『風夏』第3話!感想まとめと考察、動画の視聴方法などを紹介

榛名優・秋月風夏・氷無小雪の三人の恋物語を、音楽というテーマで結び付けている週間少年マガジン連載の作品『風夏』。『涼風』の後の話となるため、内容や考察が気になっている人も多くいるのではないでしょうか?そこで今回はTVアニメ『風夏』の動画第3話の感想や考察の内容をお届け♪第3話をネット上で見れる公式動画も紹介です♪

『風夏』第3話の感想まとめと考察、動画の視聴方法を紹介!

前回の『風夏』第2話では、榛名優と氷無小雪がダイレクトメッセージのやり取りから数年ぶりに会話をすることに。そして彼女が憧れであり目標としていた武道館ライブも無事に成功し、優との距離も縮まりました。

また風夏に関しても「やりたいこと」をずっと探していたところ、優の勧めによって進展が。それは小雪のライブに何気なく言われた「音楽」の道。一晩悩んだ末、風夏は軽音楽部の設立申請を、優とクラスメイトの三笠の三人で行うでした。

第3話では風夏の行動に巻き込まれた優がどのようにして動いていくのでしょうか?また優と小雪の関係にも更なる進展があるのか?その辺りにも注目しながら、第3話を振り返っていきたいと思います。

また最後には、『風夏』をインターネット上で視聴できる公式動画も紹介♪こちらも是非チェックして頂き、急な出張などでもリアルタイムで視聴して頂ければと思います。

『風夏』第3話の内容、考察

楽器を買うためにバイトを始める三人

風夏の思いつきによって、優と三笠は勝手に軽音楽部の頭数に加えられます。相談もなく突然の行動に対して戸惑う優、その傍らで「僕たちは出会うべくして出会った」とイケメン語で受け入れる三笠。三者三様の想いが巡る中で、担任に申請するのでした。

しかし部員数が足りないため部活動ではなく同好会として承認されることに。また楽器を持っていない彼らのために、夏休み期間中は知り合いが経営する海の家でのアルバイトを進めるのでした。

その旅路、風花と三笠が軽快にトークを飛ばしている中で、優は海の家のアルバイト=接客業であることに憂鬱を覚えていました。SNS中毒である彼にとって、人と接することは億劫なこと。

それを一喝するように風夏は「ライブでは大勢の人の前で演奏するんだよ?」と言います。三笠も人見知りな優をからかいますが、優にはそれともう一つ、楽器を弾いたことがない人間にバンドが務まるのかという心配もありました。

優のモヤモヤは晴れぬまま、一行はお世話になる海の家「South wind」に到着。店主の矢矧は気さくな性格で、奥手な優にはっぱをかけます。そして優と三笠は部屋に案内されると、翌日の朝早くからバンバン働いてもらうぞという軽い脅しに、優の不安はさらに募っていくのでした。

優を励ます風夏

アルバイト初日、仕事をてきぱきとこなす風夏と三笠に対して、人と話すことが苦手な優は失敗続きでした。その様子は厨房にいる矢矧にも伝わっており、何かと上手くいかない優を叱責するのでした。

その様子を心配そうに見つめる風夏は、優が裏で休んでいる時に励まします。人付き合いが苦手で、そもそもバンドもできそうにない不安を告白すると、風夏は優が一生懸命な人間だから問題ないと言います。

携帯を無くした時も一生懸命に探していたし、悩みを抱えている時も心配してくれた。そんな一生懸命さが伝わったため、優と一緒にバンドを始めたいのだと風夏は言います。メンバーは誰でもよかったわけではないということを知った優。風夏の励ましによって、息を吹き返すのでした。

そうして無事にアルバイト一日目も終了。始めこそはぎこちなかった優ですが、午後からの客足をさばけたのも彼のおかげだと、矢矧や三笠は評価します。無理をしたのか、軽い熱中症で横になっている優を、風夏は膝枕をして誇らしげに見つめているのでした。

バンドを始める理由

風夏はなぜかまってくるのか?そのことに疑問を持っていた優は三笠に相談を持ち掛けますが、風夏が優に惹かれているのではないかと言います。それだけで、あとはライフセーバーをナンパしに出かける三笠。そしてすぐさま風夏が現れ、遊びに誘われるのでした。

海に入って遊ぶ二人。そこで優はなぜバンドを始めることにしたのか、本当の理由を聞くのでした。氷無小雪に憧れていることを知っていたため聞いたものの、風夏はバンドならみんなでやれて楽しいからと、あまりスッキリした返事はありませんでした。

そんな会話をしていると、気がつけば流されていることに気付く風夏。慌てて陸へ戻ろうとしますが、パニックによって風夏は足をつらせて溺れてしまいます。優は懸命に風夏を救いますが、その代わり今度は優が溺れてしまうことに。

しかし優も何とか一命をとりとめるのでした。それは風夏の懸命な人工呼吸のおかげであり、ようやく目を覚ました優に泣きじゃくりながら抱きつきます。優自身は何が起きたのか理解できないまま、ただ風夏が泣くのを落ち着くまでそばにいるのでした。

初めての…

海の家に戻ってきた優と風夏ですが、矢矧は優の腑抜けた表情が気になって仕方ありません。一緒に遊んでいた風夏に事情を尋ねるとサッパリだと言い切りますが、顔を見合わせた瞬間、優は風夏の唇が視界に入って驚きます。

元々人付き合いが苦手なうえに女の子とのやり取りをも少ない彼にとって、人工呼吸と言えどキスをしていたことに、過剰に反応してしまうのでした。全うで健全な男子高校生であれば、そのことを意識してしまうのも無理はないでしょう。

しかし風夏が三笠の飲むジュースを貰おうとする時、間接キスは気にしないという発言を受けて、自分が過剰に意識しすぎているんだということを知ります。

海の家も悪天候によって早めに閉めることになり、片づけられた店内から外をぼーっと眺める優。そこに風夏が助けてもらったことにお礼を言いに来るのでした。また同時に、あの事は内緒にしてほしいともお願いします。

あの事とは、優を助けるために人工呼吸をしたこと。聞けば人工呼吸といえども、優とのキスは初キスになるため、恥ずかしいから誰にも言わないでほしいとのこと。そんな乙女らしい表情や仕草に、優は意識しているのは自分だけではなく、また彼女は自分を気にかけているのだと有頂天になるのでした。

ついに再開する優と小雪

様々なことが起こる海の家でのアルバイト。偶然にも同じ湘南でロケのために来ていた小雪は、スケジュールの合間をぬって優と再開するのでした。そのことに優は快く承諾し、二人は小学校以来の再会果たすこととなります。

雨の降る夜ではあるものの、小雪の提案で花火をすることになった二人。線香花火を灯しながら、お互い再開を懐かしむ会話に華を添えつつ、優は今やトップアーティストとなった小雪を綺麗になったと褒めるのでした。

その発言に思わず赤面する小雪。優にとってはすっかり手の届かない存在となってしまいましたが、「二人だけのときは昔のにこくんとタマでいさせて」とお願いされます。そして突風によって小雪の傘は飛ばされ、優も慌てて小雪を傘の中に入れようとします。

傘が飛ばされたと同時に、小雪はそっと優に寄り添うのでした。その行動には戸惑ってしまう優。しかし同時に、どんなギターを買おうか相談しようと彼のことを探していた風夏が、その光景を目撃してしまいます。

長年想いを寄せていた小雪、そして優の存在に惹かれていた風夏が、ついに出会うことに。状況は決して良いとは言えませんが、果たしてこの「トライアングル」の関係はどのような結末に向かっていくのでしょうか?

『風夏』第3話の感想

『風夏』の動画視聴方法は?

先行配信

  • WOWOWメンバーズオンデマンド
  • GYAO!
  • MBS動画イズム

毎週火曜日配信

  • dアニメストア
  • dTV
  • ひかりTV
  • J;COMオンデマンド
  • milplus(みるプラス)
  • イッツコムオンデマンド
  • TOKAIオンデマンド
  • ビデオパス
  • U-NEXT
  • TSUTAYA TV
  • プレイステーションVideo
  • Google Play
  • YouTube
  • Niconico
  • Rakuten ShowTime
  • Amazonビデオ
  • VideoMarket

まとめ

【画像:ThinkStock

『風夏』第3話の感想・考察をまとめてみましたが、いかがでしたか?

ついに優・風夏・小雪の三人が出会ってしまい、トライアングルが形成されました。今後、この三人の関係がどのような方向に向かって進められていくのかが気になりますね。

小学校以来の再開を果たして、ずっと抱いていた気持ちを少しずつ伝えようとする小雪。一方で優が徐々に気になる存在へと昇華している様子が窺える風夏。現在のところは風夏が一歩リードしている状況ですが、果たして逆転はあるのか?また王道展開でもある報われない恋のまま終了してしまうのか?

そして次回は「ライブ!」というタイトルが付けられており、いよいよ優・風夏・三笠の三人で立ち上げられたバンドが登場。どんなサウンドを作っているのか、また風夏がどのような感じで歌っているのかも気になるばかり!

Twitter上ではOP/EDともにかっこいいと評判であるため、バンドの音楽も聞き逃せません!

「風夏」他のおすすめ記事はこちら


【文:光明】
過去に編集ライターとして出版社に勤務。「大事なことはアニメから教わるべき」という考えから、時間を盗み見ては2次元の世界に触れる毎日を過ごしています。現在は「スクフェス全国大会2017 2次予選」に向けて
日々シャンシャン中。そしてUFOキャッチャーに勤しんでいます。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。