してしまったものの、一刻も早く状況を解決するために天族たちはドラゴンの回りに取り巻く穢れを相手にします。その間地上では、スレイとミクリオが神衣憑依を行い、ドラゴンの浄化を試みるのでした。

とても危険な賭けではありますが、導師としてやらなければならないことが目の前にあります。ドラゴンは殺される運命にあることがこれまでの常識であったため、これから行うスレイの行動を見守るのが他ならぬエドナです。

ドラゴンの浄化

ドラゴンの行動を押さえつけ、浄化を始めるスレイはロゼに合図を送ります。そして、導師スレイが命を懸けたドラゴンの浄化が始まるのでした。

そのあまりにも大きな穢れ、かつ従士となったばかりのロゼにとっては、その負担は測り知れないものでした。一時は倒れ込んでしまうものの、歯を食いしばりながらスレイの力となります。

しかしながら、二人だけではその大きすぎる穢れを受け止めることは不可能でした。再びロゼはその場で倒れ込んでしまいますが、そこに駆けつけたアリーシャが現れ、彼女もスレイの受ける穢れを肩代わりします。

こうして仲間が集結したことによって力を貰ったスレイ。アリーシャもその穢れの量に一時はふらつきますが、それでも懸命に耐えます。二人の助力もありながら、最後には導師としての器が試される最中、スレイは決死の力を振り絞るのでした。

三人が力を合わせて、また天族たちも一つになった結果、ドラゴンの穢れの浄化を何とか成功。その一部始終を見ていたザビーダは、ただ驚くばかりです。

またロゼとアリーシャはその場で力尽きて倒れ込みます。そしてスレイがドラゴンは浄化できることを証明したことにより、ドラゴンとなってしまったエドナの兄を救えることが判明したため、その奇跡とスレイに感謝するのでした。

『テイルズオブゼスティリアザクロス』2期第8話(20話)の感想

『テイルズオブゼスティリアザクロス』2期第8話(20話)の動画視聴方法は?

【画像:ThinkStock

地上波放送

  • TOKYO MX:毎週日曜23:00~
  • BS11:毎週火曜24:30~
  • サンテレビ:毎週水曜24:30~
  • KBS京都:毎週水曜25:00~
  • テレビ愛知:毎週土曜26:00~
  • 高知さんさんテレビ:毎週水曜25:55~
  • 岡山放送:毎週日曜25:35~

無料ライブ配信

  • ニコニコ生放送:毎週日曜23:00~
  • AbemaTV:毎週金曜24:00~(再放送:毎週土曜18:00~、21:00~)

見放題配信

  • バンダイチャンネル:毎週水曜12:00~
  • dアニメストア:毎週水曜12:00~
  • U-NEXT:毎週水曜12:00~
  • アニメ放題:毎週水曜12:00~
  • hulu:毎週水曜12:00~
  • プレミアムGYAO:毎週水曜12:00~
  • ビデオパス:毎週木曜0:00~

都度課金

  • バンダイチャンネル:毎週水曜12:00~

まとめ

『テイルズオブゼスティリアザクロス』2期第8話(20話)の感想・考察をまとめました。

レディレイクにおける事件は終結しましたが、最後に現れたサイモンの発現により、世界は穢れで満ちようとしていることが判明。もはやそれを止めることはできないと勧告しにきましたが、これにより物語もクライマックスへと突入します。

ドラゴンの浄化という奇跡を起こしたスレイですが、彼に休息の時間は与えられず、立て続けに災禍の顕主との戦いが待ち受けることになりました。果たしてスレイはどのようにして立ち向かっていくのか、引き続き彼らの旅路を見守っていきましょう。

またもう一度『テイルズオブゼスティリアザクロス』2期第8話(20話)を見たいという方は、上記に記載してある動画サイトから視聴が可能となっています。次週に向けて振り返りなどで見るのも良しで、一度アクセスしてみてくださいね。

「テイルズオブゼスティリアザクロス」その他のおすすめ記事


【文:光明】
過去に編集ライターとして出版社に勤務。「大事なことはアニメから教わるべき」という考えから、時間を盗み見ては2次元の世界に触れる毎日を過ごしています。現在は「スクフェス全国大会2017 2次予選」「スクフェスAC全国大会」に向けて
日々シャンシャン中。そしてUFOキャッチャーに勤しんでいます。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。