【ハイキュー!!】烏野の理性「月島蛍」のプロフィールと名言まとめ!

ハイキュー!!に登場する月島蛍のプロフィールをまとめてご紹介します。今や烏野にとってブロックの要、そして変人コンビとは真逆のプレイスタイルは烏野の頭脳、そして理性としてチームに無くてはならない存在にまで成長しました。そんな月島蛍のプロフィールをまとめていきます

ハイキュー!!「月島蛍」のプロフィールをまとめてご紹介します!


(画像:thinkstock)

みなさんこんにちは!アニメガジンライターのまいをです。今回は、ハイキュー!!に登場する月島蛍のプロフィールをまとめてご紹介したいと思います。月島といったら頭がきれる、頭脳プレイヤーで直感で動く変人コンビとは真逆といえるプレイスタイルです。今や烏野の頭脳、理性としてチームを支える大切な存在となっています。ファンの方はご存知、今に至るまでは多くの苦難がありました・・・・。それを思うと今の月島の活躍には胸が熱くなりますね!今回はそんな月島の詳細プロフィール、そして作中に誕生した名言や活躍シーンなどをまとめてご紹介していきたいと思います!

月島蛍 プロフィール

烏野高校1年4組 バレーボール部1年

  • ポジション MB(ミドルブロッカー)
  • 誕生日 9月27日
  • 身長 190.1cm(最新)
  • 好きな食べ物 ショートケーキ
  • 最近の悩み 高校に入ってまた下の名前の読み方をいろんな人に聞かれること
  • CV 内山昂輝

前のめりな性格が多い烏野高校1年の中でも特に異彩を放つ、クレバーブロッカー。皮肉屋な一面もあり、日向や影山と衝突することも。

(引用:TVアニメ ハイキュー!!公式サイト

1年生ながら烏野バレー部一番の身長をもち、高さと頭脳を活かしたブロックは烏野守りの要のひとつ。どんな状況でもあわてず、相手チーム、自身のリームの状況判断を行いゲームメイクまで行うことができる頭脳プレイヤーです。影山や日向の性格を当初は「純粋でまっすぐな感じはイライラする」と言っていました。毒舌で皮肉を言いますが、日向や影山、そして山口などチームメイトの実力や努力は認めているようです。
夏の合宿で山口に渇を入れられてからは技術にさらに磨きが掛かり、そのブロックは王者牛島若利をも止める烏野の壁へと成長しました。

ここに注目!名言満載!月島蛍活躍シーン&名言!

第3話 最強の味方 「イライラすんだよ。無駄にアツい奴って」

日向と月島の2人で練習しているシーンです。バレー部に入るために先輩と試合をすることになった2人。日向の特訓を行います。そこに同じ1年生で新入部員の月島と山口が通りかかります。この段階では詳細は明らかになっていませんが、アツい奴にいら立ちを思える月島の発言は2期で明らかになる兄の存在だと判明します。

第8話 幻覚ヒーロー 「カッコ悪。」

いろんな意味の詰まった「カッコ悪」。山口をいじめていた人を見てのセリフ、そして自分の兄をバレーボールを通してしか見ていなかった自分に対する言葉でした。たかが部活を生み出した過去の経験は高校生になった月島を悩ませている経験でした。月島が部活に対して執着がない理由が明らかになったシーンでした。

2期第8話 幻覚ヒーロー 「理屈とかなんとかは置いといて、とりあえず僕がぐだぐだ考える事より山口の一言の方がずっとカッコ良かった」

こちらは記憶に残るシーン。月島が覚醒する瞬間といいてもいい、山口に一喝されるシーンです。色々考えていた月島よりもプライドで厳しい練習をこなす山口の方がかっこいいと思う月島、山口が月島の胸倉をつかんで叫ぶところも衝撃ですが月島が部活、バレーに目覚める瞬間も衝撃でした。

3期第3話 GUESS MONSTER 「ブロックとはシステムです」

春高予選決勝戦、王者白鳥沢は天童のゲスブロックが冴え渡りブロックでの得点を稼いでいます。読みと嗅覚、感覚で飛ぶ天童と、相手や状況から判断し飛ぶ月島。2人のブロックは真逆の手法、そして目的も真逆です。点を稼ぐ天童に対し月島のブロックはワンタッチをとり次につなげるブロックです。そして絶対的エース牛島のスパイクにもしぶとく付いていく月島、白鳥沢へプレッシャーをかけていきます。

3期第4話 月の輪 「待ってたよ。」

バレーをあまり面白くないと思っていた月島がバレーにはまる瞬間がきました!2セット目でデュースが続く均衡を破ったのは月島のブロックでした。3期にはいり、月島の成長は目まぐるしいもので、牛島を止めたことブロック、そして月島の喜ぶ姿に胸が熱くなった方も多いのではないでしょうか。ブロックはシステムといっていた月島らしく、相手をよく観察していた結果のブロックポイントでした。

3期第4話 月の輪 「そんなに騒がないで下さいよ。たかが1点です」

月島のブロックで2セット目を取った烏野。そして盛大に褒められる月島!あの牛島をブロックしたのですから当然です。しかし、月島はたかが1点勝負はこれからとチームを鼓舞します。このブロックポイントは大きな1点となりました。

これからの活躍に期待大!!月島蛍から目が離せない!

最初はどうなるかと思っていた月島ですが、夏合宿に覚醒し牛島をブロックするまでに成長するとは・・・・。筆者は漫画を読んだとき号泣しました。3期となる白鳥沢VS烏野は月島が大活躍だったのでとても嬉しかったです。変人コンビのような派手なプレーはないですが、緻密に計画的にこなすプレーはまさに仕事人!これからも月島の成長が楽しみです。春高ではどのようなプレーを見せてくれるのでしょうか。これからもハイキュー‼そして、月島蛍から目が離せません!


【文:まいを】
声優ヲタク。アニメ、漫画、ゲームなんでも好きなものに首突っ込んでます。早くFFⅦのリメイク出てほしい。
ツッキーの成長は感動の一言。スポーツ漫画読んでる感がすごい。

関連記事

 

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。