奈月、遂にデレる!?「One Room」8話の感想まとめと内容考察!さらに動画視聴方法も!

今回は「One Room」8の個人的な感想まとめと内容の考察記事となります。前回のラストシーンで衝撃的な言葉と表情を作った奈月ではありましたが、今回はモメるかな? とも思いつつ視聴させて頂きました。しかし期待を裏切る結果となり、悪い意味ではなく納得のラストになったと個人的には思っています! そんな8話の内容を個人的な視点で掘り下げます!

奈月編ラスト! ラストの奈月はデレモード!? 今までとは違う奈月ここにあり!「One Room」8話!

皆さんこんにちは、アニマガジンライターの葵です!

今回は「One Room」8の個人的な感想まとめと内容の考察記事となります。前回のラストシーンで衝撃的な言葉と表情を作った奈月ではありましたが、今回はモメるかな? とも思いつつ視聴させて頂きました。しかし期待を裏切る結果となり、悪い意味ではなく納得のラストになったと個人的には思っています! そんな8話の内容を個人的な視点で掘り下げます!

「One Room」8話の感想まとめと内容考察!

では早速、One Room8話の個人的な感想まとめと内容の考察記事に入りたいと思います。前回までは色々と視聴者が満足する描写も多く、かなり反響があった内容ではありました。ラストシーンでちょっと険悪ムードといいますか、「なんでそんなこと言うの?」という反応を示した奈月。今回は喧嘩かな? とも思いましたがそのような内容ではありませんでした。そんなOne Room8話の内容を個人的な視点で掘り下げていきましょう!

奈月のデレ! 最高の妹振りを見せる

前回のラストシーンで主人公(兄)は妹の奈月に対して「もう帰れ」という言葉を投げかけました。この時点で私個人的に思ったのは「お母さんが心配するから帰れ」などの意味があるのかと思っていましたが実はそうではありませんでした。「惨めになる」というものであり、妹を心配するというよりは、自分が惨めになってくるという意味で発した言葉だったのですね。その言葉に対して奈月はまさかのデレを見せるシーンが! 「お兄ちゃんはかっこいい!」と恥ずかしがりながらフォローする・・・いや、本音でしょうね、そう言った奈月は超絶に可愛かったと個人的には思いました。今までは完全なるツンデレの妹を見せつつ、しかし兄を思いやる場面もありましたが、ここまでストレートにデレるシーンはありませんでした。ラストでまさかのこのような描写を放り込んでくるとは予想外でしたね。想像できていた方もいらっしゃるとは思いますが、私は完全に予想外でした。素直になれない奈月が勇気を出して思いの丈を伝えたという感じのシーンでしたが、とても良かったと思います。「お兄ちゃんはいつも頑張ってる」と普段から兄のことをずっと見ていた妹だからこその言葉だと思いますね。中々感動的なシーンではないでしょうか? 個人的には結衣編のラストよりも奈月編ラストの方が感動的であって、さらに予想を超えるものだったと思います。そして今回は兄視点がかなり巧妙に作られており、その点でも楽しめたのではないでしょうか? 今までは兄視点のみという描写だけではなく、三人称視点もあり「うーん」という感じもありましたが、今回はそこも結構カバーされていたと思います。

そして二人で買い物か、もしくは散歩なのか、橋を渡っているシーンへ。なぜ兄に彼女ができないのか? と尋ねられますが、「出会いがないから」と答える兄。確かに出会いがないというのは一番の問題とも言えるでしょうね。しかし奈月は普通に「会社にも女の人いるでしょ」と兄のモテなささを指摘。兄のルックスや性格はイマイチ掴めない感じでしたが、モテなくもない感じではあります。むしろ自分から彼女作りを積極的にしていないという感じがありますね。今はそれどころではないという印象があります。仕事に追われる毎日で彼女を作る余裕などないという雰囲気もありました。「出会いがない」というのは単なる言い訳でしょう。そして・・・まさかのここでも奈月は大胆発言。「私が立候補してあげる」というもの。妹が彼女に立候補なんて飛んだ大胆発言ですね。「冗談だけどね」と付け加えてはいましたが、これまでの流れを見て妹が兄に対してそういう感情を持っていると気づかないわけがないというのが普通でしょうが、やはりここはスルーでしたね。奈月に対して「お前は彼氏作らないのか?」的な意味合いの言葉を投げかけた描写もありました。ツン状態で答えていましたが、あの奈月に彼氏ができないというのはやはり兄が好きだから、誰とも付き合わないという感じでしょうね。兄以上に好きな人ができれば付き合うというのが一番納得のいくものでしょう。そして、再び家へ。

「明日帰るね」と奈月。いよいよ奈月との同居生活も終了となるわけですね。「また遊びにこいよ」という言葉を言ったのでしょうか。次は春休みにね、と返す奈月の言葉はちょっと嬉しそうでもありましたね。

そして奈月を見送る兄。おそらく新幹線の駅まで一緒について行ったのでしょう。少し寂しい感じの表情を作りつつも、作り笑いで「またね、お兄ちゃん」と最後に手を振る奈月でした。心惜しいというのもあるのでしょう。妹の気持ちを考えればそれもそうですね。お兄ちゃんッ子という感じでしたので、離れるのが寂しいという気持ちが強かったのですね。しかし兄のことを考えるという奈月の気持ちもわかります。おそらくまだ夏休みは日があるのでしょうが途中で帰るということは、やはり母親への心配をかけないという意味と、兄に迷惑をかけないという気持ちも少なからずはあったのではないか? と個人的に思いました。そして妹のいない自分の家へと帰る主人公。又してもコンビニ弁当で済ませる主人公ですが、ホワイトボードの最後に書かれていた言葉「たまには妹に連絡する事。がんばれ、お兄ちゃん」と可愛い文字と絵で締めくくられていました。兄思いのいい妹という事でラストを締めくくった感じでしたね。恋愛というよりは家族愛という意味で今回はかなり良いお話だったと思いました!

「One Room」の動画視聴方法について!

ニコニコチャンネル:One Room

ニコニコチャンネルでは最新話が無料で視聴可能となっていますので、見逃してしまったという方は是非こちらをチェックして見てください!

次回はいよいよ最後の幼馴染編突入!

今回で妹である奈月編は終了となりました。One Roomもいよいよ残すところラストひとりとなりましたが、最後は幼馴染という設定でのお話になります。シンガーソングライターという設定でもあり、声優はあの「みもりん」が努めているということでかなり個人的に楽しみです! 次回のOne Roomもお見逃しなく!

(出典:筆者撮影)


【文:葵】

元ファミ通編集部ライターであり、現在アニマガジン専属ライターとして活動中。アニメ・ゲームを主として生きている自他共に認めるヲタクと言っても過言ではありません!好きなキャラクターはリゼロの「レム」‼︎ 基本食わず嫌いなく2次元ものを視聴しておりますマルチライターです!

今後とも、アニマガジンを宜しくお願い申し上げます。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。