【BanG Dream!】文化祭準備始まる!ようやく沙綾回スタート!「バンドリ」6話の感想まとめと内容考察!さらに動画視聴方法も!

今回は「バンドリ」6話の個人的な感想まとめと内容の考察記事となります。前回でおたえが正式なメンバーとして加入し、ようやく4人になった香澄たちですが、ここでようやくラストのメンバー回となりました。一番最初に出会っていた沙綾ですが、一番最後になってしまったのはやはり何かしらの過去があったからだと思っていましたが、そのようです。果たして沙綾はどのようにしてメンバー入りを果たすのか・・・6話の内容を個人的な視点で掘り下げます!

文化祭の準備ようやくスタート! 沙綾回も始まる! ラストメンバーはかなり苦労しそう!?「バンドリ」6話!

皆さんこんにちは、アニマガジンライターの葵です!

今回は「バンドリ」6話の個人的な感想まとめと内容の考察記事となります。前回でおたえが正式なメンバーとして加入し、ようやく4人になった香澄たちですが、ここでようやくラストのメンバー回となりました。一番最初に出会っていた沙綾ですが、一番最後になってしまったのはやはり何かしらの過去があったからだと思っていましたが、そのようです。果たして沙綾はどのようにしてメンバー入りを果たすのか・・・6話の内容を個人的な視点で掘り下げます!

「バンドリ」6話の感想まとめと内容考察!

では早速、「バンドリ」6話の個人的な感想まとめと内容の考察記事に入りたいと思います。今回は文化祭の準備とそしてようやくといっていいでしょう、沙綾の回が始まりました。一番難関になりそうであると予想していましたがどうやらそのようです。過去に何かしらあったと見てもいいと思われる内容でした。そんな6話の内容を個人的な視点で掘り下げていきます!

文化祭準備! 沙綾と一緒に!?

今回はまずいよいよもうすぐに迫っている文化祭の準備から始まりました。香澄たちは文化祭でバンドの演奏をすることになっていますが、それと同時にクラスの出し物も考えなければならないようでした。そんな中、まさかの香澄が文化祭の実行委員になるという暴挙です。香澄に任せて大丈夫か? と思いましたが、副委員長を決める際に香澄は沙綾を推薦します。クラスのみんなも香澄をうまく扱えるのは沙綾だけだといって仕方なく、しかし若干嬉しそうに副委員長を引き受ける沙綾でした。沙綾は実家のパン屋を手伝っているだけに色々と忙しいというのがありますが、香澄たちと一緒にいるときは本当に楽しそうであると感じました。嫌嫌やっている風には見えませんでしたし、むしろ世話焼き女房のように香澄につきそう姿はとても仲のいい親友のような感じがしました。いいキャラクター設定ですね! バンドメンバー全体を見ても本当に個性が際立っていると思います。個々のキャラクターがそれぞれにいい持ち味があり、そして全員が全員しっかりとマッチングするように作られているということがとてもよくわかります。沙綾の立ち位置的にはみんなのまとめ役という感じでしょうね。

ともあれ、文化祭の出し物について考える香澄たちですが、香澄は「ドキドキで〜」とあまりにも抽象的な言葉を使いみんなはあまり理解できない感じでした、それを訳す沙綾がいて本当にいいセッティングだと思いました。

クラスの出し物はまさかの男装執事喫茶? という謎のコスプレ喫茶になったようです。そして出す食事ですが、ここで普段おとなしいりみりんが「パン」と提案しました。そのパンというのは、沙綾の実家であるやまぶきベーカリーのパンということであり、沙綾も少し考えつつ了承してくれました。沙綾の両親も快く引き受けてくれたようであり、かなり可愛いパンの施策が出来上がっていました。ミニチュアですごく可愛いかったですね! そして文化祭、クラスでの出し物が全て決定し準備に取り掛かります。香澄たちが沙綾の家を訪れてパンの施策などを練っているとき、沙綾の妹弟たちが出てきていましたが、やはりお姉ちゃんという感じでしたね。そして一番面白かったのが、香澄がジュンジュンと弟にあだ名をつけたとき「う○こう○こ〜」と小学生らしい照れ隠しをいっていたのがなぜかツボでした。妹の方は香澄にかなり懐いている様子でした。大人しく、ちょっと沙綾に似ている部分もあるのかな? という感じはありましたね!

一方で、バンド名と作詞作曲を考える香澄たちです。香澄は歌詞を担当し、バンド名は有咲が、作曲はおたえとりみりんがやっている感じであり役割分担がしっかりとなされていました。有咲はツンデレだけにその場では照れ隠しで暴言を吐きますが、しっかりとバンド名を考えていましたね。「キラキラとかになったら最悪だし」と言いつつも、ちゃんと考えているところにキュンときますね。

作曲の方はおたえ達がやっているので心配はなさそうな感じでした。問題は作詞であり、沙綾の家に泊まりで考えるという最終手段をとる香澄です。一人だと寝てしまうそうです。どれだけ集中力がないんでしょうか。ともあれ、作詞の方は沙綾のお手伝いありでなんとかいい感じに進みそうでしたね。一方バンド名は無事に決まったようです。有咲もなんだかんだ言ってちゃんと考えていたようですね。「Poppin’Party」といういかにも彼女たちらしいバンド名に決まりました。Poppin’Partyは実際にアニメ企画がある前から実際に存在するバンドです。これを元にバンドリというアニメ企画が進行しました。

沙綾の過去 バンドはもうやらない?

沙綾は過去にバンドをやっていたようです。以前ちょろっと映ったギターを背負った前髪を上げている女子生徒がいましたが、それが元メンバーだったようです。中学時代でしょうか? 沙綾はバンドのドラマーとして活躍いていたようです。その頃の沙綾はバンドに対してすごく熱心に活動していたように思えましたが、その後おそらく何かしらの事件か問題があったのかもしれません。母親もこの一件に絡んでいると見てもいいでしょう。お店をあれだけ熱心に手伝うというのも何かあったからだと見てもいいですね。そしてラストシーンでバンドはもうやらないと沙綾がきつく言いましたが、バンドに対しても何かしらあったのかもしれません。かつてのメンバーに「バンド始めるんだ」と言われて「間違えて書いちゃったみたい」と言っていましたが、そこまでバンドを拒否する理由とは一体なんなのか、とても気になりますね! 次回それもおそらく語られることでしょう。またここで香澄が熱心に沙綾に対して向き合う場面かくると思います。次回が楽しみですね!

「バンドリ」の動画視聴方法について!

AmebaTV:バンドリ

AmebaTVでは見逃し放送がありますので、もし見逃してしまった方は是非チェックして見てくださいね!

次回のバンドリは文化祭&沙綾修羅場回か!?

今回、沙綾の過去の一端と沙綾の気持ちが色々と複雑にわかったりわからなかったりした場面が多かっただけに次回どうなるのかとても気になる場面で終わりました。次回は文化祭始動になるのか、そして沙綾と香澄たちはどうなるのか、その辺りがポイントになりそうですね! 次回のバンドリもお見逃しなく!


(出典:筆者撮影)


【文:葵】

元ファミ通編集部ライターであり、現在アニマガジン専属ライターとして活動中。アニメ・ゲームを主として生きている自他共に認めるヲタクと言っても過言ではありません!好きなキャラクターはリゼロの「レム」‼︎ 基本食わず嫌いなく2次元ものを視聴しておりますマルチライターです!

今後とも、アニマガジンを宜しくお願い申し上げます。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。