黒子のバスケ(黒バス)キャラクター紹介!プロフィールからおすすめ活躍シーン、声優までまとめ!~火神大我編~

今回は、黒子のバスケ(黒バス)に登場する、黒子の新しい"光"、火神大我の魅力、プロフィールや活躍シーン、声優さんをご紹介して行きたいと思います。アツく、キセキの世代と並ぶ天才プレイヤーである火神大我。黒子の新しい光、そして誠凛のエースとしてチームを引っ張ります。新しい光として良いコンビネーションを発揮しています。それでは、黒子のバスケ(黒バス)火神大我の魅力、プロフィールや活躍シーン、声優さんをご紹介していきましょう!

黒子のバスケ(黒バス)火神大我の魅力を徹底解剖!その魅力をまとめます!


(画像:thinkstock)

みなさんこんにちは!アニマガジンライターのまいをです。今回は、黒子のバスケ(黒バス)に登場する、黒子の新しい”光”、火神大我の魅力、プロフィールや活躍シーン、声優さんをご紹介して行きたいと思います。こっちの方が主人公じゃないかと思うくらい、アツく、キセキの世代と並ぶ天才プレイヤーである火神大我。黒子の新しい光、そして誠凛のエースとしてチームを引っ張ります。アツくなりすぎて黒子に突っ込まれることも多いですが新しい光として良いコンビネーションを発揮しています。
それでは、黒子のバスケ(黒バス)の火神大我の紹介をしていきましょう!

黒子のバスケ(黒バス)火神大我プロフィール

私立誠凛高校1年生

  • 身長 190cm
  • 体重 82kg
  • 誕生日 8月2日
  • 星座 獅子座
  • 血液型 A型
  • 背番号 10番
  • ポジション パワーフォワード
  • 好きな食べ物 チーズバーガー
  • 好きな女性のタイプ おっおしとやかな女っ・・・の人かな・・・
  • 座右の銘 よく食べ、よく遊ぶ

黒子のバスケ(黒バス)におけるもうひとりの主人公とも言える、誠凛高校のエース。小学生から中学生までアメリカで育ち、見かけによらず、帰国子女です。陽泉高校の氷室にアメリカでバスケを教わり、兄として慕っていました。アメリカで本場のバスケを学び、日本のバスケは生温いと感じていましたがキセキの世代の存在を知り、影と名乗るキセキの世代幻のシックスマン黒子の光となり、キセキの世代を倒し日本一になることを誓います。
熱血がゆえ、やや乱暴なところがありますが冷静になると反省し自分を見返すことができる選手です。天性の跳躍とバスケのセンスでキセキの世代と並ぶ天才プレイヤーで、チームにとってなくてはならないエースへと成長していきます。

ここがすごいよ!火神の活躍、注目シーン!

第3Q「勝てねェぐらいがちょうどいい」

海常との練習試合、火神がダンクを決めゴールを壊すシーン。ハーフコートだったのがゴールが壊れて試合が続けられない為、海常の監督は悔しそうにフルコートで試合を進めます。そこからの黄瀬の投入!完全に相手チームに火をつけたゴール破壊ダンクです!

第12Q「勝利ってなんですか」

インターハイ予選の誠凛VS秀徳戦で、火神が黒子に殴られるシーン。なんとか秀徳に食らいつく誠凛ですが、なかなか突破口が見つかりません。そんな中、火神は秀徳と戦えるのはオレだけ、みんなに頼らなくてもオレひとりで勝つと宣言します。その言葉に怒った黒子。キセキの世代を倒すのに彼らと同じ考えで勝てるわけがないと火神を殴ります。これにより冷静になった火神は誠凛としてチームで戦い秀徳をくだします。

第15Q「笑わせんなよ」

火神が始めて青峰にあったシーン。黒子のかつての光である青峰に1on1で惨敗し、「お前の光じゃ淡すぎる。アイツは影だ。光が強ければ強いほど、アイツも強くなる。」と青峰に言われます。かつての光であった青峰よりも強い光になることができるのか、黒子とのコンビに不安がよぎるシーンです。

第40Q「嬉しくてしょうがないと思います」

WC桐皇VS誠凛で青峰に新技を全て見抜かれた黒子。ベンチで落ち込む黒子をみて、「今度はおれがあいつを助けるんだ」と火神は言います。今までの火神とは違う冷静さがあり、青峰に食らいついていきます。火神の変化に青峰も失いかけていたバスケへの闘争心が蘇ります。

第43Q「負けるかよ」

火神がゾーンに入るシーンです。選ばれた者しか入れないゾーンの扉を開けた火神の動きは青峰と同等。2人の次元が違うエース対決に誰も追いつけません。火神のゾーンはこれが始めて描かれており、青峰との対決は息つく暇もないくらい、スピード感と緊張感のあるものでした。

第47Q「決まってらあ」

かつて兄弟の絆を結んだ氷室と火神。しかし、黒子に兄弟の証であるリングを捨ててほしいと頼みます。「辰也との過去と、お前たちとの未来じゃ、どっちが大切かなんて決まってらぁ」。このセリフと笑顔がどこか寂しく感じたのは、おそらく黒子もでしょう。

第50Q「勝つ!」

土壇場でゾーンにはいった火神は、ゾーンにはいっている紫原を圧倒!のこり1分、怒涛の追い上げを見せる誠凛と死守する陽泉。そして最後、火神の強靭なジャンプから繰り出される「メテオジャム」が炸裂!誠凜が次のステージへ駒を進めます。

第74Q「お前だったんじゃねーか」

火神がゾーンを超えたゾーン、「真のゾーン」には入るシーンです。このシーンは「かっこいい!!」の一言に尽きます!ゾーンを越えたゾーンは、自分ひとりの力では決して開く事のないもので、扉の前に立っていたのは門番などではなく、黒子だったと語る青峰、そして仲間とともにその扉を開いた火神はエンペラーアイを持つ赤司にも止められません。
火神、そして誠凛だったから開けられた扉だったのかもしれませんね!

こちらも注目!オフショットシーン!

第20Q「なりたいじゃねーよ」

秀徳戦の帰りに黒子が拾った犬「テツヤ2号」。火神は実は犬が苦手で、いつも2号から逃げ回っています。小さい犬を怖がる火神のいつもと違うビビってる姿はギャップがあって少しかわいいですね!

第21話「始めるわよ」

火神が料理男子?!こちらもまさかのギャップ!料理が苦手な監督リコにカレーを教えます。鍋をあおる姿はまさにできる人の風格!!

火神大我CVは小野友樹さん!

火神のギラギラしていることろが好き、徐々に成長していき、仲間と共に強くなっていく姿はわが子を見ているよう・・・とインタビューで語っています。戦っているときと普段の高校生な時とのギャップを魅力に感じているようです。

キセキの世代に並ぶ天才!火神のプレイは迫力満点!

ゴールを壊すダンクや、メテオジャムなど相手を圧倒するパワーとスピードでチームを引っ張る火神。アツすぎて黒子に怒られることもありますが、いいコンビを発揮してます。黒子のバスケ(黒バス)の2人目の主人公とも言える火神の回を重ねるごとに強くなる姿は見ていてすがすがしいものがありました。勢いのあるプレイは相手を威圧し仲間には覇気や勢いを与えまさに誠凛の大エースといった感じです!黒子とのコンビ、そして、劇場版でライバルであるキセキの世代とチームを組み戦う姿は今からとても気になります!劇場版は必見ですよ!


【文:まいを】
声優ヲタク。アニメ、漫画、ゲームなんでも好きなものに首突っ込んでます。早くFFⅦのリメイク出てほしい。
こっちが主人公?ってくらい強くてアツい漢!敬語、そろそろしゃべれるようになろう。がんばろう。

関連記事

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。