純粋無垢な女の子!『アイドルマスターシンデレラガールズ』赤城みりあを紹介♪

数多くのアイドルが登場するデレマスこと『アイドルマスターシンデレラガールズ』ですが、今回は赤城みりあをご紹介♪シンデレラプロジェクト最年少メンバーである赤城みりあは、TVアニメ『アイドルマスターシンデレラガールズ』でどのような活躍をしているのでしょうか?プロフィールなどから彼女を紐解くとともに、魅力に迫ります!

明るく元気にお仕事を頑張る!赤城みりあの魅力に迫ります♪

十人十色なアイドルが登場する『アイドルマスターシンデレラガールズ』。今回はシンデレラプロジェクトのメンバーから、元気いっぱいの女の子・赤城みりあをご紹介♪

シンデレラプロジェクト最年少メンバーでもある赤城みりあは、オーディションに合格した14人の一人で、年齢が近いこともあって城ヶ崎莉嘉とはいつも一緒に行動しています。

幼くも元気いっぱいの女の子らしく、事務所内を駆けまわるのかと思いきや、プロデューサーにはしっかりと敬語を使うなど、真面目な一面もあります。そんな彼女がアイドルとして歩んだ軌跡とはどのようなものでしょうか?

赤城みりあのアニメ内での名セリフなど活躍した場面はもちろん、基本情報となるプロフィールから学年や年齢、誕生日などをおさらいしながらお届け!デレマスでは多くのPから愛されている赤城みりあに迫っていきたいと思います♪

赤城みりあのプロフィール♪身長や学年、誕生日や年齢は?

  • 年齢:11歳
  • 誕生日:4月14日
  • 身長:140cm
  • スリーサイズ:B75・W55・H78

赤城みりあはシンデレラプロジェクトのオーディションに合格した14人のうちの一人で、東京都出身の女の子。誕生日は4月14日生まれの年齢が11歳、学年はまだ小学生というキッズアイドル。また、プロジェクトメンバー最年少でもあります。

ショートヘアーのツーサイドアップが特徴であり、城ヶ崎莉嘉とは年齢が近いということもあって一緒にいることが多くなっています。そのため、莉嘉の行動にそのままついていって迷惑をかけてしまうことも…。

赤城みりあの趣味とは?どんな性格なのか?

赤城みりあの性格は、とても社交的で明るい、好奇心が旺盛な女の子となっています。仕事においては嫌がることなく、どんなことがあっても面白そうと感じることから、無邪気な子供らしい様子が窺えます。

しかし一方で家庭内では、0歳の妹が生まれたことによって、母からあまり構ってくれなくなったことに不安を抱くことも。その点に関しては、ギクシャクしていた城ヶ崎美嘉と思いを共有したことにより解消され、以降仲を深めた二人は「お姉ちゃん同盟」を結んで関係が深まっていきます。

また彼女の趣味は「おしゃべり」となっており、事務所内では子供っぽく誰かに構ってほしそうにしゃべることが多くなっています。モバマスやデレステでは。語尾に「☆」「♪」といった感情記号が付くことが多く、そこからも無邪気な女の子という印象を強く受けることでしょう。

また特技というほどではありませんが、シンデレラプロジェクトメンバーの中で唯一まともに神崎蘭子の中二病発言を理解できる人物の一人。同世代のメンバーやプロデューサーでさえ理解に苦しんでいましたが、その様子に「なんで分からないの?」疑問に感じており、みりあらしい純粋さが窺えます。

アイドルとしての赤城みりあの姿

シンデレラプロジェクトのメンバーとして、数々のステージや番組出演など、小学生ながらも大舞台を経験していく赤城みりあ。続いて、赤城みりあがアイドルとしてどのような活躍をしてきたのかを見ていきたいと思います。

まだ小学生であるものの、プロデューサーなど上の立場の人に対してはしっかりと敬語を使うなど、大人な一面もみせるみりあ。しかし一方で子供らしい純粋さが現れるシーンもあります。

そんな数ある赤城みりあの登場シーンから、どんな舞台を経験してきたのかを紹介します♪

凸レーション

諸星きらり・城ヶ崎莉嘉らと結成されたシンデレラプロジェクトのユニットに参加している赤城みりあ。ユニットコンセプトらに沿った明るくポップな雰囲気にピッタリで、そこでも彼女らしい無邪気で純粋な様子が窺えます。

デビューに際してコラボ企画のために各イベント会場を回っている際、プロデューサーの「もっと観客を巻き込みたい」という考えに、どうすればいいのかみりあも真剣に悩みます。そんな時にきらりの提案で、原宿でクレープを食べて気分転換をすることに。

そこでプロデューサーはプロジェクトメンバー紹介のために、原宿で三人が無邪気に遊んでいる様子を撮影します。みりあはカメラを意識することなく、三人との小休止を楽しんでおり、純粋な気持ちでアイドルを楽しんでいることが分かります。

城ヶ崎美嘉のモヤモヤを晴らすみりあ

赤城みりあには生まれたばかりの妹がいました。仕事で貰った花束などは家に持って帰る彼女は、一日の出来事を母親に話したくて毎回うずうずします。しかし子育てに忙しいみりあの母は妹に付きっきりで、あまり構てもらえず寂しさが募る一方でした。

同時期に、城ヶ崎美嘉は妹の莉嘉に346プロの方針を快く思っておらず。八つ当たりをしてしまうのでした。そのことを反省している折、寂しさで心がモヤモヤしている赤城みりあを連れまわして、彼女と気分転換に出かけるのでした。

美嘉は始めこそみりあを励ますつもりでいましたが、いつしか二人は同じ姉として思い共有していきます。そしてみりあの「辛いことがあったら相談してね?」という何気ない一言に、自然と涙をこぼしてしまいます。

自分の気持ちを押し殺して部署や彼女のプロデューサーのため、会社の新たな方針に従ってきた美嘉。その抑えがたい気持ちを莉嘉にぶつけてしまって後悔していることが、堪らず感情に表れてしまった瞬間でした。

そんな美嘉の様子を見て、小学生ながら美嘉を抱きしめるみりあ。こうして美嘉は自分らしさを取り戻していきます。また同時に、みりあも姉としての振る舞いができるようになり、アイドルとしても1人の人間としても大きく成長することになります。

押さえておきたい赤城みりあの名セリフ!

みりあもー!

純粋無垢なみりあが十二分に表現されている名セリフ。

デビューするメンバーが続々決まっていく中、前川みくを始めとした後発組は自分のデビューを気にします。その中で赤城みりあは無邪気に「みりあもー」といって、プロデューサーにデビューを催促するのでした。

他にも他の人がやっていることを自分もやりたい時、プロデューサーに電話で連絡している時など、至る場面で「自分も」という気持ちが出ています。素直な気持ちをまだ抑えられないあどけなさも窺えますが、みりあらしい可愛らしさが見えてきます。

お姉ちゃんだって泣きたい時、あるよね

城ヶ崎美嘉が様々なことに対し思わず涙してしまった時、赤城みりあが美嘉をそっと抱きしめた際にこの言葉を残しています。

とても小学生とは思えない発言である者の、同じ「姉」である美嘉の気持ちを理解していたみりあ。妹が生まれてなかなか構ってくれないことに寂しさを覚えていましたが、この発言でみりあ自身も姉の役割とは何かを理解します。

赤城みりあの声を担当している声優は?

赤城みりあの声を担当している声優は黒沢ともよ。

2000年頃からドラマやCM、舞台に子役として出演しており、NHK大河ドラマでも市姫役として登場。2003年に出演した舞台「奇跡の人」では、幼少期の美空ひばり役を演じたことをきっかけに、役者の道を歩むことを決意するとともに、その演技力は高い評価を受けていました。

そんな彼女が声優として出演をし始めたのは2012年ごろで、事務所もマウスプロモーションに所属することに。舞台役者としての経験を活かしながら、声優デビュー間もなくメインキャラクターを務めるなど、目覚ましい活躍を披露。

また『アイドルマスターシンデレラガールズ』のライブでは、舞台役者出会った経験が十二分に発揮されており、鍛え上げられた肺活量をもって激しいダンスを踊りながら歌います。息が切れることなく歌い上げるその姿から「驚異の小学生」と形容されることも。

黒沢ともよさんの代表作

  • 輝け!ユーフォニアム:黄前久美子
  • 甘城ブリリアントパーク:シルフィー
  • アイカツ!:有栖川おとめ

まとめ

【画像:ThinkStock

『アイドルマスターシンデレラガールズ』に登場するアイドル・赤城みりあについて、身長・学年・年齢・誕生日から、趣味・性格・名セリフなど、プロフィールをはじめとした様々な情報をまとめてみました。

元気いっぱいの女の子で、つねに明るい笑顔が絶えない赤城みりあ。太陽以上に眩しいその表情に、心を奪われてしまったPは大勢います。また、純粋無垢なみりあにも同様に大勢が惹かれたことでしょう。

そんなみりあが絶えず笑っていると、みているこちらとしても自然と元気を貰える気がします。そんな魅力十分の赤城みりあですが、彼女の表裏ない様子をまじまじと見れば、誰もが惚れ込んでしまうこと間違いなし!

みりあPはこれまで以上に彼女を愛で続け、他の担当であっても、今一度彼女の明るい笑顔に注目してほしいと思います♪

アイドルマスターシンデレラガールズの他の記事はコチラ♪


【文:光明】
過去に編集ライターとして出版社に勤務。「大事なことはアニメから教わるべき」という考えから、時間を盗み見ては2次元の世界に触れる毎日を過ごしています。現在は「スクフェス全国大会2017 2次予選」に向けて
日々シャンシャン中。そしてUFOキャッチャーに勤しんでいます。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。