【チェンクロ】チェインクロニクル ヘクセイタスの閃第7話!感想まとめと考察、放送情報を紹介します

大人気スマホRPG「チェインクロニクル」がアニメ化、「チェインクロニクル ヘクセイタスの閃」第7話が放送されました。 ユーリの闇落ちによる魔神化、ユリアナの王位継承、魔神エイレヌスと災厄を呼ぶゴーレムの登場など目まぐるしく情況が動いた第6話、第7話はどんな展開になったのでしょうか? 「チェインクロニクル ヘクセイタスの閃」第7話の内容、感想まとめなどを紹介します。

「チェインクロニクル ヘクセイタスの閃」第7話の感想まとめと考察、視聴方法を紹介

みなさんこんばんは、アニマガジンライターの如月です。

大人気スマホRPG「チェインクロニクル」がアニメ化、「チェインクロニクル ヘクセイタスの閃」第7話が放送されました。

第6話でとうとうユーリが闇落ち、残されたアラム、義勇軍のメンバーの今後はどうなるのか?

王位を継承したユリアナはこの事態にどう動くのか。

先が全く読めない「チェインクロニクル ヘクセイタスの閃」、第7話の内容とツイッターの感想まとめを紹介、放送局情報もありますよ。

「チェインクロニクル ヘクセイタスの閃」第7話の内容考察

闇へ堕ちるユーリ

エイレヌスたちの策略で闇へと堕ちたユーリ、そのまま黒の王のもとへと連れて行かれます。

それを阻止しようとする義勇軍とシュザ、しかしゴーレムにはばまれ取り逃がす。

シュザ

シュザが兵を引き連れ義勇軍の元へ、ユーリが闇に堕ちたことをなじり、そして挑発。

魔法兵団には自分の力になれ、お前らを使いこなせるのは今や俺しかいないと言い放ちます。

魔法兵団は当然拒絶、そしてアラムがシュザにチェインクロニクルを返せとつっかかる。

当然シュザはそれに応じるはずもなく、そしてユーリがいなくなった義勇軍など解散しろと告げ立ち去ります、もし邪魔をすれば容赦はしないと付け足して。

気圧される義勇軍、魔法兵団の面々ですがアラムの言葉で奮起します。

アラム「今度は俺たちがあいつ(ユーリ)を引っ張る番だ!」

黒の王とユーリ

黒の王の前へと来たユーリ、すでにユーリではなく黒騎士として。

自分の手で滅ぶような程度の世界なら滅んでしまえばいい、以前のユーリとは思えない発言、そしてその発言に満足する黒の王。

このままユーリは黒騎士として敵対するのでしょうか。

カインの治療

カインに懸命に治癒魔法をかけるマリナ、なんとか延命はできていますがヒーラーの数が足りない。

義勇軍は腕のいいヒーラーが揃っている副都を目指す、そして魔法兵団は賢者の塔へ戻ります。

アラムとフィーナのみ別行動、2人は当初の目的地精霊島を目指す。

落ち込むフィーナ

アラムと行動するフィーナ、2人でいるときは笑顔でいるように見えますが、どこか上の空。

1人で水浴びをしているフィーナの表情には影が。

アラムとフィーナ

務めて明るくフィーナに接するアラム、しかしアラムも気づいています、フィーナがとても落ち込んでいることを。

ユーリと出会う前他人のことなど考えたことのなかったアラム、ユーリとの出会い、そして義勇軍として仲間と行動することで成長をとげています。

ユーリの過去を聞きたがるアラム、しかしフィーナは口を開こうとしません、アラムとしてはその話をすることでフィーナが元気になると思ったのでしょうか。

どうしても聞きたいと、砂漠のドラゴンを倒した時の話をしてほしいと言うとフィーナは激昂、その話はしたくない、なにもかっこいいことなどないと。

ドラゴン討伐

そのドラゴンはかつて砂漠の守護者と呼ばれ、砂漠の民たちを守ってきた存在。

しかしユーリたちが倒した時はすでに黒化して我を失っていました。

致命傷を与えた段階で正気を取り戻した龍、ユーリにとどめを刺すように告げます。

砂漠を混乱させるのは自分の本望ではない、自分が自分である間に倒してほしいと。

それしかすでに方法はなかった、そしてユーリがとどめを刺します、フィーナは優しいユーリがその時苦しんでいるのはわかっていました。

その時どうしてユーリを止められなかったのか、それがフィーナの心の重しとなっています。

アラムの言葉

自分を責め続けるフィーナ、人間は誰もが黒い闇に包まれてしまう、それならこの世界は黒に染まるべきなのかも、とネガティブ思考に囚われる。

アラム「そんなことあるわけねぇ!」

フィーナを強く叱責するアラム、そして語ります。

ユーリと会うまではユーリはとんでもなく強いやつだと思っていた、しかし会ってみたらそんなことはなかった。

誰もが弱い所を持っている、だからこそ自分たちは仲間になった、だから今度は自分たちがユーリを助ける、絆があるから。

その言葉で今までこらえていたものを吐き出すかのように大泣きするフィーナ、そしてそれを慰めるアラム。

この短期間でアラムは人間として大きな成長を遂げていますね、まだまだ危なっかしいところが多いですが。

ユリアナの覚悟

カインたちが無事副都へ到着し、一命をとりとめたことを聞きほっとするユリアナ。

そしてユリアナは聖王として決断をします、兵をあげたシュザに会いに行くと。

シュザ、そして黒化したユーリが自分の前に立ちはだかることがあればそれを打ち倒す、それが聖王としての役割。

聖王となったユリアナ、一皮むけた頼もしさが出てきましたね。

賢者の塔

三賢者はユーリの件などの報告を受けます、そしてそれは必要な試練であると結論。

その試練は新たな光を産むため、それはまだ小さな光、それを確かなものとするためにするべきことがあるという。

小さな光とはアラムでしょうか、そしてしておくべきこととは?魔法兵団は三賢者によりまた派遣されます、それはいったいどこなのでしょうか。

精霊島

精霊島の対岸に到着したアラムとフィーナ、そこに待ち受けているものとは。

そして黒騎士がいるのはもしかするとこの精霊島?

「チェインクロニクル ヘクセイタスの閃」第7話のファンの感想は?

今まで溜めていたものを一気に吐き出すシーン、これでフィーナの心の負担は少し軽くなったのでしょうか。

アラムの成長を感じます。

ユーリも黒騎士となっていろいろ吹っ切れた感じですね、本人にとって幸せなのかどうか不明ですが。

ユリアナの決意、聖王としての責任からユリアナも大きく成長しました。

この先何があっても心は折れない、そう信じたいですね。

「チェインクロニクル ヘクセイタスの閃」の放送情報

「チェインクロニクル ヘクセイタスの閃」の放送情報はこちらになります。

放送局情報

  • ABC朝日放送  毎週土曜日 26:29~
  • TOKYO MX  毎週日曜日 22:30~
  • テレビ愛知     毎週日曜日 26:30~
  • TVQ      毎週火曜日 26:35~
  • BS11      毎週火曜日 24:00~
  • AT-X       毎週日曜日 24:00~

ネット配信

  • Abema TV      毎週火曜日24:00~

7話をチェックして8話を待ちましょう!

「チェインクロニクル ヘクセイタスの閃」第7話の内容、感想、考察を紹介しました

アラムの成長、フィーナの後悔、ユリアナの決意、そして黒化したユーリは何を思う。

今後はさらに多くの苦難が義勇軍、そしてユリアナたちにも降りかかりそうですね。

第8話はどのような展開になるのでしょうか、放送を楽しみに待ちましょう!


【文:如月】
アニマガジンライター、ゲームはTRPG、PBWといったアナログゲームからWOTなどのPCゲーム、艦これ、黒ウィズ、シャドウバースなどのブラウザゲーム、スマホゲームまで大好きなゲーマー。
アニメももちろん大好き、ガルパン劇場版も数回足を運んだガルパンおじさんの1人。
その他、歴史、スポーツ、ミリタリーなどなど幅広い趣味があり、興味を持ったものはなんでも調べるのが趣味。
「AKIBA’S TRIP -THE ANIMATION-」、「CHAOS;CHILD」、「Rewrite」などの感想記事も書いているので、そちらの記事もよろしくお願いします。

チェインクロニクルの関連記事はこちら

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。