黒子のバスケ(黒バス)キャラクター紹介!プロフィールからおすすめ活躍シーン、声優までまとめ!~黒子テツヤ編~

黒子のバスケ(黒バス)の主人公・黒子テツヤの魅力、プロフィールや活躍シーン、声優さんをご紹介して行きたいと思います。ジャンプ至上おそらく一番影の薄い主人公である黒子テツヤ。一番目立つ主人公なのに、目立ってはいけない、影として光を際立たせる主人公がかつてジャンプにいたでしょうか!それでは、黒子のバスケ(黒バス)の黒子テツヤの魅力、プロフィールや活躍シーン、声優さんをご紹介をしていきましょう!

黒子のバスケ(黒バス)主人公・黒子テツヤの魅力を徹底解剖!その魅力をまとめます!


(画像:thinkstock)

みなさんこんにちは!アニマガジンライターのまいをです。今回は、黒子のバスケ(黒バス)の主人公・黒子テツヤの魅力、プロフィールや活躍シーン、声優さんをご紹介して行きたいと思います。ジャンプ至上おそらく一番影の薄い主人公である黒子テツヤ。一番目立つ主人公なのに、目立ってはいけない、影として光を際立たせる主人公がかつてジャンプにいたでしょうか!!しかし、それを利用したプレーに、誰もが驚き、幻のシックスマンという異名やでチームを勝利に導く立役者っぷりは、主人公感がでています!
それでは、黒子のバスケ(黒バス)の黒子テツヤの紹介をしていきましょう!

黒子のバスケ(黒バス)黒子テツヤプロフィール

私立誠凛高校1年生

  • 身長 168cm
  • 体重 57kg
  • 誕生日 1月31日
  • 星座 水瓶座
  • 血液型 A型
  • 背番号 11番
  • ポジション ???
  • 好きな食べ物 バニラシェイク
  • 嫌いな食べ物 コーラ(炭酸系)
  • 好きな女性のタイプ やさしい人
  • 座右の銘 一期一会

帝光中時代、幻の6人目(シックスマン)として「キセキの世代」を影から支えた。生来の影の薄さと、ミスディレクションを活かした見えないパス回しで敵をかく乱する。

(引用:黒子のバスケ公式サイト

そのプレイスタイルから「幻のシックスマン」と呼ばれ、キセキの世代の天才達からも一目置かれていたプレイヤー。普段は無表情かつローテンションで、いつの間にかそばにいて驚かれることが多いです。その影の薄さから生れたミスディレクションのプレイは、帝光中時代にキャプテンの赤司が見出したもので、誠凛に入ってからは自らで技を進化させていきました。連携とサポートに特化したプレイスタイルはまさに影。
誠凛では、相棒の火神のストッパーになることが多くアツい火神に冷静に対応している描写が多く見られます。

ここがすごいよ!黒子の活躍、注目シーン!

第1Q「黒子は僕です」

黒子の登場シーン!影の薄さに驚くバスケ部メンバー。これが帝光中の幻のシックスマン?と疑問が浮かぶ中、2年生との練習試合でミスディレクションを利用したパスを披露しみんなを驚かせました。火神も黒子に実力を認め、キセキの世代を倒し日本一になると約束します。

第12Q「勝利ってなんですか」

火神が自分だけで勝とうとするシーン。それを見て黒子が火神を殴ります。勝たないと意味がないという火神に対し、嬉しくなければそれは勝利ではないという黒子。「勝つことがすべて」だった帝光時代、個人技を行使するだけのバスケを見てきた黒子だから言える言葉、そして火神を冷静に戻せたのも黒子だったからといえるでしょう。

第36Q「ふざけるな」

こちらのシーンは黒子がかっこいいシーンですね!!そして普段温厚な人が怒ると怖いという事がわかるシーンです。笑「ふざけるな!僕はキセキの世代のバスケットが間違っていると思って戦うことを選びました。」これはかっこいい名言のひとつです。青峰が花宮に言った、「お前はテツを怒らせた」のセリフも印象的でした。

第39Q「ムダな努力だ」

イグナイトパス・廻が炸裂したウィンターカップ・誠凛VS桐皇学園。そして、バニシングドライブも披露するなど、ウィンターカップ、桐皇との戦いのために多くの技を用意していた黒子。しかし、青峰はかつての黒子の光であり、長い間一緒にプレイしてきました。それ故に黒子の技に青峰は瞬時に対応していきます。

第43Q「負けるかよ」

誠凛VS桐皇学園は誠凛が勝利。黒子は帝光時代に交わせなかった拳を青峰に求めます。「あの時の拳をまた合わせてません」これも名シーンですね!少し恥ずかしそうにする青峰、そして光と影として戦っていたあのころこの拳を交わし、次は負けないと、言葉を交わします。

第44Q「教えてください」

ウィンター初戦が終わり、火神の家で鍋を食べるシーンです。テラスに出た黒子の火神。黒子は誠凛のバスケ部でバスケができていること、そしてみんなで鍋を食べていることを幸せに思っていました。「火神君に会えて、本当に良かった。」という黒子に対し、「こっ恥ずかしい事を」という火神。でもきっと同じ事をみんな思っているんだと感じるシーンです。

第53Q「ジャマすんじゃねーよ」

福田総合との試合、灰崎の一度見た技をコピーし奪うという技の前に、自分の技を奪われストックがなくなっていく黄瀬。足を痛めている黄瀬にとって、ハードな試合展開は、足の限界も近くなっていました。完全に流れは福田総合、そんな時、黒子が立ち上がり黄瀬にエールを送ります。
「信じてますから、黄瀬君!」
その声に応えるように、黄瀬は「パーフェクトコピー」を繰り出し、追い上げをはかります。

第74Q「諦めるな!!!」

誠凛VS洛山。WC決勝戦での荻原が黒子に声援を送るシーンです。一緒にバスケを始めた友人で、別の中学に行ってもお互いバスケをしていました。帝光中と試合であたり、ひどい試合をしたことをうらんでいると思っていた黒子ですが、荻原はまだバスケを続けていて、黒子の応援に来ていたのでした。黒子の涙と、荻原の笑顔の声援はが印象的なシーンです。

第75Q「何度でも」

黒子のバスケ(黒バス)最終回。黒子のシュートにブロックに飛ぶ赤司ですが、「いいえ、まだです。僕は影だ。」黒子はシュートではなく火神にパスを出し、WCは誠凜が優勝を手にします。最後の数秒の駆け引きはドキドキの連続でした。黒子と火神のコンビ、火神のスピードに追いつくようにプレイした誠凛、影に徹した黒子、まさにチームで手にした勝利です。

第75.5Q「最高のプレゼントです」

OVAのこちらのストーリーはとにかくいい話。黒子の誕生日をみんなでお祝いします。キセキの世代で集まってバスケができたこと、火神の家でみんながお祝いしてくれたこと、それこそが黒子にとって最高のプレゼントでした。

ここにも注目!オフショットシーン!

第37Q「よろしゅうたのむわ」

ウィンターカップ出場を決め、温泉で疲れをとる誠凛バスケ部。黒子は2号を洗ってあげていますが、シャンプーハットをつけて泡に埋もれています。そしてお湯に入ればのぼせる始末・・・・。2号も可愛いですが、黒子も可愛いシーンです!

黒子のバスケ(黒バス)NG集

黒子テツヤCVは小野賢章さん!

舞台黒子のバスケでも主人公・黒子テツヤを演じる小野賢章さん。声優の他、舞台や歌手でも活躍しています。黒子の、ちゃんと芯があって、冷静につっこみを入れられるところが好き、感情の起伏が少ない中でそのニュアンスをつくるのか難しかったとインタビューで語っています。

主人公だけど影!影なのにかっこいい!!黒子テツヤのプレイは驚きの連続!

ジャンプ至上一番影の薄い主人公ですが、ちゃんと主人公らしくかっこいい!!影を名乗る黒子の姿はしっかり主人公です!帝光中のバスケやチームに対す思いは、誠凛バスケ部に入って、糧にもなり、仇にもなりました。しかし、確実に黒子を強くし、魅力的なキャラクターにしたのもその帝光中があったからだと、作品をふりかえって思います。キセキの世代のみんなでバスケをしているシーンは本当に幸せそうでした!昔の仲間に戻れて本当に良かったですね!
今月スタートの劇場版ではどんなプレイを見せてくれるのか、今からとても楽しみです!これからも黒子のバスケ(黒バス)そして、黒子テツヤを応援していきましょう!!


【文:まいを】
声優ヲタク。アニメ、漫画、ゲームなんでも好きなものに首突っ込んでます。早くFFⅦのリメイク出てほしい。
黒子は影が薄いのに目立つとき目立つよなあー。私はいつも目立たないのに変なときだけ目立って恥かくよなあー。

関連記事

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。