神威の過去も明らかに!?<2017冬アニメ>「銀魂」第9話(325話)の考察と感想まとめ、動画配信サイトを紹介!

<2017冬アニメ>「銀魂」もいよいよ第9話! 『烙陽決戦篇』から始まった新シリーズですが、徐々に明らかになった、 神威・神楽の家族の過去の話が、より深く今回も描かれています。 誰の立場に立っても、いろいろと考えさせられる内容となっています。 それでは<2017冬アニメ>「銀魂」第9話の感想や考察など、ネタバレも交えて紹介しちゃいます!

<2017冬アニメ>「銀魂」第9話(325話)の考察と感想まとめ、動画配信サイトを紹介します!~烙陽決戦篇9~

みなさん こんにちは!アニマガジンライターのR@imuです。

<2017冬アニメ>「銀魂」もいよいよ第9話!

『烙陽決戦篇』から始まった新シリーズですが、徐々に明らかになった、 神威・神楽の家族の過去の話が、より深く今回も描かれています。

誰の立場に立っても、いろいろと考えさせられる内容となっています。
それでは<2017冬アニメ>「銀魂」第9話の感想や考察など、ネタバレも交えて紹介しちゃいます!

TVアニメ「銀魂」第9話の考察・感想を紹介!ネタバレも!?

ネタバレ注意です!〜烙陽決戦篇〜も9話目!

【画像:ThinkStock

第9話(325話)「まよい兎」〜烙陽決戦篇9〜

母親を殺したのは…父親だ

神威(かむい/CV日野聡 <子供時代CV:安済知佳>)の語りから、物語は始まります。神楽(かぐら/CV 釘宮理恵)に

「俺たちの母親は、惑星<徨安(こうあん)>のアルタナの暴走を受けて生まれた<変異体>。星を離れない限り 死ぬことのない不死者だ。

どのくらいの間、一人で生き続けてきたのかは分からない。

分かっているのは、たった一輪の花をアノ男は 枯らした。

<俺たちの母親を殺したのは、俺たちの父親だ…。>」と話すのでした。

小さな背中

「二度とナメた口 きくなよ。次はこんなんじゃ済まさないからな。」

大勢の男たちが倒れている前で、そう告げるのは まだ幼い神威でした。

「何度でも言ってやる!さっさと この街から出て行きやがれ!」と男たちは言いますが、その様子に気づいた父親の 神晃(かんこう/CV速水奨 ・神威と神楽の父<あだ名は星海坊主(うみぼうず)>)が駆けつけると、一目散に逃げ出しました。

てっきり助けに来たのかと思いきや、逆に神威が<弱い者いじめ>をしていると勘違いして頭突きをするのにビックリです。神楽も まだ生まれて間もない様子なのに、神晃に向かって さらに激しい頭突きをするのですから恐るべし<夜兎>の力です。

街の人たちから、神威の母が<病原菌扱い>されているようで、そのことで街の人から いろいろ言われているようです。

「母さんの病気って何なの?本当に治るの?」と父に聞く神威の言葉を上手くはぐらかした感じで答える神晃。

その時のことを、

「子供扱いされてる気がした。病気が治らないのも、アノ男が帰ってこないのも。俺の力が足りないからだと。だから、強くなろうとした。」と話す神威。

家では病気の母を抱え 妹の世話をし、外では傷つけられ なかなか辛い子供時代を送っていたんですね。

「ごめんね、この小さい背中に いろいろ背負わせてしまって。あの人と一緒になったのは、<あの人の隣にいたかったから>。生まれてくる<あなたたちの隣にいたかったから>。だから神威、あなたたちは そのままでいて…。」母である 江華(CV 釘宮理恵)が神威たちに向けた言葉が、突き刺さります。

阿伏兎との出会い

「強さってやつが、余計わからなくなった。」

男たちに絡まれた神威を助けようと、神楽は守ろうとしますが 容赦なく殴られてしまいます。

怒りが達した神威は、男たちをやっつけるのでした。その様子を見ていたのは、宇宙海賊『春雨』の阿伏兎(あぶと/CV大塚芳忠 )でした。

「この星の不良少年は、教育が行き届いてねえな。仔ウサギ、悪党になりたくねえなら、妹ぐらいは守れるようになるこった。」そう言って立ち去る阿伏兎に、神威は黙り込んだままでした。

強さとは

怪我を負った神楽を悲しい顔で泣き抱える江華。そして、神威は雨の中 じっと考えていました。

「言ったはずだ。<力は力によって 挫かれる>。お前は強さってヤツを履き違えている。」そう神威に神晃は声をかけると、

「分かんないよ。強さって何?黙って殴られる事?家族を守るために、他人を傷付ける事?

家族に見向きもしないで、一人で戦いに行く事?俺…もう 分かんないよ。」と神威は答えるのでした。

家に戻った神晃は、江華と神楽の眠っている姿を見て

「俺にも分からんよ…。」とつぶやき、家を出ようとすると

「それでも行くのね。」と目を覚ました江華の言葉に、

「お前が命を落として、俺たちの隣にいる事を願ったのなら、俺はお前たちの隣を離れても お前の命を繋ぐ。<父親じゃなくなっても家族を守る>、それがあの星に咲いた<たった一輪の花を枯れさせてしまった俺の背負うべき業>だよ。」そう言って、家を出るのでした。

その言葉を聞き、ショックを受けた神威の表情が『絶望』を表しているように思えます。

同じ存在

「宇宙は広いもんですね。まさか私と同じ存在が、その最期を見届けた者がいただなんて。

彼女は、どんな顔で逝きましたか?虚ろな時が終わった<安堵>の顔?愛する者に殺された<憎しみ>の顔?」そう神晃に話すのは、虚(うつろ/CV 山寺宏一)でした。

その言葉に怒りを露わに襲いかかる神晃。

家族

「なんで、母さんを好きになったの?父さんが 星から連れ出さなければ、父さんが母さんを…。」神威の言葉に神晃は、

「その通りだ。一人ぼっちのあいつを放っておけなかった。守ってやりたかった。だが、守られていたのは、俺の方だった。

俺は、あの星では生きられない。だが母ちゃんも、あの星以外では 生きられない。だから、何も言わずについてきたんだ。一人で永劫の時を生き続けるより、誰かと共に生き 死ぬことを選んだ。

責めるなら、俺を責めろ。だが もしあの時、その事に気づいていたとしても、俺は今と同じ道を選んだだろう。それでも、お前たちに会えるのなら…。」と立ち去るのでした。

その言葉に、ハッとした様子の神威。

(ずっと追いかけていた背中が、遠ざかっていった。母さんを苦しめていたのは、<俺たち家族>だった。)

『宇宙海賊・春雨』再び

阿伏兎が食事をして店を出ると、いかにも悪そうな男たちが 今にも襲いかかろうと後をつけていました。阿伏兎は気づいていましたが、気にせず歩いていると 背後から喧嘩する声が!

なんと神威が、やっつけていたのでした。

「そいつは、妹の仇を取りに来た 兄貴の目じゃねえな。連中より、よっぽど悪党になる素質がありそうだ。」そう話す阿伏兎に、神威は

「何だっていいよ。強くなれるなら!」そう言って、いきなり阿伏兎に飛びかかりました。

加減をする阿伏兎を見かねた『春雨第七師団』団長である鳳仙(ほうせん/CV  銀河万丈)が登場したかと思えば、庇った 阿伏兎ごと神威を投げ飛ばし

「強くなりたいか?ならば己の弱さを知ることだ。また来い!」そう神威に言うと、その場から立ち去る団長。そして、

「似ていたなあ。あの男の目に。」先程 出会った、神威を思い出し そうつぶやくのでした。

『春雨』の元へ

「アノ男(神晃)じゃない強さを知りたかった。でも 自分の弱さとともに知った、俺には…アノ男には…俺たち家族には、あの人を救えない。

だったら俺は…。」そう思い、『宇宙海賊・春雨』の団長・鳳仙に 何度も立ち向かっては倒されます。それでも決して諦めない神威。そして、鳳仙の腹部に見事 キックが命中!

「仔ウサギが。この鳳仙に一撃を見舞うとは。望みはなんだ?このまま 殴り殺されることか?それとも…。」そう尋ねる鳳仙に神威は、

「連れ出してほしい。俺と母さんを<この星>から。」と答えるのでした。

親父の片腕

「母さん、母さんの星に帰ろう。」神威の言葉に寂しげな表情で江華は、

「いつから知っていたの?」

「星に帰れば、病気もきっと良くなるよ。枯れかけた花だって、もう一度 土に戻せば …。」神威の言葉を遮るように、

「神威、母さんをここにいさせて。隣にいたいの。」

「隣になんて、いなくったっていい。家族なんかじゃなくなったって、それでも俺は 母さんに生きていてほしい。」

「なんで そんなとこまで似てしまうかな…。」そう言うと、また具合が悪くなる江華なのでした。きっと神晃も 同じような言葉を、 以前 江華に言ったのでしょうね。

そして、そこに神楽と神晃もやってきます。神晃は神威に、

「なんで、俺が帰ってる時を選んだ?」と聞くと、神威は

「知ってるからだよ。母さんを救うには、家族であることを捨てるしかない。

アンタを超えていくしかない!」そう告げる神威の目付きが変わるのでした。

「そうさ、俺にはもう…」そう言って、神晃に襲いかかる神威。

神晃は必死に止めようとし、江華に関する 何かを見せようとしますが、神威は止まりません。そして、父の左腕を斬り落とすのでした。その手からは、ブルーに輝く石が…。これってまさか!?神晃の片腕が、まさか神威によって失われたとは!そして、石は?

兄妹

「あんたの腕をふりほどいてでも、母さんを連れて行く。家族じゃなくなっても、家族を守る!」

その事を思い出し、神威は神楽と戦います。

神楽を投げ飛ばし、

「お前が守ろうとしたものも、俺が守ろうとしたものも、もうどこにもないよ…。」

そして、また昔の事を思い出すのでした。

(家族を捨て、あの人も守れなかった俺には もう、強くなることしか…アノ男を超える事しか残っていない。)

「だから神楽、行かせてくれ!もう邪魔しないでくれ!その顔を!その声を!もう俺に見せないでくれ!」執拗に神楽に襲いかかり、ついには落石の下敷きになってしまった神楽を置いて、神威は その場から立ち去るのでした。

神楽がこんな姿になってしまうのは、正直辛いシーンでした。きっと、神楽が成長するにつれ、母の面影が重なってしまっていたのでしょうね。

誰が悪いわけではないけれど、誰かのせいにしないと どうしようも出来ない気持ちは、痛いほど伝わります。

けれど、神楽を傷つけて解決する問題でもない。難しいですね。何より、神楽の安否が気になります。

アルタナ

そして別の場所では、神晃と虚が 未だ激しい戦いを続けています。

どちらも一歩も譲りません。戦闘中に、首を治す 虚の笑顔が不気味すぎます。

(江華、俺は不死者のお前ですら、死なせちまうような<馬鹿な男>だった。だが、馬鹿にしか出来ねえこともある!力を貸してくれ。<オれたちの家族>を守るために!)

そう思いながら、懐に入れた何かを掴む 神晃。虚は、神晃に向かって今にも斬りかかろうとしています。そして…虚の刀が、神晃の身体を貫通するのでした。

死んでもおかしくない状況の中、なぜか神晃は虚に話しかけるのでした。

「不死者の魂を引き剥がそうってんだ。こっちも全部 脱ぎすてて、裸で殴り合う<覚悟>しねえとな。」そう言うなり、虚の心臓に拳をぶつける神晃。虚からも激しい血しぶきとともに、心臓部分からも 緑に輝く光が!

「心臓を潰そうと、私は消えませんよ。」虚の言葉に神晃は、

「ここにあるのは、心臓だけじゃねえよ。嫁へのプレゼントだ。<アルタナの結晶石>!

お前たちは、<アルタナ>によって生まれた存在。その星から 切り離されれば、命は繋げん。俺は 嫁を延命するため、あの星に残っていた<結晶石>を探し回っていたが、まさか他にも使い道があったとは…。

お前、地球生まれか?心臓と一緒に『これ』を握りつぶしたら、どうなるかな?」との言葉にも

「あなたを両断するのと、どっちが早いと思いますか?」と、なんだか余裕すら感じる虚。そして神晃は、

「さあな?少なくとも俺は、嫁へのプレゼントは 1か月前に買え揃えておくタイプだったよ。」そう言って、虚の心臓もろとも握りつぶすのでした。

不敵な笑みを浮かべつつ、その場に倒れこむ 虚。

「地球生まれのお前には、別の星の<アルタナ>は ガゾリン車に軽油をぶちまけられるようなもの。廃車決定だ!俺たちと同じように、死んでゆけ…。」神晃はそう告げ、倒れるように膝まづき、

「江華…、ようやく届けられたなあ。最後のプレゼント。受け取ってくれ。」

神晃が 家をしょっちゅう留守にしていたのは、<アルタナの結晶石>を探していたからだったんですね。せめて、神威にだけでも伝えていれば、こんな親子関係にならずに済んだのにと思わずにいられません。

そこにすっと様子を見ていた 阿伏兎が駆けつけるのですが…背後から不穏な気配が…。

なんと虚が、姿を変化させ 立っていたのです!これは、背筋がゾッとする展開です。

「この程度で死ねるなら、誰も苦労したりしませんよ。

残念です。やはり あなたでも、私を殺せませんでしたか…。」そう言うと、神晃の右腕を斬り落とすのでした!そして、倒れる 神晃。

そこで 阿伏兎は、あることに気づきます。

「何故!?ヤツが二人!?」確かに、倒れている虚の姿が見えます。

(まさか…ちぎれた右腕から 蘇生した!?)

今、立っている虚の右腕には、そのような形跡がありますね。

「考えていることは、同じだったようです。ただ一つ違ったのは、彼には<捨てる命>が一つしかなかった。だが、私の<アルタナ>も 底をついてしまったようだ。

あなたのおかげで、何百年ぶりに 死を 生きている実感を得られましたよ。

だが それも、やがて来る終焉の前では 余興に過ぎません…。いづれ会いましょう…そちらで。」倒れたまま動かない  神晃に、そう告げると、立ち去る虚なのでした。

虚、さらに恐ろしくなって復活しましたね。<アルタナ>がなくなると、虚がどうなるのかも気になる所ではありますが、何より神晃は このまま死を迎えてしまうのでしょうか?

途中、神楽が必死に歩く姿が映ったので、その点はホッとしたのですが…。

最強

「どうやら行ったらしいな。だとしたら、俺の勝ちだな。

<左腕は、家族を捨て無くなった。>だが、<右腕は、家族を守って無くなった。>

俺にしちゃあ、上出来じゃねえか。」そう力を振り絞って話す神晃に、

「上出来なんかじゃないよ。アンタの右腕は、馬鹿息子をぶん殴るために 残ってたんじゃねえのかよ!なんで そんな所に 転がってる!なんで あんなヤツに、醜態 晒してる!

立てよ!俺との決着は、まだ着いちゃいない!そんなもんじゃないだろ、アンタは!

立てよ!」そう叫んだのは神威でした。そして、神晃に襲いかかります。

なんとか神楽も その場にたどり着き、

『やめろー!神威!」と叫んで止めようとしますが、その声は届いていないようです。

阿伏兎も止めようとしたその時!木刀が、神威の行く手を阻みます。

砂埃舞う中、現れたのは….銀時(坂田銀時・さかた ぎんとき/CV 杉田智和)!そして、新八(志村新八・しむら しんぱち/CV 阪口大助)と定春(さだはる/CV 高橋美佳子)も一緒です。

思わず、鳥肌が立ちました!ここで登場するとは!

思わず涙ぐむ 神楽。

「銀ちゃん…新八…。」どんなに会いたくて、頼りたくて、でも自分の問題だからと、一人で頑張ってきた神楽の思いが、伝わってきます。

「何しに来た…。」神威は怒りを露わに、銀時に問うと

「家族の問題に 、立ち入るなとでも?確かに俺たちは、血なんざ繋がってねえよ。

だが、同じ屋根の下で、同じ釜の飯食って・同じもんに笑って 、怒って泣いてきた、『万事屋』だ。アイツのために動くのに、血も理由も必要ねえよ。」と告げ、新八も

「神威さん。その拳 引いてください。これ以上 神楽ちゃんを…家族を…自分を苦しめるのは、やめてください!」と言うのでした。

「アイツを苦しめてるのは、お前らの方だろ?ようやく見つけた<もう一つの居場所>を俺に壊させようって言うのか?」という神威に、

「僕らは、壊れたりしませんよ。神楽ちゃんが あなたの手を離さなかったように、僕らも 神楽ちゃんの手を…みんなの手を離さない。

だから、あなた達も僕らも壊れたりしない!」とさらに新八が話しますが、神威は

「もう遅いよ。引き返せない…。アノ人は、もういない。どちらかが倒れるまで、俺たちは終われないんだ。」と。その言葉を聞いた銀時は、

「そうかい。だったら俺が、終わらせてやるよ。」そう言うと、倒れている 神晃に まさかの<頭突き>!神威も神楽も、そりゃ驚きますよね!

そして、銀時も倒れるという…。

「これで<最強>を倒したのは、俺だ。俺が最強だ。」そう言った銀時ですが、目には涙、おでこには大きなタンコブが…。新八の

「いや、どこがぁ〜!?」のツッコミはさすがです!そして、まさかの

「なんだ?ハエでも止まったか?」と神晃が言ったのにもビックリです!生きてたんですね!

馬鹿兄貴

「誰がなんと言おうと、とどめを決めたのは俺。最強の座を引き継いだ。神威、お前のお守りもな!お前の探してたもんは、ここにあるぜ。欲しけりゃこいよ。あのハゲを倒すために、手にしたもん、全部ぶつけてみろ!お前の夢も努力も。そして、その先にある 最強も!俺が全て、踏みちらかしてやるよ。

お前の欲しがってたもんって、そんなもんだ!」その言葉に更に怒りを倍増させた神威は、

「聞こえなかったか?邪魔だって言ってるんだ!」と銀時を殴りますが、

「聞こえなかったか?全部出せって言ったんだ!」銀時は、淡々と神威に話すと、木刀で神威を叩きつけるのでした。そして銀時は、

「それがお前の全部か…。だったら親父になんか勝てるはずがねえ。追いかけてたはずが、いつの間にか、逃げてたんだろ。親父から…家族から。

お前は空っぽだ。だから、自分に意味が欲しかったんだろう。その拳じゃ 俺どころか、親父のカツラも吹き飛ばせねえよ。最強?そんな大層な名前なんぞなくても、テメエには ピッタリな名前があるだろ。『馬鹿兄貴』!」その言葉とともに、二人の戦いが始まろうとしていました。

〜次回へ続く〜

<2017冬>アニメ「銀魂」9話の感想まとめ

とにかく切ないシーンが満載でしたね。

見逃した!もう一度見たい!そんなあなたも大丈夫!動画配信サイトをまとめて紹介します!(有料です)

<2017冬>アニメ「銀魂」第10話、次回も見逃せない!

<2017冬アニメ>「銀魂」第9話、いかがだったでしょうか?

神威が父に対して、そうしてあそこまで憎んでいたのかがわかったような気がしましたね。

しかも事実を知らないということが、切なすぎます。

次回は、いよいよ銀時との勝負のようですね。次回予告では、神威に異変が!?とあったのも、かなり気になるところです。

前話もですが、今回の第9話も かなり時系列が複雑なため、まだ見ていない方は、ぜひアニメの視聴をオススメします!

次回、TVアニメ『銀魂』第10話もお楽しみに!

「銀魂」の関連記事はこちら


【文:R@imu】
二人の娘を持つ主婦で、家族全員がやや偏ったアニメヲタクです。
アニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」にハマったことからアニメが急に好きになり、声ヲタ寄りではありつつも、いろんなジャンルのアニメ・アニラジを視聴しています。先日行われた、「銀魂華祭り2017(仮)」で『おそ松さん』との
コラボ映像が流れたと聞き、かなり気になってます。イベントDVDには、収録されるんでしょうか?

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。