「Rewrite2ndシーズン」21話放送!感想まとめと考察、動画の視聴方法を紹介

「Rewrite」2ndシーズン第21話が放送されました。 篝と再開する瑚太朗、地球を救うためには良い記憶を篝に見せる必要が。 悲しい戦いを続けるガイアとガーディアンと敵対する決意をする瑚太朗、そして悲しい再会も。 「Rewrite」2ndシーズン第21話の内容、感想、動画の視聴方法を紹介しますのでチェックしてください。

「Rewrite」2ndシーズン21話の感想まとめと考察、視聴方法を紹介

2017年冬アニメ「Rewrite」2ndシーズン21話が放送されました。

ガーディアンの1つの事業、超人の傭兵として海外の戦争に参加する瑚太朗、その悲惨な現実を前に心が折れて自らの命を絶とうとする。

それを救ったのは現地の少女ヤスミン、ヤスミンや子どもたちと遊ぶのが安らぎとなります、そして唯一戦友といえるルイスとともに行動します。

大規模作戦に参加する瑚太朗、敵の魔物使いの正体はお金のために働かされているヤスミンや子どもたち。

子どもたちを救うために逃亡、その際ルイスは瑚太朗と子どもたちを逃がすために敵を足止め、そして死亡。

このことがきっかけとなりガーディアンとしてではなく瑚太朗として生きるように、ヤスミンたち魔物使いの子どもたちやまだガーディアンに捕まっていない能力者を保護します。

新たな道を歩み始めた瑚太朗、江坂から声がかかり日本に戻る、瑚太朗は今後どのような行動をするのでしょうか。

「Rewrite」2ndシーズン21話の内容と考察

日本にて

日本に戻る瑚太朗、それを出迎えるのは江坂。

瑚太朗は相変わらず自分は力がないので役に立てないと言う、それを聞いた江坂は相変わらずだと告げる。

そしてお前はそれでいいと。

地球の篝

日本に戻り、鍵である篝と再会。

篝という名前を聞いて初めてのはずなのに懐かしい気分になる瑚太朗、そして篝は瑚太朗に告げます。

このまま再進化が起これば地球の活力がなくなっているため、地球が再生できないと。

このままでは滅びに向かう、そしてそれを回避するのに必要なのは「良い記憶」。

良い記憶というのが何かは篝にもわからない、しかしこれを見つけることができなければ地球は滅ぶと。

良い記憶を見つけるための協力を瑚太朗に要請する篝、瑚太朗は篝火の導きに従い同意します。

そして篝は言います、悪い記憶はたくさんあると、どうして人と人は争うのか。

最大の闘い、ガイアとガーディアンを倒す、これが瑚太朗と篝の目標となります。

今宮と西九条

表向きはガーディアンとして行動する瑚太朗、今宮と西九条と再開します。

そして様々な経験で成長した瑚太朗、うまい具合に単独行動を勝ち取る、そして今宮から自然にガーディアンの情報を得る。

単独行動となる瑚太朗がとる行動とは……。

ガイアに潜入

変装をしてガイアに潜入する瑚太朗、ガイアとして活動するために信者を装います。

ガイアのことも知り尽くしている瑚太朗、うまくガイア信者になりすまし、魔物使いとなる。

魔物使いとしての才能は独学のヤスミンたちより劣るそうですが。

危なっかしい篝

篝のもとへ向かう瑚太朗、しかし篝の姿が見えない。

魔物使いとしての力で篝を見つける、篝は町に行っていた様子、それが良い記憶を探す手がかりになると篝は考えて。

篝は人間に遅れを取るつもりはまったくないと言いますが、瑚太朗はその行為に対して激怒。

人間の中にも篝を認識できる者がいる、そして人間の異分子を排除する力はすさまじいと。

ガイアが放った魔物も当たり前のように倒していた篝、その行為もそこになんらかの存在を示唆する手がかりになる。

それらの行為をやめるように言う瑚太朗、篝は最初抵抗しますが渋々納得します。

ガイアの中枢に

ガイアは聖女である加島桜を盲目に信じる派閥と、ガイアとして実利を狙う洲崎の派閥に割れています。

その中で須崎派の方が潜入しやすいと須崎に取り入ります。

まんまと須崎はのスパイのような役割を得る瑚太朗、これがガイア切り崩しの手段となるか。

ヤスミンとのチャット

入手したデータをヤスミンに解析してもらおうとチャットをつなぐ、するとヤスミンは連絡が遅い瑚太朗を怒ります。

そして瑚太朗が送ったデータがあまりにも非人道的なもの、危険なことに首を突っ込む瑚太朗をヤスミンが心配する。

そして会いたいというヤスミン、瑚太朗の家族だからと、現状瑚太朗が唯一信頼できる相手がヤスミンだけですね。

篝の苛立ち、そして小鳥

篝は瑚太朗を叱責する、あまりにも行動が遅いと、早くガイアとガーディアンを倒すようにと。

相変わらず人間を甘く見ている篝に瑚太朗は言い返す、急いでも失敗するだけだ、俺を信じてほしいと。

不満げな篝ですが、瑚太朗に裏切ることは許さないと告げる、瑚太朗としては裏切るつもりはありませんが、かなりギスギスしていますね。

そして新たな事実が発覚、篝は小鳥の結界で守られていると。

いままで近くにいたが入れ違っていたため小鳥と瑚太朗は遭遇していませんでした。

久しぶりの再会ですが、小鳥が両親を魔物として作ろうとしていることに激怒する瑚太朗。

そして小鳥も言い返す、小鳥はずっと1人で悲しいことばかり、どうして瑚太朗も優しくしてくれないのと。

頭がいいお前なら理解しろという瑚太朗、しかし小鳥は泣きじゃくる。

危険だから関わるなという瑚太朗、小鳥は自分の事情で篝を守っていると主張、2人は歩み寄ることができるのでしょうか。

「Rewrite」2ndシーズン21話のファンの感想は?

瑚太朗なりの優しさだと思いました、本人に余裕がなく、そして不器用なためあんな突き放した言い方になったのではないでしょうか。

いよいよ地球を救うための瑚太朗の戦い、それもガイアとガーディアン双方を敵に回すもの。

この先どんなことが待ち受けているのでしょうか。

1期、そしてMOON編からのこの流れ、今までの話の土台があってこその演出でしたね。

第21話を見逃した人は動画配信サイトをチェックしよう!

「Rewrite」2ndシーズン最新話はニコニコ動画GYAO!で視聴可能です。

 ニコニコ動画

第21話配信:3月5日22:00~

GAYO!

第21話配信:3月5日12:00~

第21話をチェックして第22話を待ちましょう!

「Rewrite」2ndシーズン21話の内容、感想まとめを紹介しました。

鍵である篝にいい記憶を見せないと地球が滅ぶ、まずは悲しい記憶をなくすために争い続ける組織、ガイアとガーディアンを潰す決意をする瑚太朗。

そのためガーディアンの情報を入手、そしてガイアにも潜入します。

小鳥との悲しい再会も果たした第21話、いよいよ物語は佳境へと向かっていきます、第22話の放送を楽しみに待ちましょう!


【文:如月】
アニマガジンライター、ゲームはTRPG、PBWといったアナログゲームからWOTなどのPCゲーム、艦これ、黒ウィズ、シャドウバースなどのブラウザゲーム、スマホゲームまで大好きなゲーマー。
アニメももちろん大好き、ガルパン劇場版も数回足を運んだガルパンおじさんの1人。鍵作品はKanon、そしてKeyメンバーがタクティクス時代に制作したONE-輝く季節へ-からプレイしていた鍵っ子。
その他、歴史、スポーツ、ミリタリーなどなど幅広い趣味があり、興味を持ったものはなんでも調べるのが趣味。
「AKIBA’S TRIP -THE ANIMATION-」、「CHAOS;CHILD」、「Rewrite」などの感想記事を書いていますので、そちらの記事もよろしくお願いします。

Rewriteの関連記事はこちら

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。